カテゴリ:おもちゃ・人形( 249 )

スターライトYOSHIKI人形

a0208783_2133764.jpg
姉と私の趣味が、再びバッティングする日が来ました。アニメ「進撃の巨人」Season3のオープニング・テーマソングが、YOSHIKI feat. HYDEキタ~。 HYDE大ファンの姉の話では、「とても綺麗な曲なんだけど、綺麗過ぎてリンホラ(Linked Horizon)押しの進撃ファンには不評!」との事ですが、…不評と言うか、「良い曲だが進撃の世界観に合っていない」と言う声は良く聞きます。そもそもあのOP、巨人が一匹も出て来ないし、挿入の静止イラストが爽やか過ぎるのも違和感(公式なのに二次創作のよーだ)。今回はEDに回ったリンホラを聴いて、例え今までのような軍歌っつうか戦気高揚な歌じゃなくとも、やっぱり進撃はリンホラだなっと、私もP太も思いました。ついでに、P太にHYDEの英語は聴き取れるか?と聞いたら、「え?これ英語だったの?」との事でした(爆)。
a0208783_20575670.jpg
ところでYOSHIKIと言えば、うちには彼が居るじゃないかと私は思い出しました。タカラ社で1992年に発売した、「STARLIGHT YOSHIKI」人形です。YOSHIKIのファンでもないのに、しかもリカちゃんキャッスルで特価になっていたとかのふざけた理由で、私は買ったのです。
a0208783_20584662.jpg
元の定価は、確か8千円位だったと記憶しています。当時としてはかなり高価だったはずですが、大人のドール趣味が普通になった現在では、衣装をフル装備したコレクタブル・ドールとしては、一万円以下なら返って安い程です。
a0208783_2125149.jpg
この赤バラ服の他に、ブルー、シルバーの合計三種が発売されていました。衣装は、どれもゴス風。一度脱がすと再び着せるのが超面倒そうで着た切り雀ですが、顔、髪型、衣装は勿論の事、体型の細部に至るまで、YOSHIKIさん御本人が色々注文付けて、非常に拘ってあるそうです。
a0208783_2112148.jpg
機能的には裸同然のような衣装なんですけど、後ろ側も凝っています。
a0208783_2114369.jpg
片足だけ、編み上げの皮パンのような物を履いています。
a0208783_21142828.jpg
赤いバラだから、一応駐屯兵団所属ですか??
a0208783_212583.jpg
今知った事には、「リカちゃんの憧れのロックスター」と言う設定だとか。凄い無理矢理。
a0208783_2131872.jpg
YOSHIKIのファンではないにせよ、当時としては貴重な耽美な容姿で、今でもインパクトある綺麗な人形なのは確かです。よっちゃん本人は、今のほうが良い感じに落ち着いていると思いますが。以前TVでコロッケが、X-JAPAN時代のTOSHIの物真似をした時、巨大な盛り上がったヘアスタイルの中から、この人形が飛び出して来る仕掛けでした。ファッション・ドールに、こんな使い道もあるのか…と、妙に感心した物です。現タカラトミーのタカラ社では、確か同時期に天海祐希(しかもヅカ時代の)人形も販売していて、ある意味結構思い切った時代でした。



 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-21 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

緑系三段ティアード・スカート

a0208783_2238473.jpg
三段切り替えになったスカートって、人形用に可愛いだろうなと長年思っていましたが、ギャザー寄せが苦手で、今まで挑戦しようと言う気にはなれませんでした。何せ、普通のスカートを作る時より、三倍の回数のギャザー寄せをしなくてはなりませんから。でもどうせ作るとなったら、全部同じ布地ではなく、格段で生地の柄を変えて、パッチワーク風にしようと思いました。
a0208783_2239938.jpg
この生地の組み合わせを考えるのが、また一苦労なのですが、楽しい作業でもありました。今まで何度か使用した生地でも、組み合わせ次第で新鮮に見えます。基本的に、下から上へ順に柄を細かくして行くと、バランスを取り易いようです。
a0208783_22393170.jpg
今回のスカートは、緑系のプリントでまとめました。前開きにしてペチコートと重ね着し、トップには生成りのラグラン袖のブラウスを合わせています。
a0208783_22402340.jpg
しかしこの格好だと、本当に森へ花摘みに行くんですが?と聞きたくなる、こっぱずかしいガーリーぶりですよね。
a0208783_2240015.jpg
ガーリーなふんわりスカートを、あえてこんな風に、ボーイッシュなTシャツと合わせるのも好きです。頭にはワッチニット帽、足にはハイカットのバッシュ等のスニーカーで。
a0208783_22413039.jpg
こう言う長めのふんわりスカートは、元々自分で着るのも好きですが、イギリスに住み始めて以来、着る機会がめっきり少なくなりました。何故なら、イギリスではアンティーク・モールやフリマに出掛ける事が多いので、そういう場所では商品をチェックする為に屈む事が多く、裾を踏んでしまう恐れがあるから、長めのスカートは不便なのです。
a0208783_224153100.jpg
また、お出掛けとなると、半端なく歩き回る事が多く、街へ行くのでさえ往復40分は歩くので、歩き易い靴は必須で、基本的に服装はそれに合わせた格好になってしまいます。そう考えても、日本に住んでいた頃より、自分のワードロープのバリエーションが少なくなったと実感します。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-14 15:34 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

長くつ下のピッピ人形

a0208783_3412319.jpg
フリマで、こんなインパクトのある布製の人形に出会いました。スウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの代表作「長くつ下のピッピ」の、主人公ピッピ・ロッタ・ナガクツシタ(ロングストッキング)を表している事は、一目見て分かりました。こう言う人形が存在する事は前から知っていましたが、実物を目にするのはこれが初めてです。
a0208783_62344.jpg
どう見ても可愛いとは言い難い顔ですが、元々ピッピがこう言うキャラクターですし、本国スウェーデンで最も御馴染みらしい、イングリッド・ニイマンの挿絵のピッピを、かなり忠実に再現しています。日本では、岩波書店刊の桜井誠さんの暖かみのある挿絵が、一番印象に強いかも知れません。イギリスだと、「チャーリーとローラ」シリーズで有名なローレン・チャイルドの挿絵版が、今は最も知られているようです。この人形は中国製ですが、デザインはスウェーデンで、タグにはリンドグレーンとニイマンのコピーライトが入っています。
a0208783_62246.jpg
靴や靴下は脱げませんが、一応服は着脱可能で、青いシャツの下は、こんな赤いジャンパー・スカート(?)になっています。ブルマは緑! 本当は、相棒のおサルのニルソン氏も欲しい所です。
a0208783_614164.jpg
子供の頃から大のリンドグレーン好きの私ですが、実はこの「ピッピ」シリーズや「屋根の上のカールソン」シリーズのような、余りに破天荒過ぎる主人公のハチャメチャ&ドタバタ物はちょっと苦手です。とは言え、大昔NHKでも放映されていた、スウェーデン×ドイツの合作TVドラマは、主題歌と共に傑作でした。日本のミュージカルでは、篠原ともえがピッピ役だったそうで、そりゃ見事にぴったりな配役だと思います。もし本当にジブリが「ピッピ」のアニメを作っていたなら、また印象が違っていたと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-09 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

人形用ビンテージのディアンドル風衣装

前回ルイスのアンティーク・モールへ行った時、古いファッション・ドールの服やグッズを、幾つか安目の値段で売っているストールがあり、興味深い昔の誰かの手作り人形服を、二点買う事が出来ました。もし今回も未だそのストールが残っていたら、再び面白い人形の服が見付かるかもと思っていました。そしたら期待通り、未だ存在していて、この服に出会う事が出来ました。
a0208783_411967.jpg
大きなパフ・スリーブの白いブラウス、黄色いレース・アップの赤いベルベット調の胴衣、リックラックテープの付いた緑(写真では水色に見えますが)のスカートの三点セットで、合わせて着ると、童話の主人公風と言うか、ドイツ語圏の民族衣装みたいなディアンドル風になります。ただし色合いは、まるで70年代辺りの日本のアニメみたい…。
a0208783_414567.jpg
ブラウスの襟元には、花模様の機械刺繍が入っています。このブラウスの身頃が、やたら大きくて、ブラウスだけ見ると、1/6スケールの人形用ではなく、もっと大きな抱き人形用じゃないかと疑う程です。しかし、胴衣やスカートのウェストは確かに1/6サイズだし、組み合わせて着ると、不思議とブラウスの大きさは気にならなくなります。
a0208783_473825.jpg
今回のは手作りの服ではなく、どうやら既製品のようですが、元々はどの人形の服だったのかは不明。因みに、今シンディちゃんが履いている靴も、そのストールで買った物です。実際にビンテージ・シンディ用の靴で、5足で3ポンドと、eBay等と比べてかなりお買い得でした。



・  
[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-07 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

三つ編みの木製民族衣装人形

a0208783_6943100.jpg
フリマで出会った、ちょっと今まで見た事のないタイプの木製民族衣装の人形です。高さは約10cm。ブラウスに黒い胴衣、大きく膨らんだ赤いスカート、首には、赤いネックレスを三重にして着けているのが分かります。多分、ポーランド辺りのお土産品では?と思っています。
a0208783_6101723.jpg
状態は良好ですが、ニスが飴色に育って、良い感じに古臭さが出ています。お下げ髪に使われた綿紐も、ナチュラルで素材感がピッタリ合っています。
a0208783_6103970.jpg
普通この手の木製お土産人形って、体型も出来るだけ簡素に作られているものですが、この人形の場合、蜂須乙女みたいとでも言うのでしょうか、ウェストが括れて胸も大きく、かなりグラマラスな雰囲気…。まあ本来、ディアンドル型の民族衣装は、こう言うプロポーションじゃないと様にならないんですけど、その点が何だか異色に見えて、目に留まった理由かも知れません。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-02 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

緑のビンテージ・ファブリックのスウィンギンなワンピース

a0208783_305417.jpg
ブライス用にサマー・ドレスを作った緑のビンテージ生地で、momoko用に1960年代のワンピースを作りました。やっぱりこの布地は、同時代の服のデザインにこそピッタリだと思います。
a0208783_36523.jpg
そしてこの「ラブリーフォークロア」のモモちゃんが、スウィンギン・ファッションをばっちり着こなしてくれる事に惚れ惚れします。
a0208783_4163345.jpg
この時代のファッションは、柄や色の組み合わせにはパンチがあるものの、服のフォルム自体はすっきりシンプルな場合が多い為、作り易い点が、ドール服作り万年初心者の私には有り難い限り。ワンピ全体をビンテージ生地にしても良かったのですが、無地と組合せたほうがプリントが映えると思い、ローウェストで切り替えました。頭には、共布の幅広のヘアバンドを巻いています。
a0208783_323067.jpg
一方こちらは、同じく60年代風だけど、少しだけドレッシーにしてみました。身頃は、最初はブライス用のサマー・ドレスに作りましたが、試着してみたら、肩がいかり過ぎて合わなかった失敗作です。試しにmomokoに合わせて見ると、肩の張った彼女にはピッタリだった為利用する事に。
a0208783_417192.jpg
スカート部分は、「今日からはじめるドール服」の、一番最初に登場する「手縫いワンピース」を参考にしています。あのワンピ、リカちゃんやrurukoには可愛くても、momokoにはちょっと子供っぽいんじゃないかな~と思っていたので、丈を1cmだけ長くしました。
a0208783_3592081.jpg
そんな訳で、せっかく素敵なビンテージ布なのに、ハイウェストの身頃部分にちょこっとしか使用していません(スカートを取るだけの面積はなかった…)。スカート部分には、前出のローウェストのワンピと同様に緑の無地布か、または黄色を考えていましたが、面積がこれ程大きいとそれでは暑苦しいので、爽やかな薄い水色を選びました。中央のリボンも、あれこれ色々合わせて見て、黒のグログランが一番締まるように思いました。
a0208783_3594114.jpg
せめてもと、共布のトーク帽とハンド・バッグをプラス。
a0208783_4055.jpg
並べて見ると、一応同じ60年代風のスタイルで、しかも同じ生地を(部分的に)使用しているのにも関わらず、双子コーデと呼ぶ程は似ていないような(笑)。
a0208783_351611.jpg
ほんの少ししか手に入れられず、おまけにリボンみたいに長い端布なので、作れるタイプのドール服は凄く限られますが、また何か作ってみたくなる、大好きなビンテージ生地です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-31 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの妹 ミキちゃん人形

a0208783_23333171.jpg
以前フリーマーケットで、私がリカちゃんのお友達さくらちゃん人形を買い、その他にもリカちゃん関係の人形や服、グッズ等を数多く販売していた家族が、また同じフリマに出店参加していました。それらは、フリマの中古人形としては結構高い値段で売られていて、はたして私の他に買う人が居るのだろうか?と思っていましたが、意外にも大方売れてなくなっていました。しかし、リカちゃんの双子の妹の片割れミキちゃん人形は、未だ残っていたので買う事にしました。値段は相変わらず3ポンドと強気でしたが、デフォルトの服も靴も残っている状態だし、こんな機会でもない限り手に入れる事はまず無さそうな人形なので、OKと判断しました。
a0208783_2334576.jpg
これが、デフォ服の仕様です。2011年から現在も日本で販売中の「おてんばミキちゃん」で、超ロングヘアの、最初からこの妙にまとまりのないカールの付いた髪型になっています。この他現在販売されている双子人形には、直毛ストレートの園児制服バージョンや、縦ロール頭のお姫様バージョンが存在します。
a0208783_23423929.jpg
間近で見て初めて気付きましたが、まるで口笛を吹いているみたいに、口に穴(と言うか丸い凹み)が付いているんです。双子のもう片方のマキちゃんは、大昔売られていたキャンディ❤キャンディ人形みたいな、潰れたブッサイクな顔(ひどい)だから、絶対要らないと思っていましたが、ミキのほうなら結構可愛いので、元々持っていても良いかな位に思っていました。
a0208783_233437100.jpg
お姉ちゃんと御揃いの格好させると、やはり楽しいからです。でもサイズがリカちゃんよりずっと小さい分、バランスを取るのが難しいし、返って作るのが厄介です。子供からミキマキのお洋服作って~と度々せがまれるお母さんは、大変だろうなと思います(しかも常にペアだし)。それを作る事になるのがイヤで、姪っ子達にミキマキは絶対プレゼントすまいと思っていました(笑)。
a0208783_2335646.jpg
こんな単純な服でも、リカちゃんと同じデザインに揃えるのは、殊更難しいと実感しました。プロポーションがまるで違うので、単に縮小すりゃ良いって訳じゃあないんです。特に身頃が非常に小さい為、ハイウェスト切り替えとかは無理。今回気付いた反省点は、まずミキマキ・サイズの服を作ってから、それに合わせてリカちゃんサイズのデザインを決めるべきだと言う事です・・・。 
a0208783_2337497.jpg
しかし、材料の量が余り必要無いのは、このサイズの服作りの唯一の利点です。柄布の場合、非常に細かい柄しか使えませんが、ほんのちょっとの面積の布でも、一着分作るのに間に合います。
a0208783_23395863.jpg
このキノコ柄のプリントは、新宿オカダヤで買った生地見本帳の中の一枚。中々可愛い布だけど、10×10cm位の面積しかなかったから、どう利用しようと考えていた矢先、こうして人形服に活用出来て満足です。ウェストをマークしない、やはり幼児らしい服が一番似合うように思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-24 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

レトロな緑の花柄浴衣

a0208783_482320.jpg
実は1/6ドール用の浴衣(や着物)って、こんなに小さくとも、想像以上に布の面積、特に長さが必要なんです。特にmomoko DOLLのような背の高い人形用になると、パッチワーク用のカット生地では大抵足りません。そして、ドール服に向く薄出の細かい柄の布地が手に入りにくいイギリスなので、益々使える布地の選択の幅は狭まります。しかし、元々普通の和柄の布の浴衣では、モモコにはイマイチ無難過ぎて物足りないかも知れないから、いっそ全く浴衣らしくない生地を利用して、浴衣を作ってみてはどうかと思い立ちました。
a0208783_485185.jpg
使用したのは、実家の物置から発掘して来た、多分60~70年代のワンピースの端切れ。ビリジアンと呼ぶべき真緑色とオレンジ色の強烈な組み合わせ、また結構大振りの花柄が、フラワーパワーな時代を物語っています。ファッション・ドール用のOFとしては厚手の生地ですが、織り地には亀甲ようなシボがあり、割と張りもあるので、返って浴衣には使えるかもと思いました。
a0208783_492553.jpg
花柄はかなり飛び気味で、バランスの良い配置のし方が難しく、中々上手く出来ませんでした。
a0208783_412840.jpg
それと、縫い易い生地ではありましたが、やはり厚みがかなりあるせいか、着付けがモッサリボッテリしちゃったかなー。
a0208783_4135065.jpg
浴衣や着物は、帯との組み合わせで、表情がかなり変わります。今回は、可愛い雰囲気をプラスしたかったので、茶のギンガム・チェックを選びました。こちらは帯としては薄過ぎる生地(イギリスの学校女児制服のような)だったから、接着芯を二重に貼って張りを出しました。

 
 

[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-17 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ピンクのワンピースのネズミちゃん

a0208783_6134042.jpg
こぐまのミーシャ(多分)の縫いぐるみを買った、同じストールで買いました。本当は、こちらの縫いぐるみの方が先に目に入ったんです。一見在り来たりっぽいのに、絶妙にノスタルジックで可愛く、見捨てておけなくなりました。
a0208783_6142113.jpg
灰色で耳が大きいし、ネズミだとは思いますが、顔にはネズミっぽい齧歯目らしさは全くなく、どちらかと言うと猫っぽい顔ですね…。青い瞳が印象的。
a0208783_618597.jpg
脚の裏と耳の内側がピンクで、ピンクのワンピースがお似合い。が、良く見るとみっちみっちで、無理矢理着せてある感が否めなく、元々はこの縫いぐるみの服ではないのかも知れません。
a0208783_6145013.jpg
とは言え、胴体全体が白のボアで(背中も)、服を着ていない状態でも結構変です。まるで下着を着ているようで、もしお腹だけが白いなら、裸でも不自然じゃないんですけど。
a0208783_6152134.jpg
試しに、他のビンテージの人形服を着せてみました。
a0208783_6154311.jpg
おおっ、中々可愛いじゃないか。
a0208783_616377.jpg
この「フェアリー・グレン」の人形服は、大体サイズが合います。
a0208783_6162268.jpg
やはり懐かしい雰囲気のデザイン、特にピンクの服が似合うようです。
a0208783_617106.jpg
こちらの縫いぐるみも、ミーシャと同じく韓国製でした。レトロ可愛いと思ったのは、西洋のセンスではなく、何処か昭和っぽいアジアな香りがしたせいかも。ワンピースは少し汚れていましたが(この後洗濯しました)、縫いぐるみ自体は、ミーシャ同様にボアの手触りも良好です。ただ長年窮屈な服を無理矢理着せられていた為、すっかり体が歪んじゃいましたけどね(苦笑)。

 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-14 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

大人なTシャツの着こなし

a0208783_4342984.jpg
夏服と聞いて、真っ先に思い付くアイテムの一つがTシャツ。吸収性の良い伸縮性のある素材で快適な着心地、またアイロン掛け不要で、洗濯&手入れが楽チンなのも身上です。そんな極御馴染みのTシャツですが、「カジュアル」「スポーティ」「ボーイッシュ」「子供っぽい」等のイメージがあり、正直余り女性らしい服とは言えません。特に一番基本の形のTシャツって、襟ぐりが結構詰まっているので、着ると相当暑苦しい上に、地色が薄いと着膨れして見え、かなりスタイルの良い人でないと、中々お洒落にキマらないものです。ところが、そんなTシャツも、襟開きをボート・ネック、またはラウンドやスクエアやVネックの大きめにして、更に袖を五分か七分丈にすると、着やせするし、途端に女度が上がります。
a0208783_435081.jpg
ふんわりガーリーなスカートに、あえてボーイッシュな定番型Tシャツを合わせ、ハズして甘さを抑えたような格好も好きですが(いい歳こいて)、大きく広がったドレッシーなスカートには、やはりこんな女子力高めのTシャツを、コンパクトに合わせたいものです。
a0208783_4352982.jpg
ただし、この手のTシャツに、ミニのタイト・スカートを合わせる格好なんかだと、大人し過ぎる上に女臭過ぎるイメージがあって、余り好きではありません。まあ根本的に、そういうテイストが、自分に全く似合わないってのもありますが…。
a0208783_4362460.jpg
また、本来ドレッシーなスカートには、レースのブラウスとかドレッシーなトップスを合わせたほうが、益々女性らしいはずですが、それではフォーマル過ぎたり、ボリュームが出過ぎたり、また返って野暮ったくなる場合があります。勿論デサインに寄りますが、バランスを取るのは結構難しい物です。その点五分袖大人Tシャツは、多少女度が上がったとは言え、あくまでまだまだカジュアル&シンプルなアイテムですので、失敗なく程良い甘辛の匙加減にしてくれます。
a0208783_4365727.jpg
とにかくこんな形のTシャツは、コーディネイトに必ずお役立ちで、持っていて損はないはず、と私は勝手に強くオススメします(笑)。今回スカートに使用した布は、フリマで手に入れた端切れで、本当に人形用のスカートにするしか使い道がないような、細長ーい生地でした。自分では絶対選ばないクドイ花柄だと思っていたところ、ちゃんと着こなすモモコさんに改めて感心です。ペンダントは、昔実家に転がっていたのを拾ったパーツから作りました。最早ビンテージ? 丁度色味的に、スカートに合うかと思いまして。青い部分が、実はマーブル模様になっています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-10 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(203)
(188)
(154)
(146)
(146)
(142)
(126)
(87)
(85)
(84)
(82)
(77)
(72)
(69)
(69)
(68)
(64)
(62)
(55)
(54)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブドウの収穫の金属レリーフ
at 2018-09-23 15:25
ブレコン・ビーコンズ国立公園..
at 2018-09-22 15:30
スターライトYOSHIKI人形
at 2018-09-21 15:35
赤い花のマイクロ・モザイク・..
at 2018-09-20 15:28
ブレコン・ビーコンズの宿
at 2018-09-19 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。