タグ:プリント・クロス ( 86 ) タグの人気記事

黄色と紫の人形用レインコート

a0208783_512467.jpg
夏頃のフリマで、今まで見た事のない人形用の衣装を、何種類か揃えて売っているストールがありました。全く古くはなく、服のサイズは微妙に1/6ファッション・ドール用とは言えず、ちょっと独特な大きさで、どれも同じ人形用のようです。その中から、中々気に入って、ビンテージ・シンディなら着られるかもと思った、レインコートと共布のレインハットのセットを買いました。
a0208783_513127.jpg
服のタグを調べてみたら「Groovy Girls」と言う、布製の着せ替え人形用のアウトフィットらしいです。道理で、不思議なプロポーション用に仕立ててあると思いました。でも思った通り、ビンテージ・シンディでも何とか着こなせます。肩幅とかは、明らかに合っていませんが。
a0208783_5134260.jpg
帽子は、27㎝ドールにしては頭のでかいシンディにとっても、さすがに大き過ぎますね…。
a0208783_5135998.jpg
イギリスのレインコートの基本色、鮮やかな黄色に、反対色の紫の少しフラワーパワー風のプリントがアクセントとして使われ、ちょっと60年代っぽいコートです。レインコートは、雨の多いイギリスでは需要の高いアイテムです。でもレインハットを被る人は、実際には余り居ないかも知れません。もしコートにフードが付いていれば、それで事足りるからです。透明ビニール製のレイン・ボンネット(バブシュカ)を被るおばーちゃんなら、今でも時々街で見掛けます。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-10-12 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

花柄パネルのポケットのビンテージ・エプロン

a0208783_5381350.jpg
フリマで、お店屋さん柄のビンテージ・エプロンを買ったストールを、帰りに再び通り掛かると、もう一つこのビンテージ・エプロンの売られているのが目に入りました。最初のエプロンを見付けた、テーブルの下のダンボール箱からはかなり離れた、ビニール・シートの上にくしゃくしゃに置かれていました。同じアイテムは、どうせなら並べて売って欲しいなあと思いました。
a0208783_5383784.jpg
左右の同じ柄の大きなポケットは、多分ポピーを表している花柄の、パネル型のプリント生地になっています。
a0208783_539747.jpg
この花自体は、古いファブリックに良くありそうな、写実的で平凡なタッチですが、囲みをオレンジ色の地の白と黒の水玉柄にし、またシアンに近い鮮やかな青地のエプロンと組み合わせたセンスが、今は中々お目に掛かれない大胆さだと思いました。
a0208783_5392529.jpg
こちらもイギリスの既製品ですが、懐かしい野暮ったさがあり、何だか東欧っぽくも見えます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-16 15:36 | ファッション・コスメ | Comments(0)

お店屋さん柄のビンテージ・エプロン

a0208783_5201079.jpg
フリマで、中々素敵なデザインの古いハーフ・エプロンに出会いました。横に長いポケット部分が、店舗の並んだ柄になっています。この柄が、好みの昔の絵本のようなタッチで描かれ、オレンジ色の利いたレトロな色使いと共に、とても魅力的です。
a0208783_5194868.jpg
「サン・ミッシェル通り」とフランス語で書いてあり、店の看板もフランス語です。でも、イギリスのマークス&スペンサー製。左から、多分八百屋、肉屋、ケーキ屋で、これらが繰り返された柄になっています。店舗の上部はレンガの壁、下部には石畳が表現されています。
a0208783_5191629.jpg
エプロン自体は使い込まれて、色褪せて染みも残っていますが、この柄の魅力は捨て難いと思いました。一体この時代のハーフ・エプロンって、何種類位存在したのでしょうね? 勿論今よりも手作りが盛んだったから、世界で一つだけのデザインも数多く存在したのでしょうが、例え既製品でも、同じ柄に出会う事はほとんどありません。
  


[PR]
by piyoyonyon | 2018-09-12 15:25 | ファッション・コスメ | Comments(0)

ルーシー・アットウェルのプリント・コットン布

a0208783_355018.jpg
地元のチャリティショップで、人気のイラストレーター、ルーシー・アットウェル(orアトウェル)の柄のプリント・コットン生地を買いました。1×1m位で2ポンドだから、チャリティショップとしては特に安くはない値段ですが、一般の手芸用品店で買う事を考えれば破格の安さです。
a0208783_355352.jpg
Marbel Lucie Attwell マーベル・ルーシー・アットウェルは、1879年にロンドンに生まれ、1964年にコーンウォールで亡くなりました。イラストレーターとして活躍したのは、1900年代から50~60年代で、当時から相当売れっ子だったようです。この布の柄にもあるように、ローズ・オニールのキューピーのような、ぷっくりほっぺのムッチリした子供や妖精(フェアリーと言うよりピクシー・タイプか)、ころころファンシーな小動物が特徴。初期の「不思議の国のアリス」や「ピーター・パン」の挿絵は、それらとは少し異なり、メランコリックな繊細さがあります。日本では、イギリス通以外の人には知られていないと思いますが、ルーシー・アットウェルは今でも本国では人気が高く、子供向けの絵本だけでなく、多くの種類があるポストカード、フィギュリン、チャールズ皇太子の幼少時代にも使用されたらしい子供向けの食器は、特に人気のアイテムです。
a0208783_3462498.jpg
私は特に彼女の絵が好きって訳ではないのですが、これは布としては十分可愛く、またドール服に活用出来る柄の細かさだと思いました。古い物ではなく、2003年のイギリスのメーカーのデザインで、プリントの精度も色合いも悪くありません。何より、ルーシー・アットウェルのイラストだと遠目にも認識出来ます。こんな商品がリプロされている事からも、人気の根強さが窺えます。この布でマダム・アレクサンダー人形の服なんか作ったら、きっと抜群に可愛いだろうと想像します。
a0208783_356163.jpg
ほぼ時代が被る「フラワー・フェアリー」のC.M.バーカーのイラストが、卓越したデッサン力と写実性で、いつの時代にも色褪せない魅力で人気が高いのに対し、アットウェルのイラストは、その時代らしい懐かしさと、イギリスでは珍しい素直な可愛らしさで、今でも愛され続けています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-07-19 15:30 | ファブリック | Comments(0)

ヘキサゴン・パッチワークのミニ・バッグ

a0208783_2111471.jpg
昨年の夏頃のフリマで、一つ何でも10ペンスのダンボール箱の中に突っ込まれていた、縦12×横10cm位の(ハンドル除く)小さなバッグです。一つのピースの幅2cm位のヘキサゴン・パッチワークが縫い付けてあり、こんな手の込んだ手作り品が10ペンス?と見逃せず買いました。
a0208783_21121943.jpg
パーツがこんなに小さくては、大きな物より返ってずっと面倒なはずです。ただし、折角繋ぎ合わせたヘキサゴン・パッチなのに、中心からズレて曲がって縫い付けてあるのが非常に残念…。しかも、一つ一つの布地は悪くない柄なのに、組み合わせが見事全て渋過ぎるばあちゃん色だし。
a0208783_21123964.jpg
パッチワークは片面のみですが、バッグには裏地もあります。丁度スマホやトランシーバーが入る大きさで、内ポケットの無いバッグのインナー・バッグとして十分役に立ちます。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-03 15:32 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

黄色い花柄のビンテージ・エプロン

a0208783_1894817.jpg
このエプロンは、フリマでストールのテーブルの上に並べてあるのが、かなり遠くからでも目に入りました。その位、生地が目立って私好みでした。遠目から見ても、ビンテージらしい素敵なプリントだなーと思った訳です。でも、もし単なるレトロっぽいプリントの、現代の服とかだったらガッカリ。エプロンである事を望みながら近付き、実際手にとって見て、ビンテージのハーフ・エプロンなのを確認し喜びました。値札には「新品」と書いてあったけど、多分古い未使用品です。
a0208783_1810795.jpg
1.5ポンドと記してありましたが、1ポンドに負けて貰いました。幅も丈もたっぷりある、大き目のハーフ・エプロンです。
a0208783_18102746.jpg
ベルトに向けてタックが二箇所寄せてあり、また大きなポケットが、向かって左側に一個だけ付いています。ビンテージ・エプロンで良く見掛ける、パイピングやリックラック・テープ等の装飾は一切なく、あくまで生地だけで勝負。素材は多分ポリコットンです。既製品ではなくハンドメイドのようで、ポケットの中にマチ針が残ったままでした(あぶねー)。
a0208783_1810524.jpg
他でお目に掛かった事のない、本当に素敵なプリント生地で惚れ惚れします。実際の花の黄色は、目に眩しいような、もっと鮮やかな山吹色です。葉や茎、中心に紺色を使用して組み合わせてるところが、ピシッと締まって黄色を一層引き立てています。また、透け感のある布地なので、マットな白いプリントの花柄が、まるで透かし模様のように見えるのも魅力です。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-29 15:30 | ファッション・コスメ | Comments(0)

キャス・キッドソンの緑地の時計柄ワンピース

a0208783_616297.jpg
このワンピースは、「キャス・キッドソン」から4年前に発売された製品ですが、最近地元のチャリティショップで売られていました。ブランド品の中古ワンピなら、今時はチャリティ屋でも10ポンド近くする事が多いけれど、これは5ポンドの安さでした。とは言え、このワンピの色違いなら既に持っている上に、これはそれより一つ下のサイズです。別に買う必要は全く無かった訳ですが、一応試着してみたら、やはりこの柄の可愛さには逆らい難く、自分ほど着こなせる人がそう居るだろうか?(笑)とか、もう一着持っていても損は無い、などと勝手に思い込んでしまいました。
a0208783_617010.jpg
そもそも前に買ったのは、ジャンパー・スカートとして着たかった為、わざわざいつもより一つ上のサイズを選んだのでした。だからこのサイズでも着用可能な訳ですが、中にカットソーとか着込むのは、パツパツ過ぎて無理っぽい(ウェストがね…。とほほ)。上に羽織り物を着るか、せいぜい薄手のブラウス程度となら重ね着出来ます。色もこちらのほうが夏っぽい事ですし、サマー・ドレスとして、これからの季節にどんどん活用したいと思います。
a0208783_632983.jpg
例えワンピースとして着なくなっても、生地だけでも十分保存して置きたい可愛さ。キャスのデザインは、元々ビンテージ生地からインスパイヤされた物が多いのですが、これはシボのある布地の質感と共に、ビンテージらしさが殊更良く表れています。洗い晒した布っぽい、わざわざ掠れたようなプリントの地色に、ケミカルな発色の時計柄のコントラストが、いかにも1950年代辺りのレトロ・ポップな雰囲気。キノコ柄と共に、キャスの中でも最高にお気に入りの布地です。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-05-17 15:28 | ファッション・コスメ | Comments(0)

オーラ・カイリー+テスコの縦長エコバッグ 

a0208783_3465477.jpg
大人気ファッション・デザイナー「オーラ・カイリー」(ユニクロのせいで、最早日本で知らない人は居なさそうですね)と、イギリスの代表的なスーパーマーケット「テスコ」とのコラボ・エコバッグ。前回のでもうシリーズ終了かと勝手に思っていましたが、また発売されました。しかも、ポップな中にも落ち着いた大人っぽさがある、中々素敵な柄。昨年末に発売されましたが、その時はあっという間に売り切れてしまいました。これは、二月頃に再入荷したのを買った物です。
a0208783_3471486.jpg
今までのオーラ・カイリーのバッグは横長でしたが、今回のは縦長です。素材も、ジュートからキャンバス地に変わりました。日本なら、トート・バッグとして十分使えそうな見た目&質です。お弁当バッグとしてぴったりに見える、同柄の小さなサイズも出ています。因みに、現在テスコでは、ルル・ギネスとのコラボ・エコバッグも発売していますが、こちらはデザインが全然良くなくて惹かれません。ルル・ギネスは、今まで素敵な作品を沢山発表しているデザイナーなのになあ。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-03-13 15:30 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

黄緑ギンガムとオレンジの花柄のテーブル・クロス

a0208783_1943220.jpg
山小屋風チャリティショップで一目見て、コレは私を呼んでいる!と喜んで買ったビンテージのテーブル・クロスです。言わば、カテゴリーAの出会いです。
a0208783_1924512.jpg
こんなに好みの可愛い花柄のプリントは、絶対イギリス製ではなく、ドイツ製とかじゃろうと思いました。タグを確かめると、「100% BAUMWOLLE(=Cotton)」と書いてあったので、やはりドイツ語圏製のようです。ただし生産国名が記してある訳じゃないから、西か東かオーストリアかはハッキリしませんが、多分西ドイツ製ではないかと思います。
a0208783_19325100.jpg
黄緑色のギンガム・チェックの地に、オレンジ色の円や微妙な楕円を配し、その中にフォークロア調の花柄が描かれています。こんなポップな色彩にフォークロアを合わせたのが、この時代の成せる技、またはドイツらしいと思います。
a0208783_1965053.jpg
チェックが直線じゃなくて、手描き風なのがまた魅力的。微妙な版ズレさえ、ビンテージ布の愛しさの要素です。
a0208783_1935454.jpg
綿100%の割に、プリントは非常に鮮やかなままです。返ってタグの文字のプリントのほうが、度重なる洗濯で掠れて、ほとんど読めない状態になっている程。
a0208783_19131661.jpg
目に眩しいケミカルな黄緑とオレンジ色は、正に1960年代後半~70年代を象徴する流行色です。その時代に生まれたらしい、日本では御馴染みのチープ家具カラー・ボックスも、最初はこの二色のみで(だからきっと「カラー」ボックスなんでしょね)、モノトーンや木調のオーガニック・カラーは未だ存在しなかったようです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-19 15:33 | ファブリック | Comments(0)

フィンランドの肩掛けバッグ

a0208783_5285094.jpg
義母からのクリスマス・プレゼントで、クロスボディ・バッグ、またはポシェットです。義母が毎回出店しているフィンランド教会のクリスマス・バザーで、フィンランド人のお友達から買ってくれた手作り品だそうです。
a0208783_5291879.jpg
フィンランド製の布かどうかは分かりませんが、大胆な柄使いが北欧っぽくて個性的。着こなしの程良いアクセントになる一方で、色味的には渋めでモノトーンに近く、合わせる服の色を選びません。大きさや肩紐の長さが、私に丁度ぴったりなところも気に入っています。
a0208783_5294232.jpg
裏面はこんな柄で、ちょっと印象が違います。内側は、赤いサテン生地。正直言って、日本の手作り品に比べると、造りは少し甘いと言うか大味ですが、強度は十分なようです。
a0208783_530123.jpg
ブランド名は「MUSTIKKA」となっています。フィンランドで愛されているブルーベリーの一種で、英語名は「Bilberry」です。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-12 15:27 | バッグ・靴・帽子 | Comments(2)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(209)
(192)
(159)
(154)
(150)
(149)
(128)
(87)
(86)
(86)
(83)
(78)
(75)
(70)
(69)
(68)
(66)
(62)
(57)
(55)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

マイクロ・モザイクの円型ピル..
at 2018-10-23 15:26
ウラン・ガラスのラインストー..
at 2018-10-22 15:34
ベージュ地のプチポワンのビン..
at 2018-10-21 15:35
被せウラン・ガラスのミルク・..
at 2018-10-20 15:30
オクトーバーフェスト
at 2018-10-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。