カテゴリ:動物( 28 )

祝! 一歳にゃ

a0208783_19413897.jpg
愛猫タラちゃんが我が家にやって来て5ヶ月が過ぎ、とうとう一歳の誕生日を迎えました。CP(キャット・プロテクション)から引き取った保護猫なので、正確な誕生日ははっきりしませんが、CPの書類に示してあった日に一応設定にしています。
a0208783_19421691.jpg
体重は4.5kgを超え、すっかり大人の体型になりました。御飯も仔猫用から成猫用に替えました。
a0208783_1934554.jpg
仔猫の頃は皆天真爛漫でも、猫はこの位に成長するまでには、個性がはっきりして来て少し性格が変わるものです。しかし、タラちゃんは今でも天真爛漫なままです。気難しいとか機嫌が悪い時は全く無く、怒った事もほとんどなく、シンプルで無邪気なお調子者です。
a0208783_19284476.jpg
唯一女の子らしい点は、かなり綺麗好きで(ハイちゃんと真逆で)、毛皮のお手入れに余念が無い事です。顔は毎日欠かさず洗う為、にゃんこ天気予報は当てにならなくなりました。
a0208783_5544134.jpg
余り牝猫らしくない性格…と言う以前に、猫らしい独立心が感じられず、人間に依存し捲くった甘ったれで、どちらかと言うと犬に寄り近い性格です。
a0208783_19384079.jpg
相変わらず非常に遊びたがりでやんちゃ者で構ってちゃんですが、それでも引き取った頃よりは、少しだけ落ち着いた気がします。「遊んで~」「構って~」の時間が、ほんのちょっとだけ減りました。単に庭で遊ぶ事が多い季節なので、手が掛からないだけ知れません。
a0208783_553743.jpg
裏庭で遊ぶのは、本当にすっかりお気に入りです。毎朝、庭に通じる履き出し窓の前で二本足で立って、「おんも~」と催促をします。
a0208783_19311315.jpg
しかし、近所から大きな物音や話し声が聞こえると、ビビッて家の中に退散します。この位の危機感覚があって、返って良かったと思います。初対面の人間にでも全く躊躇せず懐く、無防備な恐れ知らずの猫では、犯罪や事故に遭うんじゃないかと心配ですから。
a0208783_19462658.jpg
雨で外出できない日は、エネルギーが有り余って、屋内で相手をするのが大変。
a0208783_538057.jpg
午前中は、遊びモード全開で暴れ捲くります。午後になると屋内で休んで過ごし、夕方再び活発になります。家の中では、寝るか窓辺でバード・ウォッチングをする時以外、大抵私の後を金魚のフン状態で付いて廻ります。こうしてパソコンに向かっていると、いきなり肩によじ登って来る事も。
a0208783_538296.jpg
夜は、大体10時頃から「おねんねタイム」を心待ちにしています。必ず私達の寝室の何処かで、一緒に睡眠します。布団の上もあれば、今は暑いので、良く窓辺のバスタオルを敷いた場所で眠っています。単に床で寝っ転がっている時もあります。猫ベッドは、今でも一度も使った事がありません。夜行性ではないものの、やっぱり起床はとんでもなく早い…。
a0208783_19295654.jpg
私達の足を玩具と勘違いしているらしく、側を歩くだけもちょっかいを出して来ます。ベッドで寝ている時もそうで、布団の下で動く我々の足にジャンプして飛び付いたり、この季節は暑いからと、少しでも布団から足を出した物なら、すかさずジャリッとヤラレます。更に、布団の中にダイブして、足を追い掛ける事もあります。
a0208783_19292577.jpg
食べ物の好き嫌いはほとんど無くて、現在食べるのはカリカリのみ。この方が栄養価も高いし、歯にも健康的だそうです。何より、ポコちゃんに比べると随分経済的。ただし一日何回か、猫用ジャーキー等の美味しいおやつを、手から与えて貰うのを楽しみにしていて、台所の収納場所に強請りに来ます。庭に落ちている花びらとかを、良く拾い喰いするのが問題…。
a0208783_19364654.jpg
実は養女に迎えたばかり頃のタラちゃんは、食欲は旺盛なものの、お腹は下り気味だし、強烈にくっさいスカシっ屁を連発していました。ゆるいう★ちは、ウェット・フードが余り好きじゃないようなので、与えるのを止めると直ぐに改善されました。しかしガスは直らなかったので、姉からビオフェルミンの粉末を送って貰い、一日付属の小さじ一杯をドライ・フードに振り掛けています。そうすると、ビオフェルミン塗しの部分を、先に食べてしまうお気に入りぶりで、ガスも随分良くなりました。そもそもイギリスでは、その手の整腸剤が、猫用は勿論人間用も売られていないようです(…だから英国人は概ね腸内環境が悪いんだよ)。ウェット・フードは、CPからのいつも通りの指定でフィリックスでしたが、これは多分CPがフィリックスのメーカーと協賛しているからのようで、実はフィリックスは皆うちの猫達には一番不人気でした。
a0208783_69268.jpg
猫としての人間とのコミュニケーションは、一通り取れるようになりました。ただし、未だ世間知らずな仔猫頭脳なので、人間と暮らす為の社会的スキルの学習が、もう少し必要だと思います。
a0208783_19301751.jpg
私達の姿が目に入れば必ずプリュっと声を掛け(やはりニャーとは滅多に啼かない)、呼べば必ずすっ飛んで来て、構って貰う為には全力を尽くして主張する、本当に素直で健気で屈託の無い非常に愛らしい子です。タラちゃんの幸せな一生の為なら、親として何でもして上げたいと思います。末永く平和に一緒に暮らせるよう、願うばかりです。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-18 15:23 | 動物 | Comments(0)

我が家のトップ・モデル

a0208783_1835979.jpg
ある日、いつものように愛猫タラちゃんが床で寝そべっていた時、「写真撮るよ~。ほれ、ポーズとりなっ」と声を掛けたら…、
a0208783_17573892.jpg
早速このポーズ。
a0208783_182132100.jpg
普通牝猫は、こんなにまで無防備でアラレもない格好はしないものですが、タラちゃんはやっぱり余り女の子らしくないようです。
a0208783_1812516.jpg
トラちゃんも、カメラを向けると、大抵快くポーズを決めてくれました。多分、注目されるのが好きだったからです。一方ポコちゃんは、写真を撮られるのは余り好きじゃなかったようです。
a0208783_17584943.jpg
猫がこんなポーズを取る時は、大抵撫でて構って欲しい時ですが、タラちゃんは夜寝ている時も、良く無意識にこんな格好をしています。
a0208783_17592573.jpg
一瞬まともな姿勢になりましたが、
a0208783_17594797.jpg
…その直後、やっぱりこのポーズ。まるで「あ、ほれほれ」とか、トランス状態で猫踊りを踊っているよう。
a0208783_1826470.jpg
例えお腹を擦っても、肉級をいじっても、タラちゃんは全くお構いナシで御機嫌です。
a0208783_181780.jpg
でも、猫がポンポン丸出して寝そべっているのは、幸せの象徴。安心仕切って、我々を信頼仕切っている証拠ですから。
a0208783_18132567.jpg
そして愛娘の幸せは、私達の幸せです。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-27 15:25 | 動物 | Comments(0)

タラちゃんの御立ち台

a0208783_18351958.jpg
この場所は、階段の手摺りの二階の端です(P太が古いペンキを剥がして、余計ばっちくなりましたが)。私がトイレから出て来ると、タラちゃんは良くこの上に乗っていて、トイレのドアの方向を一心に見詰めているのと目が合います。私が出て来るの待ち、撫でて貰う為です。
a0208783_18354271.jpg
お行儀良く前足揃えて鎮座マシマシし、更に哀れなか細い声で「みゃ~~~」などと、啼かれ訴えられたものなら、絶対に無視出来るものではありません。
a0208783_18371945.jpg
確かに、この高さは撫でるのに丁度都合が良いのです。
a0208783_18361033.jpg
しかし、例えタラちゃんが床に転がっている時でも、私は出来るだけ側を通る度に、撫でて構って頬ずりさえするようにしています。
a0208783_18363281.jpg
トラちゃんも時々この上に乗りましたが、どちらかと言うとポコちゃんを避ける為で、撫でて貰う目的ではありませんでした。
a0208783_183650100.jpg
猫は、独立心に富んだ、素っ気ない時が多い、勝手気ままな生き物だと言われていますが、歴代のうちの子達を見る限り、そうは思わないなあ…。私のほうが余程勝手だ(笑)。うちのニャンコ達は、出来る限り撫でて見詰めて欲しい構ってちゃんばかりです(でした)。

   



[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-25 15:33 | 動物 | Comments(0)

ニンジン中毒

a0208783_5424780.jpg
目下タラちゃんの一番のお気に入りの玩具は、……ニンジンの編みぐるみです。元々は、数年前に義妹と姪からプレゼントされた何処かの誰かの手作り品で、クラフト・フェアか、チャリティショップで買ったようです。決して、猫の玩具として作られた物ではあリませんでした。
a0208783_5431298.jpg
だからキャットニップやマタタビが入っている訳でもないのに、タラちゃんは狂ったようにこれを気に入っていて、時折宙に放り投げては、二本足で立ってクネクネと妙な猫踊りをしています。また、口に咥えて何処へでも運ぶし、キックしながらガジガジに噛むので、しょっちゅう唾液でべちゃべちゃ…。ニンジン咥えて走っている猫の様子も、また中々シュールです。
a0208783_5433945.jpg
何度投げても、私の側に持って来ては、また遊べと要求するのを繰り返します。台所のご飯場所の側に置かれている時もあるので、獲物と見なされているようです。ネズミの玩具やボールも好きですが、この「ニンジンちゃん」は別格です。
a0208783_3402910.jpg
結構高いゲージで編まれた原寸大のニンジンで、良く見ると、葉っぱの部分も忠実に細かく出来ています。恐らくベロクロ・テープのような質感で、爪に引っ掛かる具合が猫には堪らにゃいっ!ようです。まるでマンドラゴラみたいな、恐怖に怯えた顔(目と口)が付いています。タラちゃんに散々弄れ、益々惨めな顔になりました。実は、初日に興奮し過ぎて噛み千切って、これは私が修復した状態です。見事、半分に切られたニンジンになってしまいました。
a0208783_5441054.jpg
念の為、例えニンジンちゃんが今後修復不可能になっても、同時にプレゼントされ同じ仕様で出来た「大根ちゃん」と「枝豆ちゃん」が、次のタラちゃんの犠牲になるべく待機しています。
a0208783_3404944.jpg
後は、釣竿の先に鳥の羽が付いたような玩具(通称:鳥ちゃん)も大好きです。すぐに破壊してしまいそうで、いつもは戸袋に収納しています。戸袋のドアを開く度に、遊んで貰える!と思って駆け寄って来ます。牝猫には珍しく、「ぷんこ玉」や「銀子玉」も好き。ただしボールや「ぷんこ玉」は、追い掛けて捕まえるのが目的ではなく、単に投げて貰って一緒に走るのが好きみたい…。ラグの下から棒を出し入れして貰う遊びも大好きで、一体何がそんなに楽しいのか全く分かりましぇん。トラちゃんが亡くなって以来、私にとっては再び猫の遊び奴隷の日々です。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-10 15:25 | 動物 | Comments(0)

自分達へのお年玉

一昨年末は愛猫トラちゃんを失い、昨年末はポコちゃんを失い、二年連続でクリスマスも正月も祝える気分では全くなかった私達夫婦は、耐え切れずに、ナショナル・キャット・センターへ行って新たに養子を迎え、自分達へのお年玉とすることにしました。
a0208783_19434254.jpg
それがこの子、タラちゃん、6ヶ月の女の子です。この「タラちゃん」と言う、トラちゃんともたまちゃんとも紛らわしい名前は、実は本名です。今までP太の希望で、うちの猫は皆日本風に改名して来ました。たまちゃんの元の名前は「Red」、ポコちゃんは「Ollie」か「Olive」、トラちゃんは「Arthur」でした。友達から、名前なんて動物でもそう勝手に変えるもんじゃないと言われましたが、うちの子達は、猫撫で声で何度も呼ばれる新しい名前が皆気に入って、旧名には全く反応しませんでした。ですが、タラちゃんは元々「Tara」で、カタカナにしても日本語っぽく、十分短くて呼び易い為、このまま使用し続けることにしました。英語では本当は「ターラ」に近い発音で、結構金持ち風の名前だそうですが、日本語にすると、サザエさんの息子と同名でメチャ庶民的(笑)。
a0208783_19363857.jpg
性格は、未だほとんど仔猫だから、天真爛漫で元気が有り余っています。相当活発で遊びたがりで好奇心旺盛。いたずらっ子のお転婆娘です。尚且つ、非常に人懐っこい甘ったれの構ってちゃんです。初対面の時から、全く物怖じせずシュリシュリお腹ゴロンで、我が家に到着しても全然警戒せず、直後から喜んで興奮して走り回って探検していました。二日目からは、すっかりリラックスし捲くって、既にうちに長く住んでいる猫のように見えました。
a0208783_19371410.jpg
おねんねは、教えた訳でもなのに、初日の夜から当然のように私達のベッドの上で一緒に寝ます。夜11頃には、ベッドでスタンバっています。ポコトラと違って、夜中に起き出して動き回る事は全くなく、朝までずっと同じ場所で寝ています。ベッドに来るのは夜間の私達が居る時のみで、他はソファか床(カーペット)の上で横になります。猫ベッドと猫イグルーは新調しましたが、これらには興味がない模様…。膝乗りも、抱っこ(頭を撫で続ければに限り)も好き。早朝のご飯強請りの暴動も起こしますが、最初は未だ体が小さい為、ほとんど効果はありませんでした。しかし学習能力は結構高く、日々悪質化して来ています(笑)。
a0208783_1938561.jpg
食欲も旺盛…と言うか、こんなに小さい体にも関わらず、かなり食い意地張っている大食漢です! キャット・センターから、朝は仔猫用ウェット・フード1パウチ、夕方は大人用カリカリ30gとキッチリ指導されていますが、それじゃ全く足りないようで、ご飯場所の在るキッチンに行く度に、キャット・フードの仕舞われた戸棚にシュリシュリして、蚊の鳴くようなか細い声でミーミーご飯を強請ります。この哀れな超音波仔猫声でお願いされては、ついご飯を上げたい気持ちになりますが、P太からも「君は動物を太らせる才能があるから、絶対余分に与えないように」と厳しく言われています。やむを得ず、規定量を小分けにして与える工夫をしていますが、それでもやっぱり足りません。ご飯は常に一度で完食で、周囲にこぼれた物さえ一粒残さず全て舐めて綺麗に平らげます。好き嫌いは、ほとんどないようです。ほぼいつも空腹で、食事直後でもご飯が足りず、要求を無視すると、調理台に登ったりゴミ箱を漁ったり実力行使します。その為結局、水飲み場だけ他の場所にももう一箇所設け、食事時間以外はキッチンのドアを閉める事を余儀なくされました。
a0208783_1944125.jpg
意外にも、こんな黒白ハチワレ猫を飼うのは、私にとっては初めて。正に、キャット・フードのマスコット・キャラクター「フィリックス」みたいです。タラちゃんのような毛皮の猫は、英語では「タキシード・キャット」と呼ばれているようです。多分黒猫に次いで、イギリスで二番目に多い猫の毛の色です。義妹の家のティナもタキシードですが、タラよりも黒い部分が多めです。
a0208783_1939218.jpg
長めの尻尾のほんのちょっと先だけ白いのが、チャーム・ポイント。まるで縫いぐるみのようにフッコフコで萌えます。両腕に、ホクロのような黒い毛皮の点があるのも特徴的です。
a0208783_19392840.jpg
目頭の毛皮の模様のせいで、寝る時はいつも笑い顔。一緒に居る縫いぐるみは、トラちゃんのキッカー(足蹴り用)だったフィリックス君。
a0208783_19401621.jpg
マミーの指を喰っているところ。この後、必ずペロペロがワン・セットです。ある意味「飴とムチ」? 未だ子供だから、満足の行くまで遊んで上げるのは、いつも体力の要る一仕事です。疲れても、すぐに再チャージされます(笑)。遊びたいモードの時に十分応えないと、わざと大きな音を立てて暴れる、悪さをして気を引く等の典型的な猫知恵は、既に身に付いています。
a0208783_193950100.jpg
今まで仔猫と一度も暮らしたことのないP太は、仔猫を飼うことに異様に期待し、もうタラちゃんにメロメロデレデレです。タラちゃんのほうも、今のところダディーとマミーに平等に甘えます。逆に私は、久々の仔猫に多少緊張していました。教える事が多く、寄り責任が重いと考えたからです。しかしタラちゃんの場合、母猫とも十分一緒に過ごし、前の飼い主の対応も良好だったらしく、人間と暮らす猫としての社会性は、既に十分備わっているように見えます。
a0208783_19413836.jpg
イギリスでは、仔猫を見掛ける機会が滅多にありません。保護活動が発達して、ノラ猫はほぼ皆無だし(少なくとも私は見たことがない)、ペットショップの店頭で犬猫を販売することは禁止されているからです。保護猫施設でも、仔猫は稀です。避妊・去勢手術が徹底されている上、仔猫が保護されたとしても、人気ですぐに引き取り手が見付かるからです。タラちゃんも、ナショナル・キャット・センターに入所して未だ数週間足らずで、ウェブサイトにすら未だ紹介されていませんでした。今回私達夫婦は、出来るだけ長く一緒に暮らしたいと言う理由で仔猫を引き取りましたが、かと言って、仔猫の内から飼わないと懐かないんじゃないかと思うのは大間違いです。例え生まれた時から一緒に暮らしていても、愛想の非常に悪い猫も居ます(笑)。たまちゃんのように、12歳と言う猫としては高齢で引き取っても、すっかり馴染んで家族としての信頼関係を築ける猫も居ます。要は、猫の性格と愛情次第です。大人の猫のほうが、返って性格を見極め易いとは思います。そう言う点で、いつも予め人懐こい子を選んでいる私達は、ズルイとも言えます。
a0208783_19404864.jpg
ポコちゃんが亡くなって未だ日が浅い内に、新たに猫を迎えるなんて、我ながらまるで猫版青髭公のようだと思いました(因みに、たまちゃんが亡くなった後にポコちゃんを引き取ったのは、もっと早かった)。実際ポコトラを失った悲しみが、これで消える訳では全くありません。無邪気にじゃれるタラを眺めていても、ポコトラが騒がしかった頃や、ポコちゃんの最期を思い出して、度々涙が込み上げて来ます。しかし、世の中には新しい家族を待っている猫達が山のように居るのに、自分の一生の内では、その中のほんの僅かな猫としか暮らせないと改めて気付きました。今後タラちゃんに惜しみない愛情を注ぎ、幸せなニャン生を全う出来るよう最善を尽くす事は、今までのうちのニャンコ達と変わりありません。掛け替えのない家族として、沢山の楽しい思い出を積み重ねることに寄り、タラちゃんもポコトラたまに並ぶ存在となってくれるでしょう。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-07 15:32 | 動物 | Comments(2)

ありがとう…! ポコちゃん

a0208783_20354333.jpg
先月の27日、とうとう愛猫ポコちゃんが亡くなりました。肺癌か結核の疑いで動物病院の検査入院から戻って来て、大体2ヶ月が経っていました。結局病因は突き止められませんでしたが、両方の肺が重度の感染症に蝕まれているのは確かで、もう治療の施しようがないと言われていました。危惧したよりは長く生きられたとも思う一方で、やはり奇跡が起こって治るかも知れないと言う希望は、最後まで捨て切れませんでした。今日は丁度もう一匹の愛猫トラちゃんの一周忌になりますが、結局1年の内に愛する子供達を二匹とも失いました。
a0208783_20362451.jpg
死の四日前から、何故かポコは、目を見開いたまま閉じなくなりました。目の前に手を翳しても、全く反応がありません。視力がなくなったのか、それとも瞼の神経が麻痺して閉じられないのかとも疑いましたが、私達の姿を目で追って喉を鳴らす事もあるし、目の周囲を撫でると目を閉じます。それでも自力で結構あちこちへ移動し、爪とぎもして、窓辺でバード・ウォッチングをしては「うにゃにゃ」と興奮して啼くこともあり、御飯は今まで通り食べていました。
a0208783_2037314.jpg
死の一日前も、同じように行動してはいましたが、水ばかり飲んで、食事は全く取ろうともしませんでした。その日の夜、今まで入ったことのない、混み合ったオーディオ機材の後ろの狭い隙間に潜り込んで行きました。良く「猫は死に際を人に見せない」と言います。病気の猫が外出したまま、帰って来ない事が多いからです。これは、余程具合の悪くなった猫が、誰にも構われたくないので姿を隠したがる為と言われています。このままじゃ、ポコちゃんが其処で死んじゃう。私はP太に、ポコを引っ張り出すように言いました。しかし彼はゲームに夢中になっていて、狭過ぎて其処からは出せないし、彼女の居たい場所から無理矢理移動させるのは、余計ストレスが掛かって可哀相だ、などと言います。私は怒って、オーディオを蹴散らしてポコちゃんを引っ張り出しました。
a0208783_20374742.jpg
しばらくして、突如ポコは苦しみ出し、今まで出した事のない妙な啼き声を何回か上げました。しかしすぐに落ち着いて、生の魚の切り身を与えると、凄く喜んで喉を鳴らして結構沢山食べました。その魚は、英国の急激なインフレで40%も値上がったので、しばらく買っていなかったのです。もっと早く気付くべきだった、明日は魚の追加を買ってこなくちゃ、と思いました。
a0208783_20381397.jpg
その晩は、一階のラジエーターの側に暖かい寝床を用意していましたが、気が付くと、私の居る二階の作業部屋にポコが入って来て驚きました。二階へ上がることは、もう体力的に二度と出来ないだろうと思っていたからです。そのまま床にバタッと倒れると、やはり階段を登る事に余力を使い果たし、酷く息切れしてしまったようで、また苦しんで啼き叫び始めました。私はただちにP太を何度も呼びましたが、ゲームに夢中になって聞こえもしないし中々来ません。もしこのままポコが亡くなったら、私はプレステを叩き壊すつもりでしたが、しばらくしてポコは落ち着きました。
a0208783_23472156.jpg
いつも私達のベッドの横に置くドーム型の猫ベッドでは、最早寝る事も出来ない程弱っていたので、その隣に平たいクッションを置き、フリースを敷いて湯たんぽを添えて寝床を拵え、そのすぐ脇に御飯と水も用意しました。しかし、自分から移動して行ってしまいました。翌早朝、ポコは私の作業部屋の机の下に横たわっていました。撫でるとゴロゴロ喉を鳴らしましたが、その体に障って、私もP太もギョッとしました。凄く体温が低い。今までポコは、普通の猫よりも体温が高い猫だったらこそ、専ら暖かい場所には一際拘っていたのに、こんなに冷たい体では、最早暖かさを必要としない訳です。今日がポコの最後の日だと、二人とも悟りました。再び数度啼き叫びましたが、また落ち着きました。ドーム型ではない、普段一階で使用している猫ベッドを持って来て寝かせると、既に抵抗する体力もなく、そのままベッドから一度も起き上がる事はありませんでした。
a0208783_20391953.jpg
生憎その日のP太は、重要な会議の為にロンドン東部に出張で、割と朝早く出掛けなければなりませんでした。P太が去った後、ポコは9時半頃に再び啼き叫び始めました。やっと息が十分安定したように見えた時、そっとポコの体を撫でると、プリュッと嬉しそうに応えようとしました。しかし、それが返って負担を掛けさせてしまい、再び苦しんで悲鳴を上げ始めました。今までよりも長く継続的に啼き叫んだので、ああ、これでポコちゃんは本当に逝ってしまう…と分かりました。私はポコの体を撫でながら、一番優しい声でポコの名を呼び続けました。遂に啼き止むと、荒い息は徐々に消え入るように弱々しくなって行きました。すっかり息が止まると、何度かしゃっくりのように小さく体を引き吊らせました。それが止まっても、しばらく腹部は少し動いて呼吸しているように見えました。いえ、最後は私自身の視点が酷く揺れていたので、只幻影を見ていただけかも知れません。「ポコ、助けて上げられなくて御免ね。でも良く頑張ったね。最後までとっても良い猫ちゃんだったよ。大好きだよ、ありがとう」と私はポコに言いました。午前11時頃でした。
a0208783_2038578.jpg
その午前中は暗い曇りの天気でしたが、正午頃に陽が差しました。しかしポコちゃんは、大好きだったお日様の光を待つことはありませんでした。獣医で安楽死させたたまやトラと違い、家で亡くなったので、庭から未だ咲いているバラやハーブを摘んで来て、猫ベッドを棺に見立て、お気に入りのネズミの玩具と一緒に、ポコの周囲にお供えしました。その上を愛用のブランケットで覆うと、開ける度に花の香りがふんわり漂いました。私から連絡を受けたP太は、会議が終わると早引きを取って急いで帰って来ました。その後、二人でペット火葬場にポコの遺体を連れて行きました。
a0208783_23465562.jpg
弱って歩くのがよろけるのは私達に見せたがらず、最後まで私達のナデナデに出来るだけ応えようとし、最後の晩も自力でトイレを使い、最後の最後まで自分の意思で行動し、「猫ながらあっぱれな最期」と言うのに相応しい、本当に気高い立派な死に様でした。最終的にはガリガリだったものの、それ程悲壮な状態には見えず愛らしいままでした。最後の一ヶ月位は自ら毛繕いも出来ませんでしたが、その割に毛並みは綺麗なままでした。しかし死の間際まで意識がしっかりしていた分、非常に苦しませてしまいました。もし寝たきりの朦朧とした状態だったら、獣医に連れて行って安楽死を選択したでしょうが、あんなに最期まで意識がはっきりしていたのでは、ましてあれ程必死に生きていたのだから、やはりポコの一番嫌いな獣医に無理矢理連れて行って一生を終らせるのは、可哀相過ぎて出来ませんでした。どう考えてもポコは、死ぬまで愛する我が家で過ごすことを望んでいただろう、とは確信しています。只、例えその日を乗り越えられたとしても、次の日はやはり獣医に連れて行って安楽死を依頼するしかありませんでした。
a0208783_20471545.jpg
ポコの性格は、勝気で頑固で気位が高く、意外と繊細でした。なのに、動作はガサツでケタタマしく、大きな横広がりの顔にまんまる目の表情はひょうきんでした。私は、そんなポコの牝猫らしくないところが大好きで運命を感じ、養女ではなく血の繋がった娘のように思っていました。感情表現がとてもはっきりしていて人間ぽく、言葉を話せないのが不思議な程でした。言わば天性のエンターティナーで、一緒に暮らすのが本当に楽しい猫でした。鼈甲色はイギリスでも余り人気のない猫の毛色ですが、私達夫婦は専らポコを「世界一可愛いサビ猫」と呼んで、親バカを発揮したものです(「世界一でっかいサビ猫」とも)。ポコは猫にしても我が強いと思っていましたが、最後まで精一杯明るく振舞い、私達の愛情に応えようとし、本当はとても思いやりの溢れる子でした。今更気付いたことが、悔やまれてなりません。最期の悲痛な声を上げて苦しむポコの姿は、脳裏に焼き付いて離れませんが、きっと今ならポコちゃんはこう言うでしょう。「マミー、病気のポコニャンじゃなくて、元気でダイナミック・ボディだった頃のポコニャンを思い出して欲しいにゃん」と。
a0208783_2047401.jpg
写真の最初の4枚は、死の4日前の、私にとっては最後のポコの写真。その次の5枚は、病院から戻った後の10月。残りの3枚は、P太に寄る、ポコが未だ健康で元気一杯だった今年1月の写真です。たまちゃんやトラちゃんを失くした時に比べると、今の気持ちは異様な程落ち着いています。もしかしたらポコちゃんが結核で、もう一生病院から家に戻って来ることは出来ないと言われていた時は、気が狂いそうな程悲しみました。あの時の悲しさに比べれば、例え僅かな間でも、今後再びポコと暮らせるのは十分幸せだと痛感していたせいかも知れないし、単に悲し過ぎて感覚が麻痺しているだけのようにも感じます。しかし今でも、ポコの姿が家の中の何処にもないのが奇妙に思えたり、賑やかだったポコの音が聞こえる錯覚を感じたり、ポコの為にドアを少し開けておかなくちゃとか、今夜は寒いからどうポコの暖房対策をしよう、どうやったらポコにもっと御飯を食べさせられるかとか、つい考えてしまい、途轍もなく寂しいです。はた迷惑な朝の暴動でさえ、今では幸せだったと感じます。病気で静かになってからも、彼女は私達にとって計り知れない大きな存在でした。一階のソファで寝るのは、寝返りが打てないし中々トイレにも行けなくて大変でしたが、ポコが喜んでおねんねしてくれたことが、彼女との最後の最高の思い出です。
a0208783_2048563.jpg
動物と家族として暮らす以上、悲しい別れは必ずやって来て、こればかりは避けようがないのです。何度経験しても、決して慣れるものではありません。今まで一緒に暮らした猫の中には、失踪したまま結局戻らなかった猫も居れば、交通事故で突如亡くなったり、僅か一歳で病気で死んだ子も居ます。それでも、私は保護猫のお母さんになる事は絶対に止めません。別れは辛いけれど、それとは比べ物にならない程沢山の幸福を、猫達は我々に与えてくれるのだから。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-06 15:33 | 動物 | Comments(6)

十一月の猫便り

先月の猫便りで、愛猫ポコちゃんに付いてお伝えするのは最後になるかも、と自分でも思っていましたが…、ポコちゃんはちゃんと生きています。
a0208783_7572939.jpg
でも、元気だとは全く言えない状態です。すっかり痩せて、かつてのタヌキ猫の面影はまるでなくなりました。撫でると骨がゴツゴツし、私の上に乗ると、余りに軽くてショックを受けます。あんなに全ての行動がうるさい猫だったのに、今はすっかり静かになってしまいました。
a0208783_7575748.jpg
動物病院から戻って来た直後は、本にゃん自身が余程嬉しくて興奮していたこともあり、返って入院前より活発だった程です。薬(ステロイド)の作用で、食欲も通常並みにありました。しかし、服用期間が終了する前から、すぐに食欲は落ち、再びベッドでおねんねも膝乗りもしなくなり、時折歩くのもふら付き、しょっちゅう息切れがして喉を鳴らすことさえ困難になりました。元々好き嫌いの多い頑固な性格で、今はほとんど好物の海老を少し食べるのみです。栄養が不十分で代謝が悪いらしく、入院検査時に剃られた毛も、一ヶ月経つのに未だ一向に生え揃いません。
a0208783_803147.jpg
最早階段を昇り降りするのも大変なようで(特に下り)、滅多に行き来しなくなりました。それで、階下にももう一つトイレを、二階にも食事場所を設けました。この時期、上階のほうが暖かいから、二階にずっと居てくれたほうが安心なのですが、トラちゃんが生きていた頃ポコちゃんは専ら一階中心に過ごしていたこともあり、やはり一階にも行かないと気が済まないようです。寒い夜の一階で単独で過ごさせるのは心配なので、時々私が一階のソファで寝ると、喜んで一緒におねんねしてくれます(…もしかしてP太の鼾がイヤ?)。ポコは非常に軽くなったものの、私はポコが乗っている間は寝返りがうてない為、腰を痛めてしまいましたが…。また、一階の掃き出し窓から鳥やネズミを眺めることには今だ熱心なようで、時々興奮してウニャウニャと啼くこともあります。晴れた暖かい日は、窓辺でずっと日向ぼっこが出来、比較的体調が良いようですが、この時期のイギリスでは快晴の日が稀で、また晴れても日照時間自体が短いのです。
a0208783_758462.jpg
毛艶は良好なままで、ふんわりしています。呼吸は相変わらず異様に速く粗いものの、薬の服用以来咳は出なくなりました。元々凄く感情表現が豊かな猫なので、もうその体力すら中々出ないのに、撫でると嬉しさを精一杯大きなゴロゴロで応えようとするところが健気で不憫です。
a0208783_7592429.jpg
そんな、目立って悪化もしなければ良くもならない状態が、今のところ1ヶ月近く続いています。しかし、今日御飯を食べたからと言って、明日も食べてくれるとは言えないのです。現在未だ自力で何とか行動出来るからと言っても、次の日から急激に体調が悪くなるかも知れないのです。今は只、ポコちゃんとの一日一日を大切に過ごしています。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-19 15:27 | 動物 | Comments(4)

十月の猫便り

a0208783_17405729.jpg
どうやら愛猫ポコちゃんと、もうすぐお別れをしなくてはならなくないようです。今までポコは高齢にしては凄く元気で、獣医さんからも歳の割に健康体だと認られ、私達夫婦は専ら喜んでいました。今年の五月の私の帰国中に、鼻血を出してP太の気を揉ませましたが、抗生物質を飲ませるとすぐに回復しました。ところが先月の初めから、 シーバを毎日好きなだけ与えているのにも関わらず体重が減り、普通じゃない行動をとるようになりました。寒くなっても、あんなに好きだったおねんねをしなくなり、ご飯強請りの早朝の暴動もなくなりました。自ら大好きなお膝の上に乗ろうとしても、これまた大好きなブラッシングをして貰おうとしても、何故か出来なくてすぐに諦めてしまいます。何より、呼吸のピッチが速くなり、息継ぎに苦労しているように見えます。これには、家を訪れた元看護婦の義母も、すぐに気付き心配しました。とは言え、歩くのも走るのもトイレも使用も問題なく、撫でれば今まで通り即座にうるさく喉を鳴らします。活動と食欲が、幾分減った程度です。病気とは未だ判断しにくい状態でしたが、とにかくいつもの地元の獣医に連れて行きました。
a0208783_17433612.jpg
しかし、そこでは原因は突き止められず、抗生物質のみ渡され、最新の医療設備を持つ大きな動物病院を紹介されました。治療費を含まない診察料だけで、P太の一か月分近い給料がふっ飛ぶお金が掛かります。数日後の朝に其処を訪れ、その晩にポコを引き取りに来るつもりでしたが、一泊しなくてはならないと連絡を受け、更に、レントゲンやCTスキャナの結果、ポコの両方の肺に大きな影が発見されたと伝えられました。95%肺癌で、もう治療の施しようがないと告知されました。病院でそのまま安楽死させる提案もありましたが、ポコの大好きな家に連れて帰り、残された僅かな日々を一緒に過ごす事を、私達夫婦は希望しました。
a0208783_17421767.jpg
ところが、次の日の内視鏡手術で、肺の組織を調べたところ、癌細胞ではないことが判明しました。となると、何か肺の感染病、特に結核の可能性が高くなりました。猫の結核は大変珍しいそうで、日本では例がなく、英国でも数件しか報告されていないそうです。最早人間にとっては不治の病ではなくとも、猫にとっては今だ致命的な病気です。特に高齢な猫にとっては、これまた安楽死させるしかなく、しかも伝染病なので、家に帰る事も許されず、病院で一生を終えるだろうと言われました。まさかポコが二度と家に戻れないとは思っていなかったので、それは癌の場合より惨いと泣きました。きっとポコは、また捨てられたと絶望して死んで行くことでしょう。それだけは、どうしても避けたいと祈りました。結核の確認には、更に日数が必要でした。
a0208783_1743885.jpg
結局ポコは、結核でもないことが判明し、やっと4日後に家に戻ることは出来ました。高額の医療検査を施したのにも関わらず、原因は突き止められないままです。しかし、肺が重度の感染症を蝕まれているのは確かで、残念ながらもう長くはないと思います。入院検査は、ポコにとってストレスと呼ぶより恐怖だったのに違いなく、病院では全く食事を取らなかったそうです。明らかにその間に痩せ、返って寿命が縮んでしまい、非常に可哀想なことをしてしまいました。家に帰るや否や、ポコは嬉しくて堪らないと言ったように大きく喉を鳴らし、全身で喜びを表現しました。今の所、さすがに若い頃に比べて体力が落ちて来ているものの、死に行く程深刻な状態には見えません。しかし今は平気でも、小さな動物は急に様態が変化します。猫は痛みや苦しさに強い動物で、余程深刻にならない限りそれを表さないようです。一応二週間分の薬は渡されましたが、これからは具合が悪くなっても、何せ病因が分からないのだから、治療のしようがありません。
a0208783_5405510.jpg
もう一匹の愛猫トラちゃんが昨年末に死んで以来、最初の1ヶ月位よりはマシなものの、その後悲しみが徐々に和らぐようには全く感じられずに、私は過ごして来ました。その悲しさの分、もっとポコちゃんを可愛がれば良いと幾ら自分に言い聞かせても、トラちゃんを思い出して涙を流さない日はありませんでした。しかし皮肉にも、とらじの死に対する苦しみから少し開放されたのは、ポコがこんな状態だと分かってからでした。単に、悲しみが上書きされただけなのですが。ポコにしてみれば、やっと忌々しい天敵が昨年消えて、マミーとダディーを独占して暮らせるようになったのに、その幸せはあっと言う間に終わりを迎える訳です。結局一年の内に、愛する子供達を二匹共失わなくてはならないようです。
a0208783_540116.jpg
この一ヵ月後、いや一週間後には、はたしてポコちゃんは未だ生きているのだろうか…と考えてしまいます。ちょっと出掛けて帰って来たら、または朝起きたら、最早冷たくなっているのではないか、と不安で仕方ありません。その一方で、もしかしたら助かるのではないかと言う希望も捨て切れません。今後、ポコちゃんが食べ物を受け付けない状態になったら、苦しみが激しくなる前に、地元の獣医に連れて行き、安楽死を依頼するつもりです。それをいつに決めるのかが、体を切り刻まれる程辛いとは確信しています。彼女が家に居ない数日間だけでも、啼き声や鈴の音の幻聴が聞こえて大変寂しく感じました。非常にはっきりした感情表現と賑やかさで、強烈な存在感を印象付け、いつも私達を楽しませてくれたポコ。そんな彼女が日に日に弱って苦しんで行く姿を見るのは、これまた身を引き裂かれる程辛いことです。まして、彼女の居ない生活に耐えられる自信はありません。結局、どんなに覚悟しても、この悲しさを緩和する方法など存在しないのです。
a0208783_17413771.jpg
しかし一度は、ポコと一緒に暮らせる日はもう二度と来ないかも、と諦め掛けていたので、僅かでも再びポコと過ごせる事は大きな幸せです。こう見えてもポコは、結構賢い繊細な猫なので、私が泣いてばかりいたら、すぐに気付かれ不安にさせてしまいます。これからは、ポコの好物の食べ物だけを与え、ありったけの愛情を注ぎ、幸せなニャン生を全うして貰えるよう全力を尽くすのが、私達の彼女に出来る唯一で最後の務めです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-09 15:36 | 動物 | Comments(4)

ハイちゃんのお爪切り

a0208783_2364328.jpg
灰斗ちゃんの爪を切ります。これ、カナンやとらじの場合、緊張する流血を伴う危険な一大作業でした。とらじの爪切りに挑む時は、厚手のアウターを着込み、更に両手にキッチン・ミトンを嵌めても怪我しました。しかし、とらじは指定の爪とぎ場以外では爪を研ぐことはなかったので、晩年は爪切りを諦めました。
a0208783_2372945.jpg
ハイちゃん、じっとしているのが嫌らしく、明らかに不機嫌そうですが…、
a0208783_238221.jpg
拍子抜けするほど楽チンで、おまけに普段の灰斗のやんちゃぶりからは意外な程お利口さんした。返って、姉の化け猫シャツ(ユニクロのチェシャ猫柄?)のほうが、インパクト強烈で怖いわ(笑)。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-09 15:26 | 動物 | Comments(0)

灰色のウザイ猫ちゃん

a0208783_232560.jpg
今回の帰国中、ゴールデン・ウィークを迎えましたが、その間姉夫婦は義兄の実家のある宮崎に里帰りするので、その留守中に愛猫灰斗(ハイト)の猫シッターをしに、私は福島の実家から東京に戻って来ました。当初姉は、「灰斗は凄まじい『かまってちゃん』で、はっきり言ってウザイから、無理に猫シッターを引き受けなくても良いよ?」と言っていましたが、私は「ウザイ猫の扱いなら慣れておる」と言って引き受けました。姉夫婦が揃って宮崎に帰省する際は、普通は灰斗も連れて行くのですが、犬猫を飛行機に乗せるのには生死のリスクを伴うし、空港への行き帰りに、動き回る(キャリーの中で)重い動物を運ぶだけでも大変ですから。
a0208783_23101459.jpg
ハイちゃんこと灰斗の性格は、ずばり天真爛漫。警戒心と言う概念がないらしく、私にも初対面の時から全く物怖じせず、極めて友好的でした。確かに極度に甘ったれ&遊びたがりで、特に抱っこは大好き。義兄が会社から帰宅すると、まずは猛烈な抱っこのおねだりで、毎晩義兄は30分位灰斗を抱えながら、着替えと夜御飯の支度とお風呂の準備をしなくてはならないそうです。
a0208783_2351446.jpg
普通ロシアン・ブルーは「静寂の猫」と言われ、滅多に啼きません。多くのロシアン・ブルーの飼い主も、「にゃあ」と言うのを一度も聞いた事がないと言います。ところが、灰斗はしょっちゅうニャーニャー言っています。私がブラッシングをしたら、すっかり気に入って、それ以降一日に何度もブラッシングを要求するようになり、更にでっかい声で強引に啼くようになってしまいました。
a0208783_2335114.jpg
姉は、はっきり言って灰斗は頭が悪い!と断言します。何度叱っても、全く悪びれることすらなく学習しません。ここまで聞き分けのない、物分りの悪い猫は初めて見た、さもなくば、もし猫にも自閉症スペクトラムとかがあるとしたら、それに違いないと言います。姉は、もし自分に子供がいたら、我が子は全て訳隔てなく平等に愛する自信があったそうですが、灰斗を見ていると、つい先代猫カナンと比べてしまい、「おにいちゃん(カナン)は出来たのに何故あんたは!」と怒ってしまう自分に凹んだそうです。
a0208783_2385830.jpg
しかし、灰斗の運動能力は、今まで出会った猫の中でも飛び抜けていて、特にジャンプの高さは、それまでの猫に対する常識を覆します。どんなに高い棚でも、果敢に挑戦して登りますが、問題は学習能力がない為、そこに何が乗っていようとお構いなしなので、姉の家のインテリアの被害は甚大です。特に、どんなに高い壁に飾ってあろうと(姉の家は天井が高い)、アート・フラワーを襲うのが好きで、しょっちゅうバラの花を咥えて走り回っています。生花は、灰斗と暮らし始めて以来、一切飾れなくなりました。
a0208783_23213493.jpg
ある日洗濯物を畳んでいたら、いつの間にか空になったランドリー・バスケットに灰斗が潜んでいて、ひょいと私がバスケットを覗いた途端、いきなり大きくジャンプして顔を引っ掻かれ流血しました。それでも全く悪気はなく、わーい♪叔母ちゃん、遊べて楽しいね~と、叱っても叱っても無邪気に喜ぶハイちゃん…。
a0208783_238835.jpg
灰斗は本当に始終遊んでいたい猫で、疲れを知りません。私は、姉の家に滞在中は、出来るだけそれに応えようと心掛けましたが、さすがに調理中や食事中は無理です。そうすると、灰斗は実力行使して、私にジャンプして飛び掛ったり、私の食事中の食器に玩具を咥えて持って来て、ポトンと中へ落としました(涙)。一体我々は、日に何度「ハイちゃん、止めて!」と叫ばなければならなかったことでしょう。
a0208783_23104695.jpg
その一方で灰斗は、食には関心がありません。食事はカリカリだけで、与えても決してガッつくことなく、気が向いた時に少しずつ食べるのみです。どんなに注意しても食卓には躊躇なく飛び乗り、全ての食べ物・飲み物に鼻面を押し付けないと気が済みませんが(ひえ~)、盗み食いをしたことはありません。しかし、私が出来るだけ遊んでいた間は、明らかに運動量が増えたので食欲も増し、確実に体がでかくなりました。
a0208783_23111230.jpg
また灰斗は、意外な事に「おねんね」にも興味がありません。寝室のドアを開けておくと、遊んで欲しそうに何度か偵察にやって来ますが、人と一緒に寝ることはほとんどありません。
a0208783_2394048.jpg
灰斗は、実は毛繕いも余りしない結構バッチイ猫で、お母さん猫から色々習わなかった事が多いんだろうな…と想像しています。ペットショップで義兄が運命を感じて灰斗を購入した際、生後三ヶ月なのに、既に値引きされていました。と言うことは、かなり幼少の頃から、ペットショップで過ごしていたはずです。
a0208783_23114985.jpg
普通犬猫は、母親から離して他に譲渡するのは、生後三ヶ月以降が適切とされていますが、ペットショップでは、それより遥か前に売りに出されることが多く、問題になっています。また、ペットショップで売れ残って成長してしまった動物の処分の問題もあり(実際にはスタッフさんが捨て置けず引き取る場合が多いらしいが)、動物保護団体から「ペットショップで動物を買わない」運動も進められています。現にイギリスでは、現在ペットショップで犬猫が販売されることはほとんどありません。
a0208783_2362378.jpg
私がイギリスに去った後、灰斗はしばらく私を探し回り、うるさく啼き喚いて大変だったそうです。姉の話では、あんなに遊んで貰ったことは、彼のニャン生の中で生まれて初めての、夢のような日々だったのに違いないと言うことです。私にとっても、ウザイ猫ほど離れると寂しいのは、体験上良く分かっています。灰斗がプンコなおつむで私を忘れない内に、また日本に戻って、いっぱい遊んであげたいと思います。



.
[PR]
by piyoyonyon | 2017-08-14 15:32 | 動物 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(188)
(172)
(144)
(138)
(136)
(135)
(116)
(83)
(82)
(79)
(76)
(71)
(70)
(67)
(66)
(63)
(61)
(58)
(53)
(52)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

グログラン地のビンテージ・バッグ
at 2018-06-24 15:35
SNS映えするパパブブレの飴
at 2018-06-23 15:20
ピッパ人形のスウィンギン・ワ..
at 2018-06-22 15:32
六月の庭便り
at 2018-06-21 15:32
モノトーンの「ウニッコ」のが..
at 2018-06-20 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:29
ぴよよんさん、お久しぶり..
by kagicho at 09:54
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:15
 ステキステキ! こん..
by はっち at 16:13
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:55
 あーこれ可愛いわー。リ..
by はっち at 21:10
Jin-channさん、..
by piyoyonyon at 18:56
ぴよよんさん こんにちは..
by Jin-chann at 11:08
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 07:39
ぴよよんさん お誕生日お..
by はっち at 21:40

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。