カテゴリ:ガーデニング・植物( 28 )

九月の庭便り

a0208783_2159072.jpg
今年の夏は、日本では災害レベルの暑さでしたが、イギリスも異常な暑さと水不足に苦しめられました。我が家の庭も、いつもの夏とは大分異なる雰囲気でした。まず、本当は夏の間は、二週に一度はしないといけない芝刈りを、暑さで草が全く伸びない為、2か月近くしませんでした。同様に、花壇の下草も育たないので、それ程ジャングル状態にはなりませんでした。その代わり、毎日の水撒きと水源の確保は大変でした。熱波は8月上旬に去り、茶けて枯れ掛かっていた芝が再生し、休止状態だったバラも咲き始め、9月に入って、やーっと再びイギリスの庭らしくなったと感じます。
a0208783_21485292.jpg
セダムが咲き始めると、秋の訪れを実感します。
a0208783_2151719.jpg
白樺の木の下に植えようと、白い秋明菊の鉢を買いました。八重の濃いピンクと一重のピンクの秋明菊は既に持っていますが、木陰では白が一番映えると思いまして。
a0208783_21493499.jpg
裏庭と前庭に植えてあるフロックスが、猛暑にも負けず、かなり長い間咲き続けていて、芳香もあって、良い仕事しています。
a0208783_2150063.jpg
ハンギング・バスケットの幾つかから、撒いた覚えのないヒマワリが伸びて来て、8月の末頃咲き始めました。小輪ですが、奇妙な光景です。勿論、リスの仕業です。ハンギング・バスケットから、栗や樫が生えて来る事も珍しくありません。
a0208783_21503246.jpg
今年初めて、千鳥草(ラークスパー)を植えてみました。生憎地撒きしたのは消えてしまい、鉢植えのしか育ちませんでしたが、中々の可愛さ。一年草ですが、零れ種で簡単に増えるそうです。
a0208783_21513157.jpg
今年も、我が家で花付きの良さナンバーワンのバラは、このER「ハイド・ホール」とR「オープン・アームス」、前庭のHT「フレグラント・クラウド」、ER「レディーズ・ブラッシュ」。
a0208783_2152066.jpg
「ザ・ラーク・アセンディング」は、花付きも良いのですが、枝も毎年蔓バラ並みに伸びます。
a0208783_21533964.jpg
ベンチの脇に植えてあるER「モリニュー」は、地植えしてから4、5年経って、やっと株が成熟して来て、花付きが良くなり、花弁も美しくなりました。
a0208783_2215475.jpg
今年のER「セプタード・アイル」は、何故か特に美しいように感じます。
a0208783_21561255.jpg
ERに比べると、フレグラント・クラウドとブルー・フォー・ユー以外のHTやFLは、真夏に葉が大方傷んで落ちてしまい、例え秋に再び花が咲いても、ちょっと見栄えが悲しい状態です。
a0208783_22383373.jpg
このCL「ポールズ・スカーレット」は、本来一季咲きのはずですが、一輪だけ再び咲きました。本当は真紅の素晴らしい花色なのに、カメラで拾えないのが残念。
a0208783_22432077.jpg
バラの多くは、まだまだ沢山の蕾を付けていて、これからも咲き続けます。
a0208783_22525827.jpg
庭の一番奥に植えてあるクレマティス「ビル・マッケンジー」も、再び咲いています。非常に生育が良くて伸び過ぎ、文字通り手に負えない状態になり、これでもかなり剪定しました。
a0208783_223303.jpg
今年は、なんとかリンゴの収穫をする事が出来ました。小粒で寝ぼけた味でしたが、甘味や酸味を調節して、スパイスを沢山加えて煮リンゴにしました。
a0208783_22391249.jpg
私が庭に出ると、歴代の猫達同様に、タラちゃんはやっぱり大喜び。保護者と一緒だと、どの猫もやはり安心するようです。胸に白い模様のある黒猫「ツキノワ」や、気弱な白キジちゃんなど、新顔の他所の猫達も我が家の庭に現れるようになりました。
a0208783_2153053.jpg
木に登って得意満面。ただし、時々調子に乗り過ぎて失敗します。
a0208783_21464048.jpg
シンボル・ツリーである白樺は、今は既に紅葉と同時に葉が散り始めています。
a0208783_22401190.jpg
朝晩は既に息が白く見える程すっかり寒くなったイギリスですが、本格的に冬になる前に、デヴィッド・オースティンのバラ園で6月に買ったバラ苗や、その他の宿根草の苗を地植えしなければなりません。更に、春咲きの球根も少し足して、ハンギング・バスケットをロベリアからヴィオラに変えたら、今年のガーデニングは一先ずほぼ完了です。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-29 15:28 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

七月の庭便り

a0208783_19988.jpg
日本が記録的な猛暑に見舞われていた頃、イギリスでも異例の気温の高さが続いていました。しかし、それよりも大きな問題だったのは、異常な雨の少なさでした。私が住む南東部では、6月中旬から一ヶ月以上、ほとんど雨が降りませんでした。先月は「観測至上最も乾いた(雨の少ない)6月」を記録し、実際に北アイルランドやイングランド北西部では、水不足で給水宣言が出されます。この異常気象は、農作物や家畜への打撃も大きく、今後食料不足が心配されます。
a0208783_199462.jpg
我が家の小さな庭への影響も、決して少なくはありませんでした。この季節は、普段なら二週間に一度は刈らなきゃならない芝も、全く成長せず、もう一ヶ月以上カットしていません。
a0208783_19104269.jpg
バラも暑さで一気に散ってしまい、実は今は花が少ない結構寂しい状態なのですが、6月下旬から7月中旬頃までの状態をお伝えします。
a0208783_1910886.jpg
後から咲いて来たバラ、「ヴァレンタイン・ハート」。花びらのフリルが可憐です。
a0208783_19111192.jpg
こちらも遅れて咲いて来たバラ、「ハイド・ホール」。6月下旬の状態です。今年も物凄い数の花を付けました。散った花びらの数も凄かった。
a0208783_19113519.jpg
こちらも「ハイド・ホール」の7月上旬の様子で、バラ自体は余り変わらない状態ですが…、背景が少し変わっている事にお気付きですか? 実は、隣家の巨大な杉の木が、無くなっているんです。こんなタウン・ハウスの庭に、全く似つかわしくない巨木だったので、非常にすっきりしました。
a0208783_1912133.jpg
アーチに這わせた「ロウブリッター」は、本当に一ヶ月以上咲き続けました。こちらも、散った花びらが大量でした。枝の伸びっぷりも凄まじかったので、この後大きく刈り込みました。
a0208783_19122861.jpg
余りに植物が混み合っている場所なので、植え替えようと思っていたグランド・カバー・ローズの「センター・ステージ」。でも、この星桔梗との組み合わせは可愛いんだよなあ…。
a0208783_19125127.jpg
この壁面には、数種類のクレマティスを植えてましたが、この冴えない花色の物だけ生き延びてしまいました。こんなに沢山花を付けてくれているのに、冴えないなんてヒドイ言い方ですが。
a0208783_19131667.jpg
やはりバラには、青紫や白のクレマティスが映えると思います。この茄子紺色のクレマティスは、ピンク、黄色、コッパー色のバラとの組み合わせがばっちり。
a0208783_19135716.jpg
こちらのクレマティスと、ランブラー・ローズ「オープン・アーム」の組み合わせも、気に入ってます。
a0208783_19143180.jpg
続いて前庭です。
a0208783_19241170.jpg
これが、勝手に生えて来たポピー。たった一株で、物凄い主張の強い大株に育ってしまいました。
a0208783_1915059.jpg
もしかして大麻とかじゃないよね…と一応調べましたが、普通のフィールド・ポピーのようです。
a0208783_19152373.jpg
塀に這わせた、義母から貰った宿根スウィート・ピーも、物凄い勢いで育ちました。花色も目立って映えますが、スウィート・ピーの名に反し、香りがないのは残念です。ところで背後の道路脇の公共草地が、雨不足で既に茶けているのがお分かりでしょうか?
a0208783_19165033.jpg
我が家で唯一の株となってしまった、イングリッシュ・ラベンダー。前庭で一番日当たりの良い場所に植えたはずなのに、周囲のヤロウの勢力に押され気味。
a0208783_19171475.jpg
これがそのヤロウ(アキレア、または西洋ノコギリソウ)。花はクリーム色のはずだったのに、咲き始めたら思いの他オレンジ色が強くて、隣のバラ「ザ・ラーク・アセンディング」と色が被り過ぎ、配置失敗!と思いました。ところが今は、花色がクリーム色になっています。
a0208783_19174550.jpg
見慣れているはずの「セプタード・アイル」が、余りに可愛くて撮影。
a0208783_1918933.jpg
前庭の「ヴァレンタイン・ハート」は、花色が裏庭のとは異なります。周囲に種を撒いたコンボルヴルスの花が結構可愛いので、来年はハンギング・バスケットにしてみようと思います。
a0208783_192442100.jpg
マトリカリアも、零れ種で大繁殖しています。大抵の花と組み合わせて様になるので好きですが、今年は黒いアブラムシ(うえー)も大繁殖し、駆除が大変でした。
a0208783_19183719.jpg
一度ブワッと大量に花を咲かせた後、一旦休止状態に入っていたバラ「フレグラント・クラウド(ドフト・ボルケ)が、再び大量に咲いています。「東京喰種:re」を見ていたら、月山家のバラがコレだそうで、その後「習様のバラ」とか「トレヴィア~ンなバラ」と呼びたくなります。
a0208783_19191630.jpg
余りに暑い日が続いたので、早朝の水撒きだけで精一杯で、草むしりも花ガラ摘みも、撮影さえも御無沙汰してしまいました。気温が落ち着き、雨も降るようになったら、鉢苗を地植えしたり、少し庭に手を掛けたいと思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-31 15:32 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

新入りのバラ達

a0208783_543206.jpg
我が家に新たにやって来たバラ達です。まずは、デヴィッド・オースティンのバラ園からお迎えした、イングリッシュ・ローズの「バターカップ」。最後の一苗を、やっと売り場で見付け出して買ったバラです。もし其処で買えなっかたら、イギリスでも他では滅多に手に入らないであろうマイナー品種。前庭に花壇を増設する際、一株だけバラが足りなかったのですが、両脇はピンク系のバラなので、ピンク以外の色で、尚且つ朝夕しか日の当たらない場所なので、耐陰性の強いバラを探していました。色々検討した結果、この「バターカップ」が最良の選択であると言う結論に。
a0208783_5433854.jpg
黄バラは既に「グラハム・トーマス」「ゴールデン・セレブレーション」「モリニュー」と持っているので、これ以上増やすとは思っていませんでした。でもこの「バターカップ」は、雰囲気がそれらとはまた違います。バラと言う高貴なイメージからは程遠い、気取りの全くない自然で優しい雰囲気の為、これ以上にない程宿根草に良く馴染みます。
a0208783_549333.jpg
オープン・カップ咲きで、「ザ・ラーク・アセンディング」や「スカボロー・フェア」の黄色版と言った感じ。直前まで、良く似た「ブライス・スピリット」とどちらにするか考えましたが、最終的に香りの良さで「バターカップ」を選びました。芳香は「オレンジの花の香りのムスク系」との事ですが、私にはハニーサックルやフリージアに近いように感じます。
a0208783_544612.jpg
続いて、やはりディヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデンで購入した「コントゥ・ドゥ・シャンパーニュ」。こちらは、予め買う予定ではありませんでしたが、鉢苗を見た途端、絶対買わなきゃ!と思いました。前々から欲しいとは思っていたものの、D.A.のカタログにさえ、この品種は裸苗しか販売していないと記してあったからです。って、事は、他では絶対に手に入れられそうもありません。花びらがフリル状になった小ぶりのオープン・カップ咲きの花弁は、咲き始めは本当にシャンパン色ですが、咲き進むと隣の「クィーン・オブ・スウェーデン」と変わらない位のアプリコット色に変化します。念の為、シャンパンの香りはしません(笑)。シャンパーニュ伯爵は、13世紀に十字軍として訪れたダマスカスから、「ガリカ・ローズ・オフィシナリス(薬剤師のバラ、またはランカスター家のバラ)」を持ち帰り、ヨーロッパに紹介した人物だと言われています。
a0208783_5443036.jpg
今年のD.A.のカタログから、バラの品種別の長所として、「香りが強い」「花付きが良い」「耐陰性が強い」「棘が少ない」等の他に、「蜂(ミツバチやマルハナバチ)にとって魅力的」と言う項目が記されるようになりました。今回購入した「バターカップ」と「コントゥ・ドゥ・シャンパーニュ」も、蜂に好まれるタイプです。やはり蜂は、シベの見える品種が、多分蜜を集め易いから好きなようです。私自身も、余り花びらが複雑でない、ダブルやシングルやオープン・カップが好きなので、自ずとうちのバラには「蜂にとって魅力的」タイプが多くなりました。自然破壊や気候変動の為、イギリスでは蜂が少なくなって来ていると心配されていますが、我が家の庭には羽音が響く程ブンブン達がいっぱいです。
a0208783_545332.jpg
ところでD.A.のバラ園では、ERの鉢苗は昨年秋には一つ22ポンドでしたが、今回は1.5ポンド値上がって、23・5ポンド(注:新種以外)になっていました。ところがNTの売店では、一株20ポンドで販売している場所が多いようです。ただし、ERの代表的な人気品種か、またはその庭園に実際植えてある品種の苗しか販売していません。うちの近所で一番ERを多く扱っているガーデン・センターでは、一苗25ポンドです。しかし、D.A.のバラ園で直接買った苗は、健康状態も生育も最高に良いように思います。因みに、ER以外のバラも、D.A.で販売している苗は状態&発育が良好です。
a0208783_5452219.jpg
それともう一つ、義両親から貰った(その頃未だ義父が元気だった…)「ポールズ・スカーレット」も、ようやく花を付けました。モダン系の蔓バラで、花びらが波打った可憐なダブル咲き。実物は、まるでベルベットのような目を引く深紅色です。他のバラよりも遅目に開花します。残念ながら、香りはほとんどありません。うちの花壇の中では浮いてしまいそうな鮮やかな花色なので、少し離れた場所に植えようと思っています。
a0208783_5484536.jpg
これらのバラは鉢植えのままで、未だ地植えしていません。現在雨の極端に少ないカラカラ天気が続いている為、もう少し雨の多い季節になったら定植したいと思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-21 15:27 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

六月の庭便り

a0208783_4531967.jpg
イギリスの6月を言い表すなら、「glorious(輝かしい、栄光の)」や「blessed(祝福された)」と言う形容詞が、一番しっくり来るように思います。
a0208783_517291.jpg
イギリスには勿論梅雨はなく、それどころか通年雨の多いこの国で、6月は晴天の日が特に多く、けれど気温は穏やかで快適で、何よりバラや代表的なイングリッシュ・ガーデンの花々が咲き揃う為、建物や風景が一番美しく、かつイギリスらしく見えるからです。
a0208783_4551227.jpg
取るに足らない小さな我が家の庭でも、やはり6月がハイライトだと思っています。
a0208783_612512.jpg
しかし、「バラが咲き揃う」とは言え、バラの開花時期には、種類や環境に寄って誤差があり、全てがぴったり上手い具合に咲き揃う訳ではありません。うちのバラのほとんどは、四季咲き、または返り咲き性で、長期間咲き続けますが、中にはこれからが本番!と言う遅咲きのバラもあれば、既に最初の花期が終わってしまい、今は一つも花を付けていないバラもあります。
a0208783_4573616.jpg
一応、アーチの「ロウブリッター」が満開の頃を、我が家の庭の最高潮期の目安としています。
a0208783_456728.jpg
現在アーチには、ER「クラウン・プリンセス・マルガリータ」、CL「ニュー・ドーン」、GC「ロウブリッター」の三種のバラと、バラより一足早く咲く二種類のクレマティス・モンタナが這わせてあります。どれも元気抜群で、どう見ても多過ぎ! 最早アーチの形が見えないし、周囲が大きな日陰になる為、大幅に刈り込む必要があります…。
a0208783_4581761.jpg
これが「ころころバラ」こと「ロウブリッター」。本来は地べたを覆うグランド・カバー・ローズですが、余りに威勢良く伸びる為、丁度近くに在るアーチに絡ませたところ、思いの他見映えが良いのでそのままにしています。我が家では数少ない一季咲きのバラですが、その分花持ちは良く、開花期間はかなり長めです。
a0208783_4591542.jpg
「ニュー・ドーン」も随分育ち、今年は花をたっぷり付けました。
a0208783_4593441.jpg
「ニュー・ドーン」の接木苗である「ドッグ・ローズ(ロサ・カニナ)」も、大きく育ちました。もし接木から芽が出たら、養分を盗られてしまうので、ただちに切らなきゃいけないんですが、ドッグ・ローズの花も可愛く、またニュー・ドーン自体も問題なく育っている為、今まで野放しにしていました(…結局その後切りました)。日本の接木苗にはノイバラが使用されるそうですが、イギリスではこのロサ・カニナか、ロサ・ラクサに接木されているそうです。恐らく、それらが一番イギリスの気候に合った、強靭なバラだからです。ドッグ・ローズは、環状交差点の島や線路脇など、本当にあちこちで自生しているのを見掛けます。
a0208783_535868.jpg
我が家の庭の最奥のベンチの、上部に這わせたER「ザ・ジェネラス・ガーデナー」とクレマティス「ビル・マッケンジー」も、かなり刈り込んだはずなのに、物凄い勢いで育っています。
a0208783_543252.jpg
一方ER「モーティマー・サックラー」は、蔓バラと呼ぶには大きさも花数もまだまだ。頑張って育って欲しいものです。
a0208783_50721.jpg
今月初め頃は、中央のモーヴのバラFL「ブルー・フォー・ユー」が、凄まじい花数でした。今は終盤になっています。その左隣のER「ザ・ハーバリスト」は、既に最初の花期が終わり一休み中。
a0208783_545635.jpg
ER「ジュード・ジ・オブスキュア」は、カップ咲きの中でも特に丸い、「聖杯型」と呼ばれる花型のバラ。グァバが混じったような強いフルーツ香で、この香りを嗅ぐと、多くの人がこれがバラの香り??と驚くはずです。手前に植えた「ザ・ハーバリスト」が、想定よりもずっと大きく育ってしまった為、文字通り日当りの悪い「日陰者ジュード」になってしまいました…。
a0208783_56429.jpg
ER「ジュビリー・セレブレーション」は、今が真っ盛り。
a0208783_57151.jpg
咲き始めの頃のER「クロッカス・ローズ」。今年のデヴィッド・オースティン社のカタログを手に入れましたが(これが無料か?と思える程豪華に改装されていた)、我が家に植えてあるバラの幾つかは、既にカタログから名前が消えていました。
a0208783_555134.jpg
遅れて咲き始めたのが、ER「ハイド・ホール」(手前のピンクのバラ)。しかし、今年も驚く程沢山の蕾を付けています。
a0208783_561623.jpg
ER「ベンジャミン・ブリッテン」も、同じ頃咲き始めました。ピンクとクリムゾンとの中間のような、バラとしては独特な花色で目を引きます。
a0208783_523391.jpg
間延びしてしまった我が家のバラの中で、一際映えるコンパニオン・プランツが、とても背の高い青いデルフィニウム。青はバラにない花色なので、バラ中心の花壇のアクセントとして、非常に良い仕事をしてくれます。
a0208783_575640.jpg
良く見ると、青に紫が微妙に混じった、水彩画のようにウットリ美しい色合いです。背後のER「パット・オースティン」との色のコントラストも、気に入っています。
a0208783_584114.jpg
もう一箇所デルフィニウムを植えていますが、前出の種から育てたのに、何故か花色が微妙に薄いんです。
a0208783_591390.jpg
FL「マーガレット・メリル」の下に植えてある、GC「センター・ステージ」。余りに混み合っているので、移動させようと思っていましたが、同じくグランド・カバーの星桔梗との色の組み合わせが美しく、今はこのままでもいいかな~と考えています。
a0208783_5123273.jpg
二年草のはずなのに、毎年生えて来る美女撫子。その下は、別な種類の星桔梗です。
a0208783_5113796.jpg
R「オープン・アーム」の上の大輪系クレマティスも、咲き始めました。
a0208783_5101271.jpg
今月の初めに咲いた芍薬は、今年は四つの大きな花を付けました。
a0208783_527662.jpg
でもやっぱり我が家の庭で、一番幅を利かせているコンパニオン・プランツは、耐寒性ジェラニウム(風露草)です。元々強健な上、生育環境がバッチリ合うようです。
a0208783_528620.jpg
花色も、白、ピンク、マジェンタ、モーヴ、青紫と揃い、見事にバラに調和します。
a0208783_5294398.jpg
この時期、落ちるバラの花びらの量も半端ありません。しかしそれもまた、庭の光景の一つだと思っています。
a0208783_53139100.jpg
タラちゃんは、何でも庭に落ちてる物を食べてしまう恐れがありますが、バラなら一先ず大丈夫。
a0208783_4541734.jpg
結局、いつが庭の一番の時期と言うのは難しく、その時々にそれぞれの美しさや楽しさがあるように思います。また、例え「今こそがベスト」と思っても、それはほんの一瞬で、次の日どころか数時間後には、もう味わえない事もあります。だからこそ、庭は魅力的なのだと思います。




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-21 15:32 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

バターカップ草原

a0208783_19362213.jpg
この季節、英国のあちこちで、小さな五弁の花びらが御椀型に並んだ、光沢のある黄色い花の雑草を見掛けます。ちょっと前までタンポポが占めていた、道路脇や住宅地の合間の草地も、今はこれが権勢を振るっています。また、少し田舎へ行くと、一面この花で覆われた牧草地を見掛けます。
a0208783_19364725.jpg
この黄色い花の正体は、イギリスの極一般的な雑草であり、代表的なメドウ・フラワー(牧草地の花)でもある「Buttercup バターカップ」です。日本ではウマノアシガタ(馬脚型)、またはミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)が一番近いようです。
a0208783_1937137.jpg
このナショナルトラストのナイマンズ庭園の東屋近くの草原は、スタンデンに比べると、バターカップ密度はそれ程ではないものの、庭に生える背の低いタイプと、背の高い牧草地型の、二種類のバターカップを見る事が出来ます。
a0208783_043764.jpg
黄色い花畑に白いオックスアイ・デイジーが混じると、可愛さが増します。
a0208783_1937373.jpg
これだけ繁殖力が強いのは、宿根草の上に匍匐(ランナー)性で増殖し、更に種でも簡単に増えるからのようです。つまり、タコアシのように横に伸びた蔓から発根して定着し、其処からまた蔓が伸びます。匍匐性な分、タンポポよりも手強いかも知れません。
a0208783_1938440.jpg
それ程何処でも普通に目にするバターカップですが、多くのキンポウゲ科の植物同様に毒草です。普段家畜はこの草を避けますが、草の少ない早春には、誤って食べて中毒を起こしてしまう事も。もし乳牛がこれを食べた場合、その乳にまで毒性が現れるそうです。また、ミツバチがこの花粉を集めた場合、それから生成された蜂蜜にも有毒物質が抽出されるそうです。その毒成分は、粘膜に影響する為、皮膚炎や胃腸炎や下痢嘔吐等を起こし、最悪の場合は死に至る事もあるとか。そんな危険物が、我が家の庭の至る所に勝手に生えて来るなんて、何て厄介な雑草なんだ!と思います。
a0208783_19411963.jpg
以前街で、このバターカップの花束を、二歳以下の乳幼児に持たせている親を見掛け、思わず御節介オバチャンになって注意しようかと焦った程でした。余りに御馴染みの在り来たりな雑草なので、毒だと認識している人は、イギリス人でも少ないんでしょうかね…。
a0208783_19402069.jpg
ともあれ、バターカップの草原は、イギリスの原風景の一つなのは確かだと思います。




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-16 15:34 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

5月の庭便り 前庭編

a0208783_4281791.jpg
昨年の秋に、前庭の西半分に花壇を増設しました。
a0208783_18493570.jpg
これは、今月初旬の状態。バラの背の高い右側の花壇だけ、我々がこの家に引越して来た直後に作った物です。つまり元々は、アプローチに沿った部分だけの直線花壇だったのを、「コの字型」に増設しました。それまでは、入居時の裏庭同様、砂利が敷いてあるだけの惨めな状態でした。
a0208783_1850136.jpg
更に、写真の左側の隣家との境には、かつては分厚く背の高い生垣が鬱蒼と茂り、そのせいで我が家の前庭は非常に暗い状態でした。前の隣人がメンヘラ気味で、生垣の剪定さえさせてくれなかったからです。現在の隣人は、駐車スペースを拡大する為に、引越し早々忌まわしい生垣を取っ払い、境には低いブロック塀を建てました。そして生垣の代わりに、境にバラの花壇を作ってくれないかと提案して来ました(自分達は園芸の心得がない為)。我々は喜んで承諾しました。
a0208783_7214727.jpg
前庭は北側なので、冬はほとんど陽が当たりませんが、太陽の位置が高い夏は、道路に面した塀沿いの部分は陽当たり抜群なのです。しかし、この家の歴代のどの住民も、今まで前庭に花壇を設けようと思った事が全くなかったようです。その為、土壌改良は一苦労でした。30cmも掘れば硬い粘土質で水捌けが悪い為、レイズド・ベッド(一段高い花壇)にして、腐葉土を大量に漉き込みました。バラは粘土質を好む植物なので、順調に育っているようです。
a0208783_5222936.jpg
こちらは、今月末の状態。左奥には、オベリスクを建てています。今はハンギング・バスケットが掛かっているだけですが、蔓バラが伸びたら絡めるつもりです。
a0208783_7171674.jpg
植物って結構高価なので(特にイギリスでは)、これだけの花壇でも、埋め尽くすのにはお金が馬鹿になりません。そこで、バラの多くは予め挿し木で増やし、その他の植物も、球根以外は、概ね種や挿し枝で地道に増やした物で、お金は出来るだけ掛けていません。中には、ナーサリーから無料で貰って来た植物も(笑)。新たに植えた10本のバラの内、8本が挿し木です。
a0208783_7174974.jpg
花壇が埋まるのには、数年掛かるだろうと見込んでいましたが、既に半年で結構みっちみっちになってしまいました。この辺の読みが、いつも甘い私です。
a0208783_426946.jpg
ボロボロだった木塀も、この際取り替えました。この新しい塀の素材(柱以外)は、一見木に見えますが、実はペット・ボトルを再利用した樹脂製で、現在ナショナルトラスト等で時々使用されている物です。ちょっと高く付きましたが、木製は度々オイルステインを塗らなくてはならないし、10~20年位毎に朽ちて取り替えなくてはならないので、返って環境に良く経済的と言う訳です。
a0208783_1853391.jpg
前庭で一番最初に咲いたバラは、義母から貰ったイングリッシュ・ローズの「プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント」でした。義母が温室で栽培している際、既に蕾を付けていたので、これはちょっと反則かも知れません(笑)。プリンセス・アレクサンドラは、エリザベス女王の従姉妹で、「ケント公妃」と訳される事が多いのですが、実際には「ケント公女」だそうです。
a0208783_3491928.jpg
このイングリッシュ・ローズ「スカイラーク」は、昨年デヴィッド・オースティンのバラ園で購入した株。花色とカップ咲きが似た「ロイヤル・ジュビリー」と、どちらにするか迷いましたが、最終的にこちらを選びました。スカイラークのほうが香りは弱いのですが、花弁が多いので雨で傷み易いロイヤル・ジュビリーに対し、雨に濡れても花が傷まないからです。
a0208783_4275523.jpg
ガーデン・エッジは勿論間に合わせで、行く行くは右側と同じ物に替えなくてはならないし、その際までには、花壇の以外の地面も整備し、芝か砂利敷きにするかを決定しなくてはなりません。芝のほうが絶対見栄えは良いはずですが、コードレスの芝刈り機がない限り、管理が面倒臭くて嫌だとP太がボヤいています。例え砂利敷きでも、草むしりは定期的にしなくては(私が)ならないんですよね…。でももし砂利敷きだったら、中央にもう一つ花壇を増やしてやろうと企んでいます。
a0208783_7314027.jpg
そして将来は、前庭の残り東半分にもバラの花壇を増設する予定。其処には、今はシンフォリカルポス(スノーベリーorセッコウボク)の生垣が茂っていて、根ごと全部取り去るのがまた物凄く重労働そうです。一体どんな阿呆がこの木を生垣に選んだのか、落葉性で冬は垣根として役に立たない上、非常に侵略性だけは強く、増大し捲くっています。しかし、代わりにどんな植物を植えたら、どんなに素敵な花壇になるであろうと想像すると、モチベーションは上がります。
a0208783_7155578.jpg
以前、何気なく二階の窓から前庭を眺めていたら、歩道を足早に歩いて来たサラリーマンが、突然我が家のバラの前で足を止め、バラに顔を近付けて香りを嗅いで、ふっと微笑んで去って行きました。また、インド人のティーンの少女達が、我が家の春の球根植物が咲いている花壇を見て、うわー可愛いと言ってくれたり、郵便配達員さんに「素敵な庭になったね!」と言われたり、地道に庭造りをして来てやっぱり良かったなあと思った瞬間です。






[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-31 15:28 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

5月の庭(+猫)便り 裏庭編

a0208783_219395.jpg
今月の初旬に、裏庭のアーチのクレマティス・モンタナが咲き始めました。
a0208783_2193020.jpg
その直後に、ライラックも咲き始めました。花開くと花色が薄くなるので、満開よりも五分咲きの蕾と混じっている状態のほうが、美しく見えるかも知れません。
a0208783_2195397.jpg
林檎の花も、今年は沢山咲きました。昨年は、何故か二つしか咲かなかったんです。今年は、実が収穫出来る事を祈ります。
a0208783_2110339.jpg
アルケミラ・モリスの花は苦手だが、朝露が付いた葉は綺麗でパチリ。
a0208783_21105587.jpg
これは今月初旬の風景(何故かやたら朝早く撮影したので暗い)。
a0208783_5362061.jpg
こちらは今月下旬、昨日の写真。雷雨の合間に撮影したので、湿度が高くて背後の樹木が霞んでいます。クレマティス・モンタナが散り始める頃、バラと大輪系のクレマティスが咲き始めます。
a0208783_536567.jpg
庭の反対側から撮影。アーチの南西側と、東側(西向き)の花壇の開花が早いようです。
a0208783_4572377.jpg
今年我が家で最初に咲いたバラは、ランブラーの「オープン・アーム」でした。この品種はランブラー・ローズとしては小型と言う事ですが、それでも樹勢は凄まじいと思います。既にシュートが何本も伸びています。イギリスのお屋敷の庭園では、クライマーよりもランブラーの使用される事が多いようですが、日本の一般家庭の小さな庭では、ランブラーは扱いにくいかも知れません。
a0208783_5152473.jpg
西向きの壁面に、この「オープン・アーム」と「ゴールデン・セレブレーション」を這わせています。色も花弁の大きさも全く違う二つのバラが組み合わさると、一層魅力的に見えます。
a0208783_21122982.jpg
今年のブルーベルの開花は遅目だったものの、バラの開花は例年よりやや早目のようです。
a0208783_5145719.jpg
日本(の東京以南)では、バラは四月の終わりには咲き始めますが、イギリスでは、幾つかの早咲きの品種を除いては、五月中に咲き始めると早い方です。
a0208783_5555766.jpg
我が家のバラはほとんど四季咲き、または返り咲きで、初夏から晩秋に掛けて咲き続けますが、やはりバラは最初の開花時期が一番綺麗です。
a0208783_5504734.jpg
花だけでなく葉も健康で美しいし、樹形も整っているからです。
a0208783_5513457.jpg
昨年は帰国していて、丁度この時期を逃してしまいました。
a0208783_4583872.jpg
今年のうちのバラは、冬の剪定のタイミングが良かったのか、気候が順調だったのか、単に株が十分成熟しただけなのか、蕾を驚く程沢山付けています。
a0208783_544033.jpg
ただし、我が家の裏庭は南向きなのに、狭くて塀が高くて陽当たりが余り良くないせいか、バラの樹高が概ね基準よりずっと高いかも知れません。幾つかのバラは間延びして、まるでスタンダード仕立てのようになってしまいました。
a0208783_5402467.jpg
そんなバラの株元を埋めてくれるのが、下草であるコンパニオン・プランツ。
a0208783_512164.jpg
バラの開花時期に合わせて咲く植物を選ぶのが大切です。葉も魅力的だと尚良しです。
a0208783_5405496.jpg
株元には耐陰性のある宿根草、バラの合間に背の高いデルフィニウムやジキタリス、背後に蔓性のクレマティスやハニーサックルを這わせると、大体絵に描いたようなイングリッシュ・ガーデンの光景になります。とは言え、すぐにそんな状態になってくれるはずがなく、やはり株が十分育つのには、忍耐強く数年待って世話し続けなくてはなりません。
a0208783_626312.jpg
忍耐の全くない私が、良く飽きずに続けていられるのは、この国で他に娯楽が無いからです(笑)。
a0208783_21182669.jpg
青い耐寒ジェラニウム(風露草)は、バラとの相性抜群。青はバラにない色なので、コンパニオン・プランツとして特に映えます。
a0208783_21222287.jpg
愛猫タラちゃんは、すっかり外出の楽しさを満喫しています。トラちゃんと同じで、私と一緒だと安心らしく、庭に出る際には「一緒に行こうよう」と誘います。
a0208783_21192918.jpg
私が庭に居ると、興奮して得意気に勢い良く白樺の木に登って見せます。その際、白樺の根元に置いていた植木鉢を、私の気を引く為にわざと蹴り飛ばします。暗い木陰で中々良いフォーカル・ポイントになっていた植木鉢ですが、何度も何度も倒されて、ついに置くのを諦めました…。
a0208783_6351084.jpg
運動能力は、姉の家のハイちゃん程ではありませんが、結構優れているらしく、うちのガレージの屋根から隣のガレージの屋根の間の、2m近い距離を飛びます。今までトラちゃんもソックスちゃんもフォックステイルも、其処を飛び越えた事はありませんでした。
a0208783_620559.jpg
地面の苔が、ぬいぐるみの「ニンジンちゃん」同様に、ベロクロ・テープのように爪に引っ掛かるのが気に入って、まるで犬のように夢中で掘っているところです。
a0208783_6204855.jpg
まさか、苔を食べているのでは?? この他、タンポポの花も、爪に引っ付くのでお気に入り。
a0208783_21203530.jpg
ジェラニウムの葉陰に隠れている(つもり)。
a0208783_21431043.jpg
こちらは、ニゲラの葉の陰。
a0208783_2121163.jpg
今年は、出来れば庭の東側のユーティリティ・スペースを整える予定。P太がまたしても太陽高熱パネルを増設したい為、小屋のような物を建てたいそうです。その中は、ポッティング・シェッドや庭道具置き場として使って良いので、もし出来上がったら便利そうです。
a0208783_4574830.jpg
バラが大体咲き揃うまで、いよいよ後2週間位。また追って御報告したいと思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-30 15:28 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

ジングル・ベル

a0208783_231750.jpg
我が家の裏庭に植えてあるウィンター・クレマティス、すなわち冬咲きのクレマティス。品種名は、その名も「ジングル・ベル」と言います。今年は、わっしゃーと沢山花を付けました。この植物は、8年程前、義母と一緒に通販で買いました。耐寒性がギリギリなので、西日の当たるガレージの壁に植えました。最初の二、三年は、蔓だけがやたらぐんぐん伸びて、義母のも私のも5、6個の花しか付けず、お互いこんなもんなのかあ…と思っていましたが、やっと株が成熟したようです。
a0208783_23521.jpg
名前通りのベル型の白い花は中々愛らしいし、常緑だし、この分なら、今後は白樺の木にいっぱい這わせようと思います。文字通り、(冬枯れの)枯れ木に花を咲かせるようになるでしょう。
a0208783_24202.jpg
その一方で、大輪系のサマー・クマティスも未だ咲いていて、蕾も沢山付いています。まあ蕾は、霜が降りたら傷んで開かなくなると思いますが。
a0208783_245385.jpg
今週撮影したものですが、バラもちらほら咲いています。チェリー・セージなんかも咲いていて、未だ結構賑やかな我が家の庭です。
a0208783_252737.jpg
何度体験しても慣れる事のない、日が短くて半端なく暗い、気が滅入るイギリスの冬ですが、冬至を越えると、少し気分がマシになります。皆様、素敵なクリスマスを!





[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-24 15:35 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

オヤジの庭

今日は「父の日」なので、私の福島の実家の父の庭を御紹介します。私の父は、小学生の頃から煙草を吸う不良で、高校生の時には本当にやんき~になりました(本人曰く「ワルぶっていただけ」)。その後大学を卒業して教師になり、その初任給で買ったのが、何と植木! ガーデニング好きな元ヤンです(爆)。何でも、父が育った食糧難の時代の田舎では、植物を鑑賞する為の「庭」を持っていたのは裕福な家のみで、それに対し庶民の家庭では、家屋以外の敷地は全て作物を育てるのに利用、つまり畑として使用していたらしいのです。そんな家庭で育った父にとって、庭は長年の憧れだったそうです。
a0208783_5154980.jpg
現在の庭は、私が小学生の頃に家を建て替えて以来、父が何十年も掛けてコツコツと作り続けて来たものです。プロの庭師に依頼すれば早かったものを、父は自分のライフワークだからと、そして作る事自体が楽しいからと、頑なにほとんど一人で作って来ました。一応10年以上前に計画通りに完成に至っている…はずなんですけど、決して終わりのないのが庭仕事。そして、元々整理整頓の全く出来ない両親なので、「本当にこれで一段落してるの?」と思える程、あちこちまとまりなくゴチャゴチャして見えます。
a0208783_5163459.jpg
庭は、大きく分けて南向きの前庭、東側の玄関先、北向きの裏庭になっています。日本の伝統的な住居らしく、イギリスと違って前庭がメインです。とは言え、ガレージが結構大きく占めるている為、田舎の家としては然程大きな庭ではありません。中央に見える大きな木は、金木犀です。
a0208783_5171995.jpg
庭のスタイルは、純粋な日本庭園です。私も父も、庭は建物や背景に似合うことが大切だと思っています。
a0208783_5181133.jpg
庭の所々に大きな岩が配置され、その合間に植物がちょこちょこと植えてあります。父は、30歳代の頃は皐月の盆栽に熱中していましたが、今は母と共に山野草を愛でています。
a0208783_5192264.jpg
当初、前庭には池を作るつもりでしたが、風水に寄れば、家の南側に水を貯めると家族に病人が出ると言われているそうで(大量の湿気が家に入り込むからで、あながち迷信ばかりではないらしい)、姉から強く反対された為、代わりに小さな滝を作りました。この岩場から、蛇口を捻ると水が滝のように流れる仕組みです。
a0208783_5202416.jpg
この庭で現在一番大きな木が、この枝垂れ桜。三春の滝桜の子孫だそうです。私が子供の頃と比べても随分大きく育ち、今では広がった枝が、前庭の1/3位を覆うようになりました。枝垂れ桜は、実家の地域では斜面に育つことが多く、うちのように平地に生えているのは割と珍しいんだとか。
a0208783_521474.jpg
両親の家の庭で、一番きちんと見えるのが玄関先。私が帰省した際は、白い沈丁花が咲いていました。
a0208783_5213371.jpg
沈丁花の下には、ヘレボラスが。
a0208783_5215880.jpg
この「つくばい」のみ、プロにお願いしました。この下は、水琴窟になっています。
a0208783_5224191.jpg
数日後、つくばいは桜の花びらでいっぱいになっていました。
a0208783_523950.jpg
子供の頃は、両親の植物好きにウンザリしていたものですが、結局いつの間にか私も庭仕事に勤しむようになりました。父のように歴史好き、切手好きになったのも、三人きょうだいの中では何故か私だけ。なんだかんだ言っても、私が父に一番性格が似ているようです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-18 15:23 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

バラのジャングル

a0208783_03134098.jpg
約二ヶ月間の日本滞在から、イギリスに戻って来ました。今回、初めて夫P太をイギリスに残しての帰国でした。今までの帰国は秋か真冬でしたが、今回は春から初夏に掛けてとあって、本来なら庭仕事の忙しい時期でした。気掛かりだったのは、私の留守中に庭が大丈夫かと言うこと。仕事が忙しく、しかも普段はガーデニングに興味のないP太に、庭の世話を任せられるか不安でした。しかし、「美しい庭はビールを旨くさせてくれるから」と言う理由で(それがモチベーションかい。笑)、大切な植物を枯らしては一大事と、雨が少ない時は水撒きを、またバラの花がら摘み等も割と小まめにしてくれたようです。とは言え、予想はしていたものの、イギリスに帰って来てみると、裏庭はローズ・ガーデンどころか、ローズ・ジャングルになっていました!
a0208783_4423454.jpg
もしこの時期家を離れずに居たら、日に日に成長するバラやクレマティスを、引誘したり支柱で添えたりして、少しは位置を調整していたはずなのですが、…当然ながら見事に好き勝手に伸び撒くっていました。
a0208783_03175721.jpg
おまけに最近暴風雨続きだったので、枝は更に暴れ捲くり傾き、生えたばかりのシュートは折れたり…。
a0208783_4325232.jpg
しかし、バラの花がら摘みに関して言えば、例え私が日本に帰らず、ずっと世話していたとしても、手が回り切れなかったことと思います。手が届かない程高い、または奥深い場所は、もう諦めました(笑)。
a0208783_03145446.jpg
イギリスを去った頃は、いつもより気候が暖か目で、植物の成長も例年よりずっと早かったのですが、その後気温の上がらない状態が一ヶ月以上続き、このような花盛りになったのは、つい最近のことだそうです。
a0208783_03185712.jpg
黄バラ「グラハム・トーマス」には、茄子紺色のクレマティスが絡まって、中々好みの景観になりました。
a0208783_435747.jpg
苺アイスクリームのような花色だけでなく、少し銀葉掛かった葉も魅力の「セプタード・アイル」。
a0208783_03294620.jpg
「スカボロー・フェア」と共に、陽に透ける様が美しい「ザ・ラーク・アセンディング」。
a0208783_03234892.jpg
小さくシンプルな一重咲きが愛らしい「センター・ステージ」は、今年は花付きが良いようです。
a0208783_03245051.jpg
アーチに掛かるバラ「ニュー・ドーン」は、かなり成長しました。最初は地味~なバラに見えたけど、年追う毎に美しくなるような気がします。
a0208783_03254186.jpg
もう一つアーチに掛かる、ころころバラこと「ロウブリッター」。本当に愛らしくて、一季咲きなのが残念です。
a0208783_03264358.jpg
我が家の唯一のランブラー・ローズ「オープン・アーム」も、元気一杯で伸び撒くっています。そのうちP太から、ガレージの屋根の上の太陽光パネルの邪魔になるからと(ガレージの上までソーラー・パネルを置くほうが可笑しいんじゃい)、「切れ切れ」コールが掛かりそう。…ってか、パネル増えてる!
a0208783_03273660.jpg
目を引く蛍光ピンクの「ザ・ハーバリスト」は、既に花期が一段落のようです。
a0208783_03304601.jpg
クレマティスも、今年は沢山花を付けています。
a0208783_03313764.jpg
バラ「ザ・ジェネラス・ガーデナー」と共に、庭の一番奥の壁面を覆っているクレマティス「ビル・マッケンジー」。ここは日当たり最悪なのに、この二つの植物の勢力は、庭の中でも特に圧巻です。 
a0208783_03324778.jpg
美女桜も、既に咲いていました。後ろの黄緑色の葉は、咲き始めのシモツケ。
a0208783_03334033.jpg
愛猫ポコちゃんは、相変わらず草を食べることだけが、庭に出る目的のよう。
a0208783_03345217.jpg
日本から帰って来たら、いきなり自分の庭がこの花盛りの状態で、嬉しいことは嬉しいけれど、やはり自分のバラが少しずつ咲き始めるのを眺める喜びには、勝らないなあと感じました。やっぱりこの時期には、出来るだけイギリスを離れないほうが良いのかも知れません(…東京はえらく暑かったし)。
a0208783_03360183.jpg
実は今年は、前庭もバラの庭に改造する予定なのです。幾ら日本よりはバラの手入れが楽なイギリスとは言え、益々バラの世話に勤しまなくてはならず、きっとバラの奴隷になるであろう私です(笑)。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-10 15:30 | ガーデニング・植物 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(211)
(197)
(160)
(158)
(153)
(152)
(130)
(88)
(87)
(87)
(85)
(79)
(75)
(71)
(70)
(69)
(66)
(62)
(57)
(56)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

青と緑のバイ・カラーのガラス..
at 2018-11-17 15:25
カナル・ボート・スタイルのミ..
at 2018-11-16 15:30
アール・デコのマザー・グース..
at 2018-11-15 15:29
木製装飾用ボタンとパーツ
at 2018-11-14 15:30
ビンテージ・ドイリーのコサージュ
at 2018-11-13 15:32

記事ランキング

検索

最新のコメント

Monucaさん、はじめ..
by piyoyonyon at 06:56
初めまして、Monuca..
by Monuca at 22:07
はっちさん、私も「何でハ..
by piyoyonyon at 04:28
 ハッピーハロウィン! ..
by はっち at 16:39
tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。