人気ブログランキング |

タグ:木製品 ( 71 ) タグの人気記事

お鍋の縁猫

a0208783_194396.jpg
お友達のIちゃんこと、イラストレーターのたかしまなおこさんからも、可愛いクリスマス・プレゼントをいっぱい頂きました。その中の一つが、この身長3cm×厚さ7㎜位の木製の猫。日本で言えば根付かマスコットのような大きさですが、実はこの猫ちゃん、小さいながら働き者なのです。
a0208783_110579.jpg
元は、こんなパッケージに入っていました。台紙の文字から分かるように、フィンランド製です。台紙の裏面には、オランダ語、英語、ドイツ語の表記、更にその上に日本語説明のシールが貼ってあります。しかしイギリスじゃ、こんな可愛い雑貨、とんと見た事ねえ…。簡素なパッケージもヨーロッパらしいし、白樺製って言うのが、またいかにもフィンランドらしいと思います。
a0208783_1102769.jpg
台紙のイラストにもあるように、お鍋の縁に引っ掛けて、沸騰した際に吹きこぼれを防ぐ為のアイテムなのです。イラストのは牛柄で、他にも動物の種類があるようです。
a0208783_1104430.jpg
ままごとの鍋ですけど(笑)、実際の鍋でもこんな風に使用します。日本では一時「コップのフチ子」と言うカプセルトイが流行って、その後コップの縁猫やコップの縁のドラえもん等の色んなバリエーションが発売され、昨年のクリスマスには義兄からコップの縁の進撃の巨人(しかもコンプリート!)が送られてきました。しかしそれらは、単なるコップの装飾品、または撮影のモデルでしたが、このお鍋の縁猫は、ちゃんと台所で料理の為に労働するのです。
a0208783_111761.jpg
真面目くさった顔で、一生懸命「うんしょうんしょ」と鍋の蓋の重さに耐えているように見えます。もしこれがル・クルーゼとかの鍋だったら、重過ぎて可哀想に見えるかも…(笑)。猫としてはスレンダーな体付きですが、顔はしっかり猫らしく、尚且つちゃんと可愛い優秀なデザインです。
  



by piyoyonyon | 2019-02-10 15:27 | テーブル&キッチンウェア

ルイスのアンティーク・モール巡り インテリア編

a0208783_0583552.jpg
今回のLewes ルイスでのアンティーク・モール巡りを締め括るのは、インテリアと言うか、…何処にも分類出来なかった、残った写真の寄せ集めです(笑)。
a0208783_0535690.jpg
毎回良くまあ、こんなに沢山の写真を撮ったものだと自分でも呆れます。御蔭で、この古物の収穫の閑散期に、ブログのネタの穴埋めにはなりますが、編集が返って面倒臭くさ~(笑)。じゃあ、そもそも何故ブログなんて面倒な事を続けているんだ??って話になりますけど。
a0208783_045257.jpg
今のイギリスのショッピングは本当に不毛ですが、昔の商品には、好みか役に立つかどうかは別として、ちょっと驚きの面白い物に出会える確率が高いのは確か。この樹脂製の透明椅子が、丁度そんなアイテムでした。意外と強度は十分ありそうです。
a0208783_0455281.jpg
一方こちらは、イギリスらしい花柄の布の、良い雰囲気出てる木製椅子。こんな子供用の小さい椅子は、人形やテディベアを飾るのに人気です。
a0208783_0461119.jpg
ドイツ語圏の鉄看板を、照明器具に改造した物のように見えます。そういう看板は、文盲の人にも一目で何を売っているか分かるようにデザインされていたらしいのですが、だとしたら、一体これは何屋だったのでしょう。モチーフ的には、豚(絶対猪ではない)とマタギ。
a0208783_0463370.jpg
元々は良家の令嬢の、刺繍の手始めだったサンプラーには、つい注目してしまいます。
a0208783_047153.jpg
日本の骨董市で、まるで実物の一部屋のように商品がディスプレイされているストールを見るのが楽しいように、アンティーク・モールでも、そんなストールを見るのが楽しみの一つ。
a0208783_0472199.jpg
サンルームのような場所で日当たりが良いので、いつもディスプレイが見栄えのするストール。棚の白い縁レースが決め手のようです。
a0208783_0474636.jpg
綺麗にリペイントされた昔の棚も、ディスプレイの要。勿論イギリスのアンティーク屋の場合、古い建物自体が、抜群のバック・グラウンド効果だったりします。
a0208783_0482569.jpg
いつもミッドセンチュリーのキッチン雑貨類の品揃えが見事で、ディスプレイが楽しい屋根裏のストール。左は青が基調、右は赤がメインにまとめてあります。
a0208783_048457.jpg
こちらも、いつも本当にミッドセンチュリーの一般家庭のように見事にまとめられた、まるで住んでいる気分になる屋根裏のストール。
a0208783_0503444.jpg
50年~60年代物って、アイテムに寄っては、その前の時代の物より、イギリスでは手に入りにくかったりします。ファブリック類が特にそうです。
a0208783_0491216.jpg
センスばっちりのストールが在る一方で、猫脚の椅子とカントリーなキルトが似合わなーい(笑)。
a0208783_0495026.jpg
絵具のパレットのような天板のテーブルは、1950年代の典型的なデザイン。陶器のハンドル付きジャグは、アール・デコ時代の物。ハンカチ型ガラスの花器は、60年代初頭の製品。背後の抽象画と共に、全体が見事に調和し、売り主の拘りのセンスが感じられます。
a0208783_05072.jpg

最後に、迫力のジェ~~~ムス・ブラウンの人形に遭遇。ブラックリーのアンティーク・モールの実物大エルヴィス人形も迫力でしたが、こちらは小ささの割に決して負けない存在感を主張しています。もしかして、口が動いて「げろっぱ」とか歌うんだろうか?? 怖いようで見てみたい!
 




by piyoyonyon | 2019-01-27 15:26 | インテリア・デコレーション

木製装飾用ボタンとパーツ

a0208783_19473176.jpg
7、8年位前から、イギリスでは木製の様々な色や形のボタンやパーツが、沢山出回っています。厚みは1~5㎜程度で、べニアやバルサを打ち抜いたり、レーザー・カットで刳り貫いたりしてあります。無垢のままの状態もありますが、全体塗装、ラメ付き、またプリントしてあるカラフルな物も。これらは、グリーティング・カードを贈るのが盛んなイギリスで、主に手作りカードを装飾する為のアイテムです。実際結構役に立つので、手芸用品店や文具量販店、フリマ等で、気に入ったのを見掛ける度に出来るだけ買うようにしています。
a0208783_1948159.jpg
例えボタン穴が開いていても、洗濯の摩擦に対応出来る耐久性はない為、恐らく衣料には不向きです。ほとんど洗濯しないバッグ小物、アクセサリー、ドール服の装飾には概ね使用出来ます。
a0208783_19482067.jpg
ボタン穴がない場合、裏面に粘着テープが付いている場合もありますが、イギリスの粘着系は役に立たない事が多いので、ないほうがマシです。自分で木工用ボンドで貼り付けるのが一番です。
a0208783_19484182.jpg
一番気に入っているのは、このハート型の木製ボタン。木の素材感やレーザー・カットの焦げ具合などナチュラルさが生きたままの、あっさり目のプリント、水玉やチェック等のスタンダードな柄が、主張し過ぎず地味過ぎず良い塩梅です。
 




by piyoyonyon | 2018-11-14 15:30 | 手芸用品

ルイスのアンティーク・モール巡り 玩具&インテリア編

a0208783_1952825.jpg
アンティーク・モール巡りは、私にとっては見て楽しむテーマ・パークのような物で、姉へのプレゼントを買う等のはっきりした目的がない限り、買い物はついでの楽しみです。いや~、今回も自分で呆れる程の、沢山の写真を撮りました(笑)。特に、アンティーク・モール等で見掛ける古い玩具は、必ず高価なコレクタブルズなので、まず買う事はなく、専ら見て楽しむだけの対象です。
a0208783_18202278.jpg
このストールには、いつも見事なオールド・シュタイフのコレクションがずらり。昔のシュタイフは、本当にデザインが優秀です。
a0208783_18233970.jpg
ベルリン等の本国ドイツの蚤の市だと、やはりシュタイフは割と多く見掛けるし、結構お買い得な値段で売られている事もありますが、イギリスでは貴重な上に高価です。
a0208783_1824987.jpg
このストールは、古い人形の品揃えも充実。
a0208783_1824387.jpg
アンティーク程古くない、ビンテージの人形なら、結構可愛い物が見付かります。奥中央のアール・デコ時代らしき人形は、紺色のコート+赤い帽子+白いタイツのスタイルが可愛い。
a0208783_183109.jpg
一方こちらは、ロシア製らしき人形型のティー・コジー。人形のモデルと言うと、子供か娘さんがほとんどですが、この手のティー・コジーの場合、おばちゃんやおばーちゃんがモデルの事も。
a0208783_18322816.jpg
黒いエプロンのトール・ペイントが印象的な、麦藁帽子の民族衣装の人形。イタリア辺りのお土産でしょうか。
a0208783_1943237.jpg
家具類も、まずプロの店で買う事はなさそうなアイテムです。この写真は何かと言うと、元礼拝堂の建物の割れた窓ガラスから、屋外の植物が進入して伸び巻くっている所です。植物はモッコウバラのようです。思わず、オー!ジーザスと言いたくなります。
a0208783_18352212.jpg
トール・ペイントのチェストには、つい注目してしまいます。  
a0208783_18354174.jpg
こちらは、一際古そうなチェスト。ドイツ語圏のアルプスの山間部っぽいデザインに見えます。
a0208783_18364612.jpg
いかにも西洋なチェストの上に、突然こけしが気になる!
a0208783_18373786.jpg
こっちにもこけし。まるで実家の居間に戻ったような、錯覚を覚えます(笑)。
a0208783_18391441.jpg
と思ったら、こちらのストールは、日本のアイテム尽くしで、まるで日本のお店のよう…。一番下段は、どう見ても贈答品っぽい箱入りの器セットです。
a0208783_18401524.jpg
イタリアのマイクロ・モザイクのフレームですが、細工自体が現在の物より細かい上に、アクセサリー類よりもずっと面積が広い為、随分高価だったのではと想像します。中に入ったままの古い(20世紀初頭と見られる)写真も、厳かな雰囲気を出しています。
a0208783_18415348.jpg
古い缶は人気のコレクタブル・アイテムなれど、これはちょっと変わったタイプ。お菓子のような色合いの全体塗装で、一見缶には見えません。
a0208783_18432725.jpg
このハンドル付きのアイテムは用途不明。一応上部は蓋が開くようになっていますが、容積はほとんどナシ。して言えば、相当重いので、ドア・ストッパーにはなります。
a0208783_197382.jpg
右下の先にカラフルな球形の着いたワイヤー・フックは、典型的な50’sのデザイン。球が木製ならほぼ実際に50年代製ですが、樹脂の場合は現代のリプロの可能性もあり。
a0208783_18435851.jpg
とても背の高いライト・スタンド。いかにもモッズの時代らしい布が、傘部分に使われています。
a0208783_184574.jpg
ヨーロッパのアンティーク・モール巡りは、やはり建物の魅力が大きいと思います。様々な建物の再利用が、見ていても楽しいし、実際商品を2割増し位魅力的に見せます。




by piyoyonyon | 2018-09-08 15:15 | 旅行・お散歩

三つ編みの木製民族衣装人形

a0208783_6943100.jpg
フリマで出会った、ちょっと今まで見た事のないタイプの木製民族衣装の人形です。高さは約10cm。ブラウスに黒い胴衣、大きく膨らんだ赤いスカート、首には、赤いネックレスを三重にして着けているのが分かります。多分、ポーランド辺りのお土産品では?と思っています。
a0208783_6101723.jpg
状態は良好ですが、ニスが飴色に育って、良い感じに古臭さが出ています。お下げ髪に使われた綿紐も、ナチュラルで素材感がピッタリ合っています。
a0208783_6103970.jpg
普通この手の木製お土産人形って、体型も出来るだけ簡素に作られているものですが、この人形の場合、蜂須乙女みたいとでも言うのでしょうか、ウェストが括れて胸も大きく、かなりグラマラスな雰囲気…。まあ本来、ディアンドル型の民族衣装は、こう言うプロポーションじゃないと様にならないんですけど、その点が何だか異色に見えて、目に留まった理由かも知れません。
 




by piyoyonyon | 2018-09-02 15:26 | おもちゃ・人形

黒い瞳のマトリョーシカ

a0208783_22572638.jpg
いかにもソビエト時代の製品らしい、好みの素朴系のマトリョーシカに、フリマで出会いました。しかし中身を確かめて見ると、三個目の上半分が失くなっているし、幾つかは割れているので、例え50ペンスと言われても高い(爆)と思い、一度は見送りました。もう一度閉店間際に通り掛かった時に、20ペンスと書いてあったので買いました。
a0208783_22581564.jpg
スタンダードなマトリョーシカなようですが、瞳が黒目だけになっていて、レトロ感を高めています。お腹の大胆なストロークの花柄が中々利いていて、フォークロア感も十分です。
a0208783_22583698.jpg
ソ連時代の物なのは確かですが、それ程古いようには見えませんでした。しかし、一番大きな一個目の底に、ロシア語の書かれた古惚けた紙切れが残っていて、これを見ると、実はかなり年月が経っているのが分かります。
  



by piyoyonyon | 2018-06-11 15:33 | おもちゃ・人形

木製ハンドルのサラダ・サーバー

a0208783_1211423.jpg
山小屋風チャリティショップで、このサラダ・サーバーのペアに出会いました。デンマーク製で、恐らく1960年代後半の製品です。本体の素材は、錆びない鉄として便利なステンレス製ですが、わざわざ木製のハンドルと組み合わせた所が、北欧デザインらしいと思います。
a0208783_1225559.jpg
実は既に、随分昔にフリマで買った、良く似た古い木製ハンドルのサラダ・サーバーを持っていましたが、こちらの方がデザイン的にお洒落なので差し替える事に。今まで持っていた方は、刻印には外国製とだけ書いてありましたが、多分香港製で、元々はこのデンマーク製のコピーだったのかも知れません。そちらは、再びフリマ行きとなります(笑)。
a0208783_122569.jpg
実際には我が家では、ペアのサラダ・サーバーは来客時位しか使用せず、普段の食卓のサラダには、単なる巨大匙のようなサーバー・スプーンしか使っていません。レタス等の野菜がやたらでかい食べにくいサラダは苦手で、大抵具材を細かく切り揃えるので、取り分けるのにはサーバー・スプーンだけで十分なのです。時々2本のサラダ・サーバーを、トングのように片手で器用に使いこなす人が居ますが、あれにはちょっと憧れます。
  




by piyoyonyon | 2018-05-19 15:25 | テーブル&キッチンウェア

東欧の木製引き出し

a0208783_5373111.jpg
隣町のフリーマーケットの、混み合っていた快晴の日に買いました。どう見ても、東欧のお土産っぽい木製の引き出しで、フォークロアなデザインが中々可愛いし、アクセサリー等の小物を仕舞うのに役に立ちそうです。しかし、最早家具と呼べる程の大きさなので、「買って一体何処に置くんだ?」と自分に問い掛け、一度は見送りました。
a0208783_5375831.jpg
再び同じストールに戻って来て、一応値段を聞いてみると、たった50ペンスとの事。これは買わない手はありません(笑)。
a0208783_5382183.jpg
トップと引き出し部分に、焼き鏝で彫ったような模様が付いて彩色されてます。原産国は分かりませんが、多分ポーランド辺りの物ではないかと思います。
a0208783_5395145.jpg
心配した置き場所ですが、ドレッサー周辺に上手く納まりました。チェストのように蓋を開けるタイプの箱だと、もし上に何か乗せたら不便ですが、引き出し式なので活用度が高いと思います。中の何処に何を入れたか分からなくなるのが難点ですが、普段余り使わないブローチ等を収納するのには、埃も入らなくて便利です。




by piyoyonyon | 2018-05-16 15:27 | 箱・缶・入れ物

エルツのイースターの木製ウサギ

a0208783_7401322.jpg
昨日の金曜日はグッド・フライデー(聖金曜日)で、キリスト教圏ではイースター休暇が始まりました。実際の復活祭は明日ですが、学校等は一週間続けて休みのようです。そこで今日は、ウサギが中心のイースター用らしい、ドイツのエルツ山脈地方の木工玩具を御紹介します。昨年の夏頃フリマで買った中古品ですが、底にラベルが残っていて、それ程古い物ではなさそうに見えます。
a0208783_741617.jpg
スカートを履いてエプロンを着けた、女の子のウサギです。スカート部分の木が割れて、ヒビが入っています。ウサギが手に持っているのは、チューリップをデフォルメした物のようです。
a0208783_742710.jpg
他にも、チューリップが咲いていたり、テントウムシが居たり、台にもデイジーらしき花が描かれていて、春の到来の喜びが表現された楽しい仕上がりになっています。先週末から夏時間も始まり、ヨーロッパではこれからが気分も明るくなる活動的な季節です。
 



by piyoyonyon | 2018-03-31 15:27 | おもちゃ・人形

キノコぞろぞろの木製アクセサリー

先月いよいよ隣の町のフリマが始まりましたが、悪天候で中止される事も多く、開催されても寒くて出店数が少なく、行ったところで収穫が一つも無いなんて事もしょっちゅうです。
a0208783_7162675.jpg
そんな中、今週も何も買いたくなる物が無かった…と去る際に、「これは可愛いかも」と目に入り咄嗟に買った物です。
a0208783_7181391.jpg
「Sevi セヴィ」と言うイタリアの老舗木製玩具メーカーの、子供用のウッド・ビーズ製のアクセサリーです。タグも残り、オリジナルのプラ・ケースに入ったままで売られていました。買う前にケースを開けて確認しなかったのですが、家に帰って開けたら、ネックレスだけでなく、揃いのブレスレットも入っていました。
a0208783_7164910.jpg
にっこり笑ったキノコのモチーフが中々可愛くて買った訳ですが、まあ実際に自分でアクセサリーとして身に着ける事は、まずないでしょーね(笑)。特に、キノコの上の緑の麻紐が、多分草っぽさを表現しているのだと思いますが、ゴワゴワと着け心地悪そうだし、安っぽい緑色だし、濡れると色が落ちそうです。全体的な鮮やかな色合いはポップでイタリアらしい、見ていて楽しいアクセサリーです。バラしてパーツとしてなら、使うかも知れません。



・ 
by piyoyonyon | 2018-03-28 15:27 | アクセサリー


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お知らせ

2019年3月1日より、こちらのブログ(手帖3冊目)で更新します。

手帳1冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(223)
(218)
(189)
(173)
(167)
(163)
(138)
(99)
(90)
(87)
(87)
(85)
(82)
(75)
(72)
(71)
(71)
(68)
(60)
(59)

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2019-02-28 15:33
サーモン・オレンジのエナメル..
at 2019-02-27 15:28
五角形のイエロー系ラインスト..
at 2019-02-26 15:30
競馬場でアンティーク・フェア
at 2019-02-25 15:22
ウラン・ガラスの矢車菊柄一輪挿し
at 2019-02-24 15:20

記事ランキング

検索

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル