2018年 10月 08日 ( 1 )

サリー丘陵の古い町ヘイスルミア

a0208783_6142293.jpg
ウェスト・サセックスとハンプシャーの州境に近い、サリー州の南端に在る町Haslemere ヘイスルミアにやって来ました。以前TVでこの町を知り、古い建物の多く残る、典型的な雰囲気の良い田舎町に見え、一度訪れてみたいと思っていたのです。そのTVと言うのは、旅番組とかではなく、風邪のウィルスが狭い地域・社会でどう広がるかを観察する、医療ドキュメンタリーだったのですが。
a0208783_681232.jpg
駐車場の脇には、早速アンティーク屋がありました。アンティークとラグを扱っています。
a0208783_683687.jpg
生憎、家具等の大物がほとんどでした。
a0208783_685553.jpg
こちらは、布地とアンティークのお店。と言っても、アンティークはほんのちょっとで、布はインテリア用しか扱っていませんでした。
a0208783_6134063.jpg
確かに、古い建物、素敵な建物は沢山あるようです。
a0208783_692214.jpg
サリー丘陵地帯の合間の町で、街並み自体が坂道になっています。
a0208783_6101792.jpg
ここは町のヘソ。タウンホール(町役場)が在り、戦争慰霊の十字架の立つ場所は、イギリスでは大抵町の中心です。
a0208783_614350.jpg
ここから、幅の広いハイストリートが伸びています。
a0208783_611736.jpg
タウンホール近くの、溢れんばかりの花で彩られたパブ。こんもり丸いハンギング・バスケットは、イギリス人が一番上手いようです。
a0208783_6113274.jpg
このパブは、外壁の装飾も興味深い物でした。
a0208783_6121172.jpg
町の規模の割に、飲食店を多く見掛けました。そして、チェーン店ではない独立した店も、結構多くありました。
a0208783_613345.jpg
つまり、比較的裕福な町である事を示していますが、お洒落過ぎる高級ペンキ屋とかで、私が覗きたくなるような店舗には出会えませんでした。
a0208783_616660.jpg
村に近い規模の小さな町ですが、チャリティショップは幾つかありました。これは、その一つで売られていた、何処かの誰かの手製のお城の模型です。手作りのドール・ハウスならチャリティ屋で良く見掛けますが、この城はそれ以上の力作だと思いました。
a0208783_6162944.jpg
このウサギのハリボテは何かと言うと、町の共通のシンボルのようで、商店がそれぞれ独自にペイントし、店の看板かマスコットにしていました。言わば、ベルリンの熊のような存在ですね。ここでは何故ウサギかと言えば、Haslemereを縮めてhare=野兎に掛けていると思われます。
a0208783_617470.jpg
この不動産屋のなんて、パディントン・ベア仕様。
a0208783_6295051.jpg
ハイストリートの先には、博物館もあります。
a0208783_6372799.jpg
ヘイスルミアの「ヘイスル」はヘーゼル(ナッツ)の木、「ミア」は湖を意味するそうです。つまり、元々は「湖畔のヘーゼルの木」と言う意味でしたが、今はこの町には湖はありません。ただし、その名残りを示す泉が町外れにあります。
a0208783_618236.jpg
それがこの「Town Well」で、中世から19世紀末まで、町の重要な水の供給源だったそうです。
a0208783_6182641.jpg
更に、この泉の側の町の東側には、ナショナルトラストが保護する、「Swan Barn Farm」と呼ばれる美しい田園地帯が広がっています。
a0208783_6185384.jpg
また、この町は分水嶺に当たり、ここから流れる川は、北方面へウェイ川経由で北海に通じる物もあれば、南方面へアラン川経由でイギリス海峡に注ぐ物もあると言う事です。
a0208783_6192523.jpg
雰囲気の良い町ではありますが、今一つ物足りなくて、わざわざ来るまでもなかったなーと言うのが、正直な感想です。それも、実際に一度来てみないと、決して分からないんですけどね…。P太に運転させて悪かったと思う程でしたが、P太本人はそれ程ガッカリはしなかったそうです。私にとっては、途中で急遽立ち寄ったブラックダウン・ヒルのほうが、返って印象的でした。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-10-08 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(211)
(197)
(160)
(158)
(153)
(152)
(130)
(88)
(87)
(87)
(85)
(79)
(75)
(71)
(70)
(69)
(66)
(62)
(57)
(56)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

青と緑のバイ・カラーのガラス..
at 2018-11-17 15:25
カナル・ボート・スタイルのミ..
at 2018-11-16 15:30
アール・デコのマザー・グース..
at 2018-11-15 15:29
木製装飾用ボタンとパーツ
at 2018-11-14 15:30
ビンテージ・ドイリーのコサージュ
at 2018-11-13 15:32

記事ランキング

検索

最新のコメント

Monucaさん、はじめ..
by piyoyonyon at 06:56
初めまして、Monuca..
by Monuca at 22:07
はっちさん、私も「何でハ..
by piyoyonyon at 04:28
 ハッピーハロウィン! ..
by はっち at 16:39
tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。