タグ:ブローチ ( 132 ) タグの人気記事

アイリス・ガラスとフィリグリーのブローチ

a0208783_7321954.jpg
チャリティショップのやたら多い町コルチェスターで、猫チャリティ屋の次に訪れたチャリティショップは、普通の全国チェーン店でしたが、何故かビンテージ・ジュエリーが豊富にありました。生憎値段はそれ程お安くはなかったので、一番気に入ったこのブローチのみ購入しました。
a0208783_7341057.jpg
虹色に彩色されたアイリス・ガラスのラインストーンと、フィリグリー(透かし金具)の組み合わせは、意外にも初めて目にしました。この手の繊細なフィリグリーは、アール・デコ時代に特に流行ったらしいし、アイリス・ガラスも虹色の筋の淡い初期の物なので、多分アール・デコ時代のブローチだと思います。直径は3cm位で、この後の時代のブローチに比べるとかなり小ぶりです。
a0208783_7343934.jpg
戦後のアイリス・ガラスの虹色の筋はハッキリしていますが、古い淡いほうが価値が高いそうで、私も淡いほうが好きです。シャボン玉のような儚さがあり、本当に綺麗です。




  
[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-03 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

バグパイパーのテリア犬ブローチ

a0208783_7244649.jpg
10年前にコルチェスターを訪れた際は、山程並んでいるチャリティショップを次から次へと物色したのにも関わらず、その上当時は今より古物を買う基準のハードルが遥かに低かったはずなのに、買いたいと思える物に一つも出会えなかったと記憶しています。しかし、やっぱり古物との出会いは時の運です。今回は、最初に入ったコルチェスター独自の猫チャリティ屋で、いきなり好みのオールド・プラスティックのブローチに出会いました。
a0208783_7251482.jpg
スコッチ・テリアかハイランド・テリアが、キルトを着てバグパイプを演奏していて、一目で昔のバリバリのスコットランド土産だと分かります。図案は犬の柔らかな毛並みまで表現され、かなり彫りが細かく、更に渋い手彩色で中々良い雰囲気。何だかお惚け気味のテリア犬も、結構可愛いです。猫チャリティなのに犬モチーフなのがちょっと残念ですが、猫チャリティに少しでも貢献出来るなら、しかもポコちゃんが亡くなった翌日とあらば、躊躇わずに購入したいと思いました。
a0208783_7253712.jpg
ブローチ自体は壊れ易いセルロイド製だと思いますが、軽量金属で裏打ちしてある仕様は初めて目にしました。これで、数段強度が増していると思います。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-31 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

エナメルの菫とラインストーンのブローチ

a0208783_7115671.jpg
隣町のフリマで、中々好みのビンテージ・ジュエリーを、一つ50ペンスで売る一般人のストールがありました。生憎もう一つ気に入ったブローチは、タッチの差で隣のおばさん(もう一人の客)に買われてしまったけど、こちらはゲットすることが出来ました。
a0208783_7121954.jpg
菫を立体的な金属とエナメル彩色で表現した、アール・デコ時代のオーストリアで生産されていたらしいブローチは、今までも何度か目にして来ましたが、以外にもラインストーンとの組み合わせは初めて目にしました。微妙に楕円形状(もしかして単に正円形が歪んだ?)にラインストーンが並び、その中に菫の花が三輪並んでいます。
a0208783_7124096.jpg
ラインストーンを、菫の花に合わせて淡い紫色のみにしたところが、何とも愛らしいと思います。ちょっと大きさ的には使い辛そうですが、全体的に古い時代ならではの奥ゆかしさや可憐さが漂う、眺めてウットリ嬉しいブローチです。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-25 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

銀線細工とターコイズのカボションのブローチ

a0208783_701245.jpg
今年の姉へのクリスマス・プレゼント用に、アンティーク・モールの多い町ルイスで選んだビンテージ・ジュエリーはコレです。姉好みで大きい(直径約6cm)上に、既にフィリグリーのブローチをプレゼントしたことは何度かあっても、それは型押し抜きの透かし金具で、細いワイヤーを丁寧に折り曲げて形成した銀線細工を選んだことは、今までないと思ったからです。
a0208783_743510.jpg
こんな大きな銀線細工は、私も初めて目にしました。それなりに古そうに見えますが、何時の時代の物なのか、何処の国の生産かも検討が付きません。
a0208783_765969.jpg
ヴィクトリア時代の銀線細工でも、インドネシア製でもなさそうだし。ターコイズと言えばネイティブ・アメリカンか?とも思い付きましたが、銀線細工は存在しなさそうです。
a0208783_774073.jpg
直径1cm近いカボションは、多分ターコイズ風のガラスだと思いますが、もしかしたらワイヤーは本当にスターリング・シルバーとかなのかも…。とは言えホルマークはないし、姉に送る際の国際郵便の内容明記シールには、単なるコスチューム・ジュエリーとしか記していません。銀と記入すると、郵送量が更に高くなりますので(笑)。
a0208783_78789.jpg
どちらにしても、大きい割に繊細で、相当手の込んだインパクトの強いブローチなのには違いなく、姉が気に入って使ってくれれば何よりです。




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-23 15:31 | アクセサリー | Comments(0)

象嵌風帆船のブローチ

a0208783_7172325.jpg
帆船の大好きな母のクリスマス・プレゼントに、このブローチも追加しました。金属で表現された帆船が、地金の金色+銀色+黒で表現され、一見象嵌細工のように見えますが、あくまで型押し彩色された「象嵌風」です。
a0208783_7175143.jpg
とは言え、船の立体感など中々良く出来ていると思います。横幅は4cm位。
a0208783_7182821.jpg
で、母へのメインのプレゼントは何にしたかと言うと、服やアクセサリーを送る事が多いので、今回は靴下の詰め合わせにしました~。服やアクセなら他の人からも貰い、新調する機会も多いかと思いますが、年寄りは、靴下や下着には無頓着で、いつまでも古い物を使い続けている事が多いのですよ。以前父から、「お母さん、穴の開いたヒドイ靴下を未だ履いているんだ…。今度のプレゼントで、新しいのを買ってやってくれ!」と、わざわざ連絡まで受けたことがあります(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-20 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

古いミニチュア木靴のブローチ

a0208783_6465867.jpg
フリーマーケットの一つのストールで、好みのビンテージ・ジュエリーを四つまとめて買いましたが、その中でもこの小さな木靴のブローチは、単なる昔のキッチュなスーベニールで、多分私以外にとってはほとんど価値のない物です。しかし、販売地とは無関係の現在の大量生産土産物には見られない、その土地らしい懐かしい手作業の魅力には溢れています。
a0208783_6472368.jpg
木靴の大きさは縦1cm程度で、リカちゃんでさえ履けない小ささ。凝った意匠でも精巧な造りでもありませんが、木靴本体は勿論手彫りだし、赤い花の絵柄は手彩色です。専門の職人に寄るものではない、恐らく農民が農閑期に副業として制作した、この手の工芸品を、「民衆工芸」と呼ぶそうです。木靴は経年で程良い艶が出て、揺れるとカチカチと小気味の良い音がします。
a0208783_6474767.jpg
多分オランダのお土産だと思いますが、木靴の脇に小さく手書きで地名らしきものが書かれてあるものの、判読不可能で突き止められませんでした。
 

・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-16 15:29 | アクセサリー | Comments(0)

ドライフラワーのカプセル・ドーム型ブローチ

a0208783_63668.jpg
隣町のフリマの、ルーサイトの帆船のインタリオ・ブローチに出会ったとの同じストールで、このドライフラワーのブローチも見付けました。今までも何度か見掛けたことのあるタイプで、セルロイド製のカプセル・ドームに、キッチュな色合いに染色された小さなドライフラワーが、ブーケのように並べられて閉じ込めてあります。
a0208783_6363065.jpg
ドームと土台の隙間から、錆のような汚れが中に入り込んじゃっています。この手のブローチは、ルーサイトのインタリオ同様に、1940年代に流行したそうです。1940年代は、さすがに未だ生まれていないから知らないはずなのに、何故か懐かしさに溢れるブローチです。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-11 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

ルーサイトの帆船のインタリオのブローチ

a0208783_6223242.jpg
隣町のフリーマーケットで、1940年代に流行した、大好きなルーサイトのインタリオのブローチに出会えました。しかもモチーフは帆船で、今まで見たことのないタイプです。
a0208783_6225591.jpg
一辺4cm弱の正方形で、古風な帆船が裏彫り彩色されています。帆船に加え、波やカモメ(または飛沫?)も描かれています。モチーフがセンターからずれて、ピンの金具が表側にはみ出している所が御愛嬌です。帆が甘いシュガーピンクってのも、帆船のワイルドなイメージとはちょい違う気がしますが、まあこのブローチを着用するのは女性だからなあ。
a0208783_6252983.jpg
その日のフリマでは、一つのストールで、これだけ好みのビンテージ・ジュエリーに出会えました。一つ50ペンス。やはり在る所には、集中して在るんですよね~。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-08 15:26 | アクセサリー | Comments(0)

フィリグリーのスカーフ・クリップ

ブローチに似ていますが、スカーフ・クリップと言うアイテムです。スカーフを首に巻く時、結ぶ代わりにこれで留めるのです。ブローチでさえ今は流行遅れと言われますが、スカーフ・クリップは更に過去のアイテム。現在使用している人は、ほとんど居ないのではと思います。しかし持っていると、実は中々便利です。特に大判のスカーフには、結ぶより手軽で収まりが良いと思います。
a0208783_7114328.jpg
良く見ると、横長の六角形のフィリグリー(透かし金具)パーツを、四つ繋げたデザインなのが分かります。今まで見掛けたビンテージのスカーフ・クリップと言うと、過去のアイテムなだけに、セルロイドの土台に金属モチーフが貼り付けてあるとか、プラスティックのカボションに古風な油彩画みたいな花柄がプリントされているとか、正直言っておばーちゃんっぽいデザインばかりでした。しかしこれは、珍しく現在のファッションにも普通に溶け込み易いデザインだと思います。
a0208783_7121973.jpg
裏面の金具は、こんな風になっています。この穴にスカーフの両端を通し、ぱちんと倒せば留まります。結構重量のあるスカーフ・クリップなので、薄手のスカーフでは滑り落ちちゃう可能性があるかもと思いましたが、かなりしっかり留まるので大丈夫。逆に、厚手のショールにも使えそうです。勿論服の端等に挟めば、単にブローチとしても使用出来ます。
a0208783_7124528.jpg
「スカーフ・クリップは過去のアイテム」と言いましたが、ネットでは今でも結構販売され続けている事が分かりました。それらのサイトに寄ると、中央ではなくサイドにクリップを留めたりと、色々工夫を凝らした使い方が存在し、かなりお洒落で優雅です。そもそも首に上質のスカーフを上手に巻くと、たちまち着こなしがグレード・アップしますよね。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-28 15:15 | アクセサリー | Comments(0)

本革の花ブローチ

a0208783_5591393.jpg
今年の初め頃にフリマで買った、本革製の二つの花型ブローチです。ビンテージと言う程古い訳でも、珍しいデザインでもないのですが、何かと活用頻度高そうと思い買いました。造形は至ってシンプルですが、適度な厚み、立体感、素材の存在感が、十分アクセントとして目立つからです。
a0208783_5593993.jpg
緑の方の花は、染色は下地の色が透けて見える程薄めで、革製の花弁自体は渋い色味です。その分、中央のペップの束が軽やか&鮮やかです。
a0208783_601432.jpg
一方赤い花は、花弁も中央のペップもほぼ同じ色味。子供っぽくならない深い赤です。
a0208783_603693.jpg
一つずつでも勿論使えますが、二つ合わせるとクリスマス色で、魅力が増すと気付きました。コートや帽子に、やはり何かとお役立ちが期待出来ます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-23 15:37 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(179)
(155)
(132)
(125)
(120)
(116)
(108)
(78)
(78)
(71)
(71)
(63)
(63)
(62)
(60)
(59)
(58)
(52)
(47)
(46)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ビンテージ・スカーフの人形用..
at 2018-02-23 15:30
タラちゃんのグラニー・ブラン..
at 2018-02-22 15:22
雨の城下町ロチェスター
at 2018-02-21 15:29
フリンジ付き紫系ラインストー..
at 2018-02-20 15:27
黄緑ギンガムとオレンジの花柄..
at 2018-02-19 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25
Tallulahさん、こ..
by piyoyonyon at 19:21
職場でアメリカ製のチョコ..
by mintmint36 at 05:34
ぴよよんさん こんにちは..
by mintmint36 at 05:21
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 16:49
aquaさん、こんにちは..
by piyoyonyon at 18:50
ぴよよんさん、こんばんは..
by aqua at 18:22

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。