タグ:ファッション・ドール ( 172 ) タグの人気記事

ピッパ人形のスウィンギン・ワードローブ

a0208783_4474276.jpg
地元のチャリティショップで購入した、70年代製造の1/12サイズ・ファッション・ドール「Pippa ピッパ」人形には、沢山のオリジナルOF(アウトフィット)が一緒に付いて来ました。どれも、いかにもロンドン・スウィンギンらしいファッションばかり。ネットで検索しても、ピッパのOFは、その時代を反映したイカすデザインのオンパレードでした。そのお洒落さは、同時代にファッション・ブランドのマリー・クワント社が発売していた「Daisy デイジー」人形に匹敵します。しかし、実際のスウィンギン文化の全盛期は60年代後半なので、やはり子供の玩具だからか、お姉さん達の流行よりは一歩遅れていたようです。
a0208783_4361187.jpg
70年代と言う事で、生地のプリントに黄緑系とオレンジ系が多用されています。パンツは、やっぱりはためくようなベルボトム! しかし、本来ベルボトムは裾だけ広がっているはずなのに、全体的に幅広なので、今流行のガウチョと大差ないような…(笑)。
a0208783_437166.jpg
ミニスカートも、当時の必須アイテム。背中の留め具には、御馴染みスナップの他に、今まで見た事のない不思議な留め具が使用されている服も混じっています。この頃は未だ人形の服には、ベロクロ・テープの使用は一般的ではありませんでした。
a0208783_4374810.jpg
そしてマキシ丈スカートも、70年代の流行でした。紺地に花柄の生地は、この時代の服に良く使用されたらしい伸縮性のある化繊地で、ピッパのポディにフィットし、これらのOFの中で一番お洒落に見えます。この小ささなのに、袖付けを簡略した身頃との一体型ではなく、ちゃんと袖が縫われている所にも驚きます。チャリティショップでは、この服を着た状態で売られていました。
a0208783_4455283.jpg
この服には、元々このビニール製の白い帽子がセットされていたようです。
a0208783_4385852.jpg
これはネットで見掛ける事が多い、つまり多くの女の子が持っていたらしい、ちょっと「スター・トレック」のユニフォームみたいな服。紺色のトリミングの色が、少しオレンジ色の生地に色移りしてしまっています。
a0208783_441275.jpg
この時代らしい色合いのチェック地に、身頃のセルリアン・ブルーの無地が利いているミニ丈ワンピ。型抜き樹脂製のハンドバッグは、ちゃんと開閉します。
a0208783_4415885.jpg
賑やかな赤い上下パンツ・セットには、黄色いリックラック・テープが利いています(かなりでっかいけど)。服自体は極シンプルな構造でも、プリント生地のインパクトとミニマムなアクセント効果で、返ってパンチの強いのがこの時代のデザイン。何故か菅笠のような物が付属していて、一応中国服をイメージしていたようです。更に本当は、でっかい扇子(と言うか扇)も付いていました。
a0208783_443177.jpg
この黒地に大胆な花柄のミディ丈ドレスは、最初はこう着るもんだと思っていました。が、実は前開きで、しかも何故かスナップのような留め具が一切見当たりません。
a0208783_4432731.jpg
幅広いベルト(単なるリボンだが)が付属していて、…ひえ~これもしかして着物のつもり?!と思ったら、どうもその通りのようです。この頃はどうか知りませんが、今ヨーロッパでは、留め具無しの長い羽織り物は「kimono」と呼ばれるようです。日本で流行っているロング・カーディ(ガウン)も、こちらではキモノって訳ですね…。このキモノにも、元はデカ扇子がセットされていた模様。
a0208783_4435775.jpg
ファッション・ドールのアウトフィットに、必ず乗馬服の存在する所が、イギリスらしいなーと思います。帽子は、フロッキー加工されています。元は、プラスティック製の鞭も付属していました。これらのOFは、どうも当時1セット25ペンス程度で販売されていたようです。
a0208783_4443166.jpg
その他、手編みのケープやスカート、予備のぱんつ、片方ずつになった白と黄色のサンダルも、買った中に含まれていました。何度か洗濯され、解れは繕われ、子供本人だけでなく親からも、凄く大事に扱われ愛された玩具なのが、ヒシヒシと伝わります。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-22 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ポケット・サイズのファッション・ドール、ピッパ人形

a0208783_3124139.jpg
チャリティショップで運命の出会いの古物が、久々にないかな~と思いながら、地元のチャリティショップを物色している時、このビンテージのファッション・ドールに出会いました。他にオリジナルのアウトフィット数着とセットで、たったの1ポンド。正にカテゴリーA的な出会いで、収穫の滅多にないチャリティショップでも、やはり巡り会う時は巡り会うもんだと実感しました。
a0208783_313752.jpg
このお人形は、「Pippa ピッパ」と言います。1972年から1980年の間に、「トレーシィ」や「アクション・マン」で御馴染みのイギリスの玩具メーカー、Palitoy社で製造されました。「じゃあトレーシィと被っちゃうじゃん」と思う所ですが、トレーシィがファッション・ドールとしては最も一般的な1/6スケールなのに対し、ピッパはそれよりずっと小さい1/12スケールなので、市場がバッティングする事は一応なかったようです。身長は大体16cmで、昔自分が持っていた、日本のタカラ社の「ピコ」と言うお人形に似た小ささかも知れません。現在の人形なら、多分ピコニーモやポーリーポケットに近いサイズです。
a0208783_3134524.jpg
ウィキぺディアに寄れば、ピッパは1/6サイズのファッション・ドールに比べて小さい分、原料費を抑えられた為、安く製造出来たそうです。シンディ人形やバービー人形が、多分お誕生日やクリスマスに特別に買って貰う、当時としては割と贅沢な玩具だったのに対し、ピッパは文房具や駄菓子感覚で、子供のお小遣いでも買える値段だったのではと想像しています。「ポケット・マネーで買えるポケット・サイズのお人形」と言うのが、ピッパのコンセプトでした。
a0208783_3143280.jpg
しかし、確かに材料費は1/6程は掛からないものの、製造の手間は同じ所か、返って小さい分面倒じゃないのか?と疑問に思います。特に服なんて、ほとんど手作業だから、小さいと余計厄介なのに…。ところがPalitoy社は、安価に商品の幅を広げる技には長けていたようです。例えば、ピッパには30種類以上のフレンド・ドールが存在しましたが、実はそれらはたった三つの顔の形成型から出来ていたそうです。着替えや家具、家等も豊富に揃い、女の子達にとっては、手頃な値段な事もあり、ついコレクションしたくなるアイテムだったのに違いありません。イギリス社会の移民の増加に従い、後からアフリカ系やアジア系の友達人形も加わったそうです。
a0208783_3382483.jpg
この服は、付属してたアウトフィットではなく、私が勝手にその時代らしさを狙って作った物です。サイズが小さいだけに、ほんの少しの面積の布地で一着分は仕上げられるものの、合う細かさの柄のプリント生地を探す事自体が、イギリスでは益々非常に難しいと痛感しました。
a0208783_3155318.jpg
1/12スケールと言う事で、一般的なドール・ハウスの家具の一部が使えるはずです(生憎この紙製ドール・ハウスはサイズが合いませんが)。ピッパの存在は以前から知っていましたが、実物を目にするのはこれが初めて。シンディ人形に比べ、製造期間が短かったせいか、アンティーク・モール等でも見掛けた事がありませんでした。実際に手にとって見て、当時のファッション・ドールとしては、結構質が良い事にちょっと驚きました。
a0208783_3165787.jpg
この小ささなのにも関わらず、睫毛が植毛された、つまりリアル・アイラッシュ仕様です。頭髪は、ビンテージ・シンディと同様に、頭頂部だけに植毛されていて、油断すると盛り上がってベン髪状態になります。しかし、当時のシンディの頭が倍以上の大きさなのに、植毛の密度が同程度だった事を考えれば、まずまず許せる仕上がり。腕は曲がりませんが、膝と股関節はビスで留めてあるジョイント式で曲げる事が出来ます。
a0208783_3171847.jpg
顔の造詣は、バービー人形のロンドンの従妹、フランシーを縮小したようなクール・ビューティ系。金髪ロングの真ん中分けだし、睫長いし、後頭部が盛り上がって見えるので、何だか松本零士の描く美女みたいだと思いました。
a0208783_3174964.jpg
更に、そんなに古い使用済み玩具なのに、このお人形の状態の良さには驚かされました。ボディに手垢の汚れは無く、服をきちんと着たままの状態で、私は顔の汚れを多少落とし、ちょっと髪型を整えただけです。髪の劣化は全くなく、今でも新品のように真っ直ぐサラサラなまま。数々のオリジナル・アウトフィットのみならず、ゴミのような小ささの靴まで、ちゃんと失くさずに一緒に保管してありました。うちとは全く逆の、凄く丁寧な娘+きちんとしたお母さんが所有していたんだろうなあ…と、溜息混じりに想像します。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-15 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

大人のマリン・スタイル

a0208783_643162.jpg
またまた「大人の~」なんて目指すのは、私にとっては自殺行為と分かりつつ(苦笑)。クロップ丈のワイド・パンツは、宝島社刊関口さん著の初心者ドール服本を見て作りました。本中でrurukoが着ていたマリン・パンツを参考に、momokoサイズ(27cmドール)にしました。
a0208783_6434396.jpg
マリン・スタイルには、セーラー・カラーやボーダー・シャツが定番ですが、それでは当たり前過ぎて芸がないと思い、爽やかなブルー系のストライプ生地の、オフショルダーでベル・スリーブのブラウスにしてみました。
a0208783_6442595.jpg
パンツはハイウェスト気味なので、トップをインにしてもサマになります。人形用と言えど気回しが考慮された関口さんのデザインは、やっぱり優秀~。
a0208783_6445853.jpg
ところで昨年一時帰国した際、日本では丁度こんなオフショルダーの、袖がたっぷりふんわりしたブラウスと、てろんとした素材のワイド・パンツ(と言うかフレア・パンツと言うかガウチョ)が流行っていて、ちょっとガッカリしました。だって、似合っている日本人が余り居ない
a0208783_6504188.jpg
ボリュームあるトップを着る時はボトムをタイトに、ボトムにボリュームがある時にはトップをコンパクトに、と言うのはコーディネイトの鉄則です。しかし、そんな上下共にボリューミィな上に曲線的なフォルムの服を着る場合、余程モデルのようにタッパがあって細い人じゃない限り、かなり難しいと実感します。更にその格好に、これまた流行のロング・カーディガン(orガウン)を合わせたもんなら、非常にバランスが悪く、正直言って貧乏臭く見えました。尚且つ、まるでスケ番かレディース特攻服を髣髴とさせるラインだと思った自分に、否応無しに年齢を感じました(笑)。
a0208783_6455365.jpg
とは言え、日本のあの夏の暑さを考えると、フレア・パンツがいかに快適でラクチンかは納得出来ます。ワイド・パンツでも、せめてこんなすっきりしたフォルムとパリッとした素材なら、そんなにだらしなく見えないのではと思います。

  



[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-08 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

フィトンチッドのシャワー

a0208783_0504590.jpg
日本の義妹から大量に貰った端布の中に、黄色に近い淡いグリーン地の、柔らかくてサラッとした極薄の、素敵な風合いの布地がありました。カーゼ地のようで、尚且つ柳のようなシボが付いています。水玉のようなプリントは、まるで木漏れ日を鏤めたような爽やかさ。この生地を使って人形服を作るなら、休日に森にピクニックに出掛けたくなるような、ストレス・フリーのふわっとしたラインのワンピースにしたい、と真っ先に頭の中で思い描きました。こんな風に、すぐに服のイメージが沸く生地って、魅力的な証拠だと思います。
a0208783_4355261.jpg
ラグラン袖にして、襟ぐりにギャザーをたっぷり目に寄せました。極シンプルなので、羽織物や首に巻物、またはこんな風にジレを合わせて、色々組み合わせが楽しめます。
a0208783_0514184.jpg
背面は、乳白色のビーズを並べて、後ろボタン留め仕立てのようにしています。実際には、鍵ホック+糸ループ三段留めです。ビーズは、カフスにも付けました。
a0208783_0521491.jpg
ボタン留め風にしたのは、ワンピの両面どちらを前にしても着られるようにした為です。ボタン側を前にすると、ロング・カーディガン風にも着ることが出来ます。鍵ホック+糸ループ留めにしたのは、外した時に可笑しく見えないようにです。
a0208783_0511918.jpg
また着丈は、単品でも、パンツやスカートと重ねても、一応OKな長さに拘ったつもりです。
a0208783_4374699.jpg
前を外してカーディガン風に羽織ると、こんな感じに。中に合わせたハイ・ウェストのキャミソール型ワンピースは、きっと重ね着好きなら一枚は欲しくなる、かなりお役立ちなアイテムです。このキャミ・ワンピの下にブラウス等を着ると、エプロン・ドレス風にもなります。
a0208783_0523619.jpg
しかし、カーゼ・ワンピ自体は、大体一発で希望した通りの形になったものの、合わせるジレもキャミ・ワンピも、シンプルなようで中々ガーゼ・ワンピにぴったりのバランスにならず、実は何度も作り直し、最後には飽きて泣きたくなりました~。後から知った事には、藤井里美さん著の「HANON」のドール服本(凄く好みの一冊!)に、かなり似た服の作り方が掲載されていて、もしその型紙を使って作れば、こんな苦労はしなかっただろうにと思いました。
a0208783_4384738.jpg
ジレもキャミ・ワンピも、単品としては可笑しく見えなくても、ガーゼ・ワンピとは微妙に合わず、重ね着って難しいッと改めて痛感しました。念の為、ドール服に限った話で、実際の人間の重ね着は、ここまで難しくはないと思います(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-01 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

女子力高めのパンツ・スタイル

a0208783_6355668.jpg
今までスカートばかり着せていた「ヒースの妖精」のmomoko DOLLを、初めてパンツ・スタイルにさせてみました。とは言え、このモモコさんには、やはりドレッシーな格好が似合うと思い、目指したのは「パンツでも十分女性らしいスタイル」です。
a0208783_6362450.jpg
トップは、キャス・キッドソン風の花柄のカシュクール風ブラウス。使用した生地は、またしても元枕カバーです。ちょっと花柄が人形にとっては飛び過ぎですが、ガーゼのように柔らかくて、大体最初に思い描いたイメージには近く仕上がってくれました。
a0208783_5403687.jpg
ボトムは、ブルー・デニム・ジーンズの裾ロール・アップでも合いそうですが、寄り夏らしいリネンのクロップ丈パンツにしました。リネンと言っても、これは目が粗い壁用の生地の端布なので、服としてはゴワゴワして着心地(人形とは言え)悪そう…。
a0208783_5405681.jpg
ブラウスの縁に使用したのは、随分前にフリマで巻きで買った、ビンテージのノッティンガム・レース。とうとう、これで本当に使い切りました。元々ドール・ハウスのミニチュア用だった為、極細の割にとても繊細で、人形の服作りに大活躍でした。




[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-25 15:34 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ブライスのガーランド

a0208783_4182242.jpg
小さなリース状に円型に並んだ造花。これは何かと言いますと、キャンドル用のデコレーションとして作られ市販されている物です。キャンドル・スタンドの根元に、スポッと嵌め込む仕組みです。これは、中古品と言えど古い物ではないし、現在でも売られていそうで、今までなら見向きもしないアイテムでした。が、イギリスの造花にしちゃシックで品が良いし(造花にしても好みに合う物が滅多にない国…)、ブライス人形の頭のガーランドに活用出来るのでは?と思い立ちました。
a0208783_4185450.jpg
輪状の一箇所を切り離して、いざブライスに被せてみたら、一番外側の葉は大げさ過ぎて、まるで雄ライオンのタテガミみたいだったので(笑)取り去りました。そもそも中心の輪の直径が、ブライスの頭には小さ過ぎた為、ビニール製の輪に切り込みを入れて伸ばしました。
a0208783_4195696.jpg
ガーランドにロマンティックなドレスを合わせるのは、月並みで甘過ぎるかもと思い、あえてパンツ・スタイルにしてみました。
a0208783_4272617.jpg
しかし、やっぱり未だ人形に対して花の割り合いが大きいので、ふんわり大きく広がるスカートのほうが、バランスが取れたかも知れません。
a0208783_4293380.jpg
ブライスのボディって、顔に比べてギミックは至って簡素で、腕すら曲がらず(膝はクリック式で曲がる)、ポーズを取らせると、このバンザイ位しか出来ない所が可愛いと思っています。勿論ピュアニーモやオビツの可動式素体に交換する事は可能ですが、元々安定が悪い上に、巨大な頭を華奢な首で固定させる仕組みがまた大変そうだし、私はしばらくこのままで満足しています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-18 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

アイシング・ブルーの50's風ワンピース

a0208783_5151734.jpg
momoko DOLLの服で、身頃のダーツが一箇所だけで済むパターンがあれば…と、試作のつもりで作りました。またしても大量に手元にある(良く憶えていないがフリマで手に入れたらしい)、縫い易い水色の生地で作りました。ダーツが一箇所(×左右対称)だけだと、やはりちょっと胸の上部の布が余るみたいですが、見た目的にはそんなに可笑しくないようです。
a0208783_5155747.jpg
出来るだけ早く様子を見たかったので、袖無し襟無しでなるべく簡単に…と作ったら、何となく1950年代風に見えて来た為、揃いのボックス型バッグとレースのバブーシュカも拵えました。私にとっては、ドレスを仕上げた後に、合わせてこれらの小物類を作るのが、本当は人形の服作りで一番楽しい時間かも知れません。
a0208783_5162450.jpg
私はウェストのギャザー寄せが今だ苦手で、この生地は意外と張りがある為、特に難しく梃子摺りました。スカート部分に使用したレースは、バブーシュカと共に、フリマで台紙付き巻きで買ったオランダ製。偶然、自分の持っている白いスカートと同じレースでした。工業用ってことか。
a0208783_5164862.jpg
50'sスタイルと言うことで、初代バービーっぽい服装と言われれば、その通りかも知れません。スカートは、もう少し広がったほうが「らしい」かな。そう言えば、初代のビンテージ・バービーには、「バブル・カット」と言う、こんなショートヘアのモデルが存在したようです。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-11 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

どう見てもヘンな柄の布(の人形用ワンピース)

a0208783_3193322.jpg
随分前にイギリスのフリーマーケットで手に入れた、端布の詰め合わせに入っていたと思われるプリント生地です。薄手でコットンor化繊混と縫い易そうな上、人形のOF用に適する柄の細かさで、ビンテージらしいパターンと言えばその通りです。が、どうも見てもヘンテコリンな柄で、これで作りたいと思える服を、長らく全く思い付きませんでした。
a0208783_3201393.jpg
しかし最近になって、もしかしたらmomokoさんが北欧風に着こなしてくれるかもと思い立ち(何でモモコ任せ)、Aラインのワンピースに仕立ててみました。やはりクセの強い柄の布を生かすには、こんなシンプルな服のフォルムが一番なように思います。
a0208783_3203848.jpg
とは言え、全部この布だけじゃ、益々柄のヘンさが目立つし芸がないんじゃないかと思い、袖だけプリントの中の一色から取った無地のグレーにしましたが、…やっぱり北欧風とは程遠く仕上がりました~(苦笑)。そこで、大き目のポケットにもグレーの無地を使い、エセ北欧っぽい花模様の刺繍を入れて、何とか前よりはマシになったかとは思います。
a0208783_321673.jpg
クロップ丈パンツは、この「そっとほっとミルク」のモモコのデフォルトです。ネイビー・ブルーのクロスボディ・バッグと、茶と白のコンビ靴は、大昔に原宿ジェニー・ショップで買った物。ボーダー・ニット帽は、以前リカちゃんに作った物です(小顔のモモちゃんにゃちとデカイ)。
a0208783_3212513.jpg
…うーん、でもこのワンピでは、お出掛けって雰囲気じゃないなー。部屋着としてのほうが、絶対しっくり来ます。
a0208783_322314.jpg
1960年代の抽象画的パターン風の布と言えば、その通りかも知れません。端布の形からして、元は女性用の衣類か何かに使用された残り布のようです。もし人間サイズの服であれば、もしかしてそれなりにお洒落に見えたのかもと想像しています。




・  
[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-04 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

花売り娘

a0208783_4493855.jpg
momoko DOLL用に、肩の大きく開いたドレスを作りたくて、ラグラン袖の型紙を起こしてみました。洋裁の知識が全くないくせに自分で型紙を起こすのは、大変ですが楽しんでもいます。自分で考えた型紙で失敗するのは当然だから、何度挑戦しても構わないけれど、既存の型紙で作って作品例と大きく違った場合は、修正法が分からない上に余計落ち込みますから。
a0208783_4503785.jpg
とにかく手っ取り早く結果を見たかったので、またしても極簡素な服にしました。使用したネルっぽい起毛の黒地に赤い小花柄の生地は、私のワンピースを切り刻んだもので、裾のレースも(momokoにゃ幅が広過ぎるが)ワンピースのをそのまま使っています。
a0208783_4511854.jpg
何となくカントリー風のドレスに仕上がったので、バブシュカとエプロンが合いそうだと思い、拵えてみました。選んだ布はストライプ。
a0208783_4524988.jpg
更に、「ヒースの妖精」のモモちゃんが着こなすと、朝の市場とかの花売り娘風になりました。
a0208783_513575.jpg
エプロンには、ちょびっとだけフォークロア風の刺繍を、ワンポイントで入れました。
a0208783_4521761.jpg
バブシュカにも、エプロンと揃いの刺繍が入っています。
a0208783_4531989.jpg
momokoはとてもスタイリッシュで現代風な人形なので、カントリー・スタイルや民族衣装は似合わないんじゃないかと、今まで勝手に思っていました。が、最近はディアンドル姿のモモコも発売されることですし、要は人形の仕様、またはファッションのデザイン次第だと分かりました。このモモちゃんなんて、こんな格好が、まるで土産物の人形のようにハマって見えます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-27 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

子供用三段切り替えワンピースの型紙

a0208783_221308.jpg
ノーリッジの最初に入ったアンティーク・モールで、この古い子供服の市販型紙(パターン)を買いました。パッケージの左端のイラストの女の子が、他人とは思えなったと言う、ただそれだけの理由です。もっとも値段はフリマ並みだったので、躊躇することもないと思いました。1978年の製品で、「Simplicity」はアメリカの大手型紙会社ですが、南アフリカ向けに発行されたと書いてあります。寸法は、メートル法とインチの両方で表示されています。
a0208783_2215949.jpg
左の女の子のイラストを、拡大してみました。目が青かったので、黒っぽい目に修正しています。しかも白目ナシ(笑)。当然このパターンを使って服を作るつもりはありませんが、昔の型紙のパッケージのスタイル画には、コレクションしたくなる素敵な物が沢山あります。それに、人形の服作りのインスピレーションにはなります。
a0208783_2222576.jpg
試しに、リカちゃん人形サイズで作ってみました。勿論この型紙を使用している訳ではないので、あくまで見よう見真似です。やはり素直に子供らしい服は、リカちゃんに似合うと思います。
a0208783_2225539.jpg
ハイ・ウェスト+三段切り替えスカートのワンピースで、適度にガーリー&ドレッシー、且つ動き易く(子供服には重要)着心地が良さそうな服です。型紙のイラストには、袖無し、パフ・スリーブの半袖、長袖の三種類のバリエーションが表示されており、どれも可愛く見えます。私は、半袖控え目パフにしてみました。また、生地の選択や装飾のアレンジで、結構雰囲気が変わるようです。
a0208783_2234660.jpg
私が使用した布地は、イギリスの薄手+小花の定番、ポリコットン。結構張りがあって、ギャザーを綺麗に寄せるには不向きのようです。人形用の小さな段切り替えスカートには、もっと細かくドレープの寄る、柳やガーゼみたいな極薄のクッタリ柔らかい生地のほうが良かったと思います。
a0208783_224669.jpg
中途半端に古臭い柄のビンテージ生地で、最初は非常に地味かと心配しましたが、山吹色のサテン・リボンのトリミングのお陰で、思ったよりは割と華やかに仕上がりました。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-04-20 15:27 | 手芸用品 | Comments(2)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(188)
(172)
(144)
(138)
(136)
(135)
(116)
(83)
(82)
(79)
(76)
(71)
(70)
(67)
(66)
(64)
(61)
(58)
(53)
(52)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

上から目線マトリョーシカ
at 2018-06-25 15:20
グログラン地のビンテージ・バッグ
at 2018-06-24 15:35
SNS映えするパパブブレの飴
at 2018-06-23 15:20
ピッパ人形のスウィンギン・ワ..
at 2018-06-22 15:32
六月の庭便り
at 2018-06-21 15:32

記事ランキング

検索

最新のコメント

kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:29
ぴよよんさん、お久しぶり..
by kagicho at 09:54
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:15
 ステキステキ! こん..
by はっち at 16:13
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:55
 あーこれ可愛いわー。リ..
by はっち at 21:10
Jin-channさん、..
by piyoyonyon at 18:56
ぴよよんさん こんにちは..
by Jin-chann at 11:08
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 07:39
ぴよよんさん お誕生日お..
by はっち at 21:40

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。