タグ:イギリス ( 54 ) タグの人気記事

ルーシー・アットウェルのプリント・コットン布

a0208783_355018.jpg
地元のチャリティショップで、人気のイラストレーター、ルーシー・アットウェル(orアトウェル)の柄のプリント・コットン生地を買いました。1×1m位で2ポンドだから、チャリティショップとしては特に安くはない値段ですが、一般の手芸用品店で買う事を考えれば破格の安さです。
a0208783_355352.jpg
Marbel Lucie Attwell マーベル・ルーシー・アットウェルは、1879年にロンドンに生まれ、1964年にコーンウォールで亡くなりました。イラストレーターとして活躍したのは、1900年代から50~60年代で、当時から相当売れっ子だったようです。この布の柄にもあるように、ローズ・オニールのキューピーのような、ぷっくりほっぺのムッチリした子供や妖精(フェアリーと言うよりピクシー・タイプか)、ころころファンシーな小動物が特徴。初期の「不思議の国のアリス」や「ピーター・パン」の挿絵は、それらとは少し異なり、メランコリックな繊細さがあります。日本では、イギリス通以外の人には知られていないと思いますが、ルーシー・アットウェルは今でも本国では人気が高く、子供向けの絵本だけでなく、多くの種類があるポストカード、フィギュリン、チャールズ皇太子の幼少時代にも使用されたらしい子供向けの食器は、特に人気のアイテムです。
a0208783_3462498.jpg
私は特に彼女の絵が好きって訳ではないのですが、これは布としては十分可愛く、またドール服に活用出来る柄の細かさだと思いました。古い物ではなく、2003年のイギリスのメーカーのデザインで、プリントの精度も色合いも悪くありません。何より、ルーシー・アットウェルのイラストだと遠目にも認識出来ます。こんな商品がリプロされている事からも、人気の根強さが窺えます。この布でマダム・アレクサンダー人形の服なんか作ったら、きっと抜群に可愛いだろうと想像します。
a0208783_356163.jpg
ほぼ時代が被る「フラワー・フェアリー」のC.M.バーカーのイラストが、卓越したデッサン力と写実性で、いつの時代にも色褪せない魅力で人気が高いのに対し、アットウェルのイラストは、その時代らしい懐かしさと、イギリスでは珍しい素直な可愛らしさで、今でも愛され続けています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-19 15:30 | ファブリック | Comments(0)

スージー・クーパーの「グレン・ミスト」のケーキ・プレート

a0208783_328584.jpg
フリマで、スージー・クーパー×ウェッジウッドの、「グレン・ミスト」のお皿を買いました。お値段は3枚で1ポンド。直径は16cm位で、用途はお菓子等を食べる為のケーキ皿だと思います。
a0208783_3283651.jpg
買ったのは、この手の日本では普通のケーキ用サイズの小皿を、イギリスでは余り見掛けないからです。現在のイギリスのケーキ&デザート皿は、これよりもっと大きい直径20cm位が主流です。まあイギリスのケーキの一切れ(一食分)自体がデカイし、更にアイスクリームやクリームを盛るので、当然お皿も大きくなくちゃ困るんでしょうけど、お茶と一緒にビスケットを頂く時は、この程度の大きさで十分です。それと、この柄のポットを、既に持っていると言うのも買った理由です。
a0208783_3291718.jpg
もしかしたら、元はカップ&ソーサーとセットで、「トリオ」仕様だったのかも知れません。私にとってスージー・クーパーのデザインは、一目見て「わ~素敵! 好み!」って訳じゃないんですけど、そのデザイン性の高さから、後からじわじわと魅力が伝わって来る感じです。テーブルウェアのデザインは、使い易くて飽きが来ない、食べ物の映える事が一番重要だと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-16 15:26 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

バターカップ草原

a0208783_19362213.jpg
この季節、英国のあちこちで、小さな五弁の花びらが御椀型に並んだ、光沢のある黄色い花の雑草を見掛けます。ちょっと前までタンポポが占めていた、道路脇や住宅地の合間の草地も、今はこれが権勢を振るっています。また、少し田舎へ行くと、一面この花で覆われた牧草地を見掛けます。
a0208783_19364725.jpg
この黄色い花の正体は、イギリスの極一般的な雑草であり、代表的なメドウ・フラワー(牧草地の花)でもある「Buttercup バターカップ」です。日本ではウマノアシガタ(馬脚型)、またはミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)が一番近いようです。
a0208783_1937137.jpg
このナショナルトラストのナイマンズ庭園の東屋近くの草原は、スタンデンに比べると、バターカップ密度はそれ程ではないものの、庭に生える背の低いタイプと、背の高い牧草地型の、二種類のバターカップを見る事が出来ます。
a0208783_043764.jpg
黄色い花畑に白いオックスアイ・デイジーが混じると、可愛さが増します。
a0208783_1937373.jpg
これだけ繁殖力が強いのは、宿根草の上に匍匐(ランナー)性で増殖し、更に種でも簡単に増えるからのようです。つまり、タコアシのように横に伸びた蔓から発根して定着し、其処からまた蔓が伸びます。匍匐性な分、タンポポよりも手強いかも知れません。
a0208783_1938440.jpg
それ程何処でも普通に目にするバターカップですが、多くのキンポウゲ科の植物同様に毒草です。普段家畜はこの草を避けますが、草の少ない早春には、誤って食べて中毒を起こしてしまう事も。もし乳牛がこれを食べた場合、その乳にまで毒性が現れるそうです。また、ミツバチがこの花粉を集めた場合、それから生成された蜂蜜にも有毒物質が抽出されるそうです。その毒成分は、粘膜に影響する為、皮膚炎や胃腸炎や下痢嘔吐等を起こし、最悪の場合は死に至る事もあるとか。そんな危険物が、我が家の庭の至る所に勝手に生えて来るなんて、何て厄介な雑草なんだ!と思います。
a0208783_19411963.jpg
以前街で、このバターカップの花束を、二歳以下の乳幼児に持たせている親を見掛け、思わず御節介オバチャンになって注意しようかと焦った程でした。余りに御馴染みの在り来たりな雑草なので、毒だと認識している人は、イギリス人でも少ないんでしょうかね…。
a0208783_19402069.jpg
ともあれ、バターカップの草原は、イギリスの原風景の一つなのは確かだと思います。




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-16 15:34 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

ダーティントン・クリスタルの八角形の花瓶

a0208783_594760.jpg
フリマの「一つ何でも20ペンス」のダンボール箱の中に突っ込まれていたのを、掘り出して見付けて買いました。イングランド製と書いてあるけど北欧デザインっぽく、品質も良さそうで、尚且つ花を生け易そうな花瓶だと思ったからです。そんな投げ遣りな状態で売られていた割にはコンディションは良く、カケもヒビも無くて、指で弾くとキーンと良い音がします。
a0208783_511276.jpg
上から見ると下半分が八角形をしており、その側面にそれぞれ長方形の枠、そしてその中心に丸いポッチがエンボスされています。全体的にどっしりと安定感のあるフォルムで、不均一にボコボコした凹凸が加工され、60年代後半から70年代前半のアート・ガラスらしい特徴が表れています。
a0208783_5114946.jpg
家に帰って、ラベルに記された「Dartington ダーティントン」と言う名前を調べたら、現在イギリスに残る数少ないクリスタル・ガラス・メーカーだと知りました。ダーティントン・クリスタルは、デヴォン州の地域活性の為、ダーティントン・ホール・トラストと言う慈善団体の後押しで、わざわざスウェーデンからガラス職人を招き、1967年に創業されました。
a0208783_512178.jpg
この八角形の花瓶は、創業開始間もない1969年の製造で、通称「For night-workers」や「panel and spot(多分側面の模様の為)」と呼ばれ、実は花瓶ではなくキャンドル・ホルダーだそうです。デザイナーは、Frank Thrower フランク・スローワー。この無色透明の「クリア」の他に、グレイ掛かった「ミッドナイト」、ターコイズ色の「キングフィッシャー」、赤い「フレーム(火炎)」が、色違いとして存在したようです。
a0208783_17551645.jpg
狙った通り、花弁が大きい割に茎が細くて短い、イングリッシュ・ローズのような花を生けるのに、安定が良くて便利です。ただしデザイン的には、今一バラには似合わないような…(苦笑)。
a0208783_4222822.jpg
フランク・スローワーは、ダーティントンの他にも、ウェッジウッドやポートメリオンのガラス器部門で、数多くのデザインを手掛けました。実際に、北欧デザインから影響を受けていたと言われています。彼の作品には、確かにビンテージのイッタラに負けない魅力的なデザインが目白押しで、正直この時代のイギリスのガラス器にも、こんなにスタイリッシュで自分の好みに合う物があったのかと、ちょっと目からウロコでした。今後は(フリマでですが)、積極的にチェックしたいと思います。彼のデザインの中で、アボカドを正に真っ二つに切ったような形のボウルなら、インパクトの強さから、何度か見掛けた事があるのを憶えています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-04 15:32 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

プールの手描きの花模様ピン・トレイ 2

a0208783_17195138.jpg
天気が良くて非常に混んでいた日のフリマで、以前手に入れたPoole Pottery プール・ポッタリーの花柄のピン・トレイと同じアイテムを、20ペンスで購入出来ました。
a0208783_4203197.jpg
同じアイテムとは言え、手描きなので、図案は一つ一つ微妙に異なります。今回のは、花がパラパラと離れ気味で、まるで1960年代の抽象画みたいに少し見えます。色味的には、濃いピンクやモーヴが目立ち、一層甘く柔らかい印象です。
a0208783_4205693.jpg
人気のコレクタブルズで、義母も大好きな、プールの手描きの花模様シリーズ。この長方形っぽいピン・トレイは、小ぶりの割に絵柄の面積が大きく取られ、伸び伸びとストロークが生きて描かれていて、このシリーズの中でも、特にデザインの魅力が発揮されているアイテムだと思います。




[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-03 15:25 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

イングリッシュ・ガーデン柄のワンピース

a0208783_4494962.jpg
この中々個性的な柄の布は、フリマで手に入れた端切れです。布の耳が残っていて、そこにプリントされた文字に寄ると、イギリス製なのが分かりました。
a0208783_4541344.jpg
確かに、イングリッシュ・ガーデンの代表的な花々がズラリと並んで描かれており、柄自体はイギリスならではですが、イギリス製のパッチワーク用の薄地プリント・コットンそのものが、今や割と珍しいんじゃないかと思います。イングリッシュ・ガーデン柄は、刺繍の図案等としては昔から愛されているモチーフですが、布地のプリントしては、意外に在りそうでないかも知れません。
a0208783_4454485.jpg
描かれた花は、チューリップ、パンジー、プリムローズ、ルピナス、レッド・ホット・ポーカー (トリトマ)、オリエンタル・ポピー、マーガレット、ガーベラ…らしき物が認識出来ます。良く見ると、これは斜面を利用し石を積み上げた、テラス式ボーダー花壇柄に植えられているのが分かります。咲いている花からして、季節は春から初夏であることが伺えます。
a0208783_4415723.jpg
しかしイングリッシュ・ガーデンと聞くと、もっとふんわり優しい色彩を思い浮かべる日本人は多いのではないかと思いますが、この生地の場合、赤と黄色とオレンジが主体で、更にオレンジ色の蝶(「ピーコック」とか「アドミラル」と言うイギリスで人気の蝶らしい)が舞い、かなり毒々しい色合いです。実際この季節の典型的なイングリッシュ・ガーデンは、基本的にこんなドギツイ色合いではありません。これでは、どちらかと言うと熱帯雨林のような色彩…。しかし、パンチがある柄と言えばその通りで、momoko DOLLなら着こなせるのではないかと思いました。
a0208783_4443583.jpg
生地の大きさ+柄の方向的に、またしてもこんなシンプルなAラインのワンピースにするしかありませんでした。ほとんど刺繍のワンピースと同じフォルム&パターンですが、袖に膨らみを持たせた点が唯一異なります。
a0208783_4445748.jpg
絵柄のクドさを多少緩和させる為、袖と裾にはモス・グリーン地の水玉生地を組み合わせています。最初は裾にはギャザーを寄せてフリルにする予定でしたが、実際合わせて見て、うわ~…凄く80年代っぽい!と思い、急遽単なる切り替えに変更しました。そうか、このくどい色合いって80年代風なのかも、と初めて気付きました。頭にバブシュカを被せたり、くしゅくしゅソックスとストラップ靴を合わせたりで、脱80年代バブリー臭を一応色々図っています(笑)。
a0208783_4464358.jpg
後ろ姿も、この通り派手!
a0208783_5365477.jpg
実際こんな格好でイギリスの庭園を訪れたら、やはりまだまだ結構目立つとは思います。
 


・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-13 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ポーセリン人形のヘレンちゃん

a0208783_5133642.jpg
昨年の誕生日に、義母から貰ったプレゼントのポーセリン製の人形です。身長40cm位で(最早ディスプレイ・ケースに入らん…)、重量もずっしり有ります。ただし、磁器製なのは頭と手足の先のみで、ボディは綿の詰まった布製。だから、ポーズは取れません。多分中国製だと思いますが、ガラスの眼球が入って、一応造りは本格的です。外箱には、「HELEN ヘレン」と書いてありました。
a0208783_5141460.jpg
大きく膨らんだパフ・スリーブの小花柄ブラウスに、モス・グリーン色のリネンの胴衣、たっぷり広がったスカートには大きなエプロンで、言わばディアンドル風の衣装を着ています。服は着脱可能。また、胴衣と共布の大きなポシェットを下げています。揃いの花型ボタンが、何気に可愛いアクセントに。麦わら帽子には、ブラウスと共布のリボンが付いています。全体的にシックな色合いにまとめられた、中々品の良い服装で気に入っています。
a0208783_5144049.jpg
スカートの下は、ドロワーズとタイツ。編み上げのブーツは、紐が解けているのに今気付きました(笑)。金属性のスタンドも、元々付属していました。
a0208783_5151352.jpg
大変バタ臭い顔をしていますが、この手の人形としては、かなり可愛いほうです。睫は植毛で大変長く、唇が厚くてグロスがぎらぎらしています。瞳の色は、胴衣に近いグリーン。
a0208783_51539100.jpg
従来のソフビのファッション・ドールは、手足が小さく腕が短めに作られている事が多いのですが、この人形の場合、ちょっと手がデカ過ぎ&腕が長過ぎる位ですね…。
a0208783_516920.jpg
今や日本は大人のドール趣味の中心地だと思いますが、イギリスにも昔から細々と大人のドール趣味が存在するのです。ただし、ソフトビニールや樹脂製のティーンネイジャー・ドールではなく、こんな幼児型のポーセリン人形です。つまり、これは子供用の玩具ではありません。この手の人形は、チャリティショップやフリマでもしょっちゅう中古品を見掛けます。一度集めたものの熱が冷めたか、収集者が亡くなったかで手放すのだと思いますが、買う人もまた結構居ます。恐らく、愛好者は中高年の女性が中心だと思います。遊び回した訳ではないので、中古品でも状態は大抵綺麗です。今までピンと来る物に出会った事がなく、買った事はありませんでしたが(スイスの民族衣装人形以外)、手作り服を着せたり自分好みにカスタムすると、案外面白いかも知れません。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-10 15:23 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

イギリスの学校女児制服

日本の姪っこは今9歳ですが、イギリスの姪とは反対に年齢よりも背がずっと高く、10歳平均以上の体格があります。イギリスの市販の女児服は、10歳用を超えると、途端に親(日本に限れば)が眉を潜めるようなハスッパな、可愛くないデザインばかりになるので、姉とも相談して、もう私は姪にはイギリスから服は贈らない事にしていました。一度、姉が姪に買って贈ったのと同じH&Mの服を、私も選びそうになったニアミス事件も発覚したからです。しかしこのイギリスの学校制服は、この国独自のアイテムで素直に可愛いし、姪が成長する前に是非着て貰いたいと思い贈りました。実は、姪が4歳位の時にも、一度こんな制服を送っているのですが、その時は何が何でもピンク色に夢中だった為、水色のギンガム・チェックは余り気に入らなかったようです。
a0208783_239204.jpg
学校制服…なんですけど、学校指定ではなく全国共通で、デパートやスーパーなんかで誰でも手頃な値段で買える服です。つまりイギリスの公立小学校(インファント・スクールやミドル・スクール)辺りの学校制服とは、幾つかのエンブレム付き等の学校指定のアイテムや決まり事を除くと、後は自由に選べ、ある程度きちんとした制服らしささえあればOKなようです。この典型的な夏服のギンガム・チェック・タイプでは、ワンピースもあればツーピースもあり、襟だけ白いポロシャツ・タイプもありで、デザインは実に様々です。色のバリエーションも、紺色の他に、水色、赤、緑、黄色、ピンク等が用意され、テーマ・カラーだけは地域の学校毎に決められているようです。
a0208783_2394138.jpg
このワンピースは、学校制服の基本に則りながらも、ボタンがハート型だったり、リボンや白いピコ・レースが付いていたりと、女の子の喜びそうな要素が沢山盛り込まれています。更に、御揃いのシュシュまで付属しています。丈夫で動き易く、勿論家庭で簡単に洗濯が出来、アイロン掛けが不要なのもポイント高し。値段が安いので、子供の成長に合わせて毎年買い換えることが出来ます。何だか日本のバカ高くて固苦しい学校制服とは、考え方からしてまるで違います。クリスマス・プレゼントとして贈ったのに、9月のイギリスの新学期向けに販売されていたのを買い置きしていたので、半袖夏服です。夏までには、姪は11歳位の体格になるでしょうから、12~13歳用を選びました。日本なら、大抵の成人女性でも着れそうなサイズです。実際私も、昔はイギリスの学校女児制服の150cm用を、喜んで仕事にまで着て行ったりしていました(笑)。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-17 15:25 | ファッション・コスメ | Comments(2)

本当に怖いイギリスの手術 後編

a0208783_20471165.jpg
大病院での腹部のアテローマ(粉瘤腫)の手術を受けた週明け、パッドを交換して傷口を消毒しなければならないだろうからと、近所のGP(家庭医)に予約を入れると、すぐに予約が取れました。医者に「具合はどう?」と聞かれたので、「悪くないです」と答えると、「そう、良かったわね。もう帰って良いわよ」と言われました。その間、凡そ1分。えええ? 術痕を診察さえしないんですか? パッド交換しないんですか?と聞くと、その黒人の若い女医さんは、「だって、病院から何も報告が来ていないのよ~」と言い訳にならない言い訳をしました。私は余程不安な顔をしていたらしく(あったりめえだ)、女医さんは「そんな顔しないで! 大丈夫よ。一週間経ったらパッドを外して良いわ。その後はシャワーも普通に浴びられるわよ」と言いました。
a0208783_20475155.jpg
それから更に三日位経って、手術を受けた病院から電話が掛かって来て、手術後の注意点の説明や、GPに行くように指示されましたが、何を今更と言う感じで呆れました。しかし術後は順調なようで、2日目位から既に鎮痛剤さえ要らなくなりました。きっと顔のアテローマの手術を受けた時のように、傷口も極力小さく、抜糸も必要ないように手術したのかも知れない、と感じました。その期間の入浴は、髪だけは朝シャンのように別途に服を着たままで洗い、その他は下半身浴で、パッドは濡らさないようラップで覆い、上半身は濡れタオルで拭いて過ごしていました。
a0208783_20482456.jpg
いよいよ手術から一週間が経って、ちゃんとお風呂に入れる~と思いパッドを外した時、私は自分の手術痕を見て、まず目を疑い、二度見して卒倒しそうになりました。しゅ、手術口が、糸で縫ってあるどころか、……腹に直径5cm位の穴が開いたまま。其処には只綿が大量に詰まっていて、血でドス黒くなっています。血はパカパカに乾いて固まり、綿は傷口にへばり付いている為、綿を外せそうにもありません。いや、外せる訳がない。外したら最後、未だ再生し切っていない皮膚を剥がして、大激痛&大流血を起こすのに決まっています。その時は夜の11時近くでしたが、私がP太に手術痕を見せて説明すると、彼は青褪めて、ただちに私を緊急病院に連れて行く事にしました。
a0208783_204953100.jpg
私の地元の病院には、救急車を受け入れる緊急病棟は今は廃止され在りませんが、患者が自ら駆け込めば24時間診て貰える「ウォークイン・センター(緊急外来治療院)」なら在ります。ただしウォークイン・センターは、患者が自力で来られる位なら、十分元気な証拠だと勝手に受け取り、診察を断る場合もあるそうです(おいっ)。GPの時間外、土日、または1~2週間待ちの予約なんて待ってられない人が、このウォークイン・センターに集まる訳ですが、その代わり何時間も待つのは必須。特に年末の家庭医が閉まっているこの時期は、貼り紙には平均6時間待ちと書かれていました。また壁には、「病院スタッフを大切にして下さい。我々は貴方を助ける為にここに居るのです」との貼り紙も在りました。長時間待つ事にブチ切れて、暴力を振う患者(またはその付き添いの家族)が後を絶たないからです。その為か、病院受け付けの窓口は、銀行以上に厳しく透明板で塞がれ、僅かに開いた隙間からスタッフと会話するのは、中々聞き取れなくて骨が折れました。
a0208783_20502532.jpg
しかし今回の私の場合、誰よりも緊急を要すると判断され(トホホ…)、長い順番待ちを飛び越えて、真っ先に診察して貰えました。看護師さんは、私の患部を見るや否や途方に暮れ、即座に医師を呼びに行きました。看護師さんもお医者さんも、未だイギリスに来て年月の浅いインド人のようで、クセの強い英語を聞き取るのは、ネイティブのP太でも一苦労でした。案の定、直径5cmの傷痕の中の綿は、大量の血液と膿を吸って乾き切って張り付いていたので、潤わせる為に穴の中に大量の水が注ぎ込まれました。綿が湿って柔らかくなったところで、看護師さんは黒ずんだ綿をピンセットで少しずつ取り出しました。綿は紐状でギッチギッチに穴に詰め込まれてあり、看護師さんが引き出しても引き出しても、まだまだ驚く程大量に出て来ます。その様子は、夫には腹から腸を引き出しているスプラッタな光景にしか見えなかったそうです。
a0208783_20564387.jpg
綿を抜き切った後の腹の穴は、見たら最後気絶しそうで、自分では確認する気には全くなりませんでしたが、P太の話では、ゴルフ・ボール位の大きさが開いていたそうです。そんなデカイ穴が腹に開いたままでも、人間が大して痛みも感じず生きていられることと、それでも内臓に到達しない自分の皮下脂肪の厚さに、妙に感心しました。この汚い状態の綿を一週間取り替えずに詰め込んだままなんて、明らかにとんでもない事で、悪化しなかったのが奇跡的だと医者に言われました(そーでしょうとも)。その日、病院から戻ったのは、夜中の2時過ぎ。後日イギリスの家族にこの事を報告したら、心底心配してくれて、その手術した病院やGPを裁判で訴えるべきじゃないかと言われ、返って事の深刻さに益々凹みました。とにかく、やっと綿もバッドも無事交換して貰え、その後は地元病院に、事前予約さえすれば2日毎にパッド交換の為に通えるようになりました。
a0208783_20514358.jpg
地元病院は、徒歩で往復するにはちょっときつい距離だったので、いつもP太の出勤前の朝一番の時間帯に予約し、車で連れて行って貰いました。最初に担当してくれた看護師さんが、とても真っ当な誠意の有る人で、一貫して同じ看護師が手当てして経過を確認した方が良いからと、出来るだけ彼女の割り当て時間を予約するように手配してくれました。傷の治りが遅い時には、手当て法を工夫して変えたりと、最後まで責任を持って診てくれました。最後の最後に、やっとプロ意識を持つ医療従事者に出会えて、本当に心底ホッとしました。しかしその治療室にも、「看護師を大切に。暴力は犯罪です。警察に即通報します」みたいな張り紙が(涙)。一体患者の暴力が、どれだけこの国では日常茶飯事なのか…。結局、膿が出切って傷が塞がり、通院しなくて済むようになったのは、地元病院への駆け込みから2ヵ月以上経ってからでした。患部に絆創膏だけ貼って、普通に風呂に入れるようになったのも、ようやくその頃からです。
a0208783_2052065.jpg
傷は一応塞がったものの、痕はボコボコと盛り上がり青黒くくすみ、大変醜い状態で残りました。もし嫁入り前だったら、もう嫁に行けないレベル。ドキュメンタリー番組で見た、浮浪者の腹のナイフの刺し傷が、これにそっくりでした。本来のヘソの横に、もう一つ非常に不恰好なヘソが出来たようにも見えます。帰国の際、温泉で母にこの傷痕を見せたら泣いていました。術後一年以上経過した最近、改めて手術痕を確認すると、一部が臭いカサブタで塞がっているのを発見。恐ろしい事に、未だ膿が出続けているんですね…(汗)。イギリスで最初に受けた手術が、単に奇跡的に大変良かっただけで、どうも周りの話を聞くと、これがイギリスの医療では平均だそうです。もしこのアテローマが再び腫れても、もう二度とイギリスで医者には掛かりたくありません。少なくとも、あの女医さんだけは勘弁。―――それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-31 15:12 | イギリス生活・文化 | Comments(2)

本当に怖いイギリスの手術 中編

a0208783_20313556.jpg
病院で受けるはずだった手術が受けられなかった為、仕方ないので、翌日またもやP太が有給を取ってくれて(日本よりずっと簡単に取れるのがせめてもです)、再び病院へ朝8時から手術の為に行きました。9時位に、また別な医者から呼び出され、また同じ質問を受けました。最初は、誤診や患者の取り違えを防ぐ為に、再三確認しているのかとも思いましたが、何故この21世紀にもなる何でもデータ化の時代に、しかも先進国で、一度言った事を単に記録して他にも伝達すると言う、基本的な仕組みが全く無いのでしょうか?? しかし今回は、医者から「貴女のは命の別状に関わる手術ではないから、救急医療の空き時間がない限り手術出来ない。もし今日の5時までに手術が出来なかったら、諦めて帰ってくれ」と告げれました。折りしも12月で、更に金曜日で、風邪やインフルの他にも、クリスマスで飲んで暴れて怪我する連中が急増し、緊急医療の一番忙しい時期です。
a0208783_20341827.jpg
またしても待合室の椅子で、本当に受けられるかどうか分からない手術を、只延々と待たねばなりませんでした。待合室のテレビは、ずっとニュース・チャンネルを放送していましたが、暗いロクでもないニュースばかりで益々気が滅入りました。もし今日が駄目だったら、さすがにP太はもう今月は有給が取れないでしょう。待っても待っても手術が始まる様子は一向になく、待つ事に体力も精神も無駄に消耗し、さすがにもう諦め掛けていた午後4時頃、やっと手術に呼ばれました。
a0208783_2032149.jpg
待機室で手術着に着替え、それまで着ていた服をP太に預けて別れました。その後手術室に運ばれ、点滴に麻酔が打たれると、前回日本で受けた全身麻酔では、まるでシャッターが下りたように突如意識が無くなりましたが、今回は眠るように徐々に意識が遠のいて行くのを感じました。
a0208783_20305066.jpg
患部の痛みで目が覚めた時には、総合軽度集中治療室のような場所に移されていました。麻酔で意識が無くなって以来、未だ20分位しか経過していないように感じたので、看護師さんに「あのー…、手術は終わったんでしょうか?」などと間抜けな質問をしました。寝たままで病室の壁の時計が見えて、実は1時間近く経過していました。手術痕に触れてみると、分厚いパッドが貼られていて、少なくとも出来物は無くなっているようです。痛みを訴えると、看護師さんは鎮痛剤を追加してくれました。隣のベッドの患者は、夕食の選択を尋ねられていて、「フィッシュ&チップス」「ソーセージ&マッシュ・ポテト」「ステーキ・パイ」だの「トリクル(糖蜜)ケーキ」だの、イギリスは病院食でさえ重くて不健康そうだなあ…と、思いながら聞いていました。
a0208783_20333321.jpg
しばらくして、ベッドに寝たまま他の病室に移動させられました。ダダッ広い病院内の廊下を、随分グルグルと引き廻させられたように感じました。連れて行かれた場所は、回復待機室のような部屋でした。意識ははっきりしているけど、起き上がるには未だ早いような患者さんのベッドが並んでいます。その病室の看護師さんの多くは、中国人やアジア系でした。其処でベッドに寝たまま1、2時間過ごしましたが、待てど暮らせどP太が現れません。その内、自力でトイレに行けるまで回復しましたが、P太が来ないので着替える服がなく、当然帰れません。「あのぅ、私の夫は何処に居るんでしょうか?」と看護師に尋ねても、誰も分からず。(その間またしても紅茶が出て来た) 
a0208783_20414977.jpg
3時間程経過して、やっとP太が、疲れ切った顔で病室にやって来ました。私の手術はとっくに終わっている時間なのに、一向に連絡もなければ、スタッフの誰に聞いても私の所在が分からず、つまり患者が行方不明で、広大な病院中を彷徨って尋ね回ったそうです。開いた口が塞がらないズサンさ。結局執刀医から術後の説明なんてまるでなく、看護師から説明のプリントを渡されたのみでした。それに寄ると、どう読んでも、アテローマの袋自体は摘出せず、膿だけ出したようです。では一体、何の為に全身麻酔…?? 一応痛み止めを一箱貰って帰宅しましたが、家に帰って箱を空けたら、ほぼの状態でした。幸いなことに、普通の市販の鎮痛剤でも十分効きましたけど。
a0208783_2035587.jpg
NHS(イギリスの国民健康保険)は火の車状態で、スタッフも不足し、仕事は非常にキツくて大変なのは分かるけど、それ以上に無秩序・無整理・非効率的で、非常に無駄が多いと分かりました。特にこの病院は、さすがにワースト一位に輝いただけのことはあります。後から知った事には、この昨年の12月は、イギリスでは風邪の流行に伴い記録的な患者数の多さで、多くの患者が治療を受けられずに見捨てられたそうです。少なくとも、私は手術が受けられただけでもラッキーだったし、お陰で出来物はなくなりました…と思いきや、実はこれは未だ苦難の序章に過ぎなかったのです。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-30 15:24 | イギリス生活・文化 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(190)
(176)
(144)
(139)
(138)
(137)
(117)
(85)
(83)
(79)
(76)
(71)
(70)
(68)
(66)
(65)
(61)
(60)
(54)
(54)

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ルーシー・アットウェルのプリ..
at 2018-07-19 15:30
ペースト・ガラスの花型ネックレス
at 2018-07-18 15:26
ミニチュアのビニールのバスケット
at 2018-07-17 15:30
スージー・クーパーの「グレン..
at 2018-07-16 15:26
暑い日のお助けメニュー、蒸し鶏
at 2018-07-15 15:22

記事ランキング

検索

最新のコメント

加代子さん、イングリッシ..
by piyoyonyon at 17:39
一面の 薔薇 また 薔薇..
by 加代子 at 20:44
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:29
ぴよよんさん、お久しぶり..
by kagicho at 09:54
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:15
 ステキステキ! こん..
by はっち at 16:13
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:55
 あーこれ可愛いわー。リ..
by はっち at 21:10
Jin-channさん、..
by piyoyonyon at 18:56
ぴよよんさん こんにちは..
by Jin-chann at 11:08

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。