<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

本当に怖いイギリスの手術 後編

a0208783_20471165.jpg
大病院での腹部のアテローマ(粉瘤腫)の手術を受けた週明け、パッドを交換して傷口を消毒しなければならないだろうからと、近所のGP(家庭医)に予約を入れると、すぐに予約が取れました。医者に「具合はどう?」と聞かれたので、「悪くないです」と答えると、「そう、良かったわね。もう帰って良いわよ」と言われました。その間、凡そ1分。えええ? 術痕を診察さえしないんですか? パッド交換しないんですか?と聞くと、その黒人の若い女医さんは、「だって、病院から何も報告が来ていないのよ~」と言い訳にならない言い訳をしました。私は余程不安な顔をしていたらしく(あったりめえだ)、女医さんは「そんな顔しないで! 大丈夫よ。一週間経ったらパッドを外して良いわ。その後はシャワーも普通に浴びられるわよ」と言いました。
a0208783_20475155.jpg
それから更に三日位経って、手術を受けた病院から電話が掛かって来て、手術後の注意点の説明や、GPに行くように指示されましたが、何を今更と言う感じで呆れました。しかし術後は順調なようで、2日目位から既に鎮痛剤さえ要らなくなりました。きっと顔のアテローマの手術を受けた時のように、傷口も極力小さく、抜糸も必要ないように手術したのかも知れない、と感じました。その期間の入浴は、髪だけは朝シャンのように別途に服を着たままで洗い、その他は下半身浴で、パッドは濡らさないようラップで覆い、上半身は濡れタオルで拭いて過ごしていました。
a0208783_20482456.jpg
いよいよ手術から一週間が経って、ちゃんとお風呂に入れる~と思いパッドを外した時、私は自分の手術痕を見て、まず目を疑い、二度見して卒倒しそうになりました。しゅ、手術口が、糸で縫ってあるどころか、……腹に直径5cm位の穴が開いたまま。其処には只綿が大量に詰まっていて、血でドス黒くなっています。血はパカパカに乾いて固まり、綿は傷口にへばり付いている為、綿を外せそうにもありません。いや、外せる訳がない。外したら最後、未だ再生し切っていない皮膚を剥がして、大激痛&大流血を起こすのに決まっています。その時は夜の11時近くでしたが、私がP太に手術痕を見せて説明すると、彼は青褪めて、ただちに私を緊急病院に連れて行く事にしました。
a0208783_204953100.jpg
私の地元の病院には、救急車を受け入れる緊急病棟は今は廃止され在りませんが、患者が自ら駆け込めば24時間診て貰える「ウォークイン・センター(緊急外来治療院)」なら在ります。ただしウォークイン・センターは、患者が自力で来られる位なら、十分元気な証拠だと勝手に受け取り、診察を断る場合もあるそうです(おいっ)。GPの時間外、土日、または1~2週間待ちの予約なんて待ってられない人が、このウォークイン・センターに集まる訳ですが、その代わり何時間も待つのは必須。特に年末の家庭医が閉まっているこの時期は、貼り紙には平均6時間待ちと書かれていました。また壁には、「病院スタッフを大切にして下さい。我々は貴方を助ける為にここに居るのです」との貼り紙も在りました。長時間待つ事にブチ切れて、暴力を振う患者(またはその付き添いの家族)が後を絶たないからです。その為か、病院受け付けの窓口は、銀行以上に厳しく透明板で塞がれ、僅かに開いた隙間からスタッフと会話するのは、中々聞き取れなくて骨が折れました。
a0208783_20502532.jpg
しかし今回の私の場合、誰よりも緊急を要すると判断され(トホホ…)、長い順番待ちを飛び越えて、真っ先に診察して貰えました。看護師さんは、私の患部を見るや否や途方に暮れ、即座に医師を呼びに行きました。看護師さんもお医者さんも、未だイギリスに来て年月の浅いインド人のようで、クセの強い英語を聞き取るのは、ネイティブのP太でも一苦労でした。案の定、直径5cmの傷痕の中の綿は、大量の血液と膿を吸って乾き切って張り付いていたので、潤わせる為に穴の中に大量の水が注ぎ込まれました。綿が湿って柔らかくなったところで、看護師さんは黒ずんだ綿をピンセットで少しずつ取り出しました。綿は紐状でギッチギッチに穴に詰め込まれてあり、看護師さんが引き出しても引き出しても、まだまだ驚く程大量に出て来ます。その様子は、夫には腹から腸を引き出しているスプラッタな光景にしか見えなかったそうです。
a0208783_20564387.jpg
綿を抜き切った後の腹の穴は、見たら最後気絶しそうで、自分では確認する気には全くなりませんでしたが、P太の話では、ゴルフ・ボール位の大きさが開いていたそうです。そんなデカイ穴が腹に開いたままでも、人間が大して痛みも感じず生きていられることと、それでも内臓に到達しない自分の皮下脂肪の厚さに、妙に感心しました。この汚い状態の綿を一週間取り替えずに詰め込んだままなんて、明らかにとんでもない事で、悪化しなかったのが奇跡的だと医者に言われました(そーでしょうとも)。その日、病院から戻ったのは、夜中の2時過ぎ。後日イギリスの家族にこの事を報告したら、心底心配してくれて、その手術した病院やGPを裁判で訴えるべきじゃないかと言われ、返って事の深刻さに益々凹みました。とにかく、やっと綿もバッドも無事交換して貰え、その後は地元病院に、事前予約さえすれば2日毎にパッド交換の為に通えるようになりました。
a0208783_20514358.jpg
地元病院は、徒歩で往復するにはちょっときつい距離だったので、いつもP太の出勤前の朝一番の時間帯に予約し、車で連れて行って貰いました。最初に担当してくれた看護師さんが、とても真っ当な誠意の有る人で、一貫して同じ看護師が手当てして経過を確認した方が良いからと、出来るだけ彼女の割り当て時間を予約するように手配してくれました。傷の治りが遅い時には、手当て法を工夫して変えたりと、最後まで責任を持って診てくれました。最後の最後に、やっとプロ意識を持つ医療従事者に出会えて、本当に心底ホッとしました。しかしその治療室にも、「看護師を大切に。暴力は犯罪です。警察に即通報します」みたいな張り紙が(涙)。一体患者の暴力が、どれだけこの国では日常茶飯事なのか…。結局、膿が出切って傷が塞がり、通院しなくて済むようになったのは、地元病院への駆け込みから2ヵ月以上経ってからでした。患部に絆創膏だけ貼って、普通に風呂に入れるようになったのも、ようやくその頃からです。
a0208783_2052065.jpg
傷は一応塞がったものの、痕はボコボコと盛り上がり青黒くくすみ、大変醜い状態で残りました。もし嫁入り前だったら、もう嫁に行けないレベル。ドキュメンタリー番組で見た、浮浪者の腹のナイフの刺し傷が、これにそっくりでした。本来のヘソの横に、もう一つ非常に不恰好なヘソが出来たようにも見えます。帰国の際、温泉で母にこの傷痕を見せたら泣いていました。術後一年以上経過した最近、改めて手術痕を確認すると、一部が臭いカサブタで塞がっているのを発見。恐ろしい事に、未だ膿が出続けているんですね…(汗)。イギリスで最初に受けた手術が、単に奇跡的に大変良かっただけで、どうも周りの話を聞くと、これがイギリスの医療では平均だそうです。もしこのアテローマが再び腫れても、もう二度とイギリスで医者には掛かりたくありません。少なくとも、あの女医さんだけは勘弁。―――それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-31 15:12 | イギリス生活・文化 | Comments(2)

本当に怖いイギリスの手術 中編

a0208783_20313556.jpg
病院で受けるはずだった手術が受けられなかった為、仕方ないので、翌日またもやP太が有給を取ってくれて(日本よりずっと簡単に取れるのがせめてもです)、再び病院へ朝8時から手術の為に行きました。9時位に、また別な医者から呼び出され、また同じ質問を受けました。最初は、誤診や患者の取り違えを防ぐ為に、再三確認しているのかとも思いましたが、何故この21世紀にもなる何でもデータ化の時代に、しかも先進国で、一度言った事を単に記録して他にも伝達すると言う、基本的な仕組みが全く無いのでしょうか?? しかし今回は、医者から「貴女のは命の別状に関わる手術ではないから、救急医療の空き時間がない限り手術出来ない。もし今日の5時までに手術が出来なかったら、諦めて帰ってくれ」と告げれました。折りしも12月で、更に金曜日で、風邪やインフルの他にも、クリスマスで飲んで暴れて怪我する連中が急増し、緊急医療の一番忙しい時期です。
a0208783_20341827.jpg
またしても待合室の椅子で、本当に受けられるかどうか分からない手術を、只延々と待たねばなりませんでした。待合室のテレビは、ずっとニュース・チャンネルを放送していましたが、暗いロクでもないニュースばかりで益々気が滅入りました。もし今日が駄目だったら、さすがにP太はもう今月は有給が取れないでしょう。待っても待っても手術が始まる様子は一向になく、待つ事に体力も精神も無駄に消耗し、さすがにもう諦め掛けていた午後4時頃、やっと手術に呼ばれました。
a0208783_2032149.jpg
待機室で手術着に着替え、それまで着ていた服をP太に預けて別れました。その後手術室に運ばれ、点滴に麻酔が打たれると、前回日本で受けた全身麻酔では、まるでシャッターが下りたように突如意識が無くなりましたが、今回は眠るように徐々に意識が遠のいて行くのを感じました。
a0208783_20305066.jpg
患部の痛みで目が覚めた時には、総合軽度集中治療室のような場所に移されていました。麻酔で意識が無くなって以来、未だ20分位しか経過していないように感じたので、看護師さんに「あのー…、手術は終わったんでしょうか?」などと間抜けな質問をしました。寝たままで病室の壁の時計が見えて、実は1時間近く経過していました。手術痕に触れてみると、分厚いパッドが貼られていて、少なくとも出来物は無くなっているようです。痛みを訴えると、看護師さんは鎮痛剤を追加してくれました。隣のベッドの患者は、夕食の選択を尋ねられていて、「フィッシュ&チップス」「ソーセージ&マッシュ・ポテト」「ステーキ・パイ」だの「トリクル(糖蜜)ケーキ」だの、イギリスは病院食でさえ重くて不健康そうだなあ…と、思いながら聞いていました。
a0208783_20333321.jpg
しばらくして、ベッドに寝たまま他の病室に移動させられました。ダダッ広い病院内の廊下を、随分グルグルと引き廻させられたように感じました。連れて行かれた場所は、回復待機室のような部屋でした。意識ははっきりしているけど、起き上がるには未だ早いような患者さんのベッドが並んでいます。その病室の看護師さんの多くは、中国人やアジア系でした。其処でベッドに寝たまま1、2時間過ごしましたが、待てど暮らせどP太が現れません。その内、自力でトイレに行けるまで回復しましたが、P太が来ないので着替える服がなく、当然帰れません。「あのぅ、私の夫は何処に居るんでしょうか?」と看護師に尋ねても、誰も分からず。(その間またしても紅茶が出て来た) 
a0208783_20414977.jpg
3時間程経過して、やっとP太が、疲れ切った顔で病室にやって来ました。私の手術はとっくに終わっている時間なのに、一向に連絡もなければ、スタッフの誰に聞いても私の所在が分からず、つまり患者が行方不明で、広大な病院中を彷徨って尋ね回ったそうです。開いた口が塞がらないズサンさ。結局執刀医から術後の説明なんてまるでなく、看護師から説明のプリントを渡されたのみでした。それに寄ると、どう読んでも、アテローマの袋自体は摘出せず、膿だけ出したようです。では一体、何の為に全身麻酔…?? 一応痛み止めを一箱貰って帰宅しましたが、家に帰って箱を空けたら、ほぼの状態でした。幸いなことに、普通の市販の鎮痛剤でも十分効きましたけど。
a0208783_2035587.jpg
NHS(イギリスの国民健康保険)は火の車状態で、スタッフも不足し、仕事は非常にキツくて大変なのは分かるけど、それ以上に無秩序・無整理・非効率的で、非常に無駄が多いと分かりました。特にこの病院は、さすがにワースト一位に輝いただけのことはあります。後から知った事には、この昨年の12月は、イギリスでは風邪の流行に伴い記録的な患者数の多さで、多くの患者が治療を受けられずに見捨てられたそうです。少なくとも、私は手術が受けられただけでもラッキーだったし、お陰で出来物はなくなりました…と思いきや、実はこれは未だ苦難の序章に過ぎなかったのです。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-30 15:24 | イギリス生活・文化 | Comments(0)

本当に怖いイギリスの手術 前編

昨年末、手術を受けました。イギリスでの手術としては二回目、全身麻酔の手術としても二回目です。命に関わるような症状では全くありませんでしたが、別な意味で非常に大変な手術でした。説明するととんでもなく長くなるし、自分で思い出すだけでもウンザリしますが、忘れる前に(決して忘れるとは思えないが…)記録の為に書き留めて置こうと思います。
a0208783_20134289.jpg
昨年の秋から、腹部(ヘソの横10cm程)の皮膚にある「アテローマ(粉瘤腫)」と呼ばれる腫瘍が、腫れて直径5cm程に膨れ上がり、寝返りも打てない程痛み出しました。元々其処には10年位前からアテローマがあり、初めて腫れた際は日本で膿を出す治療を受けたものの、完全に治した訳ではない為、その後も数度、主に極度に精神的なストレスが溜まった時に腫れて痛みました。それを避ける為には、膿が溜まる袋ごと皮下から取り出す、結構本格的な手術が必要だと言われていましたが、今までは数週間程度で自然と腫れは引いて行き、手術を受けるまでには至りませんでした。ところが今回は、2ヶ月近く経っても腫れが一向に収まりませんでした。
a0208783_201484.jpg
医者(国民健康保険の利く)に診て貰うにしても、イギリスでは最初から個人で大きな病院や専門医に掛かれる訳ではなく、必ずGP(家庭医)からの紹介が必要なのです。そのGPへは、予約から診察まで1週間~2週間掛かります(大抵は診察を受ける前に治っちょる)。そして、GP側はなるべくお金を掛けたくないので、最低限の診察と治療しかしません。いや、出来るだけ診察を避けます。今回も、どうせ「とりあえずこれで様子を見ましょう」と言われ、効きもしない抗生物質を処方されるだけだと分かっていたので、どんなにオデキが痛んでも、行く気は全くしませんでした。しかしP太に再三急かされ、仕方なく医者に行くと、やっぱり思った通りでした。そして抗生物質はやはり全く効かず、只胃腸の調子が悪くなり、吐き気がして余計苦しくなっただけでした。
a0208783_20145773.jpg
そのうち、愛猫トラちゃんを突然失わなければならなくなりました。相変わらず腹のオデキは痛んだものの、もう悲しさでどうでも良くなりました。しかしまたしてもP太に泣き付かれ、しぶしぶ医者へ行くと、またしても抗生物質、しかも前回のが効かなかったので、更に強い薬を処方されました。只でさえ、トラを失ったショックで食欲も失せ、体力気力共に弱っていたのに、この強い薬ですから、具合が非常に悪くなりました。とうとう耐え切れず、抗生物質の服用期間が終わる前に、再びGPに訴えると(さすがにこの時は相当ヤバかったらしく、すぐに診察してくれましたよ)、病院を紹介して数日後に手術を受けるられるよう手配してくれました。
a0208783_20193162.jpg
その大きな病院は、うちの周囲では唯一の救急病院で、かつてイギリスのワースト1位に輝いた事がある悪名高き病院でした。だからと言って、この国では勿論患者に病院の選択は許されません。待ち時間や対応、利便性、衛生状態など総合的な点で最悪だった訳ですが、7、8年前の得点なので、今は反省して清潔に改装されているようでした。イギリスの病院で長く待つ事は必須なので、さすがに待合室の椅子は、日本の病院の長椅子よりは快適な肘掛椅子等になっていました。
a0208783_20172354.jpg
その日は、P太が有給休暇をとって一日中付き添ってくれました。まず看護師さんに呼ばれて、血圧や体温を計り、アレルギーの確認を受け、血液を採取されました。その量が、何だか不必要に大量に思えました。更に、いつでもすぐに手術を受けられるよう、手の甲に痛い点滴用の針が刺されたままでした。只でさえ相当体調が弱っていたのに、採血後には実際卒倒する程気分が悪くなり、しばらく貧血と腹痛でトイレから出て来れず、P太を心配させました。症状を治す為に来た病院のはずなのに、返ってこんなに具合が悪化したのは、勿論生まれて初めての経験です。その後、待合室の椅子で、他の患者の子供がギャン泣きしているのにも関わらず、気絶したように爆睡しました。
a0208783_2016933.jpg
しばらくして、やっと医者に呼ばれました。そこで症状や自分の体質(アレルギー等)に付いて説明し、手術について説明を受けました。アテローマの袋ごと取り去る手術をするので全身麻酔になるが、入院のベッドの空きはないから、術後はその日の内に帰宅する事になるそうです。全身麻酔で外来とは聞いた事がありませんが…、日本では信じられない事の起きるのがイギリスです! 
a0208783_20183323.jpg
では、次はいよいよ手術かと思いきや、再び別な医者に呼ばれ、同じようにインタビューされました。その後も別な医者に呼び出され、同じ質問をされ…、これが4回位繰り返されたでしょうか。午後5時位になった時、とうとう「今日は手術出来ないので、明日の朝8時にまたこの病院へ来てください」と告げられました。…え? えええ?? 結局その日は、単に病院で益々具合が悪くなり、精神的にも非常に疲労困憊した状態で帰宅しただけでした。手の甲の点滴用の針は、さすがに帰宅の際に抜き取って貰いましたが、その箇所はその後数週間痛みました。(以下次回に続く)





[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-29 15:11 | イギリス生活・文化 | Comments(0)

フィリグリーのスカーフ・クリップ

ブローチに似ていますが、スカーフ・クリップと言うアイテムです。スカーフを首に巻く時、結ぶ代わりにこれで留めるのです。ブローチでさえ今は流行遅れと言われますが、スカーフ・クリップは更に過去のアイテム。現在使用している人は、ほとんど居ないのではと思います。しかし持っていると、実は中々便利です。特に大判のスカーフには、結ぶより手軽で収まりが良いと思います。
a0208783_7114328.jpg
良く見ると、横長の六角形のフィリグリー(透かし金具)パーツを、四つ繋げたデザインなのが分かります。今まで見掛けたビンテージのスカーフ・クリップと言うと、過去のアイテムなだけに、セルロイドの土台に金属モチーフが貼り付けてあるとか、プラスティックのカボションに古風な油彩画みたいな花柄がプリントされているとか、正直言っておばーちゃんっぽいデザインばかりでした。しかしこれは、珍しく現在のファッションにも普通に溶け込み易いデザインだと思います。
a0208783_7121973.jpg
裏面の金具は、こんな風になっています。この穴にスカーフの両端を通し、ぱちんと倒せば留まります。結構重量のあるスカーフ・クリップなので、薄手のスカーフでは滑り落ちちゃう可能性があるかもと思いましたが、かなりしっかり留まるので大丈夫。逆に、厚手のショールにも使えそうです。勿論服の端等に挟めば、単にブローチとしても使用出来ます。
a0208783_7124528.jpg
「スカーフ・クリップは過去のアイテム」と言いましたが、ネットでは今でも結構販売され続けている事が分かりました。それらのサイトに寄ると、中央ではなくサイドにクリップを留めたりと、色々工夫を凝らした使い方が存在し、かなりお洒落で優雅です。そもそも首に上質のスカーフを上手に巻くと、たちまち着こなしがグレード・アップしますよね。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-28 15:15 | アクセサリー | Comments(0)

迫力猫リョーシカ

a0208783_7444828.jpg
猫とマトリョーシカを合体させたイラストやグッズは、今や世に沢山存在しますが、マトリョーシカの本場ロシアにも元からあるのだと、こいつにフリーマーケットで出会って改めて思いました。日本の色々可愛く加工されて、ファンシーっぽく処理された猫リョーシカとは全く雰囲気が異なり、マトリョーシカの形態を無理矢理猫に変えただけのような、言わば直球勝負です。
a0208783_7454367.jpg
しかも、高さ16cm位で結構デカいんです。この猫マトの凄いところは、猫の最大の特徴の一つである尖んがり耳が無いのに、ドラえもん状態ではなく、ちゃんと猫に見えること。しかも、やっつけ描き殴ったような絵付けなのに、ちょっとオヤジ臭いマヌケっちい顔ながらも、結構猫らしくて可愛く見えることです。ソビエト時代の製品のようで、服装は模範的共産党員(爆)っぽい格好です。側面や背中、頭(帽子)には、伝統的マトの絵付けにも見られる、ぐるぐるスタンプ模様が沢山押されています。
a0208783_748093.jpg
御想像通り(?)、首が外れます。生憎中には何も入っていませんが、元はやはりマトリョーシカ同様に、入れ子式になっていたのかなあ。だとすれば、一体何の人形が入っていたのでしょうか。ネズミが妥当だと思いますが、もし犬だったら笑えます(猫より小さい)。
a0208783_7451774.jpg
フリマで買った後、すぐに作業机の上に置いたら、余りに馴染んでしまい、ブログにアップするのをすっかり忘れていました(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-27 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

手描きのピンクのショット・グラス

a0208783_725876.jpg
ハンドルが付いているので、マグか何かに見えるでしょうが、実際には高さは5cm程度しかありません。ガラス製で、お酒を飲む為のショット・グラスのようです。多分元は、同じグラスが4~6個と、揃いの柄のデキャンタがセットになっていたものと思われます。
a0208783_7254013.jpg
盛り上がった金色を中心に、ハンドペイントで中々繊細な絵付けがされています。恐らく19世紀末期から20世紀初頭の、アール・ヌーヴォー時代の物ではないかと思っています。地色の落ち着いたピンクは、透明なガラスと二重になっています。形成方法は、吹きガラスを後から底の部分のみ削ってあるように見えます。
a0208783_726339.jpg
たった一つだけ残った古いショット・グラスなんて、今では見向きする人も中々居ないようですが、こんな小さな中にも、手の込んだ昔の技術が沢山盛り込まれている美しいガラス製品です。お酒を飲む為の物とは思えぬ可憐さで、野の花なんかをちょこっと生けるのにピッタリです。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-26 15:21 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

フォークロアなクリスマス・ドレス

a0208783_23301894.jpg
クリスマスのドール服と言うと、赤いベルベットに白いファーなんかのパーティー・ドレス、またはミニ・スカートのサンタ・ガールの衣装を真っ先に思い浮かべました。しかし、それはちょっと月並みだし、材料も揃いません。手持ちの材料で、もっと自分らしい服をと考えて、ナチュラル&カントリーなクリスマス・ドレスを、リカちゃん人形に作ってみることにしました。
a0208783_2365311.jpg
帰国中に義妹から沢山貰った、ナチュラルな生地(イギリスでは特に手に入らない)の端布が、丁度大いに役に立ちます。ジャンパー・スカートは、実物はもっと濃いココア色です。
a0208783_2374337.jpg
ショールも、義妹から貰った端布で作りました。これは、ウール・ガーゼとか言う生地なんでしょうか。布端の赤と黒の織り糸?も、そのままデザインとして使用しました。
a0208783_2372122.jpg
エプロンを取ると、こんな感じ。ちょっとハイ・ウェスト気味です。ジャンスカの身頃とスカートの裾に刺繍を入れていますが、やはりこれだけだと地味過ぎるかなー。スカートは、本当はもっとギャザーを寄せてフンワリさせたかったのですが、端布の最大幅がこれしかなかったのです。
a0208783_2381451.jpg
クリスマス・ツリーは、以前姉から貰ったレーザー・カットのグリーティング・カード。こう言う日本の凝った立体カードは、家族や友達から度々送られて来て、イギリス人に見せると大抵感嘆の声を上げます。人形の撮影時の小道具として、意外と使える物が多いと気付きました。
a0208783_2383666.jpg
やっぱりクリスマスは、都会の華やかなパーティーやイルミネーションよりも、村の教会や森の中みたいなイメージのほうが永遠に好きな、根っからのイナカモンの私です(笑)。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-25 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ジングル・ベル

a0208783_231750.jpg
我が家の裏庭に植えてあるウィンター・クレマティス、すなわち冬咲きのクレマティス。品種名は、その名も「ジングル・ベル」と言います。今年は、わっしゃーと沢山花を付けました。この植物は、8年程前、義母と一緒に通販で買いました。耐寒性がギリギリなので、西日の当たるガレージの壁に植えました。最初の二、三年は、蔓だけがやたらぐんぐん伸びて、義母のも私のも5、6個の花しか付けず、お互いこんなもんなのかあ…と思っていましたが、やっと株が成熟したようです。
a0208783_23521.jpg
名前通りのベル型の白い花は中々愛らしいし、常緑だし、この分なら、今後は白樺の木にいっぱい這わせようと思います。文字通り、(冬枯れの)枯れ木に花を咲かせるようになるでしょう。
a0208783_24202.jpg
その一方で、大輪系のサマー・クマティスも未だ咲いていて、蕾も沢山付いています。まあ蕾は、霜が降りたら傷んで開かなくなると思いますが。
a0208783_245385.jpg
今週撮影したものですが、バラもちらほら咲いています。チェリー・セージなんかも咲いていて、未だ結構賑やかな我が家の庭です。
a0208783_252737.jpg
何度体験しても慣れる事のない、日が短くて半端なく暗い、気が滅入るイギリスの冬ですが、冬至を越えると、少し気分がマシになります。皆様、素敵なクリスマスを!





[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-24 15:35 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

本革の花ブローチ

a0208783_5591393.jpg
今年の初め頃にフリマで買った、本革製の二つの花型ブローチです。ビンテージと言う程古い訳でも、珍しいデザインでもないのですが、何かと活用頻度高そうと思い買いました。造形は至ってシンプルですが、適度な厚み、立体感、素材の存在感が、十分アクセントとして目立つからです。
a0208783_5593993.jpg
緑の方の花は、染色は下地の色が透けて見える程薄めで、革製の花弁自体は渋い色味です。その分、中央のペップの束が軽やか&鮮やかです。
a0208783_601432.jpg
一方赤い花は、花弁も中央のペップもほぼ同じ色味。子供っぽくならない深い赤です。
a0208783_603693.jpg
一つずつでも勿論使えますが、二つ合わせるとクリスマス色で、魅力が増すと気付きました。コートや帽子に、やはり何かとお役立ちが期待出来ます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-23 15:37 | アクセサリー | Comments(0)

スウィンギング・イン・レッド

momoko DOLLが本当に優秀なモデルだと実感したので、昔姉からプレゼントされて、長年箱入り娘のままだった「ラブリーフォークロア」のモモコも、箱出しを解禁してモデルとして活躍させることにしました。が、最初に思った通り、この子は髪色髪型肌の色やメイクが独特で、他に合いそうな服が中々思い付かない…。
a0208783_1375942.jpg
しかし、マッシュルーム・カットと言う事なら、モッズ時代のファッションなら似合うかもと思い、イギリスのビンテージ布で、それっぽいワンピースを作ってみる事にしました。
a0208783_141331.jpg
試着させてみた途端…、うっひゃー子供っぽい!と自分でも思いました(試着させる前に気付けよw)。リカちゃんやビンテージ・シンディのほうが、絶対似合いそうなデザイン。ってか、初代リカちゃんのアウトフィットに、実際にこんな服があったかも知れません。
a0208783_1384859.jpg
この赤の小花柄の生地は、いつもなら民族衣装風のドール服に愛用しているところです。イギリス製のはずなのに、どちらかと言えば日本の昭和の香りがプンプンします。と考えて、この髪型にこの服装、イギリスのモッズ・ファッションと言うよりは、昭和のポーズ人形みたいと思いました。
a0208783_1391548.jpg
このモモちゃん、ショート・ヘアな点は着せ替えがラクそう…と思っていましたが、着替えさせてみて初めて分かった事には、向かって左肩の関節が異様に硬いのです。うっかり忘れたりで無理に動かすと、その内ボキッと行きそうでコワイ。その代わり(代わりにならんけど)、左肘は緩め。何とか直らないものでしょうか??




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-22 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(179)
(155)
(132)
(125)
(120)
(116)
(108)
(78)
(78)
(71)
(71)
(63)
(63)
(62)
(60)
(59)
(58)
(52)
(47)
(46)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ビンテージ・スカーフの人形用..
at 2018-02-23 15:30
タラちゃんのグラニー・ブラン..
at 2018-02-22 15:22
雨の城下町ロチェスター
at 2018-02-21 15:29
フリンジ付き紫系ラインストー..
at 2018-02-20 15:27
黄緑ギンガムとオレンジの花柄..
at 2018-02-19 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25
Tallulahさん、こ..
by piyoyonyon at 19:21
職場でアメリカ製のチョコ..
by mintmint36 at 05:34
ぴよよんさん こんにちは..
by mintmint36 at 05:21
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 16:49
aquaさん、こんにちは..
by piyoyonyon at 18:50
ぴよよんさん、こんばんは..
by aqua at 18:22

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。