2018年 06月 06日 ( 1 )

初夏のスタンデン 1

先月のハリー王子とメガンさんの結婚式の日、当然TVはその話題で持ち切りでした。P太が、国民の税金が湯水のように、この一日で費やされるのは見たくないと言い(TVを付けなきゃ良いだけの話だが)、天気も抜群に良い事だし、何処か庭園でも出掛けようと言う事になりました。午後からだったので、近場のナショナルトラスト「Standen House & Garden スタンデン」を選択。
a0208783_6153588.jpg
普通こんな快晴の週末のナショナルトラストは大人気で、午後からは駐車場の空きが無い程ですが、この日は異様にスカスカ。返って、曇天の平日よりも空いている程です。どうやら、国民の多くがTVで結婚式に釘付けだからのようです。
a0208783_6193060.jpg
ここは、ウィリアム・モリスの友人フィリップ・ウェッブが自ら手掛け、モリス商会のインテリアをふんだんに用いた、アーツ&クラフツの見本のような邸宅が一番の見所です。しかし、お屋敷は既に以前見学したので、今回は単に庭園を散歩する事が目的です。
a0208783_6161798.jpg
無料でデッキ・チェアを貸し出していて、ファブリックは勿論モリス柄(Willow Boughs)。
a0208783_618816.jpg
スタンデンの屋敷は、陽当りの良い丘の斜面に建てられているので、庭園には結構高低差があります。またこの辺は、イギリス南東部には珍しく、所々岩場が剥き出しになっています。
a0208783_6164936.jpg
お屋敷の壁では、藤が丁度真っ盛りでした。その手前には、ラヴェンダーが並んでいます。
a0208783_617202.jpg
その脇では、英語ではバンクシアン・ローズと呼ばれる中国原産のモッコウバラが、他のバラより一足早く満開でした。気候が合う日本では、栽培が最も簡単なバラと言われています。
a0208783_6404458.jpg
モッコウバラには、黄色と白のそれぞれ一重と八重、合計4種類ありますが、イギリスで見掛けるのはこの黄の八重ばかり。何故なら、これが一番耐寒性が強く、他はイギリスの屋外では冬を越せないからです。この八重の黄モッコウも、イギリスでは大抵南or西向きの壁面に植えられています。
a0208783_6203290.jpg
こちらも早咲きのバラ。多分「カナリー・バード」等の、野生種系のバラだと思います。
a0208783_6205170.jpg
その下にはシランが。日本ではお馴染みの植物ですが、イギリスでは珍しいかも知れません。
a0208783_621268.jpg
お屋敷近くに、シャクナゲの巨木。イギリスのシャクナゲは、花弁も巨大な物を沢山見掛けます。
a0208783_621526.jpg
牧草地に続くボーダー花壇には、未だチューリップが沢山咲いています。
a0208783_6401698.jpg
ピンクに黄緑色の混じる、ちょっと変わった品種のチューリップ(多分ビリデフォロラ種)です。その合間に、未だ蕾のシシリアン・ハニー・リリー(アリウム・シクラム)の長い茎が見えます。
a0208783_6224537.jpg
屋敷の塔の上に、訪問者の居るのが目に入りました。屋敷内は以前既に見学したけど、ここへは登った覚えがありません。この日は視界が良かったので、P太は登ってみたくなりました。「でもガイド・ツアーだけみたいだよ。案内係の人が見えたでしょう?」と言うと、いとも簡単に諦めました。P太は、時間制で待つのと、自分のペースで見学出来ないガイド・ツアーが嫌いです(笑)。
a0208783_6231340.jpg
サンルームの一種「オランジェリー」は、何故オレンジみたいな名前なのかと思ったら、実際この中に柑橘類の樹木を置いていたのが名前の由来だそうです。柑橘類は、日本の東京以南では庭木として普通に見掛けますが、イギリスでは屋外では越冬出来ないのです。
a0208783_6241342.jpg
オランジェリーの脇の、石切り場庭園に入ります。スコトニー城庭園にも石切り場庭園が在りますが、屋敷建設の為に切り出した採石場を、そのまま庭に改造しているアイディアです。しかし、ここのは屋敷の裏側で陽が当たらないので、鬱蒼としたシェイド・ガーデンです。
a0208783_6244345.jpg
崩れ易い砂岩の為、多くが立ち入り禁止になっていました。急な石段を登ると木橋が掛かっており、谷底に池が見下ろせました。
a0208783_6252946.jpg
石切り場庭園の上に出ると、森の中に山小屋が現れました。これは最近建設されたようで、初めて目にします。
a0208783_6254764.jpg
山小屋の中のインテリアが、凄く可愛くて素敵。板張りの壁は隙間風が半端無く入り込む為、厚手のウールのブランケット地でライニングされています。
a0208783_626985.jpg
一段高くなったベッドの窓には、モダンなステンド・グラスが。嵌め殺しですが、この右側に開く木製の扉の窓があります。
a0208783_6262656.jpg
入り口のドアも、ステンド・グラスになっています。
a0208783_6265241.jpg
ベッド側の外壁の一部は石造り。しかしこの小屋、トイレは設置されていないので、もしかしておまる利用なんでしょうか??
a0208783_6271987.jpg
この小屋の北側には、岩場の崖の上に張り出た展望テラス・デッキが在ります。以前は一つでしたが、今は二つに増えていました。
a0208783_6275896.jpg
南に進むと、牧草地の上の高台に出ます。ここからのウィールド(森林丘陵地帯)の眺めは中々。中央に見える湖は、「Weirwood」と言う人工貯水池です。ヨットが沢山浮かんでいました。
a0208783_6283915.jpg
高台の端にある東屋からの風景。壁面に、藤が絡まっています。
a0208783_629026.jpg
高台から屋敷までは、牧草地の中を通って緩いスロープが続いていました。
a0208783_630277.jpg
その両脇に咲く、最初は終わり掛けの劣化したスパニッシュ・ブルーベルかと思いましたが、同じくヒヤシンスの仲間のカマッシアのようです。
a0208783_6293112.jpg
そして、ピンクのハタキかアイス・キャンディーみたいなイブキトラノオ(persicaria bistorta)も。どちらも自生している訳ではなく、わざわざ球根を植えたんだろうなあ。
a0208783_6302585.jpg
その脇には、何やら色のコントラストの激しい樹木の一群がありました。
a0208783_6304848.jpg
まず、白い山紫陽花。もしこれだけなら、然程目立ちません。
a0208783_631939.jpg
しかし、青空に凄まじく映えるモミジが、すぐ側に植えられていました。若葉でも、最初から紅葉したようなこの色なのです。この他にも、葉の形や色が様々なモミジが、この一帯にまとめて植えられていました。―――主に屋敷より高い場所に在る庭を歩いたので、次に下方に向かいます。
 


[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-06 15:30 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(203)
(188)
(154)
(146)
(146)
(142)
(126)
(87)
(85)
(84)
(82)
(77)
(72)
(69)
(69)
(68)
(64)
(62)
(55)
(54)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

スターライトYOSHIKI人形
at 2018-09-21 15:35
赤い花のマイクロ・モザイク・..
at 2018-09-20 15:28
ブレコン・ビーコンズの宿
at 2018-09-19 15:35
日本のモミジ柄七宝のペン皿
at 2018-09-18 15:26
ブレコン・ビーコンズ国立公園..
at 2018-09-17 15:28

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。