タグ:ロシア ( 28 ) タグの人気記事

迫力猫リョーシカ

a0208783_7444828.jpg
猫とマトリョーシカを合体させたイラストやグッズは、今や世に沢山存在しますが、マトリョーシカの本場ロシアにも元からあるのだと、こいつにフリーマーケットで出会って改めて思いました。日本の色々可愛く加工されて、ファンシーっぽく処理された猫リョーシカとは全く雰囲気が異なり、マトリョーシカの形態を無理矢理猫に変えただけのような、言わば直球勝負です。
a0208783_7454367.jpg
しかも、高さ16cm位で結構デカいんです。この猫マトの凄いところは、猫の最大の特徴の一つである尖んがり耳が無いのに、ドラえもん状態ではなく、ちゃんと猫に見えること。しかも、やっつけ描き殴ったような絵付けなのに、ちょっとオヤジ臭いマヌケっちい顔ながらも、結構猫らしくて可愛く見えることです。ソビエト時代の製品のようで、服装は模範的共産党員(爆)っぽい格好です。側面や背中、頭(帽子)には、伝統的マトの絵付けにも見られる、ぐるぐるスタンプ模様が沢山押されています。
a0208783_748093.jpg
御想像通り(?)、首が外れます。生憎中には何も入っていませんが、元はやはりマトリョーシカ同様に、入れ子式になっていたのかなあ。だとすれば、一体何の人形が入っていたのでしょうか。ネズミが妥当だと思いますが、もし犬だったら笑えます(猫より小さい)。
a0208783_7451774.jpg
フリマで買った後、すぐに作業机の上に置いたら、余りに馴染んでしまい、ブログにアップするのをすっかり忘れていました(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-12-27 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

ホイッスルのマトリョーシカ

a0208783_22503599.jpg
最近フリマで出会った、小さなマトリョーシカです。睫が長くて化粧の濃い、好みではないケバ系なんですけど、普通の入れ子式の人形ではなく、頭から何か生えている「異物類」なので買いました。
a0208783_2251394.jpg
ガラガラやボールペンやお裁縫道具入れ等、一体マトリョーシカのバリエーションは、どれだけ存在するのでしょうね。勿論、日本も含め、ロシア以外の国のマトリョーシカ・モチーフのグッズは、現在山のように出ている訳ですが、本場ロシアの、しかも白樺製のマト・グッズの魅力には適わないように思います。
a0208783_22515949.jpg
このマトの場合、頭の突起物はホイッスルでして、良く消毒してから(誰が使用したか分かりませんので)一応試しに吹いてみました。そしたら、子供の下手な口笛よりも酷い、微か~な情けない音がしました。
   




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-29 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

歩くブリキのマトリョーシカ

帰国した際、キチ吉ちゃんと一緒に、元職場の先輩でお友達のAさんが店長を勤める、大森の自然食品屋さん「まほろば」を訪れました。またしても延々と御喋りに明け暮れ、その間次々にお茶と美味しい食べ物を出して貰い、すっかり長居してしまいました。
a0208783_2251545.jpg
そこで、懐かしい物に再会! 私が大昔ヨーロッパを半年間一人旅していた頃、ハンガリーのブダペストの蚤の市で出会い、エアメールでAさんに送り付けたマトリョーシカなんですが、こんなキワモノをいきなり送り付ける私も私だけど、今でもとって置いてくれるAさんも、さすが私の敬愛する先輩です(笑)。
a0208783_22512926.jpg
マトリョーシカと言っても、木製ではなくブリキ製。だから入れ子式にはなっておらず、ゼンマイを回すと歩く仕組みになっています。生憎今はゼンマイは無くなってしまったそうですが、その歩き方が、すす~っ軽やかに進む訳ではなく、ゴゴゴ~と結構激しく左右に揺れながら進む、味のあり過ぎる歩き方でした。どちらにせよ、足のないマトリョーシカが歩く姿は、シュールにしか見えないとは思いますが。
a0208783_22514946.jpg
絵柄も色合いもレトロキッチュで、素材感と共に、今見ても我ながら凄く魅力的だと思いました(笑)。こんなソビエト製のブリキの玩具が、旧共産圏のその頃のブダペストの蚤の市には割と在ったのですが、今では珍しくなり、めっきり高値になってしまっているようです。
a0208783_2256546.jpg
お店も御紹介。黄色い自転車はお客様の物のようですが、丁度絵になっています。
a0208783_2257942.jpg
小さなリヤカーに嵌り切った味のある木箱は、偶然ぴったりなサイズだったもの。ここは、不用品を引き取って安く売る、フリマみたいなコーナーになっていました。ここから、ドールの着物になりそうな布地を買いました。
a0208783_22573047.jpg
右は精米機。左は、日にち限定で食堂にもなるお店なので、その為の食器棚になっています。
a0208783_22575986.jpg
古本のコーナー。ここに集まった本も、自然とAさんらしさが滲み出るセレクトになっていました。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-01 15:47 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

マトリョーシカの詰め合わせ

a0208783_6473384.jpg
今じゃ中古のマトリョーシカでさえ、フリマでもチャリティショップでも、大抵驚く程高く売られています。そもそも好みの古い素朴なマトには、滅多にお目に掛かれません。そんな中、プロと思しきフリマのストールで、古いマトリョーシカの雑多に詰まったビニール袋が、全部で50ペンスと言う値段で売られていました。
a0208783_327060.jpg
一番大きなマトは、この身長10cm位の左の子。いかにも国営工場で作られたビンテージっぽくて、素朴な良いお顔をしていて、かなり好みのマトリョーシカです。一応左の子の中に、右の紫の頭巾の子を入れていますが、はたして本当に元からこの組み合わせだったかは不明。紫頭巾ちゃんにもお腹の切れ目はありますが、中には何も入っていませんでした。
a0208783_3272877.jpg
こちらは、かなり異質なマトリョーシカ。右は、服装がネイティブ・アメリカンみたいだし、顔はどう見てもおじーさんだし。左はイヌイットの少年ようだけど、貴方達、本当にロシア出身?? それとも、ロシアの少数民族に、こういう人達でも居るのでしょうか? こちらも、元々こういうセットなのかは謎。
a0208783_3275126.jpg
これのみ、形はマトリョーシカではありませんが、お腹に切り込みがあって、元はマト同様に入れ子式になっていたようです。ただし、中には既に何も入っていませんでした。顔は典型的なスラブ系と言うかマト顔で、ルパシカを着て赤い人民帽を被り、「模範的な共産党員同志イワン」って感じ(…勝手に名付けてみた)。これも、いかにもソ連時代のロシアの民芸品らしくて、味わい深くて結構気に入っています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-18 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ホフロマ塗りのジャム・ポット

a0208783_19203944.jpg
フリーマーケットで買った、ロシアを代表する民芸品、ホフロマ塗りの蓋付きの器です。ホフロマ塗りの中古品は、フリマで割としょっちゅう見掛けますが、こんなベリー柄が一番魅力的に見えます。黒地に朱赤と金が特徴のトールペイントが、東西文化の交流地点であるロシアらしさを良く表していると思います。
a0208783_19214869.jpg
ホフロマ塗りは、木製品と言えど強固に塗装・コーティングしてある為に耐水性で、実用の食器として使用が可能と言われているので、これもジャム入れではないかと思っています。確かにベリー柄のこの器に、ベリー・ジャムを入れたら美味しそう。
a0208783_19224750.jpg
ただし問題がありまして、蓋のサイズが合わない、または座りが悪いどころか、全く器の上に納まりません。ちょっと動かしただけで、するっと外れて落ちてしまう安定の悪さ。造り自体が、蓋を乗せる構造になっていないようです。実際ジャムを入れるのは、無理っぽそうです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-29 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ジョストボ塗りのペンダント

a0208783_5584860.jpg
山小屋風チャリティショップで買った、中古のロシアのお土産品です。直径3.5cm程の木製メダルにトールペイントが施されたペンダントで、「ジョストボ塗り」と呼ばれるそうです。今まで何度かイギリスのフリマ等で、ジョストボ塗り(またはパレフ塗り)のアクセサリーを見掛けた覚えがありますが、買わなかったところを見ると、ピンと来る事がなかったようです。思うに、お洒落に使いこなすアイディアが浮かばなかったせいかも。それは多分、今まで見掛けたのがブローチばかりだったからで、ペンダントは今回初めて目にしました。
a0208783_5591974.jpg
元は黒い革紐が付いていて、自分で首の後ろで自分で結ぶタイプでしたが、ビーズのほうが合わせ易いかもと思い、手元にあった黒いビーズのネックレスに繋げました。描かれた花の色味は落ち着いていて、ほんのちょっぴり大人なフォークロア感を、これなら普段のファッションにさり気なく取り入れられそうです。
a0208783_5594967.jpg
ジョストボ塗りは、モスクワ郊外のジョストボ村で生産される民芸品で、皿やトレイ等の大きな作品には、通常鉄板の土台が使われるそうです。濃い色の地に、花や木の実、果物等を、大胆なストロークを生かして描き、大抵縁を金の細かい文様で装飾するのが特徴のようです。同じロシアの民芸品でも、いかにもロシアらしさが満載の「ホフロマ塗り」や「ゴロジェツ塗り」「メゼーニ塗り」に比べると、色使いが豊富で華やかで、西欧の一般的なトールペイントに共通する親しみ易さが感じられます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-26 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

入れ子式木製卵

a0208783_2353530.jpg
夏頃にフリマで10~20ペンス位で買った、卵型マトリョーシカ…ではなく、マトリョーシカと同じ仕様の木製卵です。多分同じく白樺製で、文様風の柄がトールペイントされた上に、ニスで分厚く塗装されています。入れ子式になっており、中にどんどん小さくなるサイズの卵が二つ入っています。
a0208783_2362994.jpg
多分、マトリョーシカ同様にロシア製。こう言ったイースターの装飾用の卵は、中欧や東欧が本場で特に盛んらしく、木製も多く見掛けますが、入れ子式は初めて目にしました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-16 15:31 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

マトリョーシカ型ティーコジー

a0208783_7554760.jpg
はたして本当にマトリョーシカを模っているかは謎ですが、ロシア製なのは間違いない、迫力の人形型ティーコジーです。そもそも、人型であるかどうかすら疑問。ロシアのティーコジーって、どうしてこうインパクトが強いんでしょうね。まずサイズ自体が大きいし、ビニールの人形を乗っけたりと、立体化&異素材合体が激しいと思います。同じお茶好きの国イギリスにも、様々なデザイン&モチーフの毛糸の手編みのティーコジーが存在しますが、ロシアのティーコジーに比べたら、全体的に随分大人しいと思います。
a0208783_7585018.jpg
顔の部分だけ木製で、メダルのような物が貼り付けてあります。瞳孔の塗料は、少し剥げ気味です。睫が長過ぎ、わざとらしい笑顔が最早腹黒い、今時のマトリョーシカにも中々ない程のケバい顔をしています。おまけに塗料が飛び散って、丁度鼻水垂らしちょるみたい…。顔の上は、リボンのつもり??
a0208783_756101.jpg
ボディ部分の布地の柄は、明らかにロシアを代表する工芸品、ホフロマ塗りをパターンにしたようです。
a0208783_7563369.jpg
サイドの袖?部分にも、柄あり。多分一枚のティータオルを切り刻んで、一応人形型に見立てたつもりで不思議な形に組み立てているようです。
a0208783_7565060.jpg
後ろ側は、こんな感じ。いよいよ人形どころか、最早ティーコジーとすら認識出来ないナゾの物体に見えます。多くの海外ネット民に言わせれば、ロシアは日本と並ぶ、独特の文化が際立つネタの宝庫だそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-02 15:36 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

朱色と緑のミニ・マトリョーシカのキルト・ピン

a0208783_4264731.jpg
友達に毛糸のショールをプレゼントする際、ショールには前を留めるキルト・ピンが必要だろうと、フリマで買った身長4cm足らずの小さなマトリョーシカで手作りし、同封しました。と言っても、手作りと呼ぶのは全く御子がましい、ハートの木製モチーフと、花型のレース・モチーフを繋げただけなんですけど(笑)。
a0208783_4271317.jpg
このマトリョーシカは、入れ子式の中の小さな人形ではなく、元々キーホルダーか何かだったようで、初めから頭にヒートンが打ってあります。顔はケバ系で余り好みではありませんが(笑)、テラコッタに近い朱色と抹茶緑、そしてサックスブルーの渋い色合いが、マトリョーシカとしては結構珍しく、またフォークロアらしくて気に入りました。中央の花柄も可愛いく、朱色地は水玉模様付きです。
a0208783_427335.jpg
材料さえ揃えば、作るのは凄く簡単…だったはずなのですが、その肝心のキルト・ピンが、イギリスでは中々手に入らず苦労しました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-11 15:24 | アクセサリー | Comments(0)

小熊のミーシャのバッジ

a0208783_5103275.jpg
隣町のフリマで、今回も収穫は何もないな…と思ったものの、念の為もう一度見渡したら、既に覗いたはずのプロらしきストールの、壊れたアクセサリー等のガラクタが詰まった箱の中で、このバッジに気付きました。やはり、出来るだけ何度も念入りにチェックするのに、越したことはありませんね。日本人にとっては幻のオリンピック「モスクワ五輪」のマスコット・キャラクター、小熊のミーシャを模っています。値段は50ペンス。この手のアイテムは、旧共産圏で買うと、返って高いと思います。
a0208783_5105682.jpg
縦3cm程度の小さい、軽量金属の安っちい子供騙しなバッジだと思いましたが、家に帰って良く見ると、毛並み等が異様に細かく表現され、更に保護の為に表面がコーティングで覆われているようです。ベルトには、五輪模様(って言うか単なる丸五つ)まで型押しされています。腕がうにょんと変な方向を向いて、にやりと人を小馬鹿にしたように笑っているのは、相変わらずのミーシャです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-25 15:31 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(179)
(154)
(132)
(125)
(119)
(116)
(107)
(78)
(78)
(71)
(71)
(63)
(63)
(62)
(60)
(59)
(58)
(52)
(47)
(46)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

タラちゃんのグラニー・ブラン..
at 2018-02-22 15:22
雨の城下町ロチェスター
at 2018-02-21 15:29
フリンジ付き紫系ラインストー..
at 2018-02-20 15:27
黄緑ギンガムとオレンジの花柄..
at 2018-02-19 15:33
ホーンジーのバンビの花器
at 2018-02-18 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25
Tallulahさん、こ..
by piyoyonyon at 19:21
職場でアメリカ製のチョコ..
by mintmint36 at 05:34
ぴよよんさん こんにちは..
by mintmint36 at 05:21
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 16:49
aquaさん、こんにちは..
by piyoyonyon at 18:50
ぴよよんさん、こんばんは..
by aqua at 18:22

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。