2018年 08月 29日 ( 1 )

再びアーディングリーのアンティーク・フェア 2

a0208783_20402749.jpg
サセックスのArdingly アーディングリーで行われる、英国最大規模のアンティーク・フェアに来ています。野外ストールを一通り見渡した後は、屋内を回ります。
a0208783_20405346.jpg
屋内と言っても、本来は農業展示場ですので、壁の多くがとっぱられて外気温と変わらない、倉庫のような簡素な建物が多いのです。そんな倉庫の隙間だらけの壁に、派手なビンテージ・ドレスが並べられ、何故か絵になっていました。
a0208783_2041365.jpg
イギリスらしいカラフルなヘキサゴン(六角形)・パッチワークは、かなりサイズが大きな大作です。オクタゴン(八角形)・パッチもあります。
a0208783_2042146.jpg
中々素敵なビンテージ・ドレスが集まっていましたが、試着は出来ないのが難点。
a0208783_20431469.jpg
レース等の布物が充実したストール。一通り見渡しお気に入りを探し出すのには、かなり時間と根気が要りそうです。こんな場所こそ、好みの合う女友達と訪れて、手分けして漁るのが一番かも。
a0208783_20424546.jpg
この「Jubilee Hall」は、トイレも完備した割と真っ当な建物で、一番高級なストールが集中しているかも知れません。多分、出店料が最も高いと見ています。
a0208783_20443529.jpg
ビンテージ玩具の品揃えが見事なストール。昔のTV番組等のキャラクター物や、日本の古いブリキの玩具は人気があります。
a0208783_20445833.jpg
質の良いテディ・ベアやアンティーク・ドールを扱うストール。
a0208783_20451571.jpg
一番奥のストールには、古い手芸用品等の好みのアイテムが集まっていました。でも値段は概ね高く、私が買えそうな物はありません。
a0208783_20461287.jpg
ここは、前回は最初に見た「Abergavenny」と言うホール。本来は家畜の展示場らしく、床が砂敷きになっており、素足にサンダル履きで来たのは失敗だったなあと反省しました。
a0208783_20464360.jpg
前回はストールがびっしりだったここも、今回は出店数は少なめでした。
a0208783_20471048.jpg
アンティーク・フェアって、規模が果てしなくデカく、ストールが大量に集まっていると言うだけで、売ってるアイテムそのものは、正直言ってアンティーク・モール巡りと変わりありません。多分これより大きなフェアであっても、それは大差ないでしょう。どちらも、レア物、掘り出し物に出会えるかどうかは、あくまでその時の運次第。価格も、骨董美術品と言った高級品もあれば、フリマと変わらない値段のジャンク、全く古くない現行品も沢山売られています。
a0208783_20473688.jpg
しかしビンテージ・ジュエリーを買うなら、アンティーク・フェアのほうが断然選び易くて有利だと思います。何故ならジュエリー類は、モールでは大抵は鍵の掛かったガラス・キャビネットに入っていて、わざわざレジに戻ってスタッフに頼まないと、中を見せて貰えないから面倒なのに対し、フェアではすぐにその場で商品を手にとって確認出来るからです。またフェアでは、ジュエリー専門のストールも数多く出店しており、品揃えはモールより豊富です。
a0208783_20481721.jpg
一通り見渡した後、もし未だお金が余っていたら、買ってもいいなと思える、お手頃価格のビンテージ・ジュエリーが幾つかありましたが、最後にもう一度と寄った時には、残念ながら既に閉店して去った後でした。やはり古物の買い物は、その場で即決が鉄則。二日目の最終日なので、最早正午過ぎには店仕舞いし始めるストールも多いようです。
a0208783_20485047.jpg
最奥の建物「Norfolk Pavilion」に到着した頃には、ほとんどのストールが既に去っていました。
a0208783_20492156.jpg
閉場は5時ですが、その遥か前に多くのストールが既に店仕舞いしてしまい、我々も3時前には会場を出ました。やはりこう言う会場へは、出来るだけ早く来るのに越した事はないようです。私は幾つか買い物をしましたが、結局P太は、今回はコレダ!と思えるお目当てのウラン・ガラスに、一つも出会えませんでした。ウラン・ガラス自体は幾つか見掛けたものの、既に持っているような在り来たりなデザインだったり、良いと思っても凄く高価だったり…。出店数自体が前回よりも乏しかった事もありますが、やはりこう言う出会いは時の運ですね。しかし、例え見て回るだけでも、5ポンドを払う価値は十分ある程楽しんだので、また一年に一度位は訪れたいと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-29 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(203)
(188)
(154)
(146)
(146)
(142)
(126)
(87)
(85)
(84)
(82)
(77)
(72)
(69)
(69)
(68)
(64)
(62)
(55)
(54)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブドウの収穫の金属レリーフ
at 2018-09-23 15:25
ブレコン・ビーコンズ国立公園..
at 2018-09-22 15:30
スターライトYOSHIKI人形
at 2018-09-21 15:35
赤い花のマイクロ・モザイク・..
at 2018-09-20 15:28
ブレコン・ビーコンズの宿
at 2018-09-19 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。