タグ:ハンドメイド ( 126 ) タグの人気記事

子供用三段切り替えワンピースの型紙

a0208783_221308.jpg
ノーリッジの最初に入ったアンティーク・モールで、この古い子供服の市販型紙(パターン)を買いました。パッケージの左端のイラストの女の子が、他人とは思えなったと言う、ただそれだけの理由です。もっとも値段はフリマ並みだったので、躊躇することもないと思いました。1978年の製品で、「Simplicity」はアメリカの大手型紙会社ですが、南アフリカ向けに発行されたと書いてあります。寸法は、メートル法とインチの両方で表示されています。
a0208783_2215949.jpg
左の女の子のイラストを、拡大してみました。目が青かったので、黒っぽい目に修正しています。しかも白目ナシ(笑)。当然このパターンを使って服を作るつもりはありませんが、昔の型紙のパッケージのスタイル画には、コレクションしたくなる素敵な物が沢山あります。それに、人形の服作りのインスピレーションにはなります。
a0208783_2222576.jpg
試しに、リカちゃん人形サイズで作ってみました。勿論この型紙を使用している訳ではないので、あくまで見よう見真似です。やはり素直に子供らしい服は、リカちゃんに似合うと思います。
a0208783_2225539.jpg
ハイ・ウェスト+三段切り替えスカートのワンピースで、適度にガーリー&ドレッシー、且つ動き易く(子供服には重要)着心地が良さそうな服です。型紙のイラストには、袖無し、パフ・スリーブの半袖、長袖の三種類のバリエーションが表示されており、どれも可愛く見えます。私は、半袖控え目パフにしてみました。また、生地の選択や装飾のアレンジで、結構雰囲気が変わるようです。
a0208783_2234660.jpg
私が使用した布地は、イギリスの薄手+小花の定番、ポリコットン。結構張りがあって、ギャザーを綺麗に寄せるには不向きのようです。人形用の小さな段切り替えスカートには、もっと細かくドレープの寄る、柳やガーゼみたいな極薄のクッタリ柔らかい生地のほうが良かったと思います。
a0208783_224669.jpg
中途半端に古臭い柄のビンテージ生地で、最初は非常に地味かと心配しましたが、山吹色のサテン・リボンのトリミングのお陰で、思ったよりは割と華やかに仕上がりました。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-20 15:27 | 手芸用品 | Comments(2)

イングリッシュ・ガーデン柄のワンピース

a0208783_4494962.jpg
この中々個性的な柄の布は、フリマで手に入れた端切れです。布の耳が残っていて、そこにプリントされた文字に寄ると、イギリス製なのが分かりました。
a0208783_4541344.jpg
確かに、イングリッシュ・ガーデンの代表的な花々がズラリと並んで描かれており、柄自体はイギリスならではですが、イギリス製のパッチワーク用の薄地プリント・コットンそのものが、今や割と珍しいんじゃないかと思います。イングリッシュ・ガーデン柄は、刺繍の図案等としては昔から愛されているモチーフですが、布地のプリントしては、意外に在りそうでないかも知れません。
a0208783_4454485.jpg
描かれた花は、チューリップ、パンジー、プリムローズ、ルピナス、レッド・ホット・ポーカー (トリトマ)、オリエンタル・ポピー、マーガレット、ガーベラ…らしき物が認識出来ます。良く見ると、これは斜面を利用し石を積み上げた、テラス式ボーダー花壇柄に植えられているのが分かります。咲いている花からして、季節は春から初夏であることが伺えます。
a0208783_4415723.jpg
しかしイングリッシュ・ガーデンと聞くと、もっとふんわり優しい色彩を思い浮かべる日本人は多いのではないかと思いますが、この生地の場合、赤と黄色とオレンジが主体で、更にオレンジ色の蝶(「ピーコック」とか「アドミラル」と言うイギリスで人気の蝶らしい)が舞い、かなり毒々しい色合いです。実際この季節の典型的なイングリッシュ・ガーデンは、基本的にこんなドギツイ色合いではありません。これでは、どちらかと言うと熱帯雨林のような色彩…。しかし、パンチがある柄と言えばその通りで、momoko DOLLなら着こなせるのではないかと思いました。
a0208783_4443583.jpg
生地の大きさ+柄の方向的に、またしてもこんなシンプルなAラインのワンピースにするしかありませんでした。ほとんど刺繍のワンピースと同じフォルム&パターンですが、袖に膨らみを持たせた点が唯一異なります。
a0208783_4445748.jpg
絵柄のクドさを多少緩和させる為、袖と裾にはモス・グリーン地の水玉生地を組み合わせています。最初は裾にはギャザーを寄せてフリルにする予定でしたが、実際合わせて見て、うわ~…凄く80年代っぽい!と思い、急遽単なる切り替えに変更しました。そうか、このくどい色合いって80年代風なのかも、と初めて気付きました。頭にバブシュカを被せたり、くしゅくしゅソックスとストラップ靴を合わせたりで、脱80年代バブリー臭を一応色々図っています(笑)。
a0208783_4464358.jpg
後ろ姿も、この通り派手!
a0208783_5365477.jpg
実際こんな格好でイギリスの庭園を訪れたら、やはりまだまだ結構目立つとは思います。
 


・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-13 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リネン地の手作りブローチ 4種

a0208783_55073.jpg
友達にビンテージのレースの付け襟をプレゼントする際、前を留めるブローチが必要だと思い、急遽ブローチを拵えました。イースターのブローチもほぼ同じ方法で作りましたが、リネン地が土台なら、他にも結構色々応用出来るんじゃないかと思い立ち、挑戦してみました。
a0208783_5504139.jpg
まず、前回同様に、小さなヨーヨー・キルト(ちくちくヨーヨープレイトSS)を花に見立てて、別な友達への誕生日プレゼントに添える為に作りました。前回は地布がほとんど見えない位、ヨーヨー・キルトやビーズでビッシリ埋めましたが、今回は土台の直径を少し大きくして、もう少しリネン地が生きるようにしました。…と言う割には、レースやチロリアン・テープ、サテン・リボン、ビーズ等が盛り沢山過ぎて、やはり余りリネンの意味がなくなっちゃったかも、と反省。
a0208783_551361.jpg
次に、白いレースの花モチーフを中心に、色目を出来るだけ抑えてナチュラルっぽさを目指しました。構図のバランスなど反省点は色々ありますが、一番の失敗は、縁のレースを、本当は額縁みたいに広げて見せたかったのだけど、上手く行かなかった事。
a0208783_5513366.jpg
次に、フェルトで菫のアップリケを拵えました。結局何だか、どんどんシンプルになって行った…(笑)。フェルトと言う素朴な素材なので、子供っぽくならないよう気を付けてはいたのですが、やっぱり子供っぽく仕上がっちゃいました~。
a0208783_5515866.jpg
最後に作ったのが、この苺のフェルトのアップリケのブローチ。苺の上には、種の代わりに焦げ茶のビーズが鏤めてありますが、目立たないので黒で良かったかも。さすがに数々の失敗を教訓に、バランス的には一番納得の行く出来にはなりました。が、やっぱり大人っぽさとは程遠く、子供っぽさは否めません。そもそも、苺ってモチーフが子供っぽいし。要は根本的に私のセンスが、思い付くデザインもまとめ方も幼稚なのだと思います。
a0208783_552259.jpg
また、リネンはカメラでは色が白く飛び易く、私には撮影が難しいのも問題です。ともあれ、この仕様のブローチなら、まだまだ色んなアレンジのし甲斐がありそうなので、また何かデザインを思い付いたら作ってみたいと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-09 15:30 | アクセサリー | Comments(0)

手作りイースター・ブローチ

a0208783_21183290.jpg
イギリスの復活祭では、家族や親しい人達の間で、卵形のチョコレート等の小さなお菓子を交換するのが慣わしです。しかし私達夫婦は、義妹家族に上げる場合、姪が糖質依存症でチョコレートを見境なく食べてしまう為、わざと姪が好きじゃない食品か、余り甘くない手作り菓子(今年は抹茶カップケーキ)を贈る事にしています。その代わり、姪には小さな玩具や雑貨をプレゼントする事にしています。今年は、リラックマのポーチに、このブローチを入れて渡しました。
a0208783_21185550.jpg
最初はウサギかヒヨコのモチーフをアップリケしようかと考えていましたが、直前にヒヨコと花の木製ボタンをフリマで手に入れる事が出来ました。糸で留め付けるだけだと安定が悪いので、一応ボンドで布地に貼ってから縫い付けています。後は、家にある材料でテキトウに作っています。
a0208783_21191754.jpg
黄色、黄緑、オレンジ色がイースターのテーマ・カラーで、加えてピンクや水色等のパステル・カラーが良く使用されます。米英のハロウィーンは、半端なくグロくて禍々しく、見て嬉しい気持ちにはなれないけど、イースターのショップ・ディスプレイやグッズは、春の到来や生命の喜びを素直に表現していて、キリスト教でなくとも見て楽しく心が明るくなります。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-02 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

タンポポ野原

a0208783_4141215.jpg
タンポポは、「大量のふわふわの種で何処へでも飛んで行って簡単に増殖する」「宿根草で毎年咲く」「引っこ抜こうにも根が恐ろしく深い」事から、庭では最も厄介な雑草の一つです。しかし、実はタンポポの花自体は結構可愛いし、原野でタンポポが一面に咲く様子はやはり感動的です。タンポポはモチーフとしても可愛いので、リカちゃんの春のワンピース(ジャンパー・スカート)の裾に、タンポポの刺繍を入れてみました。
a0208783_4154372.jpg
布は、momoko DOLLのAラインのワンピースと同じ、義妹から貰ったダンガリーの端布。風合いが自然なのは勿論、何故か少しストレッチが利いていて、何より縫い易い刺繍し易い生地です。肩紐を共布でなくリネン・テープにしたのが、私なりのほんの少しの拘りです。
a0208783_4151992.jpg
ブルー地には、黄色い刺繍が映えるように思います。ギザギザの葉を、刺繍でどう表現しようか迷いました。タンポポの花だけでなく、所々に白い綿毛も入っています。
a0208783_4145249.jpg
胸当てにも、裾と同じ刺繍を入れようか考えましたが、最終的にはタンポポのコサージュにしました。刺繍が思いの他大人し目(ってか地味!)になってしまったので、ボリュームのあるコサージュのお陰で、ちょっとだけ全体的な着こなしが締まったように思います。
a0208783_416429.jpg
キリスト教国では、今日は「Good Friday 聖金曜日」と言う休日で、カレンダー上は今日からイースター休暇が始まります。それで、卵やヒヨコ、ウサギと並ぶイースターの代表的なモチーフである子羊ちゃん達と一緒に撮影しました。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-30 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

グレイのミニ・ワンピース

a0208783_6402373.jpg
最初は「大人のミニ丈ワンピ」を目指していたつもりだったのですが…、やっぱり私が作ると子供っぽくなっちゃいましたぁ。でもまあ、モモコさんは十分若いからいーや(笑)。
a0208783_6424938.jpg
ただし自分的には、凄く子供っぽくなることは、ローウェストのベルトを焦げ茶のスウェード紐にしたお陰で、一応避けられたと信じています。革紐は結びにくくまとまり悪いのですが、センターではなくサイドで結んでいるのもポイント。両脇に、ベルト通しのループを縫い付けています。
a0208783_6391919.jpg
全体の色味が渋いから、アクセントとして、割と鮮やかなカラー・タイツを合わせたところにも、一応拘っています。
a0208783_6511860.jpg
タイツとベレー帽のフェルトは、かなり近い色を選んだつもりなのですが、撮影したら随分違う色に見えてしまいました。
a0208783_63812100.jpg
メインとなるワンピースの生地は、確か姉が送ってくれた物だと思いますが、実は織り地自体がヘリンボーンになっていて、結構凝っています。
a0208783_642193.jpg
大人っぽくしたいなら、そもそも最初から丸襟なんかにすべきじゃありませんよね~(笑)。タイツの生地が厚過ぎて、足首がなくなりつつあるのも、益々子供っぽく見せてるし。そして本当は、もっとヒールのあるワンストラップ靴を合わせたかったのですが、手持ちがなかったのでした(…リカちゃんの靴だ)。日本と違って、通販で簡単にぽちっと買える訳じゃないんですよ。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-23 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

緑色系ヨーヨー・キルトのネックレス

a0208783_235039.jpg
義妹の(更にP太と私の)誕生祝いの翌週末は、イギリスでは母の日でした。その前々週は義母の誕生日で、日本の私の母からワンピースを、誕生日プレゼントとして受け取っていました。裾には大きなレース地のパネルが貼られた中々素敵なデザインでしたが、襟元は少し寂しいワンピースでした。そこで、そのワンピースに合わせて、またしても「ちくちくヨーヨー・プレート」でネックレスを拵えて、母の日に義母に贈る事にしました。
a0208783_2364365.jpg
ワンピースはネイビー・ブルーでしたが、ネックレスは緑色系の布で統一しました。着こなしのアクセントにはなるインパクトは欲しいけれど、あくまで普段使い用に華美にはならないよう、キラキラしたビーズではなくウッド・ビーズを合わせました。垂れ下がったグレイのドロップ型のも、ウッド・ビーズです。年配者向けの落ち着いたイメージで、義母好みのクラフト感を目指しました。ボリュームの割に軽くて着け易い点は、ヨーヨー・キルトのネックレスの良い所です。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-21 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

刺繍のAライン・ワンピース

a0208783_5255410.jpg
単純に自分の着たい服を、momoko DOLLに作ってみました。着心地の良い素材の、すとんとしたAラインのワンピース。野の花みたいな刺繍を散らしたいと思いました。
a0208783_5263572.jpg
メインとなっているダンガリーも、カフスや裾にアクセントとして使った小花柄プリントも、靴下に使用したニット生地も、ドレス・メイキングが趣味の義妹から貰った端切れです。彼女の選ぶ生地はナチュラルで質実剛健な布が多く、私のドールの服作りに大いに役立っています。
a0208783_5281874.jpg
実はこれは、二作目なんです。一作目は、本体を作ってから刺繍を入れた時に、どうもイメージと掛け離れてしまい、結局全く同じ服を作り直すことにしました。ワンピース自体は、この世で一番簡単な人形服みたいなもんですので(笑)、作り直すのは全然大変ではありませんでしたが、イメージに近い刺繍をするのには、知識も経験も技術もない為、何回か縫っては解いての繰り返しで、色々ネットで検索したり考えたり、自分なりに工夫しました。
a0208783_5274836.jpg
服のデザインや素材、図案にも寄りますが、1/6ドール用のOFの刺繍は、基本的に刺繍糸一本取りのほうがしっくり来るみたいです。特に今回は、ふんわりあっさりした野の花のイメージを目指したかったので、一本取りにして正解でした。刺繍糸は、出来るだけプリント生地の使用色に似た物を選んでいます。…ついでに、脇の縫い代に切り込みを入れているのにも関わらず、どうも脇が攣れるなあと思っていたら、どうやら切り込みの角度が間違っていたようです(苦笑)。
a0208783_5285380.jpg
そして、これが一作目なんですが、刺繍が力強くなってしまい、おまけにプリント生地の雰囲気に合わなくなってしまいました。ってか、そもそも下書きもしないで刺繍するのが無謀だ。
a0208783_5291550.jpg
アクセントのプリント生地を換えれば、もしかしたらこの刺繍でも良かったのかも知れません。因みに、こちらの刺繍は二本取りです。
a0208783_529371.jpg
コーディネイトに、やたらボーダー・ソックスを合わせたがるのが私流(笑)。一応、双子コーデってとこですか?(…双子も何も、どちらもモモコだし)。
a0208783_5303063.jpg
こんなAラインのワンピースには、ボトムは勿論カラー・タイツでもスキニー・パンツでも良いし、トップにはカーディガンやパーカーを羽織ったり、ワンピースの下にタートルネック・シャツを着てもOKで、自分で持っていても本当に活用度大です。
  


[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-09 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

スウィギング風ヨーヨー・キルトのネックレス

a0208783_3543738.jpg
今年のイギリスの義妹への誕生日プレゼントには、画材を選んだのですが、それに毎度の如く何か手作りアクセサリーでもプラスしようと思ったものの、これと言ったアイディアが浮かびませんでした。が、贈る前日に、60年代のビンテージ・ファブリックで、ヨーヨー・キルトのアクセサリーを作る事を突如閃きました。
a0208783_354571.jpg
義妹用に作るなら、とにかく個性的でなければ意味がありません。ヨーヨー・キルトに使用した二種類の生地は、両方ともイギリスのビンテージ・ファブリック。どちらもスウィンギンの時代らしいオレンジ系に、更に紫系の加わっているのがミソです。オレンジに紫って、考えただけでもイカレています(笑)。特に濃い色の布のほうは、プリントも大柄で相当インパクトがあります。しかし発色が今だとても綺麗で、少し起毛した暖かみの有るところが気に入ってる布です。自分用なら、つい白いレースとかを合わせてしまう所でしたが、子供っぽくはしたくなかったので、更にアクセント・カラーに黒を選択しました。色味は押さえてあるので、着けると意外と落ち着いています。
a0208783_355189.jpg
ヨーヨー・キルトと聞けば、一般的にはカントリー・スタイルなイメージが強く、試しに日本語で「ヨーヨー・キルトのアクセサリー」で検索すると、優しげなパステル・カラーやオーガニック・カラーばかりが出て来ます。日本では、そう言うのを好むのは大抵ロハス系の人で、ナチュラル・ファッション以外に身に着けることは、まず考えられないからだと思います。実際、私もそう思い込んで来ました。しかし、英語で「yoyo quilt jewellery」で検索すると、ヨーヨー・キルト自体が物凄い渋い色や華やかな色だったりで、アクセサリーもシック系、ゴージャス系、アーティスティック系と、日本とはかなり様子が違って驚きます。欧米にはナチュラル・ファッションなんてほとんど存在しないし、日本ではそんな大きく派手なアクセサリーを好む人は余り居ないので、この違いは当然と言えばそうかも知れません。ともかく、ヨーヨー・キルトで作るアクセサリーの更なる可能性を感じ、何だか創作意欲がむくむくと沸いて来ました。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-08 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

雛祭りの黒地の振袖

a0208783_4322446.jpg
以前母が送ってくれた雛人形のポップアップ・カードが、丁度ほぼ1/6サイズだったので、それに合わせてリカちゃんに雛祭り用の長振袖を縫ってみました。
a0208783_4325725.jpg
今回は伝統的正統派ではなく、少し市松人形や文化人形っぽい、ちょっとだけ外した感じを狙いたかったので、頭にはボンネット、着物の下には、chimachocoさんの「ゆかたのドール・コーディネイト・レシピ」を参考に、レースのアンダー・スカート(と言うか腰巻)を履かせました。
a0208783_4333234.jpg
振袖の表に使用した生地は、現行品だけどレトロ華やかな、黒地に花手毬柄のコットンです。前々から気に入っている布ですが、これで着物を作ると、何だか「地獄少女」閻魔あいを思い出す~と思いました(笑)。襦袢もどきは、菊紋に蛍光色の紅葉が散った薄いウール地の古布で、本当に元は襦袢だったようです。帯は、2年前の雛祭りの着物の使い回し。帯締めと帯留めのみ換えました。
a0208783_4374940.jpg
おはしょりが長過ぎ、と言うか位置が下過ぎたようですが、まあ子供だから勝手に良いって事に。本当は子供の着物の場合、肩上げするのも普通だそうです。
a0208783_438757.jpg
自分でも雛人形を飾って、明日はせめてお寿司でも作って食べようかなと思います。潮汁も欲しいところですが、生憎ハマグリは、殻付きは勿論、缶詰さえ手に入らないイギリスです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-02 15:28 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(184)
(163)
(139)
(135)
(132)
(126)
(111)
(80)
(79)
(75)
(74)
(67)
(65)
(64)
(63)
(62)
(61)
(53)
(50)
(49)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ノーリッジのベルギー・ブラッ..
at 2018-04-23 15:32
シルバー・リーフとウラン・ガ..
at 2018-04-22 15:25
アートの街ノーリッジでショッ..
at 2018-04-21 15:24
子供用三段切り替えワンピース..
at 2018-04-20 15:27
再びノーリッジでアンティーク..
at 2018-04-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:55
 あーこれ可愛いわー。リ..
by はっち at 21:10
Jin-channさん、..
by piyoyonyon at 18:56
ぴよよんさん こんにちは..
by Jin-chann at 11:08
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 07:39
ぴよよんさん お誕生日お..
by はっち at 21:40
はっちさん、こんにちは!..
by piyoyonyon at 20:31
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 21:01
にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。