アイリス・ガラスとフィリグリーのブローチ

a0208783_7321954.jpg
チャリティショップのやたら多い町コルチェスターで、猫チャリティ屋の次に訪れたチャリティショップは、普通の全国チェーン店でしたが、何故かビンテージ・ジュエリーが豊富にありました。生憎値段はそれ程お安くはなかったので、一番気に入ったこのブローチのみ購入しました。
a0208783_7341057.jpg
虹色に彩色されたアイリス・ガラスのラインストーンと、フィリグリー(透かし金具)の組み合わせは、意外にも初めて目にしました。この手の繊細なフィリグリーは、アール・デコ時代に特に流行ったらしいし、アイリス・ガラスも虹色の筋の淡い初期の物なので、多分アール・デコ時代のブローチだと思います。直径は3cm位で、この後の時代のブローチに比べるとかなり小ぶりです。
a0208783_7343934.jpg
戦後のアイリス・ガラスの虹色の筋はハッキリしていますが、古い淡いほうが価値が高いそうで、私も淡いほうが好きです。シャボン玉のような儚さがあり、本当に綺麗です。




  
[PR]
# by piyoyonyon | 2018-02-03 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

ボーダー+タータン・チェック

a0208783_4442683.jpg
姉の「静寂を捧ぐ」のmomoko DOLLには、こんな格好も似合うんじゃないかと思い、作ってみました(モデルは私の「そっとほっとミルク」ちゃん)。
a0208783_4445584.jpg
さすがにもう自分では着られませんが、ボーダー・シャツと赤系のタータンチェックのスカートは鉄板の組み合わせで、昔から結構好きな格好の一つです。日本人の考えるロンドン・ファッションって、こんなのかも知れません。(…当然ながら実際には居ませんよ、こんな人!)
a0208783_115714.jpg
シャツの裾をちょっとだけ長めにしているのが、私なりのささやかな拘りです。普通は横縞は膨張して見えますが、裾を長めにすると、返ってモモちゃんの細さが際立つような。本当は人形用には、もっと細いボーダーにしたかったんですけど、例に寄って手元にないし手にも入りません。これでは、佐川のにーちゃん(ラガー・シャツ)になるギリギリ一歩手前の太さだと思います。
a0208783_4454241.jpg
ティアード・スカートの上段をバイヤス裁ちにしているのも、ささやかな拘りです。スカート丈は、膝っ小僧が出る位に、もう少し短くすべきでした。これじゃあ、下に履いているのがタイツかニーハイか分かりませんよね。
a0208783_131723.jpg
同じタータン・チェックのスカートでも、トップを黒のタートルに換えスカートのインにして、スカートと御揃いのケープを羽織ると、こんな風にイメージが変わります。昭和のお嬢風の静寂ちゃんには、もしかしたらこちらのほうが似合うかも知れません。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2018-02-02 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

黄昏のマーシー島

a0208783_6314558.jpg
愛猫ポコちゃんが亡くなった翌日のお出掛けは、本当は町よりも、何処か見晴らしの良い自然豊かな場所を訪れたいと思いました。ところが、イングランド南東部は概ね土地が平坦で、眺めの良い高台が滅多にありません。まして、未だ行った事のない場所は全くありませんでした。結局天気の良さからコルチェスターを選んだ訳ですが、コルチェスターを去る際、未だ日没までは少しだけ時間があったので、完全に暗くなる前に、急遽海岸線を目指すことにしました。
a0208783_6385169.jpg
コルチェスターを離れた途端、本当に土地が真っ平らになりました。やって来たのは、Mersea Island マーシー島の東端「Cudmore Grove Country Park カドモア・グローブ・カントリー・パーク」。本土とは、満潮時にだけ川のような浅瀬に寄って隔たれる、橋で繋がっている島です。
a0208783_6301411.jpg
この草原の先に浜辺が在り、夏は海水浴客やピクニックをする人でかなり賑わうようですが、この季節のこの時間は、犬の散歩の地元民位しか居ません。
a0208783_6304398.jpg
こんな遊具施設も設けられていました。子供達は大喜びだろうな。自然素材でナチュラル・カラーだから、周辺の環境にも馴染みます。
a0208783_6311471.jpg
しばらく海に向かって歩くと、無骨なコンクリの塊が見えて来ました。第二次世界大戦中の銃砲台です。実はここ、ノルマンディー上陸作戦の演習用に使用されました。
a0208783_6352547.jpg
浜に到着。南部のイギリス海峡以上に波が全く無く、湖にしか見えません。
a0208783_633525.jpg
南側の彼方には、夥しい数の風力発電が見えます。ついでに原発も見えました。
a0208783_6333046.jpg
一方北側の対岸は、Brightlingseaと言う村。
a0208783_6335290.jpg
ここは自然保護区で野鳥の宝庫でもあり、水鳥が沢山居ました。今まで聞いたことのない物悲しい鳥の鳴き声が、始終海辺に響いていました。 
a0208783_634204.jpg
浜には、牡蠣の貝殻がいっぱい打ち上げられていました。コルチェスターは、牡蠣の名産地としても知られています。生牡蠣も焼き牡蠣も牡蠣のチャウダーも好きでしたが、重度のアレルギーで、もう二度と食べることは出来ません。
a0208783_6344588.jpg
生憎この海は東側に面しているので、海への日没は見えませんが、やはり黄昏時の海は綺麗です。
a0208783_6571263.jpg
真ッ平だけど、最後にここを訪れる事が出来て、しんみりした景色を見られて良かったと思います。実際ポコちゃんの亡くなった翌日に連れ出して貰ったのは、気持ちの切り替えにかなり効果的でした。もし一人で家に残ったままだったら、ポコちゃんの幻影が見えて&聞こえて、悲しくて堪らなかったと思います。ポコちゃんが苦しんでいる時でさえP太がゲームに夢中になっていたのには、本当にゲーム機を破壊したい程怒り心頭でしたが、一応これで帳消しにしたいと思います。



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-02-01 15:25 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

バグパイパーのテリア犬ブローチ

a0208783_7244649.jpg
10年前にコルチェスターを訪れた際は、山程並んでいるチャリティショップを次から次へと物色したのにも関わらず、その上当時は今より古物を買う基準のハードルが遥かに低かったはずなのに、買いたいと思える物に一つも出会えなかったと記憶しています。しかし、やっぱり古物との出会いは時の運です。今回は、最初に入ったコルチェスター独自の猫チャリティ屋で、いきなり好みのオールド・プラスティックのブローチに出会いました。
a0208783_7251482.jpg
スコッチ・テリアかハイランド・テリアが、キルトを着てバグパイプを演奏していて、一目で昔のバリバリのスコットランド土産だと分かります。図案は犬の柔らかな毛並みまで表現され、かなり彫りが細かく、更に渋い手彩色で中々良い雰囲気。何だかお惚け気味のテリア犬も、結構可愛いです。猫チャリティなのに犬モチーフなのがちょっと残念ですが、猫チャリティに少しでも貢献出来るなら、しかもポコちゃんが亡くなった翌日とあらば、躊躇わずに購入したいと思いました。
a0208783_7253712.jpg
ブローチ自体は壊れ易いセルロイド製だと思いますが、軽量金属で裏打ちしてある仕様は初めて目にしました。これで、数段強度が増していると思います。
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-31 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

チャリティショップの町、コルチェスター

a0208783_6104688.jpg
私が知る限り、エセックス州の古都Colchester コルチェスターは、英国で最もチャリティショップの多い町です。ハイ・ストリートにも何軒か在りますが、主にハイ・ストリートの南側の小路に集中しています。10年前にこの町を訪れた際は、「え?この隣もまたチャリティ屋?」と呆れる位、次から次へと並んでいる印象でしたが、今回はそれよりは少なく感じました。この不景気で、10年の間に閉店した店が多いのかも知れないし、実際チャリティショップの看板だけ残っているのも見掛けました。または10年以上も昔となれば、単に私の勝手な思い違いかも知れません。
a0208783_547207.jpg
今回まずこの町で最初に入店してみたのは、コルチェスター独自の保護猫活動チャリティ屋さん。地元密着系チャリティショップは、寄付する人が多いので、お宝に出会える確率も高くなります。
a0208783_5483826.jpg
一方こちらは、保護犬活動のチャリティショップ。店内は高級店にしか見えず、実際お洒落な現代の品しか置かず、値段も高級でした。この町には、珍しい獣医支援のチャリティショップも在りました。お店スタッフとお客との会話を聞いていたら、全国に三軒しかないそうです。
a0208783_5502644.jpg
こちらも、私が住む南東部では名前を聞いた事がない、多分地元キリスト教終末期看護施設のチャリティショップで、その中でもビンテージ専門店。
a0208783_6101796.jpg
ビンテージ専門のチャリティ屋は、現在イギリスの結構あちこちで見掛けますが、中には何か勘違いして、プロのアンティーク屋と張り合う価格設定にしている店も存在します。しかしここは、値段はちゃんと一般的な「チャリティショップ価格」で良心的でした。
a0208783_5512164.jpg
一階入り口近くは、ビンテージ・ジュエリーやモッズ時代の古着が、圧倒される程ずらりと並んでいました。このビンテージ・エプロンを集めた籠の中には、好みのプリント生地の物が盛り沢山。
a0208783_5583530.jpg
勿論ビンテージは、女性的なアイテム中心。ただし古い時計類とか、若干P太の興味を引く物も混じっていました。
a0208783_5593474.jpg
布類や手芸用品や、昔の洋服の型紙なんかも充実しています。
a0208783_5531346.jpg
店舗は奥深く、2階も在ります。
a0208783_5545398.jpg
アール・デコ時代のビーズ刺繍のビンテージ・クラッチ・バッグも、この通り。
a0208783_557582.jpg
規模的には、一般的なアンティーク・モール程度はあります。
a0208783_5525177.jpg
建物自体が古いヴィクトリアン・ハウスだから、アンティークやビンテージが一層映えます。
a0208783_5542137.jpg
元は普通の民家なので、今でも幾つかの小部屋に分かれ、暖炉等も残ったままです。こちらは、玩具や絵本など子供用品を売る部屋。昔の手作りドール・ハウスが目を引きます。
a0208783_5555144.jpg
子供用の衣類には、古いファンシー・ドレス(仮装用衣装)が多く混じっていました。
a0208783_5561839.jpg
2階の大人用の古着は、コート類やフォーマル・ドレス中心。
a0208783_5564610.jpg
ビンテージのトランクやピクニック・バスケットが、感心する程多数集まっていました。古物番組では、いつも結構人気の高いアイテムです。
a0208783_557715.jpg
結局この町でのチャリティショップ巡りで、幾つか欲しい物に出会え、ポコちゃんを失った悲しさを紛らわせる為か、私にしては結構散財しました。いえ、チャリティショップだから全く大した金額ではないし、買えば慈善活動に少しは参加した事になるので、返って多少気分が晴れました。
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-30 15:30 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

英国最古の都市、コルチェスター

a0208783_447480.jpg
愛猫ポコちゃんを失った翌日、またしてもP太が急遽有給休暇を取って、何処かに連れて行ってくれることになりました。では何処へ行こう?と考えて、今まで行ったことのある場所では、「あの頃は帰って来るとポコトラが待っていた」と思い出されて余計悲しくなる為、一度も訪れた事のない場所に行きたいと思いました。しかし、この周囲で興味の引く場所は既に全て行き着くし、日照時間の極端に短いこの時期では、未だ行った事のない遠い場所へは時間が足りません。中々目的地を決められなかった所、当日に天気予報を確認すると、この日はイースト・アングリア方面の天気が一日中良いとの事なので、出発直前にエセックス州のColchester コルチェスターを選びました。
a0208783_42992.jpg
エセックスはロンドンの北東に位置し、うちから距離的にはそう遠くありませんが、行くのは結構不便な為(いつも混雑する高速道路を通る&テームズ川を渡るのが有料)、余り訪れた事がありません。コルチェスターには一度来た事がありますが、それはイギリスに移住した割と直後で、ポコトラどころか、未だたまちゃんとも一緒に暮らしていなかった頃のようです。つまり10年以上前に訪れた訳ですが、未だブログを始めてもいなかったし、驚く事に写真を一枚も撮らなかったようで、記録も一切無く、記憶も相当あやふやです。正直言ってエセックスは、「センスやガラが悪い」「やんき~とアバズレの産地」等、イギリス人からの評判は概ね良くありませんが(関東の荒★沖のようなイメージか?)、コルチェスターは歴史薫る城下町。尚且つ大学町で、若い活気も有ります。
a0208783_4295780.jpg
イースト・アングリア地方は、概ね平坦なイングランドの中でも特に海抜が低く、地球温暖化で海水が上昇した場合には、真っ先に海に沈む程真っ平らと言われていますが、コルチェスターの旧市街地は、結構高台に位置します。
a0208783_4314142.jpg
コルチェスターは、今は行政上「町」ですが、イギリス最古の都市とも言われています(自称)。古代ローマの記録に、「Camulodunumカムロドゥムナム」と呼ばれる、植民地ブリタニアの最初の首都として登場するからです。なので、今でもローマ時代の市外壁が残ります。
a0208783_4332952.jpg
この西門「The Balkerne Gate」は、現存するローマ時代の門(の一部)としては英国最大の物。そのすぐ隣に在るパブの名前は、「The Hole of the Wall 壁の穴」。ん?日本に、そんな名前のパスタ・チェーン店があったような。
a0208783_4341227.jpg
ローマの門の後ろに聳え立つ、古城やタウン・ホールと並ぶコルチェスターのランドマーク的な、ヴィクトリア時代の「ジャンボ・ウォーター・タワー」。水道塔が在ると言う事は、ここが町の標高最高地点のはずです。
a0208783_4343632.jpg
恐らくヴィクトリア時代の最先端の土木建築技術を、最大限駆使して建造されたのではと思わせる圧巻な造り。
a0208783_4352636.jpg
水道塔から、目抜き通りのハイ・ストリートはすぐです。
a0208783_4361054.jpg
ハイ・ストリートの突き当たりの郵便局は、こんな重厚な木組みの建物。手前の銅製象型の道案内看板は、郊外のコルチェスター動物園に因むのかも。
a0208783_43747.jpg
コルチェスターは、ヴィクトリア時代の美しい街並みでも知られています。
a0208783_4364786.jpg
ハイ・ストリートの歩道に立つ、どういう意図で制作し設置したのかは理解不能な、ブキミな巨大アジア人女性の像。念の為、向かって左手の風船は、通行人が勝手に持たせた物です。
a0208783_4372995.jpg
多分ここの町の人々の誇りであろう、華麗なタウン・ホール(市庁舎)も、 ハイ・ストリートに在ります。
a0208783_4375713.jpg
その側の、地名にもなる程老舗らしい「Red Lion Hotel 赤獅子亭ホテル」。
a0208783_4385173.jpg
ハイ・ストリートの南側は、雰囲気の良い小路が入り組んでいます。
a0208783_4383114.jpg
チューダー時代、イースト・アングリアは羊毛産業で栄えた為、コルチェスターにはチューダー様式の木組みの家も多く残ります。
a0208783_4394690.jpg
坂道の多い旧市街地って必ず雰囲気が良いし、特に公道の階段を見ると嬉しくなります。
a0208783_4401121.jpg
この元教会の建物は、塔だけ残っているのかと思ったら…、
a0208783_4403460.jpg
…未だ現役の教会でした。一階がテナントとして一般商店に貸し出されている為、一瞬教会に見えないのです。うーむ、今時の教会は、生き残る為に、これ位しないと駄目か。
a0208783_45657.jpg
中々素敵なブティックを発見。
a0208783_4562178.jpg
フォルム的には私には全く似合わないので、内部には入っていません(笑)。
a0208783_441848.jpg
最後に、町のシンボルのお城も訪れました。このコルチェスター城は、ローマ時代のクラディウス帝神殿(納骨堂)跡地に、ウィリアム一世のイングランド征服直後に建てられました。
a0208783_4413199.jpg
無骨で、正に軍事的実用オンリーで建てられた造り。ボディアム城と真逆で、外観からは廃墟にしか見えませんが、中は近代的な歴史博物館に改装されています。
a0208783_442027.jpg
塔の上に、かなりでっかい木が生えています。外壁を傷めないのか心配です。
a0208783_4432114.jpg
浅い空堀に残る遺跡は、12世紀の礼拝堂の礎石。
a0208783_4423741.jpg
お城の周りを一周しようと思ったら、すぐ後側は閉鎖されていました。12月から、移動遊園地としてオープンする為のようです。
a0208783_4435365.jpg
城の北側は、広々とした公園になっています。
a0208783_444253.jpg
城の周囲にはバラがふんだんに植えられ、初夏には見応えがありそう。
a0208783_4444712.jpg
ヴィクトリア時代の鉄細工らしい東屋。ここからの眺めは中々。
a0208783_4451546.jpg
お城周辺のリス達は、大変人馴れしていて、逃げるどころか、撮影の為にしばらく立ち止まっていると、自ら近付いて来る程でした。
a0208783_4453975.jpg
試しに手を差し出してみたら、餌を貰えると勘違いしたらしく、ガブッとやられました。軽い甘噛みで全く痛くありませんでしたが、もし流血でもしたら、深刻な感染症になる可能性があるので、絶対に真似しないで下さい
a0208783_4462768.jpg
帰宅してから知った事には、この町には、他にも大修道院や小修道院の遺跡が残っており、また近年整備された遺跡公園も在るそうです。当日に急遽目的地に選んだものだから、見逃してしまいました。でも「もう十分見たから、ここへはしばらく(or二度と)来なくていいや」より、「もう一度ここに来たいな」と思える位が、お出掛けとしては十分楽しめた証拠だと思います。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-29 15:24 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ブルー系ラインストーンのネックレス

a0208783_18574259.jpg
薄い水色とサファイヤ色の小さなラインストーンが、びっしり鏤められたネックレスです。
a0208783_1858894.jpg
スカラップが連なったようなフォルムで、中々ノーブルな雰囲気。全体的なボリュームは然程ありませんが、どう見ても元の用途はフォーマル使いのようです。
a0208783_18583050.jpg
良く見ると、実はラインストーンは一個置きにしか並んでおらず、その合間は台座に直接型押しされた金属ビーズで埋められているのが分かります。これで相当手間と重さとコストは抑えられている訳ですが、パッと見た目は分からないし可笑しくもない、中々小知恵の回ったアイディアです。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-28 15:31 | アクセサリー | Comments(0)

緑と黄色のビンテージ・ストライプ・ワンピース

a0208783_6155689.jpg
地元のビンテージ屋風チャリティショップで、長らく売れ残ったビンテージ・ドレスを、どれでも一枚2ポンドに値下げして販売していました。まあ確かにうちの町で、チャリティショップでビンテージをビンテージ価格で買う人は、余り居ないと思いますね…。その中に、これはもしかして北欧っぽく着こなせるのでは、と思えるワンピースがあったので、試着もしないで買いました。
a0208783_6161626.jpg
十分デカイから大丈夫と思った訳ですが、案の定相当でかかったです。でも、上にコンパクトなカーディガンなんかを羽織れば、それ程大き過ぎずに何とか落ち着いて見えます。タグはなく、手製のようです。胸にはダーツもあり、脇にはジッパーも付いていて(ズボッと被れるけど)、実は中々丁寧な造りです。ウェストにベルト通しが残っていて、元は共布のベルトが付属していたようです。ここに同系色のリボンでも通して、ウェストをドロストしても良いのかも知れません。
a0208783_6163336.jpg
ここ数年の自分の傾向としては、緑や黄色系の服には一番惹かれます。多分、余り売られてもいないし、着ている人が少ないからだと思いますが(その点ネイビー系はさすがに飽きた…)、この服のプリントは、正にその緑と黄色です。刷毛でラフに描いたような掠れたストライプは、油彩画みたいで味があり、シンプルなようで中々お洒落なパターンだと思いました。が!実際着てみると、私の丸い体型のせいか、スイカとか瓜っぽさが否めません(苦笑)。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-27 15:26 | ファッション・コスメ | Comments(0)

フラワー&ペイズリー

a0208783_529270.jpg
ストライプのアール・デコ風のドレスの、柄違いを作ってみました。使用した花柄+ペイズリーの生地は、元はイケアの枕カバー(笑)。縫い易いし、キャス・キッドソン風のプリントで気に入っています。それに、部分的にアクセントとしてモス・グリーン地の水玉柄を合わせました。
a0208783_5292776.jpg
キャップは、本当はクロシュらしくしたかったのですが、紐で縛らないと座りが悪くて、やむを得ずリボンを縫い付けました。前結びにすると、ベビー・キャップみたいで余りに子供っぽいから、頭の後ろで結んでいます。
a0208783_530337.jpg
スカートの脇にだけプリーツを入れたストライプ・ドレスとは変えて、脇だけギャザーを寄せ、スカートに少し広がりを持たせました。それと、スクエア・ネックのストライプ・ドレスとは違って、襟を付け加えています。
a0208783_530324.jpg
ほぼ同じパターンでも、柄の雰囲気でかなり違って見えます。形がローウェストってだけで、柄的に最早特にアール・デコっぽくはありませんが。
a0208783_5305650.jpg
このドレスは、姉のモモコ・ドールに行く予定。金髪には似合っているようだけど、黒髪ちゃんにも似合ってくれるかな?

 




[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-26 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

エナメルの菫とラインストーンのブローチ

a0208783_7115671.jpg
隣町のフリマで、中々好みのビンテージ・ジュエリーを、一つ50ペンスで売る一般人のストールがありました。生憎もう一つ気に入ったブローチは、タッチの差で隣のおばさん(もう一人の客)に買われてしまったけど、こちらはゲットすることが出来ました。
a0208783_7121954.jpg
菫を立体的な金属とエナメル彩色で表現した、アール・デコ時代のオーストリアで生産されていたらしいブローチは、今までも何度か目にして来ましたが、以外にもラインストーンとの組み合わせは初めて目にしました。微妙に楕円形状(もしかして単に正円形が歪んだ?)にラインストーンが並び、その中に菫の花が三輪並んでいます。
a0208783_7124096.jpg
ラインストーンを、菫の花に合わせて淡い紫色のみにしたところが、何とも愛らしいと思います。ちょっと大きさ的には使い辛そうですが、全体的に古い時代ならではの奥ゆかしさや可憐さが漂う、眺めてウットリ嬉しいブローチです。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-25 15:32 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(179)
(155)
(132)
(125)
(120)
(116)
(108)
(78)
(78)
(71)
(71)
(63)
(63)
(62)
(60)
(59)
(58)
(52)
(47)
(46)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ビンテージ・スカーフの人形用..
at 2018-02-23 15:30
タラちゃんのグラニー・ブラン..
at 2018-02-22 15:22
雨の城下町ロチェスター
at 2018-02-21 15:29
フリンジ付き紫系ラインストー..
at 2018-02-20 15:27
黄緑ギンガムとオレンジの花柄..
at 2018-02-19 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25
Tallulahさん、こ..
by piyoyonyon at 19:21
職場でアメリカ製のチョコ..
by mintmint36 at 05:34
ぴよよんさん こんにちは..
by mintmint36 at 05:21
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 16:49
aquaさん、こんにちは..
by piyoyonyon at 18:50
ぴよよんさん、こんばんは..
by aqua at 18:22

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。