タグ:ブローチ ( 154 ) タグの人気記事

赤い花のマイクロ・モザイク・ブローチ

a0208783_693957.jpg
ルーサイトのインタリオのブローチを買ったストールで、どれでも一個10ペンスの中古アクセサリーの箱の中に入っていた、イタリアのマイクロ・モザイクのブローチです。典型的なカラフルな花柄ではなく、赤い花で統一されているのが特徴です。この花が朱赤っぽい色で、中心は黒で、ポピーを表してるように見えます。
a0208783_611341.jpg
宝石以上に高価なヴィクトリア時代のマイクロ・モザイク程は緻密ではありませんが、50~70年代のビンテージよりはモザイクが細か目なので、20世紀前半の製品ではと思っています。新品を買っても結構高価だし、作り手が減って来ているから、益々貴重になっているのは確かです。
a0208783_6102636.jpg
幅3cm位と、ブローチとしては小ぶりですが、カボション状に中央がぷっくりと膨らんでおり、モザイクの面積は意外と大きく、全体的にズッシリ重く充実感はあります。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-20 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

空色の花のリースのブローチ

a0208783_512141.jpg
フリマで出会った、ちょっと今までありそうでなかったタイプのビンテージのブローチです。空色の四弁の花四つが、枝と木の実のような物と連なって、リング状に並んでいます。全体の直径は5cm強で、地金はしっかりした強固な造りです。
a0208783_5123092.jpg
花には結構立体感があり、充実して見えます。またアシンメトリーな構図も、デザインに奥行きを出しています。
a0208783_5125525.jpg
少しくすんだ空色なので、どちらかと言うとサックス・ブルーに近いかも。大きさは十分ありますが、色味は落ち着いているので、それ程大げさには見えず、普段使いに向きそうです。
 


[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-11 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

四角いルーサイトのインタリオ・ブローチ 2

a0208783_5574242.jpg
今年の夏は半端なく暑かったので、汗を掻くのが嫌いなP太は(実際持病に良くない)、郊外の大型フリマへは快晴の日は行かず、車で私の送り迎えだけしてくれました。私がフリマを見終わり電話で呼び出すと、迎えに来てくれる訳ですが、家を出る準備をしてから15分位は掛かるので、その間も一応しばしフリマを見続けます。そんな残り時間の、とあるストールで、私の大好きなルーサイトのインタリオや、マイクロ・モザイクのブローチを発見。しかも、一個10ペンスと言う価格! そのストールは一度チェックしていたはずなのに、最初に訪れた時には、うっかり見落としていたようです。危ない、危ない…。やはりフリマは、何度でも念入りに見るのに越した事はありません。
a0208783_558955.jpg
モチーフはまたしても王道の花籠なのですが、インタリオの彩色の、色が濃い目に残っている所がちょっと印象的です。特に蛍光カラーっぽいピンクが、レトロなキッチュさを高めていて目を引きます。ただし、モチーフの彫刻自体は、正直言って結構稚拙。このインタリオの技術にも、職人に寄って格差があるのだと実感しました。
a0208783_5583065.jpg
全体的な形はシンプルな四角で、モチーフは在り来たりな花籠ですが、やっぱり何個持っていても嬉しい、何度眺めても可愛いルーサイトのインタリオです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-03 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

ウラン・ガラスの花型ブローチ

a0208783_6102189.jpg
アーディングリーのアンティーク・フェアでは、アクアのラインストーンのフィリグリーのネックレスは、姉用にと買ったので、当然自分用にも幾つか何か買おうと思っていました。が、結局自分用に買ったのは、この小さなブローチだけでした。前にも書いたように、最後に買おうと思っていたストールは、再び寄った時には既に閉店していたからです。中々品揃えが素晴らしいビンテージ・ジュエリー専門のストールで、どれでも一個1ポンドの箱の中から見付けました。
a0208783_6104142.jpg
中央のスクエア・カットのラインストーンと、周囲のマーキス型では、微妙に色が違いますが、全てウラン・ガラスです。製造年代は、1940~50年代頃。例えウラン・ガラスじゃなかったとしても、ラインストーンの清々しい色合いと輝きが、中々美しいブローチです。
a0208783_611245.jpg
直径は3cm位で、私の好みとしてはやや小ぶりですが、癖のないシンメトリーなデザインな分、配置の使い勝手が良さそうだし、他のブローチと組み合わせて、重ね付けも出来るかも知れません。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-01 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

フィリグリーのバー・ブローチ

a0208783_5445842.jpg
春に出掛けたアランデルのアンティーク・モールで、「おっ、これは中々素敵」「 姉の誕生日(8月)プレゼント用に良さそう!」と思い、早々と買っていたブローチです。これを今から買って置けば、誕生日直前に慌てふためく必要はあるまい、と思ったのです。が、結局その後も、姉用に色々ビンテージ・ジュエリーを、せっせと買い集めてしまいました(苦笑)。
a0208783_5452522.jpg
幅約8cmの、ネクタイ・ピンのような横長のブローチで、こんなタイプはバー・ブローチと呼ばれます。ラインストーンは紫のみで、中央の一番大きな石のみオープン・バックになっています。繊細で優雅な透かし細工の台座は、結構立体的に組み合わせてあります。
a0208783_5454223.jpg
この手の透かし細工(フィリグリー)は、アール・デコ時代に流行りましたが、バー・ブローチは、ヴィクトリアン後期やエドワーディアンの時代に、御婦人のブラウスのスタンド・カラーを留める為に流行したアイテムでした。このブローチも、裏のピンも古風な形式だし、アール・デコよりも少し古い時代の製造かも知れません。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-27 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

ケーブル・カーのアルペン・バッジ

a0208783_5343612.jpg
バスケット型のエナメル・ブローチを買ったストールで、ついでにこのバッジも買いました。典型的なアルプスの土産物で、今でも売っていそうな金属製の登山バッジですが、昔から好きで惹かれてしまいます。そして、こんな風にモチーフが揺れる仕様は、少しだけ古風で楽しいものです。
a0208783_535536.jpg
ケーブル・カーは、打ち抜いた金属板を組み立てて作っているようで、結構良く出来ています。
a0208783_5353281.jpg
ケーブル・カーと地名を除くと、この「Ellmau」の登山バッジと変わりありません。多分地名だけ差し替えて、同じ工場で作られていたのだと思います。地名は「SEEFELD」で、オーストリアのチロル州の、高級スキー・リゾート地を指しているようです。
  


[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-25 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

バスケット型エナメル・ブローチ

a0208783_6441195.jpg
フリマで、古いアクセサリーが並んだ箱がありました。ゴソゴソと物色したら、最初にこのバスケット型のブローチが目に入りました。
a0208783_6443066.jpg
高さ3cm位の小ぶりのブローチですが、鮮やかな青い花が中々目を引き、清楚で可憐な魅力を放っています。花と葉とバスケットはエナメルで彩色してあり、その周囲にマーカサイト風の石が並んでいます。裏には「Hollywood」の刻印があり、ミッドセンチュリーのジュエリー・メーカー、またはブランド名のようです。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-18 15:26 | アクセサリー | Comments(0)

帆船のエナメル・ブローチ

a0208783_534849.jpg
母への誕生日プレゼントを発送する直前、フリマでこのブローチに出会いました。すかさず購入し、荷物に同封する事にしました。私の母は、帆船が大好きなのです。
a0208783_520353.jpg
古いのか新しいのかは分かりませんが、立体感も十分あり、丁寧にエナメル(七宝)塗装されていて、安っぽい造りではない事は確かです。何より、トリコロールっぽい色合いだし(白はありませんが…)、夏のマリン・スタイルにぴったりの、役に立ちそうなブローチだと思いました。ボーダーのシャツやワンピースに、ばっちり似合いそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-11 15:30 | アクセサリー | Comments(0)

アール・デコのフィリグリーのペア・クリップ

フリマで売られている中古アクセサリーの大多数は、ビンテージと呼ぶ程は古くない、現代のファスト・ファッション・ショップの商品です。大抵一つのストールで、結構大量に並べて販売しています。特にイギリスでは、まるで手カセのような、ブっといバングルを多く見掛けます。バングルのみならず、現代のイギリス人女性は、概ね大きなアクセサリーを好み、また沢山じゃらじゃら身に着けるのを好みます。フリマでそれらを見るに付け、安いアクセサリーを次々に買い、すぐに飽きて売りに出しちゃう人が多いんだなーと思います。しかし、そんなフリマで頻繁に見掛ける、取るに足らない中古アクセサリーの山の中に、もし一つでもビンテージが混じっていたら、他にもビンテージ・ジュエリーの潜んでいる確率が高いので、一応ゴソゴソ漁ってみます。
a0208783_1620574.jpg
これは、そんな中から発掘して来た、アール・デコ時代のビンテージ・ジュエリー。
a0208783_16214831.jpg
一見イヤリングですが、実はバネ式の金具の裏側に結構鋭い突起が幾つか出ていて、クリップ式のブローチになっています。もし間違ってイヤリングとして使用すると、ゴーモンに近く、流血する事確実です! 正にアール・デコ時代に流行したアイテムでして、大抵ペアなので、一つを中古アクセが雑多に詰まった箱の中で見付けた時、もう一つあるかも…と根気良く探し出しました。
a0208783_1622854.jpg
型押しの透かし細工で出来ており、素材はブラスと思われます。直線的な外枠は、いかにもアール・デコらしいデザイン。しかし中央の意匠は曲線的で、どちらかと言うとアール・ヌーヴォー風です。総じて、中欧のアール・ヌーヴォー「ユーゲントシュティール」っぽいと言うのが一番ピンと来ます。もしこれがチェコで生産されたとしたら、それも在り得ます。
a0208783_16222669.jpg
多分服の襟元に、こんな風に着用したようです。実際使用するとなると、服の生地を傷める可能性はありますが、百年近い昔の優雅なデザインには見惚れします。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-08-07 15:35 | アクセサリー | Comments(2)

黄色いバラのエナメル・ブローチ

a0208783_2133494.jpg
好みの1960年代に流行したエナメル花ブローチに、フリマで久々に出会いました。状態は良好と思い込んでいましたが、家に帰って良く良く確認すると、結構あちこち剥げていました。私とした事が、浮かれてちゃんとチェックしなかったんですね…。だからと言って、買ったのを後悔する程の値段では全くなかったのですが(笑)。
a0208783_21333039.jpg
黄色いバラの花を模ってあり、中心にはフェイク・パールが嵌め込まれて、茎と葉が伸びています。多くのポップでフラワーパワーなエナメル花ブローチよりは、ちょっと落ち着いた(と言うかババ臭くて垢抜けない)雰囲気です。
a0208783_21334839.jpg
高芯咲きで縁だけ赤っぽい黄バラと言う事で、ハイブリット・ティー・ローズの銘花「ピース」を思い出させます。ハイブリット・ティーには本来余り興味のない私ですが、そのバラの誕生には興味深い逸話があり、実際印象的な美しいバラです。第二次世界大戦中にフランスで生まれたこのバラは、その後戦火に遭い喪失されてしまいますが、アメリカに逃れた苗木だけが奇跡的に生き残り、終戦時に平和を願って「ピース」と名付けられ、世界中に広まり愛されました。実物のピース・ローズは、もっと薄くて柔らかい透き通った花色です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-26 15:31 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(203)
(188)
(154)
(146)
(146)
(142)
(126)
(87)
(85)
(84)
(82)
(77)
(72)
(69)
(69)
(68)
(64)
(62)
(55)
(54)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブドウの収穫の金属レリーフ
at 2018-09-23 15:25
ブレコン・ビーコンズ国立公園..
at 2018-09-22 15:30
スターライトYOSHIKI人形
at 2018-09-21 15:35
赤い花のマイクロ・モザイク・..
at 2018-09-20 15:28
ブレコン・ビーコンズの宿
at 2018-09-19 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。