タグ:ビンテージ・ファブリック ( 121 ) タグの人気記事

ピンクのワンピースのネズミちゃん

a0208783_6134042.jpg
こぐまのミーシャ(多分)の縫いぐるみを買った、同じストールで買いました。本当は、こちらの縫いぐるみの方が先に目に入ったんです。一見在り来たりっぽいのに、絶妙にノスタルジックで可愛く、見捨てておけなくなりました。
a0208783_6142113.jpg
灰色で耳が大きいし、ネズミだとは思いますが、顔にはネズミっぽい齧歯目らしさは全くなく、どちらかと言うと猫っぽい顔ですね…。青い瞳が印象的。
a0208783_618597.jpg
脚の裏と耳の内側がピンクで、ピンクのワンピースがお似合い。が、良く見るとみっちみっちで、無理矢理着せてある感が否めなく、元々はこの縫いぐるみの服ではないのかも知れません。
a0208783_6145013.jpg
とは言え、胴体全体が白のボアで(背中も)、服を着ていない状態でも結構変です。まるで下着を着ているようで、もしお腹だけが白いなら、裸でも不自然じゃないんですけど。
a0208783_6152134.jpg
試しに、他のビンテージの人形服を着せてみました。
a0208783_6154311.jpg
おおっ、中々可愛いじゃないか。
a0208783_616377.jpg
この「フェアリー・グレン」の人形服は、大体サイズが合います。
a0208783_6162268.jpg
やはり懐かしい雰囲気のデザイン、特にピンクの服が似合うようです。
a0208783_617106.jpg
こちらの縫いぐるみも、ミーシャと同じく韓国製でした。レトロ可愛いと思ったのは、西洋のセンスではなく、何処か昭和っぽいアジアな香りがしたせいかも。ワンピースは少し汚れていましたが(この後洗濯しました)、縫いぐるみ自体は、ミーシャ同様にボアの手触りも良好です。ただ長年窮屈な服を無理矢理着せられていた為、すっかり体が歪んじゃいましたけどね(苦笑)。

 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-14 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

緑の小花柄のビンテージ・ブラウス

a0208783_21231156.jpg
フリマで見付けた、一目で現在イギリスで出回っている服とは雰囲気が違う、と思ったブラウスです。タグとかは一切見当たらず、手縫いの部分が多く、どうやら手作りのようです。売り主のお姐さんも、「元々ビンテージとして買ったから、確かにハンドメイドかも」と言っていました。寄って、製造年代は益々検討が付きません。デザイン的には、1930年代辺りの流行に見えます。
a0208783_21233456.jpg
襟のフリルがクラウン(ピエロ)・カラーのように大きいので、最初は首の短い私には似合わないんじゃないかと思いましたが、襟開きが結構大きい為に、思いの他大丈夫でした。生地が薄くて、身頃も袖もたっぷりしている作りなので、嬉しくなる程涼しい着心地です(勿論この下にはキャミを着ますが…)。かなり大きめなものの、ダーツは2箇所×線対称に入っている為、だらしない程ダボッとはしません。それどころか、日本の現代のファッションとしても、まるで違和感のないデザインなのにはちょっと驚きました。
a0208783_21235961.jpg
布地は、透けるように薄くてふんわり軽く、風通しが抜群のガーゼ地。アイロン掛けは不要なので、綿100%ではなく化繊が混じっているかも知れません。かなり細かい花柄は、緑色が基調な点も気に入っています。ちょっとリバティ・プリントみたいな小花柄だと思いました。
a0208783_21243095.jpg
甘いフェミニンな雰囲気のブラウスなので、あえてデニムやチノ等のシンプルでかっちり目のスカート、またはパンツと合わせたほうがお洒落なように思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-25 15:20 | ファッション・コスメ | Comments(0)

ビンテージのバテン・レースの着け襟

a0208783_2153413.jpg
フリマの、毎回ビンテージを中心に売っている、半プロのようなストールで買いました。アンティーク・モール等では、時々アンティークやビンテージのレースの付け襟を見掛けますが、その中でもバテン・レース製は結構珍しいと思いました。いつの時代の製品かは分かりませんが、デザイン的にはヴィクトリア時代に流行したタイプのように見えます。ただし、前を留める為のボタンは、後から付け替えた課の可能性もありますが、比較的新しいプラスティック製のようです。
a0208783_216831.jpg
広げると、まるでバテン・レースのドイリーを縫い繋げたようなデザイン。かなり大きいので、着用すると結構大げさです(笑)。合わせる服装は、子供っぽくならないよう、また装飾過剰でゴテゴテ見えないよう、それなりに吟味しないといけません。
a0208783_2162744.jpg
機械編みのレースのテープを繋げたのがバテン・レース。テープ・レースのみで形成されている場合もありますが、これは布地も組み合わせてあり、其処に刺繍が施されています。
a0208783_2165328.jpg
バテン・レースって、正式名は「Battenberg lace バッテンバーグ(バッテンベルク)レース」と言うのだと、初めて知りました。似た技法のレースは、既にルネッサンス時代から存在していたそうですが、英語版ウィキに寄れば、19世紀にバッテンバーグ家(エリザベス女王の夫君エディンバラ公の実家)の婚礼に因んで、アメリカで名付けられたそうです。しかし、どちらが本当なのか、「Battenburg lace バッテンブルク・レース」と表示されているのも多く見掛けます。ヨーロッパの各地で作られていますが、日本の新潟もその産地だそうです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-23 15:23 | ファッション・コスメ | Comments(0)

緑のビンテージ・ファブリックのサマー・ドレス

a0208783_1379.jpg
節操なく、割とどんな色の服も着る私。と言うより、同じような色を着続けるのが我慢出来ないタチなのです。更に、万能色と言われるナチュラル・カラー=オーガニック・カラー=地味色が、致命的に似合わない(笑)。目下服の色として一番惹かれるのは、緑か黄色です。とは言え、緑と黄色の服って、売られている商品自体が少ないし、気に入った&似合うデザインは更に限られているので、中々手に入れる事が出来ません。となれば、人形用に作ってウサを晴らします。
a0208783_133644.jpg
フリマで、端布を幾つか売っているストールがあり、その中に好みの、いかにもスウィンギンな時代らしいポップな花柄の、緑色メインのビンテージ布がありました。長さは2m位あるのに、幅が13cm程度しかない細長い生地で、柄も人形用にしては大ぶりです。しかし、これでドール服を作ったら、中々個性的でお洒落に仕上がるかもと、見ていてすぐに創作意欲が沸きました。
a0208783_135684.jpg
こんな生地の服を着こなせるのは、やっぱりブライスちゃんだと真っ先に思い付きました。ボディ・サイズがほぼ同じでも、頭の小さなリカちゃんでは、これ程の大柄は難しいと思います。まずは、手始めにシンプルなスクエア・ネックのサマー・ドレスにしました。
a0208783_143038.jpg
サマー・ドレスの袖ぐりは大きめにして、中にブラウスやシャツ等を着て、ジャンパー・スカートとしても着用出来るようにしてあります。
a0208783_15296.jpg
何故なら、黄色いエプロンと赤いバブシュカ、赤いブーツをプラスして、「マトリョーシカメイデン」もどきを目指したかったから(笑)。東欧風と60年代風ポップって、レトロさが共通するせいか、意外とマッチします。マトリョーシカメイデンと言うよりは、ロシアの人気TVアニメ・シリーズ「マーシャとくま」の主人公マーシャっぽく見えますが。
a0208783_153311.jpg
バブシュカの生地は、H&Mの子供用バンダナです。丁度頭に巻き易い柔らかさ。
a0208783_165430.jpg
スウィンギン時代のこの手のレトロ柄の布地で、綿100%と言うのは結構珍しいと思います。そのせいで、マットなプリントの派手な柄が、少しだけ落ち着いて見えます。多分元々はカーテン等インテリア用の生地なので、厚みは人形用の服として使用するのにはギリギリですが、柔らかく非常に縫い易い割に解れにくくて、少し驚きました。やはり花柄の部分が一番「らしく」て可愛いものの、その部分は限られているので、其処を服の目立つ場所に配置するのには少し頭を捻ります。しかし、縫っていて益々好きになる素敵な布で、凄く気に入りました。
  


[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-20 15:22 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ギンガム・ブルーの陽差し

a0208783_6442355.jpg
momoko DOLLに、ブルーのギンガム・チェックのツーピースを作りました。生地は、イギリスの学校制服で御馴染みのポリ・コットン。なので、正確にはギンガム(=綿生地)ではありません。
a0208783_645775.jpg
ブラウスは、関口さんの「今日から始めるドール服」の丸襟ブラウスをスクエア・ネックにアレンジしましたが、袖がヘンだし身頃がボディに沿わず、正直言って失敗しましたあ。
a0208783_6453023.jpg
装飾一切無しの極めてシンプルなツーピースで、トップをインにすると、益々古風と言うか地味!に見えます。スカートの丈や広がり具合も、正に無難で地味~。
a0208783_6455312.jpg
シンプルにしたのは、元々こんな服装にしたかったからです。白いオーバー・スカートは、ビンテージのレース布から作った物。
a0208783_6464128.jpg
この布を手に入れた時、すぐにこんなスタイルにしたいと思い浮かびました。ギンガム・ブルーと白いレースの組み合わせは、夏の鉄板だと信じています。
a0208783_647740.jpg
ブラウスとオーバー・スカートだけ合わせて、このようにも着る事が出来ます。実際には、スカートの下には「見せタイプ」のペチコートを履かないと、背面はぱんつ丸見えですが…。
a0208783_6473682.jpg
ワンピースではなくわざわざツーピースにしたのは、こんな風に色々組み合わせたかった為です。
a0208783_647593.jpg
シンプルだからこそ、様々なテイストと合わせる事が出来ます。
a0208783_6482232.jpg
ワンピースのような、ほぼイッパツでコーディネイトが決まる服装も、勿論便利で好きですが、色々組み合わせる楽しみがある服装にも、やはり捨て難い魅力があります。スタイル抜群のファッション・ドールとなれば、尚更色々組み合わせて着せ替えしたくなります。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-13 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ピッパ人形のスウィンギン・ワードローブ

a0208783_4474276.jpg
地元のチャリティショップで購入した、70年代製造の1/12サイズ・ファッション・ドール「Pippa ピッパ」人形には、沢山のオリジナルOF(アウトフィット)が一緒に付いて来ました。どれも、いかにもロンドン・スウィンギンらしいファッションばかり。ネットで検索しても、ピッパのOFは、その時代を反映したイカすデザインのオンパレードでした。そのお洒落さは、同時代にファッション・ブランドのマリー・クワント社が発売していた「Daisy デイジー」人形に匹敵します。しかし、実際のスウィンギン文化の全盛期は60年代後半なので、やはり子供の玩具だからか、お姉さん達の流行よりは一歩遅れていたようです。
a0208783_4361187.jpg
70年代と言う事で、生地のプリントに黄緑系とオレンジ系が多用されています。パンツは、やっぱりはためくようなベルボトム! しかし、本来ベルボトムは裾だけ広がっているはずなのに、全体的に幅広なので、今流行のガウチョと大差ないような…(笑)。
a0208783_437166.jpg
ミニスカートも、当時の必須アイテム。背中の留め具には、御馴染みスナップの他に、今まで見た事のない不思議な留め具が使用されている服も混じっています。この頃は未だ人形の服には、ベロクロ・テープの使用は一般的ではありませんでした。
a0208783_4374810.jpg
そしてマキシ丈スカートも、70年代の流行でした。紺地に花柄の生地は、この時代の服に良く使用されたらしい伸縮性のある化繊地で、ピッパのポディにフィットし、これらのOFの中で一番お洒落に見えます。この小ささなのに、袖付けを簡略した身頃との一体型ではなく、ちゃんと袖が縫われている所にも驚きます。チャリティショップでは、この服を着た状態で売られていました。
a0208783_4455283.jpg
この服には、元々このビニール製の白い帽子がセットされていたようです。
a0208783_4385852.jpg
これはネットで見掛ける事が多い、つまり多くの女の子が持っていたらしい、ちょっと「スター・トレック」のユニフォームみたいな服。紺色のトリミングの色が、少しオレンジ色の生地に色移りしてしまっています。
a0208783_441275.jpg
この時代らしい色合いのチェック地に、身頃のセルリアン・ブルーの無地が利いているミニ丈ワンピ。型抜き樹脂製のハンドバッグは、ちゃんと開閉します。
a0208783_4415885.jpg
賑やかな赤い上下パンツ・セットには、黄色いリックラック・テープが利いています(かなりでっかいけど)。服自体は極シンプルな構造でも、プリント生地のインパクトとミニマムなアクセント効果で、返ってパンチの強いのがこの時代のデザイン。何故か菅笠のような物が付属していて、一応中国服をイメージしていたようです。更に本当は、でっかい扇子(と言うか扇)も付いていました。
a0208783_443177.jpg
この黒地に大胆な花柄のミディ丈ドレスは、最初はこう着るもんだと思っていました。が、実は前開きで、しかも何故かスナップのような留め具が一切見当たりません。
a0208783_4432731.jpg
幅広いベルト(単なるリボンだが)が付属していて、…ひえ~これもしかして着物のつもり?!と思ったら、どうもその通りのようです。この頃はどうか知りませんが、今ヨーロッパでは、留め具無しの長い羽織り物は「kimono」と呼ばれるようです。日本で流行っているロング・カーディ(ガウン)も、こちらではキモノって訳ですね…。このキモノにも、元はデカ扇子がセットされていた模様。
a0208783_4435775.jpg
ファッション・ドールのアウトフィットに、必ず乗馬服の存在する所が、イギリスらしいなーと思います。帽子は、フロッキー加工されています。元は、プラスティック製の鞭も付属していました。これらのOFは、どうも当時1セット25ペンス程度で販売されていたようです。
a0208783_4443166.jpg
その他、手編みのケープやスカート、予備のぱんつ、片方ずつになった白と黄色のサンダルも、買った中に含まれていました。何度か洗濯され、解れは繕われ、子供本人だけでなく親からも、凄く大事に扱われ愛された玩具なのが、ヒシヒシと伝わります。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-22 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ビンテージ・ファブリックのリバーシブル・バッグ

その日曜日の天気予報は、午前中から雨時々雷雨でした。郊外の大型フリマは中止されたので、代わりに隣町の小規模フリマへ行きました(…結局その日は快晴だったんですけど!)。其処で、沢山の手作りバッグを、大きなトランクに詰めて売っているストールがありました。多くがトート・タイプでしたが、ぺらぺらの手提げやクロスボディ(肩掛け)バッグもあります。ソーイングに相当慣れた人の制作で、どれも造りがしっかりしていて、デザインも割とイケてる物ばかり。その中から、個性溢れるのを自分用にと、一番スタイリッシュな物を友達へのプレゼント用に買いました。
a0208783_634490.jpg
まず私用のは、バケツ型のデニム地です。ポケットはジーンズのをそのまま使っているようで、もしリサイクルだとしたら、相当でっかいパンツだったのに違いありません。
a0208783_6343162.jpg
大きなプリント付きボタンがアクセントとして付いており、ループを引っ掛けて留められる仕組みです。難を一つ言えば、ハンドルが短目で付け向きが変ですが、使用には差し支えありません。しかしこれだけなら、特に個性的なバッグとは言えませんが…、
a0208783_63527.jpg
…実はリバーシブルになっていまして、ひっくり返すとこんな賑やかな柄になっています。この生地はてろてろのポリエステルで、どうやらビンテージのようです。
a0208783_6352876.jpg
プリントの使用色は、パープル系の濃淡に、エメラルド・グリーンをプラス。ヨーロッパらしい家並みに、キノコみたいな木々の生えた、この時代ならではのポップな風景画です。
a0208783_636345.jpg
一方お友達用のは、カメラでは全く色を拾えずカーキ色に見えますが(涙)、実は鮮やかなティー・グリーン地で、とってもハンサムなストライプ生地です。形は、マチ付きのトート型。ブローチは、私が勝手に拵えて付けた物です。こちらは、ハンドルの長さが肩に掛けるのに十分あります。内ポケット付きで、入れ口はマグネットで留まるタイプで、中々スマートな仕様になっています。
a0208783_637344.jpg
ハンドルとして、紳士服地のような渋い細ストライプを合わせているところに、かなりのセンスの良さを感じました。グリーン地は派手に見えますが、全体的にはすっきりしており、割とどんな服装にも合わせ易いバッグだと思います。
a0208783_641679.jpg
中面は、ハンドルと同じグレイのストライプ地。こちら側を表にする事も出来なくはありませんが、留め具が変に見えるので、やはりグリーン地を表にして使用したほうが良さそうです。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-12 15:29 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

黄色い花柄のビンテージ・エプロン

a0208783_1894817.jpg
このエプロンは、フリマでストールのテーブルの上に並べてあるのが、かなり遠くからでも目に入りました。その位、生地が目立って私好みでした。遠目から見ても、ビンテージらしい素敵なプリントだなーと思った訳です。でも、もし単なるレトロっぽいプリントの、現代の服とかだったらガッカリ。エプロンである事を望みながら近付き、実際手にとって見て、ビンテージのハーフ・エプロンなのを確認し喜びました。値札には「新品」と書いてあったけど、多分古い未使用品です。
a0208783_1810795.jpg
1.5ポンドと記してありましたが、1ポンドに負けて貰いました。幅も丈もたっぷりある、大き目のハーフ・エプロンです。
a0208783_18102746.jpg
ベルトに向けてタックが二箇所寄せてあり、また大きなポケットが、向かって左側に一個だけ付いています。ビンテージ・エプロンで良く見掛ける、パイピングやリックラック・テープ等の装飾は一切なく、あくまで生地だけで勝負。素材は多分ポリコットンです。既製品ではなくハンドメイドのようで、ポケットの中にマチ針が残ったままでした(あぶねー)。
a0208783_1810524.jpg
他でお目に掛かった事のない、本当に素敵なプリント生地で惚れ惚れします。実際の花の黄色は、目に眩しいような、もっと鮮やかな山吹色です。葉や茎、中心に紺色を使用して組み合わせてるところが、ピシッと締まって黄色を一層引き立てています。また、透け感のある布地なので、マットな白いプリントの花柄が、まるで透かし模様のように見えるのも魅力です。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-29 15:30 | ファッション・コスメ | Comments(0)

どう見てもヘンな柄の布(の人形用ワンピース)

a0208783_3193322.jpg
随分前にイギリスのフリーマーケットで手に入れた、端布の詰め合わせに入っていたと思われるプリント生地です。薄手でコットンor化繊混と縫い易そうな上、人形のOF用に適する柄の細かさで、ビンテージらしいパターンと言えばその通りです。が、どうも見てもヘンテコリンな柄で、これで作りたいと思える服を、長らく全く思い付きませんでした。
a0208783_3201393.jpg
しかし最近になって、もしかしたらmomokoさんが北欧風に着こなしてくれるかもと思い立ち(何でモモコ任せ)、Aラインのワンピースに仕立ててみました。やはりクセの強い柄の布を生かすには、こんなシンプルな服のフォルムが一番なように思います。
a0208783_3203848.jpg
とは言え、全部この布だけじゃ、益々柄のヘンさが目立つし芸がないんじゃないかと思い、袖だけプリントの中の一色から取った無地のグレーにしましたが、…やっぱり北欧風とは程遠く仕上がりました~(苦笑)。そこで、大き目のポケットにもグレーの無地を使い、エセ北欧っぽい花模様の刺繍を入れて、何とか前よりはマシになったかとは思います。
a0208783_321673.jpg
クロップ丈パンツは、この「そっとほっとミルク」のモモコのデフォルトです。ネイビー・ブルーのクロスボディ・バッグと、茶と白のコンビ靴は、大昔に原宿ジェニー・ショップで買った物。ボーダー・ニット帽は、以前リカちゃんに作った物です(小顔のモモちゃんにゃちとデカイ)。
a0208783_3212513.jpg
…うーん、でもこのワンピでは、お出掛けって雰囲気じゃないなー。部屋着としてのほうが、絶対しっくり来ます。
a0208783_322314.jpg
1960年代の抽象画的パターン風の布と言えば、その通りかも知れません。端布の形からして、元は女性用の衣類か何かに使用された残り布のようです。もし人間サイズの服であれば、もしかしてそれなりにお洒落に見えたのかもと想像しています。




・  
[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-04 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

グリーンのパッチワーク風プリントのエプロン

a0208783_1452048.jpg
ノーリッジのビンテージ専門のチャリティショップでは、好みのプリントのハーフ・エプロンが何枚か売られていて、買い占めたくなりましたが、最終的にこれ一枚に絞りました。今まで見た事のないちょっと変わった柄で、ポケットの付き方も個性的だったからです。
a0208783_145435.jpg
写真ではセルリアン・ブルーっぽく写って見えますが、実物はペパーミント・グリーンに近い地色です。パッチワークっぽいと言えばそうですが、四角い柄のピースを散らしてあるだけとも言えます。とにかく見て気分が明るくなる、爽やかな色合いです。
a0208783_146542.jpg
中央に付いた大きな菱形っぽいポケットも、デザインのポイント。端のパイピング処理は、ビンテージ・エプロンの定番です。英国製の既製品で、縫製はビンテージ・エプロンとしてもかなりキッチリしています。素材は綿100%の、小さ目のエプロンです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-24 15:27 | ファッション・コスメ | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(194)
(181)
(147)
(142)
(139)
(139)
(121)
(85)
(83)
(82)
(81)
(76)
(70)
(68)
(67)
(66)
(62)
(61)
(55)
(54)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

白いビーズ刺繍のパーティー・..
at 2018-08-15 15:29
ピンクのワンピースのネズミちゃん
at 2018-08-14 15:27
銀線細工のブレスレット
at 2018-08-13 15:26
深緑色のウラン・ガラスのパウ..
at 2018-08-12 15:37
帆船のエナメル・ブローチ
at 2018-08-11 15:30

記事ランキング

検索

最新のコメント

でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35
加代子さん、イングリッシ..
by piyoyonyon at 17:39
一面の 薔薇 また 薔薇..
by 加代子 at 20:44
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:29
ぴよよんさん、お久しぶり..
by kagicho at 09:54
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:15
 ステキステキ! こん..
by はっち at 16:13

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。