人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

七月の庭便り

a0208783_19988.jpg
日本が記録的な猛暑に見舞われていた頃、イギリスでも異例の気温の高さが続いていました。しかし、それよりも大きな問題だったのは、異常な雨の少なさでした。私が住む南東部では、6月中旬から一ヶ月以上、ほとんど雨が降りませんでした。先月は「観測至上最も乾いた(雨の少ない)6月」を記録し、実際に北アイルランドやイングランド北西部では、水不足で給水宣言が出されます。この異常気象は、農作物や家畜への打撃も大きく、今後食料不足が心配されます。
a0208783_199462.jpg
我が家の小さな庭への影響も、決して少なくはありませんでした。この季節は、普段なら二週間に一度は刈らなきゃならない芝も、全く成長せず、もう一ヶ月以上カットしていません。
a0208783_19104269.jpg
バラも暑さで一気に散ってしまい、実は今は花が少ない結構寂しい状態なのですが、6月下旬から7月中旬頃までの状態をお伝えします。
a0208783_1910886.jpg
後から咲いて来たバラ、「ヴァレンタイン・ハート」。花びらのフリルが可憐です。
a0208783_19111192.jpg
こちらも遅れて咲いて来たバラ、「ハイド・ホール」。6月下旬の状態です。今年も物凄い数の花を付けました。散った花びらの数も凄かった。
a0208783_19113519.jpg
こちらも「ハイド・ホール」の7月上旬の様子で、バラ自体は余り変わらない状態ですが…、背景が少し変わっている事にお気付きですか? 実は、隣家の巨大な杉の木が、無くなっているんです。こんなタウン・ハウスの庭に、全く似つかわしくない巨木だったので、非常にすっきりしました。
a0208783_1912133.jpg
アーチに這わせた「ロウブリッター」は、本当に一ヶ月以上咲き続けました。こちらも、散った花びらが大量でした。枝の伸びっぷりも凄まじかったので、この後大きく刈り込みました。
a0208783_19122861.jpg
余りに植物が混み合っている場所なので、植え替えようと思っていたグランド・カバー・ローズの「センター・ステージ」。でも、この星桔梗との組み合わせは可愛いんだよなあ…。
a0208783_19125127.jpg
この壁面には、数種類のクレマティスを植えてましたが、この冴えない花色の物だけ生き延びてしまいました。こんなに沢山花を付けてくれているのに、冴えないなんてヒドイ言い方ですが。
a0208783_19131667.jpg
やはりバラには、青紫や白のクレマティスが映えると思います。この茄子紺色のクレマティスは、ピンク、黄色、コッパー色のバラとの組み合わせがばっちり。
a0208783_19135716.jpg
こちらのクレマティスと、ランブラー・ローズ「オープン・アーム」の組み合わせも、気に入ってます。
a0208783_19143180.jpg
続いて前庭です。
a0208783_19241170.jpg
これが、勝手に生えて来たポピー。たった一株で、物凄い主張の強い大株に育ってしまいました。
a0208783_1915059.jpg
もしかして大麻とかじゃないよね…と一応調べましたが、普通のフィールド・ポピーのようです。
a0208783_19152373.jpg
塀に這わせた、義母から貰った宿根スウィート・ピーも、物凄い勢いで育ちました。花色も目立って映えますが、スウィート・ピーの名に反し、香りがないのは残念です。ところで背後の道路脇の公共草地が、雨不足で既に茶けているのがお分かりでしょうか?
a0208783_19165033.jpg
我が家で唯一の株となってしまった、イングリッシュ・ラベンダー。前庭で一番日当たりの良い場所に植えたはずなのに、周囲のヤロウの勢力に押され気味。
a0208783_19171475.jpg
これがそのヤロウ(アキレア、または西洋ノコギリソウ)。花はクリーム色のはずだったのに、咲き始めたら思いの他オレンジ色が強くて、隣のバラ「ザ・ラーク・アセンディング」と色が被り過ぎ、配置失敗!と思いました。ところが今は、花色がクリーム色になっています。
a0208783_19174550.jpg
見慣れているはずの「セプタード・アイル」が、余りに可愛くて撮影。
a0208783_1918933.jpg
前庭の「ヴァレンタイン・ハート」は、花色が裏庭のとは異なります。周囲に種を撒いたコンボルヴルスの花が結構可愛いので、来年はハンギング・バスケットにしてみようと思います。
a0208783_192442100.jpg
マトリカリアも、零れ種で大繁殖しています。大抵の花と組み合わせて様になるので好きですが、今年は黒いアブラムシ(うえー)も大繁殖し、駆除が大変でした。
a0208783_19183719.jpg
一度ブワッと大量に花を咲かせた後、一旦休止状態に入っていたバラ「フレグラント・クラウド(ドフト・ボルケ)が、再び大量に咲いています。「東京喰種:re」を見ていたら、月山家のバラがコレだそうで、その後「習様のバラ」とか「トレヴィア~ンなバラ」と呼びたくなります。
a0208783_19191630.jpg
余りに暑い日が続いたので、早朝の水撒きだけで精一杯で、草むしりも花ガラ摘みも、撮影さえも御無沙汰してしまいました。気温が落ち着き、雨も降るようになったら、鉢苗を地植えしたり、少し庭に手を掛けたいと思います。





by piyoyonyon | 2018-07-31 15:32 | ガーデニング・植物

ウラン・ガラスのリング・トレイ

a0208783_3211915.jpg
夫婦で地元商店街へ行った時、チャリティショップで、この古いガラス器に出会いました。ピン・トレイの中央が塔のように出っ張ったような、指輪を掛けて置く為のリング・トレイ、またはリング・ホルダーと言うアイテムです。指輪を保管すると言うよりは、指輪のみならず、良く使うアクセサリー類を一時的に置いておく為の物です。
a0208783_3214641.jpg
多分元は、揃いのデザインのキャンドル・スタンドやパウダー・ジャー(白粉入れ)、香水瓶等と共に、ドレッシング・テーブル(鏡台)セットに含まれていたのではないかと想像します。しかし意外な事に、ウラン・ガラスのリング・トレイを手に入れるのは、これが初めてでした。
a0208783_3221549.jpg
ひっくり返して底を見ると、花型とハート型の窪みがあるのも素敵。使用中は表からじゃ全く見えないのに、何故こんなお茶目な細工をしたのでしょうか。
a0208783_22192626.jpg
ライム・グリーンとも呼ぶべき極薄い緑色なので、紫外線光を当てても大して発光しないんじゃないかと思いました。しかし、黄色味の強い緑色な為、思いの他強く光りました。
a0208783_3224098.jpg
シンプルながら、アール・デコらしさがしっかり現れたデザインで、涼しげで爽やかな色味が中々魅力的なガラス器です。
  



by piyoyonyon | 2018-07-30 15:27 | インテリア・デコレーション

チロリアンの織りのテーブル・センター

黄色いバラのエナメル・ブローチアール・デコのグリーティング・カードを買ったストールは、品の良さげな老夫婦が古い物を沢山売っている、正にお宝率の高いストールでした。私がイギリスに住み始めた頃のフリマと比べても、そういうストールがどんどん減って来ていると実感します。
a0208783_21483145.jpg
そのストールでは、刺繍の布類も色々置いていましたが、その中からチロリアン柄の織りの布を買いました。幅約30cm、長さは80cm位で、用途はテーブル・センターだと思います。
a0208783_21491314.jpg
恐らく現在でもオーストリア中で売られている典型的な土産物で、図案のメインは、民族衣装を着た少年少女とフォークロアな花の文様です。この手の図案は、大抵眼が点だけのようなシンプルでファンシーなタッチで描かれていますが、この柄はもう少し細かくて、絵本の挿絵のような雰囲気です。反対側は線対称(男女の左右が逆)。絵柄はほのぼのメルヘン調ですが、色味はかなり渋く子供っぽくありません。素材は、綿の他に麻が半々に混じっているそうです。
a0208783_21493031.jpg
こんな一見在り来たりなスーベニールでも、造りはしっかりしていて、伝統的な織物工場で製造されています。オーク材等のカントリー調の家具と合わせると、驚く程魅力を発揮します。
  




by piyoyonyon | 2018-07-29 15:22 | ファブリック

アール・デコ時代のグリーティング・カード 2種

黄色いバラのエナメル・ブローチを買ったストールでは、半端なく古い使用済みグリーティング・カードも、10枚位小箱に入れて、一枚50ペンスで販売していました。図案や書体から、どれもアール・デコ時代周辺のカードに見えました。その中から、気に入った2枚を選んで買いました。実際には、他にも色々合わせて購入した物があるので、一枚はオマケして貰いました。
a0208783_22464681.jpg
まず一枚目は、爽やかな色合いの花柄の囲み罫のバースデイ・カード。この花は、イギリスでは春を告げる野草として御馴染みの、クリーム色のプリムローズを表しているようです。カードとしては非常に薄い、ぺらぺらな用紙に印刷されています。中面は文章のみ。
a0208783_2221324.jpg
イラスト自体より、現代の物とは明らかに違う印刷に、興味を引かれました。オフセットでは絶対なく、シルク・スクリーンのようなマットなインクです。
a0208783_2247844.jpg
もう一枚は、猫好きの私から見ると全く可愛くナイ化け猫カード。「幸福」と書かれたクリームを、いやしそうにペロペロしています。こちらも誕生祝いのカードです。少し艶のある、指紋のような細かいシボのある紙に印刷されています。またしても厚さはペラペラですが、四つ折りにする事で強度を出し、両面印刷に見える工夫がされています。
a0208783_22215361.jpg
こちらも、シルク・スクリーンのようなマットなインクで、現代の印刷物には見られない、独特な技法で印刷されています。
a0208783_22472946.jpg
表紙は化け猫ですが、中面の猫は結構可愛く(顔が見えないだけに…)描かれています。誕生日の希望や喜びを、クリームとケーキに例えた微笑ましい内容。でも、お祖母ちゃんから14歳への少年へのカードなんです。14歳にとっては、ちょっと子供っぽいような。
a0208783_2222982.jpg
二枚とも絵柄的には凄く好みと言う訳ではありませんが、昔ならではの印刷物の仕様が面白いと思いました。また、これらのカードの送り主だけでなく、受け取った本人達も、もしかしたらもうこの世に居ないかも知れないと考えると、一層過ぎし時代の貴重なデータベースに感じられます。
  



by piyoyonyon | 2018-07-28 15:34 | ステーショナリー・グラフィック

サンダル&バッグ作り

momoko DOLL用に夏服を色々作っていて、そういや合わせる履物がないなあと痛感しました。もし日本であれば、小人の靴屋さんか??と感動する程素晴らしいドール用、またはミニチュアの靴を作る方が沢山居ますが、ここイギリスでは当然手に入りません(…怪しい中国製ならebay等で買えるようだ)。自分で作ろうにも、ここでは材料も揃わなければ、技術もナシのトリプル・パンチ。それでも手元にある材料だけで、何とかそれらしき物を誤魔化しで作ってみました。
a0208783_2231875.jpg
お見せするのが恥ずかしい衝撃のロー・クウォリティですが、実際人形に履かせると、何せかなり小さいので、余り目立たないのがせめてもです(笑)。厚紙をインソール型に切ってファブリック・テープを貼り、甲の部分をリボンやテープで覆ってから、古いウェスト・ベルトから再利用した、靴底型にカットした合皮を貼っています。インソールを、麻布で包んだ物もあります。
a0208783_22314051.jpg
レザー風のサボやビルケン風は、試しに縫い易い合皮で作っています。これがもう少しマシに出来るようになったら(そんな日がいつか来るのか?)、本革に挑戦してみたいと思います。本革の場合は、予めパンチか千枚通しで縫い穴を開け、出来れば専用の蝋引き糸で縫う事が薦められています。…そんなもん、イギリスで手に入るとは思えん。
a0208783_2232772.jpg
サンダルが欲しくなれば、夏用のバッグも欲しかろうと、幾つか用意してみました。中央のトートは、関口さんの本を見て作りました。相変わらず全部手縫い。
a0208783_22322862.jpg
暖色寒色混のストライプを使ったら、甘辛ミックスな雰囲気で、割とどんな服装にも似合います。
a0208783_22325818.jpg
青いグラニー・バッグの生地は、毎度お馴染み義妹から貰った端切れ。北欧風プリントで凄く可愛い布でしたが、本当に人形用のバッグを作る以外使い道がない位の面積しかありませんでした。
a0208783_22335023.jpg
日本だと、ミニチュア・サンダルのキットも販売されていますし、百円ショップでも皮革や皮革用の穴開けパンチが簡単に手に入りますもんね。昨年帰国した際、買ってイギリスに持って行こうかとも考えましたが、既にそれすら入らない程に荷物が満杯だったもので(涙)。嗚呼本当に、イギリスやだー、日本に住みたいよチクショウ。
a0208783_2233297.jpg
もっとも、もし日本に住んでいたら、minneやCreema等で作家さんから精巧な物が買えるし、わざわざ下手っぴな自分が作ろうとは、決して考えなかったはずです。
 



by piyoyonyon | 2018-07-27 15:29 | おもちゃ・人形

黄色いバラのエナメル・ブローチ

a0208783_2133494.jpg
好みの1960年代に流行したエナメル花ブローチに、フリマで久々に出会いました。状態は良好と思い込んでいましたが、家に帰って良く良く確認すると、結構あちこち剥げていました。私とした事が、浮かれてちゃんとチェックしなかったんですね…。だからと言って、買ったのを後悔する程の値段では全くなかったのですが(笑)。
a0208783_21333039.jpg
黄色いバラの花を模ってあり、中心にはフェイク・パールが嵌め込まれて、茎と葉が伸びています。多くのポップでフラワーパワーなエナメル花ブローチよりは、ちょっと落ち着いた(と言うかババ臭くて垢抜けない)雰囲気です。
a0208783_21334839.jpg
高芯咲きで縁だけ赤っぽい黄バラと言う事で、ハイブリット・ティー・ローズの銘花「ピース」を思い出させます。ハイブリット・ティーには本来余り興味のない私ですが、そのバラの誕生には興味深い逸話があり、実際印象的な美しいバラです。第二次世界大戦中にフランスで生まれたこのバラは、その後戦火に遭い喪失されてしまいますが、アメリカに逃れた苗木だけが奇跡的に生き残り、終戦時に平和を願って「ピース」と名付けられ、世界中に広まり愛されました。実物のピース・ローズは、もっと薄くて柔らかい透き通った花色です。
  




by piyoyonyon | 2018-07-26 15:31 | アクセサリー

緑の小花柄のビンテージ・ブラウス

a0208783_21231156.jpg
フリマで見付けた、一目で現在イギリスで出回っている服とは雰囲気が違う、と思ったブラウスです。タグとかは一切見当たらず、手縫いの部分が多く、どうやら手作りのようです。売り主のお姐さんも、「元々ビンテージとして買ったから、確かにハンドメイドかも」と言っていました。寄って、製造年代は益々検討が付きません。デザイン的には、1930年代辺りの流行に見えます。
a0208783_21233456.jpg
襟のフリルがクラウン(ピエロ)・カラーのように大きいので、最初は首の短い私には似合わないんじゃないかと思いましたが、襟開きが結構大きい為に、思いの他大丈夫でした。生地が薄くて、身頃も袖もたっぷりしている作りなので、嬉しくなる程涼しい着心地です(勿論この下にはキャミを着ますが…)。かなり大きめなものの、ダーツは2箇所×線対称に入っている為、だらしない程ダボッとはしません。それどころか、日本の現代のファッションとしても、まるで違和感のないデザインなのにはちょっと驚きました。
a0208783_21235961.jpg
布地は、透けるように薄くてふんわり軽く、風通しが抜群のガーゼ地。アイロン掛けは不要なので、綿100%ではなく化繊が混じっているかも知れません。かなり細かい花柄は、緑色が基調な点も気に入っています。ちょっとリバティ・プリントみたいな小花柄だと思いました。
a0208783_21243095.jpg
甘いフェミニンな雰囲気のブラウスなので、あえてデニムやチノ等のシンプルでかっちり目のスカート、またはパンツと合わせたほうがお洒落なように思います。





by piyoyonyon | 2018-07-25 15:20 | ファッション・コスメ

白い花と赤い実のイヤリング

a0208783_21125736.jpg
フリマで見付けた、1950年代辺りの大ぶりなイヤリングです。ぱちんと挟むクリップ式なので、ピアス愛用の私は実用しそうもありませんが、いかにもレトロな見た目が可愛く、カーディガン・クリップ等の何か他の物に改造して、利用出来そうだと思いました。
a0208783_21122850.jpg
白い花びら+緑の葉+赤い実と、色合い的にはクリスマスっぽいデザイン。花びらと葉はプラスティック製、実はアート・フラワー用の大きなペップです。良く見ると、花びらの表面が溶けているようで、実の塗料で腐食してしまったみたいです。また、左のイヤリングは、赤いペップが右より二つ足りなく、取れて失くなった模様です。
a0208783_21132411.jpg
まるでケーキのトッピングのようで、やっぱり可愛いと思います。値段は10ペンスと言われましたが、生憎1ポンド硬貨しか持ち合わせがなかった為に、それを渡したら、気に入らなかったらしく、出来るだけ細かいお金(2ペンス30枚位+5ペンス玉)でお釣りを返されてしまいました~。当然財布に入り切れないので、硬貨をビニール袋にまとめて入れて渡してくれました(せめてもの親切心?)。それらの小銭は、次回のフリマの入場料として使おうと思います…。
  




by piyoyonyon | 2018-07-24 15:26 | アクセサリー

ビンテージのバテン・レースの着け襟

a0208783_2153413.jpg
フリマの、毎回ビンテージを中心に売っている、半プロのようなストールで買いました。アンティーク・モール等では、時々アンティークやビンテージのレースの付け襟を見掛けますが、その中でもバテン・レース製は結構珍しいと思いました。いつの時代の製品かは分かりませんが、デザイン的にはヴィクトリア時代に流行したタイプのように見えます。ただし、前を留める為のボタンは、後から付け替えた課の可能性もありますが、比較的新しいプラスティック製のようです。
a0208783_216831.jpg
広げると、まるでバテン・レースのドイリーを縫い繋げたようなデザイン。かなり大きいので、着用すると結構大げさです(笑)。合わせる服装は、子供っぽくならないよう、また装飾過剰でゴテゴテ見えないよう、それなりに吟味しないといけません。
a0208783_2162744.jpg
機械編みのレースのテープを繋げたのがバテン・レース。テープ・レースのみで形成されている場合もありますが、これは布地も組み合わせてあり、其処に刺繍が施されています。
a0208783_2165328.jpg
バテン・レースって、正式名は「Battenberg lace バッテンバーグ(バッテンベルク)レース」と言うのだと、初めて知りました。似た技法のレースは、既にルネッサンス時代から存在していたそうですが、英語版ウィキに寄れば、19世紀にバッテンバーグ家(エリザベス女王の夫君エディンバラ公の実家)の婚礼に因んで、アメリカで名付けられたそうです。しかし、どちらが本当なのか、「Battenburg lace バッテンブルク・レース」と表示されているのも多く見掛けます。ヨーロッパの各地で作られていますが、日本の新潟もその産地だそうです。
  




by piyoyonyon | 2018-07-23 15:23 | ファッション・コスメ

タラちゃんイヤリング

a0208783_18303122.jpg
先日出掛ける際、「今日はどのイヤリング(ピアス)を着けよう…」と、収納ケースを眺めていたら、「あれっ、こんな所にタラちゃんが居る!」と思いました。もう20年以上昔に姉から貰った、幅1cm程度の猫の顔を立体的模った樹脂性のイヤリングで、最近は着けていなかったものの、すっかり存在を忘れていた訳ではありませんでした。しかし、単に猫のイヤリングとして記憶していただけで、今までハチワレ猫にそれ程関心がなかったせいか(苦笑)、それがタラちゃんみたいな猫だとは認識していなかったのです。
a0208783_1830543.jpg
ただのハチワレ猫モチーフのイヤリングってだけでなく、実際タラちゃんにそっくり~と思いました。目は青いし(仔猫って事か?)、お鼻はピンク一色だけど、真ん丸いお顔やイタズラっ子っぽい表情が、タラちゃんに良く似ています。
a0208783_18311216.jpg
当時の日本では、それ程珍しいタイプのイヤリングではなかったと思いますが、ヒゲはテグス製で出っ張っており、良く見ると毛並みまで型抜きで再現されていて、イギリス人が見たら驚く程可愛く、中々良く出来たイヤリングです。
 




by piyoyonyon | 2018-07-22 15:28 | アクセサリー


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お知らせ

2019年3月1日より、こちらのブログ(手帖3冊目)で更新します。

手帳1冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(223)
(218)
(189)
(173)
(167)
(163)
(138)
(99)
(90)
(87)
(87)
(85)
(82)
(75)
(72)
(71)
(71)
(68)
(60)
(59)

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2019-02-28 15:33
サーモン・オレンジのエナメル..
at 2019-02-27 15:28
五角形のイエロー系ラインスト..
at 2019-02-26 15:30
競馬場でアンティーク・フェア
at 2019-02-25 15:22
ウラン・ガラスの矢車菊柄一輪挿し
at 2019-02-24 15:20

記事ランキング

検索

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル