人気ブログランキング |

タグ:フェルト ( 5 ) タグの人気記事

青い鳥を探して

a0208783_152275.jpg
このチルチル・ミチルかヘンゼルとグレーテルみたいな衣装は、もうかれこれ20年以上昔に作った物なんです。なので、部分的にはシミが付いたりしています。ボトム以外はフェルトで、しかも袖付けもしない身頃と一体化させていると言う手抜き具合。その割には、目差した草花に馴染みそうな童話的な雰囲気は、一応出せたと結構自己満足しています(目標低い。笑)。
a0208783_1201534.jpg
モデル・ドールは、ジェニーの友達人形のキサラとリエで、どちらも初版廉価品です。キサラは、箱入り中古を知人から定価で売って貰った記憶があります。余程ジェニーが好きで詳しい人じゃない限り、友達人形はどれが誰か、ほとんど区別が付かないと思いますが、この二人は本当に良く似ています。と言うか、ほぼ同じです! フェイス・プリントの違いは、眉が吊り上がっているか否かだけのようです。巷では、勝気なキサラに対し、困り顔のリエと呼ばれているそうです。
a0208783_164997.jpg
こっちがキサラ。ジェニー・フレンドでは珍しく(それとも唯一?)、「大徳寺貴更」と言う漢字付きフルネームが存在します。こんな体の線の全く出ないダップリした衣装を着せているので、男の子にしか見えませんが、実はれっきとした女の子です。少女人形でショート・カットな上、日本人らしいあっさりした顔立ちと、いかにも意思の強そうな瞳を持ち、実際ボーイッシュでチャキチャキの江戸っ子と言うキャラクター設定のキサラは、当時の着せ替え人形としては結構画期的だったようです。今気付きましたが、元々指に赤いマニキュアがしてある仕様です。
a0208783_175121.jpg
こちらがリエ。その髪型の通り、当初「ボブガール・リエ」と言う商品名で販売されていました。何だか前髪だけ、以前より短くなったような…。彼女のデフォルト服は、デニムやダンガリー等のナチュラルさを意識した物が多く、実際ナチュラル・ファッションがこの上なく似合う人形なので、ジェニー・フレンドの中でも一番位のお気に入りモデルでした。私の中では、勝手にキサラの従妹と言う設定にしています。多分リエの名前は、当時ふんどし姿やヌード写真集で一世風靡した、女優の宮沢りえから付けられたのだと思います。今確認したら、日光の全く当たらない場所に保管していたのにも関わらず、足が変色している(涙)のに気付きました。
a0208783_182989.jpg
これらの服を見るにつけても、自分の好みは本当に変わってねえなと実感します(笑)。リエのジャケットのボタンは、本革をパンチ穴で刳り貫いて縫い付けてあります。
a0208783_1243999.jpg
ジェニー及びその友達人形には、垂れ目の甘ったるい顔立ちか、睫毛いっぱいのゴージャス系が多いのですが、この二人はアイプリも雰囲気もちょっと異質で、リアル・クロージングも似合いそうで今でも気に入っています。ただ、どちらも肌の色の相当濃いのが気になります。日焼けした健康的なイメージを狙ったのかも知れないし、白人と言う設定のジェニーと差別化する為だったんでしょうけど、日本人としてもこれはかなり色黒ですよ。もっとも、今ならリカちゃんのお城で、色白や金髪やロングヘア等の様々なバージョンのキサラとリエが販売されているようです。
a0208783_13597.jpg
気に入っていると言う割に、今まで全然登場させていなかったので、これからはもっと積極的にモデルとして利用しなくてはと思います。



・  
by piyoyonyon | 2018-11-30 15:31 | おもちゃ・人形

ベージュのフェルトのクロシュ帽

a0208783_011425.jpg
真夏のカンカン照りのフリマで、50ペンスで売られていました。その暑さの中では、フェルトの帽子に見向く人は、私のような変わり者以外は、ほとんどいなかったと思います。
a0208783_013161.jpg
唾が狭くてアール・デコ時代っぽい、私の好きなクロシュ・ハットで、造りも良くて本当は結構高そう…と思い買いました。タグにはイタリア製&「Filippo Catarzi」の名前があり、家に帰ってから調べたら、フィレンツェの老舗帽子工房だと分かりました。
a0208783_015136.jpg
唾の後ろ部分が一層狭くなっていて、縛った髪の毛を、ぴょっこり出せる仕組みになっている所が気に入っています。また、フェルトと言えど柔らかく、畳んでバッグに仕舞う事が出来る点も便利です。耳は隠れないので、冬の防寒には向かないけれど、秋には活躍してくれそうな帽子です。
 




by piyoyonyon | 2018-10-28 15:32 | バッグ・靴・帽子

額装のフェルトの貼り絵

a0208783_17521511.jpg
イギリスの古物として、今まで何度か見たことのある物です。多分1970年代に流行した、既に型抜きしてあるフェルトのピースを自分で台紙に貼る、キットか何かだったのではと想像しています。カラフルなフェルトの花がレトロ可愛いと思っていたのですが、生憎ひどく色褪せたりとかで、今まで状態の許せる物に出会ったことがありませんでした。それが先日、非常に綺麗な状態の物に出会い、安く手に入れることが出来ました。
a0208783_17524943.jpg
返ってちょっと綺麗過ぎて、ビンテージではなく結構最近作られたのでは?と疑う程です。でも、台紙にプリントしてある「Anemone Bouquet」の文字が、70年代の典型的な流行の書体なので、少なくともデザイン自体は70年代の物だと思います。
a0208783_17533097.jpg
実際には、アネモネだけじゃなく、スミレや勿忘草等の花も混じったブーケです。
  




by piyoyonyon | 2016-10-31 15:31 | インテリア・デコレーション

マチョー刺繍の赤いフェルトの箱

a0208783_0392951.jpg
今でもハンガリーのお土産として現地で良く見掛ける、フェルト地にマチョー刺繍を施した小箱。その年季の入ったやつに、イギリスのフリマで出会いました。新品のこの手の箱には、正直言うと今まで、他の手の込んだハンガリー刺繍に比べて少し大味に見える為、余り触手が動いたことはありませんでした。ところがこれは、虫に喰われたのか擦り切れたのか、あちこちボロけて来ているのですが、普段のお土産品より大きめなこともあり、赤いフェルト地や鮮やかな刺繍糸が程良く色褪せ、古いものならではの貫禄が出て、妙に惹かれました。直径は17cm位で、簡易な裁縫箱位にはなりそうな大きさです。
a0208783_18103716.jpg
お土産として一般的なのは、両脇の小箱のサイズ。この色褪せ具合を、写真で上手く出せなくて残念です。
a0208783_0395382.jpg
底のラベルの花柄に、古い印刷物ならではの味わいが滲み出ています。
  
by piyoyonyon | 2014-12-16 15:33 | 箱・缶・入れ物

クリスマスのエコ・ラッピング

フリーマーケットで安い古布に大量に出会う場合、大抵そういうストールでは、てっとり早く不要品を処分したいので、「まとめて持って行ってくれるなら売る」と言われることがあります。その結果、全く好みでない、どうにも役に立たない布地をも、一緒に手に入れてしまうことになります。人形の服を作るのにも柄が大き過ぎるし、地も厚過ぎるし、そもそも柄自体が魅力的じゃないから、撮影の背景にもなりゃしない。しかも地が厚いと、単なる布とは言え、かなり収納場所を取るので、もう本当に捨てるしかないなーと思っていました。一方、クリスマス・プレゼントのラッピングに、技術がない&ロクなラッピング用品が手に入らない、で毎年イライラしながら梃子摺り、しかも毎年、家族でプレゼント交換をした後、開けて破り捨てたラッピング・ペーパーの、山のような紙ゴミが出るのに心底ウンザリしていました。そこで、どうせ捨てるつもりの布なら、失敗しても惜しくないと思い、世界で一番簡単かつモノグサな手芸で、使い廻しの出来るラッピング・バッグ(日本なら既に売っていそうなものですが)を作ってみることにしました。
a0208783_11146.jpg
作る際、アイロン掛けもしなければ、寸法も計りません(笑)。ほとんど、手にいれた布地のサイズそのままを利用して縫っています。元はカーテンや布張り椅子等のインテリア用の生地だったようで、しっかりはしています。特にベルベット調の生地は、フォーマルな雰囲気で、それなりに見栄えはするようです。
a0208783_2357684.jpg
一番便利な形態だと分かったのは、只の袋状に縫って、ボニーのようなオーナメント付きのヘアゴムで口を縛ること。ゴムをある程度長くしておけば、かなり多くの形態のプレゼントに対応出来るようです。日本なら、ボニーだけ用意して、市販の紙のラッピング・バッグにも使用できます。わざわざ巾着型にすると、生地が厚過ぎて、口が上手く絞れなくて失敗でした(苦笑)。
a0208783_23573761.jpg
こちらは更に全くクリスマスらしくない生地だから、せめてアップリケを…と思ったのですが、ボニーだけで何とか誤魔化せるし、返ってないほうが使い勝手も良いみたい。しかも、アップリケの位置が上過ぎ(汗)。
a0208783_23575810.jpg
欧米ではプレゼントは、クリスマスに開けるまで、まとめてツリーの下に並べて置きます。なので、「誰から誰へ」なのか明記したタグやシールを、プレゼントの外側に付けるのは必須。このラッピング・バッグには、裏側に名刺サイズのタグを入れる窓開きポケットが付いています。
a0208783_23584169.jpg
ボニーの素材には、大き目のボタン、100円ショップの造花、壊れたアクセサリー、余ったクリスマス・ツリーのオーナメント、ダブったガチャや食玩のおもちゃ等、アクセントになるものは何でも使えます。送る相手の好みに合わせたら、一層楽しいと思います。受け取った人は、再びラッピングに使用するのは勿論、ツリーに飾っても良し、頭に結わえても良しで、好きなように使えるはずです。
a0208783_23563444.jpg
とにかく「捨てるよりはマシ」がテーマなので、お金と手間を掛けないことには徹底しました(しつこいようだが)。その割に、P太からは、単なるラッピングとして渡しちゃうのは勿体ないと見えたようです。でも、何度も使い廻して貰うつもりだから、返って無駄にならないと説明しました。すると、「そうか、プレゼントを渡した後、袋を回収するんだね!」だって。…さすがに、そこまでセコクはないわい(とほほ)。
  
by piyoyonyon | 2014-12-11 15:28 | ファブリック


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ

2019年3月1日より、こちらのブログ(手帖3冊目)で更新します。

手帳1冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(223)
(218)
(189)
(173)
(167)
(163)
(138)
(99)
(90)
(87)
(87)
(85)
(82)
(75)
(72)
(71)
(71)
(68)
(60)
(59)

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2019-02-28 15:33
サーモン・オレンジのエナメル..
at 2019-02-27 15:28
五角形のイエロー系ラインスト..
at 2019-02-26 15:30
競馬場でアンティーク・フェア
at 2019-02-25 15:22
ウラン・ガラスの矢車菊柄一輪挿し
at 2019-02-24 15:20

記事ランキング

検索

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル