カテゴリ:おもちゃ・人形( 217 )

小さな木製トントゥ人形

a0208783_618467.jpg
フリーマーケットで見付けた、北欧のクリスマスの小人(サンタの助手)の人形です。フィンランドでは「トントゥ」、スウェーデンでは「ユール・トムテ」、ノルウェーとデンマークでは「ニッセ」と呼ばれるそうです。今までも幾つかトントゥ人形を持っていますが、元々物価の高い北欧からの輸入品だし、特に「aarikka」等のブランド品だと結構高価です。フリマ等で見掛けると、つい「買わねば」と思ってしまいます(笑)。
a0208783_6191060.jpg
この人形の身長は4cm位。球だけで構成されたような、恐らく世の中の人形で最もシンプルな造形の一つだと思いますが、ちゃんと可愛く見えるところに毎回感心します。素材は木だけでなく、大抵布類と組み合わせてある所もポイント。今回のは、赤いニット帽を被り、胴体にはフォークロアな織り平紐が貼り付けてあります。
a0208783_6193045.jpg
トントゥ(やトムテ)は、クリスマス時期には多忙なサンタ・クロースのお手伝いをしますが、普段は住人に気付かれないよう家の手助けをしたり、子供を守ったり、日本の座敷童のような存在だそうです。…それにしてもこの人形、また私に似てるって言われそう(ぼそっ)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-10 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

モモコ・ドールの黒頭巾ちゃんの衣装

a0208783_4514.jpg
秋葉原の「アゾン」の店で、アウトレットのマッパの「ヒースの妖精」モモコ・ドールを買う時に、非常に迷ったのは、この衣装も一緒に買いたかったからです。こちらもアウトレットと言えど、そう安い買い物ではなかったので、結局人形と合わせて、通常のモモコ一体を買うのと変わらない値段になってしまいました。
a0208783_462127.jpg
元は、「Black Riding Hood ブラックライディングフッド」、つまり「Red Riding Hood=赤頭巾ちゃん」に対して「黒頭巾」と言うデザイン名のモモコ人形の、デフォルトの衣装でした。その店では、元々他にも買う予定の物が色々あったし、この衣装は諦めて人形だけにしようかと散々迷いました。が、アウトレットだから次に来店する時には絶対出会えないし、その位好きな衣装なので結局買いました。でも、人形の仕様的には、「ブラックライディングフッド」のモモコより、「ヒースの妖精」のほうが気に入っているので満足しています。
a0208783_484866.jpg
フード付きのケープには、左右両側に白い刺繍がアシンメトリーに入っています。トッグルの留め具仕様も、非常にリアルに作られています。肩のラインが人形に合っていなくて、着ると上に引き攣られてしまい、首が縮こまって見える(ジャミラ状態と言うか…)のが唯一の難点。
a0208783_4213334.jpg
ケープを取ると、こんなドレスです。写真では分かりにくいのですが、胴衣が民族衣装のようにレース・アップになっているのが大きな魅力です。黒無地なのに、チュールをスカートに重ねて華やかさを出し、ピコ・レース等の白とバランス良く組み合わせて、これだけでも十分可愛いく仕立てられています。
a0208783_4102491.jpg
ブラウスの身頃や袖と同じ白ではなく、襟だけ黒にした点もバランス良し。腰部分には大きなリボンが付いて、童話の主人公っぽい愛らしさが強調されています。
a0208783_4111040.jpg
ドレスとケープと焦げ茶のエンジニア・ブーツ、そしてドロワースがセットになっていました。一緒に買い物に付き合ってくれた友達が気付いてくれましたが、もう一つ売られていた同じシリーズのセットには、何故かドロワーズが入っていませんでした(値段は同じなのに)。元々この衣装の赤バージョンは、ずばり「Red Riding Hood レッドライディングフッド」と言う名前で、そちらは衣装だけ単独で販売されていたようです。でも最初から、黒のほうが素敵だと思っていたので、こうしてこの衣装だけ手に入れられてラッキーです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-08 15:31 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんサイズのグラニー・ブランケット

a0208783_3474647.jpg
フリマで、品の良さげなおばーさんから買った物です。元は単なる鈎針のレース編みの四角いドイリーですが、形やカラフル具合から、一目見てグラニー・ブランケットのミニチュア・サイズみたいっと思いました。
a0208783_3481783.jpg
基本的にはモチーフ繋ぎの1ピースと同じですが、一辺20cm程度とは言え、刺繍糸並みの細い糸でキッチリ編んであり、相当手間が掛かっていることは確か。勿論、自分じゃ作れませんし。レトロな配色も何だか暖かそうに見え、毛糸じゃないのに毛糸のブランケットっぽさが伝わります。
a0208783_3484710.jpg
寒い季節は、ロッキング・チェアに座って、グラニー・ブランケットを膝掛けに、暖かい飲み物を飲みながら本を読んだり、テレビを見たり、猫と戯れたり…、なんて風景が目に浮かびます。
a0208783_349523.jpg
イギリスのフリマでは、白や淡い色の円型ドイリーならしょっちゅう目にしますが、こんなはっきりした色合いの四角いクロシェ編みは、ありそうで中々ありません。
a0208783_3492024.jpg
一枚10ペンスで、他にも同様の物が何枚か積み重ねられて売られていたので、どうせならまとめて買って置けば良かった~と後悔しました(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-01 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ポーランドの木製人形 8

a0208783_237663.jpg
久々~に、大好きな古いポーランド産の木製人形を、フリーマーケットで手に入れることが出来ました。結構コレクターが居るらしく、アンティーク・モールとかネット・オークションでは、底々高く売られているアイテムだから、もうフリマではすっかり見掛けなくなっちゃった、と残念に思っていたところです。
a0208783_2373690.jpg
この人形には、服に幾つかのパターンがあり、今回手に入れたのは、前にも入手したことのあるプリント・ワンピース+白エプロン・タイプです。エプロンが切りっぱなしのかなり悲しい仕上がりですが、白くトリミングされたワンピースのプリント生地は中々の可愛さです。髪は剥げ掛かって大分乱れていたので、後頭部をポンドで貼り付けてまとめました。また、目の片方の彩色が欠けていたので、リペイントしました。それ以外は、ニス焼けも衣装の色褪せもなく、割と良い状態で十分可愛く見えます。
a0208783_238648.jpg
こつこつ集め続けて、これで記念すべき10体目となりました。いつかこの人形で、赤頭巾ちゃんタイプと、貴重な(?)ポーランド本国の民族衣装タイプが、手に入れば良いなあと思っています。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-27 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ミルキー・ガーデン

a0208783_565034.jpg
このドレスは、百均ショップ「セリア」で、この造花に出会った時にデザインを思い付いたもの。ミルク色の朝靄の庭園に佇む少女みたいに見えれば…と、勝手にイメージして作りました。
a0208783_552747.jpg
実際には、やはり花弁が人形用には大き過ぎた為、多くは自分で小さくカットしてから縫い付けました。
a0208783_5152688.jpg
でも、アート・フラワーを趣味にしていない限り、この造花の繊細な色合いや斑っぽい染め、型押しが自分では作れないので、やっぱり買って十分役に立っています。
a0208783_5245189.jpg
生地は、生成りのドビー・レースのコットン。それに、ドール・ハウス用の極細ノッティング・レース等、ビンテージ・レースを縫い付けています。身頃&袖のパターン自体は、アール・デコ風のドレスとほぼ同じです。
a0208783_561378.jpg
ヘッドドレスのボンネットをどうしよう?と考え、結局二種類作って試してみました。幅広のビーズ付きヘアバンドのようなタイプ(写真下)と、後頭部まで覆うレース付き(写真上)のタイプです。
a0208783_534317.jpg
やっぱり私が作るドール服&スタイリングは、どうも子供っぽくなるなあと、この服を見て実感しました(汗)。それでリカちゃんを専らモデルにしていた訳ですが、やはりmomoko DOLLだと、センスの子供っぽさが顕著に見える気がします。多分今回の主な原因は、スカートの丈やブーツ(本当はもっとロングのブーツを合わせたかった)の長さの微妙なバランスのように思えますが、これは人間の場合にも当て嵌まるので、今後は自分の服装の際にも気を付けたいと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-24 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

キノコの季節

a0208783_129318.jpg
この秋らしいキノコ柄のカットソー生地は、チャリティショップで更に値引きされて安く売られていた、幼児用の衣料から切り取ったものです。布地が思い通りに全く手に入らないイギリスでは、こんな風に古着を素材として再利用する事に大いに頼っています。本当はわざわざ買わずに、自分や家族の着なくなった服を活用するのが一番なんでしょうけど、ファッション・ドールにぴったりな細かさの装飾やプリント生地が、大人用では中々ありません。その点この子供用なら、ドール服に使える!と一目で思いました。
a0208783_129548.jpg
パターンは、日本ヴォーグ社の「わたしのドールブック リカちゃんNo.6」のフード付きワンピースを元にしています。しかしこの本に載っているパターンって、子供の着せ替えし易さを考慮してなのか、重ね着する事を前提としているのか、それともそう言うのが流行で許せる時代だったのか、余り人形の体にフィットしない、人形に対してダブダブとみっともなく大きな服が多いんです。最初は単に自分の作り方が悪いせいだと思っていましたが、後から同様に感じている人が多い事に気付きました。
a0208783_529171.jpg
このワンピも、最早型紙を切り取った時点で、人形に合わせてどう見ても大き過ぎるので、予めサイズを若干調節してみました。しかしそれでも、やっぱりかなり大きく仕上がってしまいました。
a0208783_1324692.jpg
特に袖の長過ぎるのが気になって、ピュアニーモSボディのリカちゃんに着て貰い、何とか落ち着きました。
a0208783_1301361.jpg
可動式素体ピュアニーモSボディは、通常のリカ・ボディより少し背が高くなり、手も長くなっています。ただし上半身は異様に華奢で、肩幅や身幅はリカ・ボディより小さい程です。その代わり、下半身はムッチリと太めです(すなわちアンコ型)。しかしこんな風にトップたっぷり目の服なら、上半身の華奢さに余り違和感がないのではと思います。ピュアニーモの、どっしり丈夫そうな素材の質感は気に入っています。

 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-17 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

モモコ・ドールの秋のお出掛け着物

a0208783_1882941.jpg
ついに姉が自分用のmomoko doll モモコ・ドールを買ったらしく、「モモちゃんは可愛えのう」と喜んでおります。ではいっちょ、姉の誕生日のプレゼントと一緒に、モモコ用の着物でも送ったろーと思い付きました。しかし、一体姉がどんなタイプのモモコを買ったのか、尋ねたのにいつまで経っても連絡がない為、とりあえず自分のモモコ(そっとほっとミルク)に合わせて作るしかありませんでした。
a0208783_189548.jpg
使用した生地は、ビンテージの化繊プリントです。イギリスのスウィンギン時代の物ですが、どうも柄のメインが菊っぽくて和風に見えるので(実際には菊咲きのダリアかも知れない)、もしこの生地でドール服を作るのなら、着物が一番だろうと前々から思っていました。更に、柄が大きめだから、リカちゃん等の22cmドールではなく、27~29cmドール向けが適切かと。それで、当初ビンテージ・シンディ用に浴衣として、帯は山吹色無地でと決めていました。しかし、レトロな少女漫画顔のシンディにはそれで良くとも、モモコに試したところ、一発で合わないと分かりました。その後、どんな帯を合わせようか、しばらくウンウン考えました。
a0208783_1893772.jpg
着物の印象って、帯で本当に大きく変わりますよね。最初は、焦げ茶地に花柄の帯に、白いレースを合わせて可愛いイメージで…とも考えましたが、それは私の好みだけど、姉の好みではないと確信しました。モモコにも姉にも合うとなると、それなりに大人っっぽくてお洒落でなくてはなりません。この茶系の手描き風のストライプの生地を合わせた時、やっとしっくる来ると納得しました。
a0208783_181076.jpg
次に、半襟やバッグ、ヘッド・ドレス等の小物類ですが、秋の美術館訪問みたいなイメージでまとめることにしました。ヘッドドレスは、着物の柄の一色を取って、ベレー帽っぽくトーク帽で。…いやはや着物の制作は、最初に計画した通りには今だ全く進みません。それをああだこうだと考えるのが、普通なら楽しいのですが、今回は取り掛かるのが遅く、時間が少なかった為、ちと焦りました。
a0208783_18104670.jpg
このモモコはナチュラルで少女っぽいので、もし姉のモモコが大人っぽい濃い目のメイクの子だったら、合わせる帯や小物が、また違って来ると思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-10 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

サイケデリック・パーティー

当初、もしブライス人形が手に入ったら、クラフト感溢れる格好をさせたいと思っていました。しかし、この「(ベリー)チェリーベリー」のブライスの場合、例えカスタムでメイクを変えようと、ヅラを被せようと、最初のテーマ通り、1960~70年代のスタイルにするのが、一番サマになるように思えて来ました。余りにも極端に改造するよりは(する技術もね-し)、元の仕様を生かして上げたほうが良いように思えて来たのです。
a0208783_671891.jpg
初期のネオ・ブライスって、70年代に発売されたKenner Blythe ビンテージ・ブライスのリプロと言う事を意識してか、モッズ・ファッションが多かったように思います。メイクのほうも、それに合わせてコケティッシュさが強調されていたような。とにかく、ロマンティックやガーリッシュ・スタイルに合わせた、童顔で甘いメイクや髪型のブライスが頻繁に登場するのは、その後のようです。
a0208783_674850.jpg
使用した生地は、多分イギリス製のビンテージのコットン。この手のサイケ柄で、綿100%と言うのは結構珍しいかも知れません。アイテム的に、てろてろ化繊が全盛の時代ですので…。この時代の可愛いポップな花柄なら、北欧やドイツのが可愛さピカ一に思いますが、こう言ったペイズリーやエミリオ・プッチ的な(頭イカレた)サイケ柄は、イギリスの十八番と言う気がします。
a0208783_684848.jpg
顔色の悪いチェリベリちゃんに合わせて、出来るだけ華やかにしようと思い、まさかこの生地にエメラルド・グリーンのレースを合わせるとは、自分でも思いませんでした。パンタロンの裾も、フレアまで付けて思い切り広げました。ピンク色のメイクのチェリベリちゃんなので、さすがにピンク色の生地は馴染みが良いようです。
a0208783_68995.jpg
ヘッド・ドレスは、共布の幅広のカチューシャにしました。人形用には、頭の後ろで結ぶリボン・タイプやヘアバンド・タイプより、嵌めるタイプのカチューシャがラクチンで好きです(…自分で使うと頭痛くなりますが)。特に、実は頭の形が前後に平べったいブライスには、ヘアバンドを結ぶのは結構難しい。これは、直径6~8cm程度の筒状のポリ容器を、切って布を貼って作っています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-03 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ホイッスルのマトリョーシカ

a0208783_22503599.jpg
最近フリマで出会った、小さなマトリョーシカです。睫が長くて化粧の濃い、好みではないケバ系なんですけど、普通の入れ子式の人形ではなく、頭から何か生えている「異物類」なので買いました。
a0208783_2251394.jpg
ガラガラやボールペンやお裁縫道具入れ等、一体マトリョーシカのバリエーションは、どれだけ存在するのでしょうね。勿論、日本も含め、ロシア以外の国のマトリョーシカ・モチーフのグッズは、現在山のように出ている訳ですが、本場ロシアの、しかも白樺製のマト・グッズの魅力には適わないように思います。
a0208783_22515949.jpg
このマトの場合、頭の突起物はホイッスルでして、良く消毒してから(誰が使用したか分かりませんので)一応試しに吹いてみました。そしたら、子供の下手な口笛よりも酷い、微か~な情けない音がしました。
   




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-29 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカ・ビジュー「スノードロップ」人形

a0208783_45555.jpg
ちょいと大人なターゲットを狙った、リカちゃん人形のシリーズ「リカ・ビジュー」で、「ルミナスピンク」と一緒に購入したのが、この「スノードロップ」と名付けられた仕様のリカちゃんです。日本人っぽい濃い髪色のボブカットで、こちらは実物も大体ネット・カタログで見た通りのイメージでした。
a0208783_425045.jpg
ふわっとした女の子らしい白いワンピに、ゴツイ黒ライダー・ジャケット+エンジニア・ブーツと言う甘辛コーデが、「リカ・ビジュー・シリーズ」の中では一番私の好みに合いました。自分でもしたくなる格好です。更に、スウェード風フリンジ・バッグと、サングラスがセットされていました。ジャケットのジッパーは、一応締まるようです。人形の比率に対してジッパーがデカ過ぎる!と言う、購入者からのレビューも読みましたが、私は気になりません。余りに小さくて、人間が扱いにくいようでも困りますからね…。
a0208783_432345.jpg
ジャケットを脱ぐと、こんなワンピースになっています。パールのネックレスは、予めワンピに縫い付けられています。実はこの手のオフタートルのニットのトップスは、非常に着膨れして見える要注意アイテムです。
a0208783_435442.jpg
バッグには、リカちゃんの名前がプリントされています。
a0208783_443095.jpg
現在の一般市販のリカちゃん人形は、こんな紫色ベースの瞳に、パール・ピンクのリップが主流のようです。中国製らしいポッテリ目(キレが無いっつーか)のフェイス・プリントと、多分濃い髪色のコントラストのせいで、この「スノードロップ」のリカちゃんは、特に化粧が濃く見えます。私の持っているリカちゃん人形の中でも、一番位に化粧モリモリかも(笑)。しかし、そのお蔭で写真写りは良く、ダーク・ブラウンのボブ・ヘアーは自然で素直に愛らしく、自分の好みの服装は一通り着こなしそうで、中々利用価値の高いドールだと思います。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-27 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(183)
(163)
(138)
(134)
(132)
(126)
(111)
(79)
(79)
(75)
(74)
(67)
(65)
(64)
(63)
(62)
(61)
(53)
(50)
(49)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

アートの街ノーリッジでショッ..
at 2018-04-21 15:24
子供用三段切り替えワンピース..
at 2018-04-20 15:27
再びノーリッジでアンティーク..
at 2018-04-19 15:26
再びノーリッジでアンティーク..
at 2018-04-18 15:32
春のノーリッジ
at 2018-04-17 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

Jin-channさん、..
by piyoyonyon at 18:56
ぴよよんさん こんにちは..
by Jin-chann at 11:08
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 07:39
ぴよよんさん お誕生日お..
by はっち at 21:40
はっちさん、こんにちは!..
by piyoyonyon at 20:31
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 21:01
にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。