人気ブログランキング |

タグ:こけし ( 12 ) タグの人気記事

仙台味噌のインスタント味噌汁

a0208783_452531.jpg
これも、お友達のIちゃんから貰ったクリスマス・プレゼントに、含まれていた物です。Iちゃんはパケ買いしたと言っていましたが、こりゃー私もきっとパケ買いするわなと思いました。
a0208783_4523442.jpg
だって、こんなにめんこいこけしちゃんが描かれているのですから。「味噌元」と言う、日本中の味噌を扱う味噌汁専門店の、「日本みそ蔵めぐり」と言うシリーズのインスタント味噌汁です。これは仙台味噌使用なので、パッケージのイラストが宮城県のシンボルこけしな訳です。版画のようなタッチの、可愛いセンスの良いイラストです。こけしの背景は、松島の五大堂になっています。
a0208783_452574.jpg
パッケージの台紙の中面は、仙台味噌、そしてその歴史についての説明書きになっています。実は私、こう言うト書きを読むのが異様に好き(笑)。「大豆のうまさとこうじの甘さを融合させ熟成させた」と書いてあり、具は油揚げときのこと言う事で、考えただけでもお腹がぐ~となります。
中には、味噌汁二食分が入っています。仙台味噌の特徴は、赤味噌の辛口タイプ。丁寧に出汁を取って、旬の材料で作った味噌汁も勿論美味しいのですが、時折インスタントの味噌汁が無性に食べたくなります。昔に比べると、随分進化して美味しくなりました。
イギリスと違って、日本には可愛い商品、魅力的な商品、美味しい商品のバラエティが大変豊富ですが、だからと言って、プレゼントを選ぶのが簡単って訳では決してないのですよね。沢山あるが故に、選ぶのには時間も労力も掛かり、また一苦労だと思います。皆、数多くの商品の中から、毎回好みに合う物を吟味して選んでくれた事自体に、つくづく感謝します。
  
 




by piyoyonyon | 2019-02-11 15:33 | 飲み物・食べ物

こけし柄プリント生地のがま口

a0208783_143365.jpg
またしてもこれも、お友達のキチ吉ちゃんからのクリスマス・プレゼントです(…キチ吉祭りだ!)。こけし柄のプリント・コットン生地の、古美金色の口金が付いたがま口。サイズは、掌に乗る、丁度小銭入れにぴったりの大きさです。大好きなこけしモチーフだし、何気にこけしが立体的に描かれていて、尚且つ黒地なのが素敵だと思いました。中地は、小豆色地の麻の葉柄になってます。
a0208783_1432763.jpg
口金に根付を通す為のループの付いている所が、さすが日本仕様です。こけし同士って事で、ハロー・キティの東北限定版のこけし型根付を付けてみました。
 




by piyoyonyon | 2019-01-06 15:31 | バッグ・靴・帽子

レトロなこけし型入れ物

a0208783_204752.jpg
昨年のキチ吉ちゃんからのクリスマス・プレゼントの中に、こんなプラスティック製のこけしが入っていました。ピンク色のモールの小鳥ちゃんもキチ吉ちゃんからのプレゼントで、こけしの中に入って送られて来ました。どちらもどう見てもかなり古く、キッチュなレトロ具合が私の好みにどんぴしゃ。こけしの中に入れたプラ・ビーズは、雰囲気を出す為に私が勝手に入れた物です。
a0208783_211355.jpg
こんな風に開きます。キッチュに見えて、昔の日本の製品なので、造りは相当しっかりしています。もしかして頭部も外れるのかと思いましたが、そんなシュールな事にはならなかった…(笑)。
a0208783_213844.jpg
こんなにシンプルなのに、浮世絵にも共通するような和顔で、ちゃんとこけしに見えて、尚且つ可愛いのが中々凄いデザイン性だと思います。キチ吉ちゃんの話では、意外にも?高価だったそうです。同じく可愛いと思う人は結構多いだろうし、貴重な日本の昔の庶民の文化遺産だもんね。
a0208783_22598.jpg
元々中に何を入れる為の容器なのかは、キチ吉ちゃんが購入したお店の人も知らないそうです。でも私は、金平糖や金太郎飴等のカラフルなお菓子が詰められて、昭和30~50年代辺りに、土産物屋なんかで売られていたのでは?と思っています。イギリスでは金平糖&きんたろ飴ちゃんは手に入らないので、とりあえずカドバリーのジャンク・チョコ(P太が会社のXmas会で貰って来たw)を入れてみました。これからは、直射日光の当たらない場所に、大事に飾ろうと思います。
  




by piyoyonyon | 2019-01-03 15:20 | 箱・缶・入れ物

こけし柄ミニ・マット

a0208783_4285349.jpg
三春町で毎月第三金・土曜日に開催される手作り市「ちょっくら市」で、これを買いました。「ちょっくら市」の内部の様子は、町の観光局のサイトで詳しく見る事が出来ます。三春には陶芸家が多いそうで、その為か陶器が割と多く出ています。他に、特製コーヒー豆も販売されています。お値段はとても良心的。
a0208783_429222.jpg
プリント生地のこけし部分を切り取り、アップリケ+軽くキルティングしてあるミニ・マットです。地は、会津木綿だと思います。用途はコースターだと思うのですが、正方形ではなく、わざわざ布を縫い足して長方形にしてあります。一体その意図は?? もしかしたら、飲み物の容器を置いた時に、こけし部分に掛かって隠してしまわない為にかも知れません。もっともコースター以外にも、ちょっとした敷物として色々利用出来そうです。
 



by piyoyonyon | 2018-04-08 15:20 | ファブリック

太っちょこけしポーチ

a0208783_813728.jpg
これもキチ吉ちゃんから、昨年の誕生日プレゼントとして貰ったものです。毎度ながら可愛い物を沢山貰いましたが、その中でもこれは特にインパクトが強かった逸品。一体何故この形のポーチで、こけしを表そうと考えたのか疑問。この三角おむすびのような形なら、マトリョーシカのほうが絶対近道なのに…。でも、ちゃんとこけしに見えるし、ちゃんと可愛いところにも感心します。
a0208783_815898.jpg
裏面は、こんな和風柄の布。
a0208783_821965.jpg
図案は機械刺繍。ちりめん製で、薄く中綿の入った、ふんわり優しい手触りのポーチです。
 




by piyoyonyon | 2018-01-04 15:28 | バッグ・靴・帽子

こけしの栓抜き

a0208783_0255140.jpg
お正月だから和小物を!と思ったのですが、しばらく帰国もしていないから手持ちがなく、言ってしまえばネタ切れで、どちらかと言うと単に「こけし物」になってしまいました(笑)。このこけし型の栓抜きは、イギリスのフリマで買った物で、日本なら割と平凡な場所不特定の土産物だと思います。値段は、最初は売り主の女性(おばーちゃん)から、「それは珍しいから1ポンド」と言われましたが、50ペンスに値切りました。脇で売り主の息子らしき男性が、「そんな変なガラクタ、10ペンスで良いよ!」と口出ししましたが、女性は「駄目よ。これは珍しいのよ」と突っぱね、それなりに気に入っていたようです。日本人にしてみれば、全く珍しくはないんですけど、一応総手作りなのは確かで、今はこんなお土産も減って来ているかも知れません。
a0208783_0262817.jpg
まあ、いわゆる「ヘン抜き」の類で、ちょっと寂れた温泉街とかで売っていそうな、何処となく哀愁漂うお土産ですよね…。こけしの頭に栓抜きがにょきっと生えて、こけし自身も嬉しくなさそうな顔をしています。三ツ矢サイダーや、果汁30%位の安っぽい清涼飲料水が似合いそうです。
  




by piyoyonyon | 2017-01-07 15:23 | テーブル&キッチンウェア

こけしのミニ革手帳のペンダント

a0208783_173343.jpg
こちらは、昨年お友達のキチ吉ちゃんから貰ったプレゼントです。多分作家さんもので、一辺3cm程度の小さな革製の手帳の表紙に、可愛いこけしのイラストが付いています。更に手帳には革紐が付いて、紐を伸ばすとペンダントになる仕様です。
a0208783_182450.jpg
小さなハトメまで打ってあって、非常に丁寧に手作りされている上、イラストもどう見ても手描き。手帳の中身は、勿論紙の頁が装丁してあり、ちゃんと文字等を書き込める仕組みです(勿体なくて使えませんけど)。
a0208783_192877.jpg
裏面、タグにまで、サクランボの手描きのイラストが入っています。留め具、帯等何処を見ても抜かりなく、可愛いだけでなく美しい手仕事だと思いました。
 




by piyoyonyon | 2017-01-04 15:27 | アクセサリー

こけし柄の双六風呂敷

a0208783_0503746.jpg
お友達のMちゃんから昨年誕生日のプレゼントとして貰った、小型の風呂敷、または大判のハンカチです。大好きなこけし模様の上、スゴロクとして実際遊べる優れもの。風呂敷やハンカチがゲーム板になる発想は、ありそうで中々無かったと思いました。
a0208783_0511370.jpg
その上、パッケージ(帯)に記載してあるホーム・ページから、揃いのデザインの駒とサイコロがダウンロード&プリント出来る心配りようです。
a0208783_0513984.jpg
更に、こけしのイラストのしっかり可愛いところが素敵。「振り出しに戻る」等の残念な指示の場合、こけしちゃんもガッカリな顔をしています。また、地色が「弁柄色」ってところが、和らしさを盛り上げています。
a0208783_052118.jpg
実は双六としては、イギリスでは他に読める人がいない為(別に説明すれば良いだけですが)、まだ遊んでいません。そしてハンカチとしては、可愛い過ぎて勿体なくて使えません!
  




by piyoyonyon | 2017-01-02 15:31 | ファブリック

こけしがゾロゾロ

a0208783_4143565.jpg
下部の棒を除くと、身長3cmに満たない小さなこけしが、全部で12個もあります。どう見ても昔(多分1950年代位)の日本製ですが、買ったのはイギリスのフリーマーケットです。
a0208783_4151131.jpg
この子達は何かと言うと、装飾の付いた楊枝、イギリスでは「パーティー・ピック」と呼ばれるものです。男の子&女の子、各6本ずつあります。
a0208783_4154047.jpg
女の子達は、概ね寂しそうな顔をしています。絵付けは、どう見ても全て手描き。とは言え、お世辞にも巧みな工芸品とは呼べません。戦後の貧しい日本では、出来るだけ外貨を稼ぐ為に、こういう物を必死に大量に輸出していたようです。素人まで絵付けに駆り出されたので、稚拙な絵付けの製品も沢山見掛けます。
a0208783_4161168.jpg
男の子達は、更に惨めったらしい顔をしています。多分この元持ち主は、これらが遠い東洋の国の「こけし」と呼ばれる人形だと言うことは、全く知らずに使っていたものと思われます。しかし、フリマで買った時は、絵葉書を台紙に見立てて、丁寧に並べて差して包んであり、長年愛用されて来た様子が伺えました。
a0208783_416313.jpg
よく見ると、幾つには蝋のようなものが付着したままでした。全て脳天に穴が開いており、どうやらここに、バースデイ・ケーキ用の細いキャンドルを差して、ケーキの上に立てて使用していたようです。イギリスの派手で砂糖の塊のようなクソ不味いデコレーション・ケーキの上に、この不幸そうな顔付きのこけしがゾロリと並んだ光景を想像すると、何だか結構シュールだな…と思います。
 




by piyoyonyon | 2016-08-15 15:28 | テーブル&キッチンウェア

松本かつぢ風のこけしちゃん

a0208783_6202935.jpg
地元のチャリティショップで出会った、日本の創作こけしです。今ならイギリスのギフトショップでも、新品の日本の創作こけし、及びこけしモドキが売られていますが、チャリティショップの古物としても時々見掛けます。これは、30年代の温泉こけし程古いものではありませんが、それなりに年は経ているようです。一目見て、昭和の童画家、松本かつぢの「くるくるクルミちゃん」のようだと思い、見逃せなくなりました。
a0208783_6205835.jpg
この頼りなげな微笑を見ていると、思わず顔が緩みます。黄色とオレンジの鮮やかな着物柄も、中々可愛いと思います。首の繋ぎ目が折れて外れていたので、木工ボンドで接着しました。
  
by piyoyonyon | 2016-01-05 15:19 | おもちゃ・人形


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ

2019年3月1日より、こちらのブログ(手帖3冊目)で更新します。

手帳1冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(223)
(218)
(189)
(173)
(167)
(163)
(138)
(99)
(90)
(87)
(87)
(85)
(82)
(75)
(72)
(71)
(71)
(68)
(60)
(59)

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2019-02-28 15:33
サーモン・オレンジのエナメル..
at 2019-02-27 15:28
五角形のイエロー系ラインスト..
at 2019-02-26 15:30
競馬場でアンティーク・フェア
at 2019-02-25 15:22
ウラン・ガラスの矢車菊柄一輪挿し
at 2019-02-24 15:20

記事ランキング

検索

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル