カテゴリ:おもちゃ・人形( 209 )

ビンテージ・スカーフの人形用ドレス

a0208783_4492848.jpg
ルイスのアンティーク・モールで、古いファッション・ドール用のアウトフィットやグッズを、単品または数枚一緒に袋に入れて、何種類か販売しているストールがありました。全部チェックして、気に入ったこのドレスともう一枚を購入しました。
a0208783_4501278.jpg
スカーフを使用して作ったらしい、人形用OFの初歩のようなシンプルなベアトップのドレスですが、スカーフそのものの柄がビンテージらしくて魅力的だと思いました。それに、こんなテロテロの滑り易い素材は、裁断も縫製も意外に面倒臭いものです。
a0208783_4503716.jpg
余った生地で作った御揃いのショールには、フリンジが付いて揺れます。
a0208783_451764.jpg
このシンディちゃんにピッタリのサイズで、元々ビンテージ・シンディ用に作られたのかも知れません。身頃には見返しのチュール地の裏地も付き、ダーツも綺麗に入ったしっかりした造りで、ドレス・メイキングに結構手馴れたお母さんの手作りでは?と思っています。
a0208783_4513242.jpg
ただし、日本のお母さんが子供に人形の服を作る際、こう言う肩出しの服は、まず考えないんじゃないでしょうか。ベアトップがフォーマルとして今だ定番の、西洋ならではの発想だと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-23 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ダーク・グレイの刺繍のワンピース

a0208783_4122389.jpg
春もすぐそこだと言うのに、いかにも冬っぽい服ですが、今年のお正月頃イギリスの姪が着ていた、M&S(マークス&スペンサー)の子供服を見て閃いた物です。姪は、口だけはマセているものの、未だ着せ替え人形で遊ぶのに夢中だったり、何処へ行くのも縫いぐるみを連れて行ったり、10歳にしてはまだまだ子供っぽいんです。服装の好みも猫チャン柄とかでやや子供っぽいのですが、これらに関しては全く心配していません。イギリスで良く見掛ける、10歳位で既にヘソ出し等のハスッパな格好だったり、プラダのバッグを欲しがる10歳児よりは、遥かにマシだし、子供が老け急ぐ必要なんて全くありませんから。しかし、その時姪が着ていた服は、クリスマスにM&Sのギフトカードを貰ったので自分で選んで買ったそうですが、大人っぽくて品が良く、個性的でとてもお洒落でした。私もM&Sのギフトカードを貰ったことがありますが、数年間店内の商品を度々チェックしていても、欲しいと思える服が全く見付からず、結局ジーンズなんかを買っちゃいました。しかし、もしこんな服の大人用があれば買ったのに…と、自分で欲しくなる程、姪のその服は私の好みに合っていました(多分14歳用位なら着れただろうけど、さすがにプライドが許さないですじゃw)。それで、せめて人形用に作ってみようと思った訳です。
a0208783_4134329.jpg
実物は漆黒のスムース・ニット(カットソー)地でしたが、刺繍し辛いかもと思い、ダーク・グレイの起毛地を選んでみました。ウール混のようで、表面はフェルトのように目が細かく、とても滑らかな肌触りの布地です。
a0208783_4274244.jpg
刺繍でフォークロア色が強くなるとことを、ストライプのテープで抑えているところがポイント。このテープに、赤色の混じっているところも気に入っています。イギリスでは奇跡的に、近所の手芸チェーン店で、丁度イメージに合うテープが見付かりました。また、刺繍が単色なのも、適度に大人っぽくてお洒落だと思いました。
a0208783_4181413.jpg
フォルムは、ローウェストにサーキューラー・スカートでした。シンプルで甘さを抑えたフォルムながら、スカートが女性らしく綺麗に揺れます。袖は、本当は七分丈だったようですが、真冬っぽい生地を使用したので長袖に変更。
a0208783_4151213.jpg
御揃いの帽子やバッグは、私が勝手に考えて合わせた物。ドール服では、つい帽子やバッグを御揃いでまとめなきゃ、と思ってしまいますが、良く考えると、実際の人間用なら、帽子やバッグがドレスと共布で御揃い…ってのは、仕立て服や自家製でもない限り余りありませんよね。
a0208783_4191310.jpg
帽子はベレー帽が一番似合いそうでしたが、私のコーディナイトにはやたらベレー帽が多いので、今回はツバ無し円筒状のフェズ(トルコ帽)っぽい物にしました。この帽子を被ると、やっぱりちょっと中央アジアか何処かの民族衣装っぽく見えます。
a0208783_4163927.jpg
姪が着ているのを一度だけ見て作りましたが、後からその服を再び見たら、自分が思って作ったのとは大分違っていました(笑)。ストライプのテープは襟ぐりとウェストだけで、袖口と裾は赤いブランケット・ステッチ、刺繍は左袖とスカート右側だけで、図案はもっと民芸調でした。でも全く同じに作る必要はないし、インスピレーションを貰っただけで十分です。
  





[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-16 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

あの子は苺チョコ

a0208783_1125542.jpg
2月の主な行事と言えば、節分とバレンタインですね。リカちゃんをモデルに、バレンタイン向けの、苺チョコレートのような甘い雰囲気の服を作ってみようと思いました。
a0208783_1132556.jpg
作り始める前に、一応「バレンタイン」「ドレス」で検索しましたが、ヒットしたのは主にドール用でした。特に、リカちゃんのお城で毎年発売されるあの服。人間用でバレンタイン向けと言うと、単に勝負服や彼氏好みの服を着れば良い訳で、わざわざバレンタインのみをテーマにした服、と言うのは少ないようです。ついでに「苺チョコ」「ドレス」で検索すると、圧倒的にロリィタ・ファッションが出て来ました。ロリ服の甘ったるさが、スウィーツのイメージと必然的に重なるようです。苺チョコと並んで、ミント・チョコ風のドレスも人気のようです。
a0208783_1135753.jpg
しかし、ロリ服は作るのが面倒臭いし、どうせなら他と余り被らない服にしたいと思いました。今回はこのピンク髪ツーテールのリカちゃんを、初めからモデルと決めていたので、目指したのは単純に子供らしい服です。身頃の切り替えをジャスト・ウェストではなく、ハイ・ウェストかロー・ウェストと考えて、ロー・ウェストを採用。
a0208783_1152994.jpg
身頃のチョコレート色地の水玉柄布は、フリマで買ったコットン(一応ビンテージ?)。模様のプリントが凄いイビツなんですけど、イギリス製なのかな…。スカートの苺柄布は、バーミンガムのマーケットで買った、イギリスでは毎度お馴染みの素材ポリ・コットン。地色は、薄―いピンクになっています。現行品なのに、既にこのレトロ具合。可愛い苺柄プリントの生地は、日本では沢山出ているでしょうから、このイギリスの不便さなんて想像出来ないと思います。
a0208783_1142384.jpg
結果、狙った通りと言えばその通りで、凄~く子供っぽい服になりました。柄on 柄on柄で、安っぽさも全開(笑)。決して高級苺チョコ・トリュフではなく、チロル・チョコかアポロ・チョコみたいな、駄菓子系苺風味チョコってとこでしょうか。何だか、リカちゃんの廉価版アウトフィット(しかもお得価格シリーズの)に実際ありそうな服です。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-09 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ボーダー+タータン・チェック

a0208783_4442683.jpg
姉の「静寂を捧ぐ」のmomoko DOLLには、こんな格好も似合うんじゃないかと思い、作ってみました(モデルは私の「そっとほっとミルク」ちゃん)。
a0208783_4445584.jpg
さすがにもう自分では着られませんが、ボーダー・シャツと赤系のタータンチェックのスカートは鉄板の組み合わせで、昔から結構好きな格好の一つです。日本人の考えるロンドン・ファッションって、こんなのかも知れません。(…当然ながら実際には居ませんよ、こんな人!)
a0208783_115714.jpg
シャツの裾をちょっとだけ長めにしているのが、私なりのささやかな拘りです。普通は横縞は膨張して見えますが、裾を長めにすると、返ってモモちゃんの細さが際立つような。本当は人形用には、もっと細いボーダーにしたかったんですけど、例に寄って手元にないし手にも入りません。これでは、佐川のにーちゃん(ラガー・シャツ)になるギリギリ一歩手前の太さだと思います。
a0208783_4454241.jpg
ティアード・スカートの上段をバイヤス裁ちにしているのも、ささやかな拘りです。スカート丈は、膝っ小僧が出る位に、もう少し短くすべきでした。これじゃあ、下に履いているのがタイツかニーハイか分かりませんよね。
a0208783_131723.jpg
同じタータン・チェックのスカートでも、トップを黒のタートルに換えスカートのインにして、スカートと御揃いのケープを羽織ると、こんな風にイメージが変わります。昭和のお嬢風の静寂ちゃんには、もしかしたらこちらのほうが似合うかも知れません。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-02 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

フラワー&ペイズリー

a0208783_529270.jpg
ストライプのアール・デコ風のドレスの、柄違いを作ってみました。使用した花柄+ペイズリーの生地は、元はイケアの枕カバー(笑)。縫い易いし、キャス・キッドソン風のプリントで気に入っています。それに、部分的にアクセントとしてモス・グリーン地の水玉柄を合わせました。
a0208783_5292776.jpg
キャップは、本当はクロシュらしくしたかったのですが、紐で縛らないと座りが悪くて、やむを得ずリボンを縫い付けました。前結びにすると、ベビー・キャップみたいで余りに子供っぽいから、頭の後ろで結んでいます。
a0208783_530337.jpg
スカートの脇にだけプリーツを入れたストライプ・ドレスとは変えて、脇だけギャザーを寄せ、スカートに少し広がりを持たせました。それと、スクエア・ネックのストライプ・ドレスとは違って、襟を付け加えています。
a0208783_530324.jpg
ほぼ同じパターンでも、柄の雰囲気でかなり違って見えます。形がローウェストってだけで、柄的に最早特にアール・デコっぽくはありませんが。
a0208783_5305650.jpg
このドレスは、姉のモモコ・ドールに行く予定。金髪には似合っているようだけど、黒髪ちゃんにも似合ってくれるかな?

 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-26 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ちょっとだけロリィタ風ファッション

a0208783_4314029.jpg
姉のmomoko DOLL「静寂を捧ぐ」さんに、ゴスロリ風アウトフィットの他に、甘ロリ風も作ることにしました。黒+魔界系の「ゴスロリ」に対し、ピンクや白が中心のお姫様風なのが「甘ロリ」です。実際には、ロリィタ・ファッションのカテゴリーは厳密に(?)細分化され、オキテも色々細かく設定されているそうで、素人は迂闊に語れないようです。下に着ているパフ・スリーブのブラウスは、ゴスの時と共通。
a0208783_4364553.jpg
またしてもうちにはロリィタ・ファッションの似合うモモコさんがいない為、ジェニーさんにモデルになって貰いました。誌上ファッション・コンテストの賞品として頂いた、確か「スイートフェミニン」だったと思います。元は前髪はパッツンでしたが、写真写りが悪いので少しカット。
a0208783_4323191.jpg
元々は、プリンセス・ラインのジャンスカを、縫い易いピンクの生地で試し縫いしていただけの服だったんです。無地のままでは下着感が否めなかったところ(笑)、中にブラウスを着せて、レースやフリルを縫い付け、身頃に刺繍を入れて何とか落ち着きました。それでも「甘ロリ」にしては装飾が控え目だし、スカートも大きく広がらないので、本当は「クラシカル・ロリィタ」と言うのに近いのかも知れません。
a0208783_4373213.jpg
頭にはでっかいリボン(最初はもっと大きかった)。更に、これでもかっと背中にもリボン!
a0208783_4331774.jpg
縞ソックスを合わせたのが、唯一のささやかな私らしさです。アリス服はロリィタのアイコンの一つなので、このアイテムはアリなようです。生地の厚みのせいで、見事に足首はなくなりましたが…。ただし姉に上げる時は、レース付き白ハイソに変更する予定。
a0208783_4342426.jpg
合皮のハート型のポシェットには、友達から貰った金属製のメルヘン・クリップを、勿体無いと思いつつ(笑)縫い付けました。何せアクセサリーのパーツにしたい程、凝った可愛いクリップなんです。実際には、ロリィタ・ファッションの皆さんは、でっかいボストン・バッグの他に大きな縫いぐるみを抱えていたり、キャリー・ケースを引き摺っていたり、こんなポシェットでは全く役に立たぬ程、荷物の半端なく大きい人が多いように思います。
a0208783_4352111.jpg
因みに「ロリ」+「ドール」で検索したら、モモコよりも圧倒的にジェニー&ジェニー・フレンズが多く出て来ました。ジェニー・ファンって、昔からロリ・ファッションやピンハ系、または宝塚やお姫様ドレスを好む人が多いようです。確かに少女漫画顔のジェニーには、リアル・クロージングやナチュラル・ファッションより、そんな乙女の夢てんこ盛りのような、装飾ごっちゃりな服装こそが、やはりサマになるように思います。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-19 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リバティ・プリントのパーカーとワンピース

a0208783_534189.jpg
関口妙子さんの「はじめてのドール・コーディネイト・レシピ」(グラフィック社Dolly*Dolly別冊)に掲載されていたパーカーの、袖裾リブやポケットのないシンプル版があると良いな~と考えていたところ、同じ関口さんの著書「今日からはじめるドール服LESSON」(宝島社刊)に、丁度そういうパターンが載っていたので、挑戦してみることにしました。
a0208783_533369.jpg
本の中では、基本的にスムース・ニットを使ったルームウェアとして紹介されていますが、私は義妹から貰ったウール・リネンの端切れを利用して、アウターとして作りたいと思いました。リバティのビンテージ生地をアクセントに、中のワンピと御揃いと言う設定です。
a0208783_4474568.jpg
グレイなので、フードを被ると、どうしてもネズミ男っぽい…。
a0208783_5342525.jpg
パーカーの中は、同書掲載のルームウェアをアレンジした、ハイウェストのシンプルなワンピ。重ね着し易いよう(あと作るのがラク)ノースリーブにしましたが、この季節に見ると寒々しいばかりですね(苦笑)。
a0208783_4484038.jpg
調子に乗って、屋外にも撮影に出てみました。室内でも大抵自然光で撮影していますが、屋外の光はまたかなり勝手が違うと実感しました。
a0208783_4443557.jpg
単にうちのボロっちい外壁ですけど(笑)、レンガ壁は意外と人形に映えて使えます。
a0208783_5331380.jpg
室内に、ちょこちょこ置いて見ても楽しい。
a0208783_449745.jpg
今までモモコ・ドールは、お洒落過ぎて私には敷居が高いと思っていましたが、実際には優秀なモデルさんは、私の下手でショボイ服でも着こなしてくれるもんなんだ~と勝手に感心しています(笑)。特にこの「そっとほっとミルク」のモモちゃんは、本当に好みの服装がばっちり似合うので、この子を選んで買って(貰って)良かったとしみじみ思います。そして、普段リバティには別に惹かれないのだけど、このプリントはつくづく可愛く、柄が細かく、尚且つ柄が均等に散らばっていて使い易く、人形の服作りには持って来いです。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-12 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

成人式の晴れ着(ババァの説教付き)

a0208783_165475.jpg
1月は、お正月に成人式と、着物を着る人を見掛ける機会が一番多い月かも知れません。ジェニー人形の女友達の中で一番年長らしいリナさん(原宿ジェニー・ショップ・オリジナル、着物バージョン)に、成人式の着物を着て貰いました。ジェニーよりも2cm背が高く、スタイルも更に抜群な為、着付けが結構難しかったです。
a0208783_172331.jpg
古布っぽくて中々素敵な紫地の和風プリント、と思っていたのですが、金プリントもなくコットン100%なだけに、やはり成人式の振袖としては地味ィ~でした。裏地を反対色のオレンジにしたり、合わせる帯や帯揚げを選ぶのには結構頭を捻りました。袖は、もう少し長くても良いかも。
a0208783_175056.jpg
帯は、「片蝶結び」と言う形にしています。やはり無地で地味なのは否めなかったところ、造花やビーズや帯締めとしてビンテージのレースや飾ることで、何とか解決。
a0208783_19353795.jpg
しかし正直言って、実際の成人式の着物には、「なんか着ないほうがマシみたい…」とガッカリ感じる着こなしが少なくないのも事実です。二十歳と言えば本来女性が一番美しい頃で、まして日本人を最も魅力的に見せる衣装のはずなのに不思議です(姉曰く「美容室のせい」)。決して「現在の若者は」だからではなく、結構昔からそうでした。返って、「今だにどうして改善されないんだろう?」と思える程です。華やかさで目立つのは多いに結構だけど、ケバい上に没個性的なのが…何だかなあ。尚且つ、折角振り袖でドレスアップした時のスナップ写真が、今でも集団ピース・サインと言う芸の無さだったりしたら、ため息の一つも出ます。
a0208783_185297.jpg
成人式の和装の髪型は、今だ巻き髪盛り沢山が主流で、しかも未だ髪色が明る過ぎる人も多いようですが(…地方だけの話?)、やはり着物には黒髪ですっきり目の髪形のほうが断然似合う気がします。その代わり、ヘッド・ドレスは思い切り華やかで良いんでないかな。
a0208783_1342988.jpg
化粧も、盛って盛っててんこ盛り(特にアイ・メイク)で、ギャル・メイクのまんまの人がいますが、和装には和装らしいメイクこそサマになるはずです。この着物リナさんの「清楚かつキリリ」な顔立ちは、正に和装にぴったり。
a0208783_193813.jpg
成人式の季節に日本に遊びに来た西洋人の友人は、「ファーのショールが着物に似合ってなくてヘンだ」と言っていました。これは今や定番だと思っていましたが、比較的新しい習慣なのは確かです。冬だし、着物は結構寒いので(夏は暑い)、何も羽織らないのはキツイのですが、そう言えば成人式の振り袖に、羽織や道行コートって人はまず居ませんね。悪天候の為に、着物に編み上げブーツを合わせる人も居ますが、着物に慣れた人が個性を狙ってあえてハズすのと、全く着物に無知な人間が掟破りな着こなしをするのでは、残念ながら一目瞭然だとは思います。
a0208783_1101153.jpg
着物と言うのは、人の品性を一層写し出すのだと改めて実感します。品性は、造形の不具合の七難どころか八難位隠してくれるし、逆に八難も不具合がなくとも、品が無ければ台無しです。二十歳位では、その重要さを認識するのは未だ難しいだろうけど、これから気付く人になって頂ければ…と、老婆心ながら願います。どうぞ素敵な大人になって下さい。「歳を取るのも悪くない」と思われるような大人になりたいもんだと、今だ私も思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-05 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

迫力猫リョーシカ

a0208783_7444828.jpg
猫とマトリョーシカを合体させたイラストやグッズは、今や世に沢山存在しますが、マトリョーシカの本場ロシアにも元からあるのだと、こいつにフリーマーケットで出会って改めて思いました。日本の色々可愛く加工されて、ファンシーっぽく処理された猫リョーシカとは全く雰囲気が異なり、マトリョーシカの形態を無理矢理猫に変えただけのような、言わば直球勝負です。
a0208783_7454367.jpg
しかも、高さ16cm位で結構デカいんです。この猫マトの凄いところは、猫の最大の特徴の一つである尖んがり耳が無いのに、ドラえもん状態ではなく、ちゃんと猫に見えること。しかも、やっつけ描き殴ったような絵付けなのに、ちょっとオヤジ臭いマヌケっちい顔ながらも、結構猫らしくて可愛く見えることです。ソビエト時代の製品のようで、服装は模範的共産党員(爆)っぽい格好です。側面や背中、頭(帽子)には、伝統的マトの絵付けにも見られる、ぐるぐるスタンプ模様が沢山押されています。
a0208783_748093.jpg
御想像通り(?)、首が外れます。生憎中には何も入っていませんが、元はやはりマトリョーシカ同様に、入れ子式になっていたのかなあ。だとすれば、一体何の人形が入っていたのでしょうか。ネズミが妥当だと思いますが、もし犬だったら笑えます(猫より小さい)。
a0208783_7451774.jpg
フリマで買った後、すぐに作業机の上に置いたら、余りに馴染んでしまい、ブログにアップするのをすっかり忘れていました(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-27 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

フォークロアなクリスマス・ドレス

a0208783_23301894.jpg
クリスマスのドール服と言うと、赤いベルベットに白いファーなんかのパーティー・ドレス、またはミニ・スカートのサンタ・ガールの衣装を真っ先に思い浮かべました。しかし、それはちょっと月並みだし、材料も揃いません。手持ちの材料で、もっと自分らしい服をと考えて、ナチュラル&カントリーなクリスマス・ドレスを、リカちゃん人形に作ってみることにしました。
a0208783_2365311.jpg
帰国中に義妹から沢山貰った、ナチュラルな生地(イギリスでは特に手に入らない)の端布が、丁度大いに役に立ちます。ジャンパー・スカートは、実物はもっと濃いココア色です。
a0208783_2374337.jpg
ショールも、義妹から貰った端布で作りました。これは、ウール・ガーゼとか言う生地なんでしょうか。布端の赤と黒の織り糸?も、そのままデザインとして使用しました。
a0208783_2372122.jpg
エプロンを取ると、こんな感じ。ちょっとハイ・ウェスト気味です。ジャンスカの身頃とスカートの裾に刺繍を入れていますが、やはりこれだけだと地味過ぎるかなー。スカートは、本当はもっとギャザーを寄せてフンワリさせたかったのですが、端布の最大幅がこれしかなかったのです。
a0208783_2381451.jpg
クリスマス・ツリーは、以前姉から貰ったレーザー・カットのグリーティング・カード。こう言う日本の凝った立体カードは、家族や友達から度々送られて来て、イギリス人に見せると大抵感嘆の声を上げます。人形の撮影時の小道具として、意外と使える物が多いと気付きました。
a0208783_2383666.jpg
やっぱりクリスマスは、都会の華やかなパーティーやイルミネーションよりも、村の教会や森の中みたいなイメージのほうが永遠に好きな、根っからのイナカモンの私です(笑)。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-25 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(179)
(155)
(132)
(125)
(120)
(116)
(108)
(78)
(78)
(71)
(71)
(63)
(63)
(62)
(60)
(59)
(58)
(52)
(47)
(46)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ビンテージ・スカーフの人形用..
at 2018-02-23 15:30
タラちゃんのグラニー・ブラン..
at 2018-02-22 15:22
雨の城下町ロチェスター
at 2018-02-21 15:29
フリンジ付き紫系ラインストー..
at 2018-02-20 15:27
黄緑ギンガムとオレンジの花柄..
at 2018-02-19 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25
Tallulahさん、こ..
by piyoyonyon at 19:21
職場でアメリカ製のチョコ..
by mintmint36 at 05:34
ぴよよんさん こんにちは..
by mintmint36 at 05:21
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 16:49
aquaさん、こんにちは..
by piyoyonyon at 18:50
ぴよよんさん、こんばんは..
by aqua at 18:22

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。