2018年 08月 22日 ( 1 )

再びオットフォードのアンティーク・モールへ

a0208783_610745.jpg
「Castle Farm キャッスル農園」のラベンダー畑を訪れた帰りは、隣村の「Otford オットフォード」に寄らない手はありません。カンタベリーウィンチェスターを結ぶ、かつての巡礼路上に在るこの村には、数々の絵になる田舎家や、中々充実したアンティーク・モールがあります。
a0208783_6103687.jpg
やはり、手入れの行き届いた前庭の美しい家は、見て嬉しい物ですね。
a0208783_611351.jpg
これがそのアンティーク・モール。建物自体も、18世紀築の木組みの家で見応えあります。
a0208783_6112792.jpg
残念ながら、この隣のアンティーク専門のチャリティショップは無くなっていました。
a0208783_6121058.jpg
私にとって充実したアンティーク・モールと言うのは、家具等の大きなアイテムや高級品中心でなく、手の届き易い値段の小物類が多く、玉石混合のワクワク感があると言う事。
a0208783_613148.jpg
特に、アクセサリーや布類が多いと心が躍ります。
a0208783_6135932.jpg
この花柄レリーフのウラン・ガラスのトレイは、4ポンドの安さでしたが、P太の興味は引かなかった模様。多分元は、鏡台用のコスメ・セットのトレイだったと思われます。
a0208783_6143825.jpg
古い民家の建物を利用しているので、店内は段差が多くあります。
a0208783_6254647.jpg
暖炉も残ったままだし。
a0208783_61527.jpg
一見油絵のようにも見えますが、実は全面刺繍なのです。図案的には余り上手いとは言えませんが、力作なのは確か。
a0208783_6153079.jpg
裏面は、あっさり普通の花柄刺繍。
a0208783_6163556.jpg
青い手吹きガラスに、エナメルのハンドペイントの花瓶。手前は、フィンランドの「ヌータヤルヴィ」のキャンドル・スタンドです。
a0208783_617580.jpg
イギリスのアンティーク・モールには多い事ですが、急な階段もあるので、歩き易い服装や靴は必須です。階段に座らせてある、古い赤ちゃん人形がちと怖い…。
a0208783_6174685.jpg
右端は、木製の三段アフタヌーン・ティー・スタンド。凄い仰々しさです(笑)。今なら、植木鉢のスタンドとしてのほうが活躍するかも。銅のヤカンには、「熱いので火傷に注意」との張り紙が。冬になると実際稼動する、ヒーターの上に乗っているからのようです。
a0208783_6193161.jpg
陶器と木製の、珍しいタイプのキャニスター棚は、フランス製のようです。手前には、カバー・タイプのティー・コジー。
a0208783_620440.jpg
かつてはどの部屋がどう使われたのか、想像を巡らせるのも結構楽しい物です。
a0208783_6204123.jpg
この部屋は、ビンテージ・レースやガラス器が充実していました。
a0208783_621554.jpg
左手前は、ちょっと変わった形のオープン・ソルト(卓上塩入れ)。右手前は、カトラリー・レストのようです。
a0208783_6213625.jpg
レリーフが美しい擦りガラスの、多分アール・デコ時代の照明カバー。義母の家にも、こんなアール・デコ期のランプ・シェイドが残っています。
a0208783_6223097.jpg
こちらも、アール・デコ時代の照明カバーだと思います。
a0208783_16313532.jpg
このカップボードは実はミニチュアで、丁度1/6ファッション・ドールにぴったりのサイズ。人形を撮影する時に背景として役に立ちそうなので、マジで懸想しました。下部の引き出しは、本物みたいに一つ一つ開くのかと思いきや、意外にも一括でスライド式に開く仕組みでした。
a0208783_623739.jpg
裏庭にも、商品が並んでいます。古い鉄製の暖炉の枠は野晒し。
a0208783_6233254.jpg
古くない物も多く混じっているし、実際大方雑多なジャンクなんですけど、何故かまとまって絵になって見えるのは、古いレンガの壁の成せる技でしょうか。
a0208783_624479.jpg
アンティーク・モールは中々の充実感で、周囲の田園風景も美しく、素敵な建物がいっぱいな村ですが、村なのに公衆トイレは閉鎖され、村のくせに週末でも駐車場(路上も)が無料じゃないのが難点。観光客が結構多く訪れるから、住民の駐車スペースが足りなくなると言う理由で、無料に出来ないのは仕方ないにせよ、観光地なのに公衆トイレがないのは手落ちだと思います。
 


[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-22 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(203)
(188)
(154)
(146)
(146)
(142)
(126)
(87)
(85)
(84)
(82)
(77)
(72)
(69)
(69)
(68)
(64)
(62)
(55)
(54)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブドウの収穫の金属レリーフ
at 2018-09-23 15:25
ブレコン・ビーコンズ国立公園..
at 2018-09-22 15:30
スターライトYOSHIKI人形
at 2018-09-21 15:35
赤い花のマイクロ・モザイク・..
at 2018-09-20 15:28
ブレコン・ビーコンズの宿
at 2018-09-19 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。