カテゴリ:アクセサリー( 211 )

シルバー・リーフとウラン・ガラスのブローチ

ノーリッジのアンティーク・モール巡りでは、これだと思えるウラン・ガラスには出会えなかったのですが、最後の最後に「オール・セインツ」で、このビンテージ・ブローチを見付けました。ウラン・ガラスが実際に製造されていた頃より後の時代(1940~50年代)の製品のようですが、ブローチそのものとしては悪くないと思いました。
a0208783_134544.jpg
ウラン・ガラスのラインストーンより、シルバーの葉がメインのようなデザインです。葉部分は、細かく葉脈が入って結構凝っています。色味が抑えてあるので(マルチ・カラーのアクセサリーは好きですが、やはりちょっと合わせ辛いんです)、使い易そうなブローチではあります。
a0208783_1333279.jpg
買った日の夕食の時、P太は「はい、結婚記念日のプレゼント~」と言って私に渡しましたが、何を白々しい、自分が欲しいから買ったんじゃん、と笑ってしまいました。勿論、実用出来るのは私だけですけど。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-22 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

金色のバンビのブローチ

a0208783_519377.jpg
こちらも、かなり前に友達用に買っていた、縦3cm程度の小ぶりの、小鹿を模った古いブローチです。赤いラインストーンの眼の片方が取れていましたが、丁度良い大きさ&色の石が長年見付からなかった為、今までお蔵入りでした。しかし、例え補充の石が見付かった所で、赤い目の小鹿ってどーなんだ?と改めて考え、いっそ両方無色透明なラインストーンに取り替える事にしました。
a0208783_521599.jpg
かなりピカピカと輝く為、小ぶりでも結構目立つとは思います。金色の合金製で、耳と蹄、尻尾は黒くエナメル彩色されています。丸っこい頭が大きくデフォルメされた、言わば漫画っぽいタッチの小鹿で、首には大きなリボンを巻いています。無色透明なラインストーンの目も、ウルトラマンっぽいと言っちゃその通りなんですが、少なくともバンビ自体は、マーカサイトのバンビ・ブローチよりは可愛いのではと思っています。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-14 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

パールのリースのブローチ

a0208783_7224987.jpg
葉っぱをリースのように円形に連ねた金色の台にパールが鏤められた、小ぶりのブローチです。リースの直径は約3cmで、パールの直径は2mm位。勿論フェイク・パールですが、パールのアクセサリーらしい、清楚で可憐な魅力があります。その間に煌く極小の無色ラインストーンと、少しマット掛かった台座の色も、魅力の大事な要素になっています。台座の裏を見ると、かなり凝ったしっかりした造りなのが分かります。台は、多分金メッキではないかと思います。
a0208783_7231511.jpg
私自身にではなく、友達にぴったりそうだと思い、随分前に買っていましたが、石が一つ欠けていた為に送れずにいました。それが最近、やっと欠けた部分に丁度良い石を手に入れる事が出来たので、補充しました。友達は着物女子なので、帯留めとして使っても良いかも知れません。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-11 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

リネン地の手作りブローチ 4種

a0208783_55073.jpg
友達にビンテージのレースの付け襟をプレゼントする際、前を留めるブローチが必要だと思い、急遽ブローチを拵えました。イースターのブローチもほぼ同じ方法で作りましたが、リネン地が土台なら、他にも結構色々応用出来るんじゃないかと思い立ち、挑戦してみました。
a0208783_5504139.jpg
まず、前回同様に、小さなヨーヨー・キルト(ちくちくヨーヨープレイトSS)を花に見立てて、別な友達への誕生日プレゼントに添える為に作りました。前回は地布がほとんど見えない位、ヨーヨー・キルトやビーズでビッシリ埋めましたが、今回は土台の直径を少し大きくして、もう少しリネン地が生きるようにしました。…と言う割には、レースやチロリアン・テープ、サテン・リボン、ビーズ等が盛り沢山過ぎて、やはり余りリネンの意味がなくなっちゃったかも、と反省。
a0208783_551361.jpg
次に、白いレースの花モチーフを中心に、色目を出来るだけ抑えてナチュラルっぽさを目指しました。構図のバランスなど反省点は色々ありますが、一番の失敗は、縁のレースを、本当は額縁みたいに広げて見せたかったのだけど、上手く行かなかった事。
a0208783_5513366.jpg
次に、フェルトで菫のアップリケを拵えました。結局何だか、どんどんシンプルになって行った…(笑)。フェルトと言う素朴な素材なので、子供っぽくならないよう気を付けてはいたのですが、やっぱり子供っぽく仕上がっちゃいました~。
a0208783_5515866.jpg
最後に作ったのが、この苺のフェルトのアップリケのブローチ。苺の上には、種の代わりに焦げ茶のビーズが鏤めてありますが、目立たないので黒で良かったかも。さすがに数々の失敗を教訓に、バランス的には一番納得の行く出来にはなりました。が、やっぱり大人っぽさとは程遠く、子供っぽさは否めません。そもそも、苺ってモチーフが子供っぽいし。要は根本的に私のセンスが、思い付くデザインもまとめ方も幼稚なのだと思います。
a0208783_552259.jpg
また、リネンはカメラでは色が白く飛び易く、私には撮影が難しいのも問題です。ともあれ、この仕様のブローチなら、まだまだ色んなアレンジのし甲斐がありそうなので、また何かデザインを思い付いたら作ってみたいと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-09 15:30 | アクセサリー | Comments(0)

手作りイースター・ブローチ

a0208783_21183290.jpg
イギリスの復活祭では、家族や親しい人達の間で、卵形のチョコレート等の小さなお菓子を交換するのが慣わしです。しかし私達夫婦は、義妹家族に上げる場合、姪が糖質依存症でチョコレートを見境なく食べてしまう為、わざと姪が好きじゃない食品か、余り甘くない手作り菓子(今年は抹茶カップケーキ)を贈る事にしています。その代わり、姪には小さな玩具や雑貨をプレゼントする事にしています。今年は、リラックマのポーチに、このブローチを入れて渡しました。
a0208783_21185550.jpg
最初はウサギかヒヨコのモチーフをアップリケしようかと考えていましたが、直前にヒヨコと花の木製ボタンをフリマで手に入れる事が出来ました。糸で留め付けるだけだと安定が悪いので、一応ボンドで布地に貼ってから縫い付けています。後は、家にある材料でテキトウに作っています。
a0208783_21191754.jpg
黄色、黄緑、オレンジ色がイースターのテーマ・カラーで、加えてピンクや水色等のパステル・カラーが良く使用されます。米英のハロウィーンは、半端なくグロくて禍々しく、見て嬉しい気持ちにはなれないけど、イースターのショップ・ディスプレイやグッズは、春の到来や生命の喜びを素直に表現していて、キリスト教でなくとも見て楽しく心が明るくなります。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-02 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

キノコぞろぞろの木製アクセサリー

先月いよいよ隣の町のフリマが始まりましたが、悪天候で中止される事も多く、開催されても寒くて出店数が少なく、行ったところで収穫が一つも無いなんて事もしょっちゅうです。
a0208783_7162675.jpg
そんな中、今週も何も買いたくなる物が無かった…と去る際に、「これは可愛いかも」と目に入り咄嗟に買った物です。
a0208783_7181391.jpg
「Sevi セヴィ」と言うイタリアの老舗木製玩具メーカーの、子供用のウッド・ビーズ製のアクセサリーです。タグも残り、オリジナルのプラ・ケースに入ったままで売られていました。買う前にケースを開けて確認しなかったのですが、家に帰って開けたら、ネックレスだけでなく、揃いのブレスレットも入っていました。
a0208783_7164910.jpg
にっこり笑ったキノコのモチーフが中々可愛くて買った訳ですが、まあ実際に自分でアクセサリーとして身に着ける事は、まずないでしょーね(笑)。特に、キノコの上の緑の麻紐が、多分草っぽさを表現しているのだと思いますが、ゴワゴワと着け心地悪そうだし、安っぽい緑色だし、濡れると色が落ちそうです。全体的な鮮やかな色合いはポップでイタリアらしい、見ていて楽しいアクセサリーです。バラしてパーツとしてなら、使うかも知れません。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-28 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

緑色系ヨーヨー・キルトのネックレス

a0208783_235039.jpg
義妹の(更にP太と私の)誕生祝いの翌週末は、イギリスでは母の日でした。その前々週は義母の誕生日で、日本の私の母からワンピースを、誕生日プレゼントとして受け取っていました。裾には大きなレース地のパネルが貼られた中々素敵なデザインでしたが、襟元は少し寂しいワンピースでした。そこで、そのワンピースに合わせて、またしても「ちくちくヨーヨー・プレート」でネックレスを拵えて、母の日に義母に贈る事にしました。
a0208783_2364365.jpg
ワンピースはネイビー・ブルーでしたが、ネックレスは緑色系の布で統一しました。着こなしのアクセントにはなるインパクトは欲しいけれど、あくまで普段使い用に華美にはならないよう、キラキラしたビーズではなくウッド・ビーズを合わせました。垂れ下がったグレイのドロップ型のも、ウッド・ビーズです。年配者向けの落ち着いたイメージで、義母好みのクラフト感を目指しました。ボリュームの割に軽くて着け易い点は、ヨーヨー・キルトのネックレスの良い所です。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-21 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

スウィギング風ヨーヨー・キルトのネックレス

a0208783_3543738.jpg
今年のイギリスの義妹への誕生日プレゼントには、画材を選んだのですが、それに毎度の如く何か手作りアクセサリーでもプラスしようと思ったものの、これと言ったアイディアが浮かびませんでした。が、贈る前日に、60年代のビンテージ・ファブリックで、ヨーヨー・キルトのアクセサリーを作る事を突如閃きました。
a0208783_354571.jpg
義妹用に作るなら、とにかく個性的でなければ意味がありません。ヨーヨー・キルトに使用した二種類の生地は、両方ともイギリスのビンテージ・ファブリック。どちらもスウィンギンの時代らしいオレンジ系に、更に紫系の加わっているのがミソです。オレンジに紫って、考えただけでもイカレています(笑)。特に濃い色の布のほうは、プリントも大柄で相当インパクトがあります。しかし発色が今だとても綺麗で、少し起毛した暖かみの有るところが気に入ってる布です。自分用なら、つい白いレースとかを合わせてしまう所でしたが、子供っぽくはしたくなかったので、更にアクセント・カラーに黒を選択しました。色味は押さえてあるので、着けると意外と落ち着いています。
a0208783_355189.jpg
ヨーヨー・キルトと聞けば、一般的にはカントリー・スタイルなイメージが強く、試しに日本語で「ヨーヨー・キルトのアクセサリー」で検索すると、優しげなパステル・カラーやオーガニック・カラーばかりが出て来ます。日本では、そう言うのを好むのは大抵ロハス系の人で、ナチュラル・ファッション以外に身に着けることは、まず考えられないからだと思います。実際、私もそう思い込んで来ました。しかし、英語で「yoyo quilt jewellery」で検索すると、ヨーヨー・キルト自体が物凄い渋い色や華やかな色だったりで、アクセサリーもシック系、ゴージャス系、アーティスティック系と、日本とはかなり様子が違って驚きます。欧米にはナチュラル・ファッションなんてほとんど存在しないし、日本ではそんな大きく派手なアクセサリーを好む人は余り居ないので、この違いは当然と言えばそうかも知れません。ともかく、ヨーヨー・キルトで作るアクセサリーの更なる可能性を感じ、何だか創作意欲がむくむくと沸いて来ました。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-08 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

フレーム付きバラのルーサイトのインタリオのブローチ

a0208783_3425766.jpg
ルイスのアンティーク・モールで、友達への誕生日プレゼントを探している時、P太が「これ君の好みに合いそうだから」と、バレンタインの贈り物として買ってくれたビンテージのブローチです(注:欧米ではバレンタインに男女お互いプレゼントを交換します)。
a0208783_3432475.jpg
確かにルーサイトのインタリオは大好物なのですが、一目で、これ程美しい物は中々見ない!と思いました。さすが我が夫、目の付け所が良いじゃないか。直径はフレームも含めて5cm程あり、ルーサイトのインタリオのブローチとしても大きめです。エッジの凝ったカットのルーサイトの中には、バラの花が裏彫り彩色されています。この彩色が、もしかしたら経年で色褪せたのか、それとも元々なのか、クラシックな美しいトーンに仕上がっています。更に、アンティーク・ゴールド色のワイヤーを編んだようなフレームが、渋い格調高さを強めています。いつものポップなカジュアルさが魅力のルーサイトのインタリオとは、一味も二味も雰囲気が違います。
a0208783_3435587.jpg
ただ、このブローチの元持ち主は、裏面の彫りの特有のグチャグチャ具合が余程気になったらしく、あろうことか裏面にセロテープを貼って、彫りの穴を塞いでいました。当然セロテープは劣化してすっかり黄ばみ、剥がしましたが、汚く痕が残ってしまいました。除光液とかで拭き取ろうとも思いましたが、彩色やルーサイトそのものを傷めそうで試していません。実際着用すると、表面からは余り痕が目立たないのがせめてもです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-05 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

オープン・バッグのアクアのペンダント・トップ

a0208783_10931.jpg
フリーマーケットで安く手に入れ、大きさも大してありませんが(幅2.5cm位)、何だか只ならぬ気品と重厚さが感じられるペンダント・トップです。いつの時代の物かは検討付きませんが、恐らく戦前の物だとは踏んでいます。
a0208783_104417.jpg
バラの花がエンボスされた楕円のフレームの中に、オープン・バッグで、大きなアクア色のラインストーンが一粒だけ嵌め込まれています。フレームは、ブラス製のようです。ラインストーンは、まるでアクアマリンのように見えます。アクアマリンは私の誕生石なので幾つか持っていますが、天然色の微妙で繊細な色合いは、やはりガラスとは異なるものです。アクアマリンの鉱石ベリルは、高度の大変高い石です。これ程大きく古いガラス製のラインストーンなら、普通は傷やカケが見られるものですが、これには全く入っていません。アクアマリンの特徴であるクラックや色斑はありませんが、もし元が宝飾店で売られていたとしたら、それも道理です。
a0208783_11776.jpg
しかし貴石クラスのアクアマリンに、金銀プラチナではなく、単なるブラスを合わせるとは考えられません。まあ例え、単なる水晶を染色した物かペースト・ガラスだとしても、オープン・バッグで透明感と輝き、また繊細な色合いが、十分美しいペンダント・トップだとは思います。バラ模様のフレームもクラシックで愛らしく、チェーンかベルベットのリボンを通せば、ペンダントとして十分魅力を発揮してくれることでしょう。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-25 15:25 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(184)
(163)
(139)
(135)
(132)
(126)
(111)
(80)
(79)
(75)
(74)
(67)
(65)
(64)
(63)
(62)
(61)
(53)
(50)
(49)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ノーリッジのベルギー・ブラッ..
at 2018-04-23 15:32
シルバー・リーフとウラン・ガ..
at 2018-04-22 15:25
アートの街ノーリッジでショッ..
at 2018-04-21 15:24
子供用三段切り替えワンピース..
at 2018-04-20 15:27
再びノーリッジでアンティーク..
at 2018-04-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:55
 あーこれ可愛いわー。リ..
by はっち at 21:10
Jin-channさん、..
by piyoyonyon at 18:56
ぴよよんさん こんにちは..
by Jin-chann at 11:08
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 07:39
ぴよよんさん お誕生日お..
by はっち at 21:40
はっちさん、こんにちは!..
by piyoyonyon at 20:31
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 21:01
にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。