タグ:自然 ( 23 ) タグの人気記事

黄昏のマーシー島

a0208783_6314558.jpg
愛猫ポコちゃんが亡くなった翌日のお出掛けは、本当は町よりも、何処か見晴らしの良い自然豊かな場所を訪れたいと思いました。ところが、イングランド南東部は概ね土地が平坦で、眺めの良い高台が滅多にありません。まして、未だ行った事のない場所は全くありませんでした。結局天気の良さからコルチェスターを選んだ訳ですが、コルチェスターを去る際、未だ日没までは少しだけ時間があったので、完全に暗くなる前に、急遽海岸線を目指すことにしました。
a0208783_6385169.jpg
コルチェスターを離れた途端、本当に土地が真っ平らになりました。やって来たのは、Mersea Island マーシー島の東端「Cudmore Grove Country Park カドモア・グローブ・カントリー・パーク」。本土とは、満潮時にだけ川のような浅瀬に寄って隔たれる、橋で繋がっている島です。
a0208783_6301411.jpg
この草原の先に浜辺が在り、夏は海水浴客やピクニックをする人でかなり賑わうようですが、この季節のこの時間は、犬の散歩の地元民位しか居ません。
a0208783_6304398.jpg
こんな遊具施設も設けられていました。子供達は大喜びだろうな。自然素材でナチュラル・カラーだから、周辺の環境にも馴染みます。
a0208783_6311471.jpg
しばらく海に向かって歩くと、無骨なコンクリの塊が見えて来ました。第二次世界大戦中の銃砲台です。実はここ、ノルマンディー上陸作戦の演習用に使用されました。
a0208783_6352547.jpg
浜に到着。南部のイギリス海峡以上に波が全く無く、湖にしか見えません。
a0208783_633525.jpg
南側の彼方には、夥しい数の風力発電が見えます。ついでに原発も見えました。
a0208783_6333046.jpg
一方北側の対岸は、Brightlingseaと言う村。
a0208783_6335290.jpg
ここは自然保護区で野鳥の宝庫でもあり、水鳥が沢山居ました。今まで聞いたことのない物悲しい鳥の鳴き声が、始終海辺に響いていました。 
a0208783_634204.jpg
浜には、牡蠣の貝殻がいっぱい打ち上げられていました。コルチェスターは、牡蠣の名産地としても知られています。生牡蠣も焼き牡蠣も牡蠣のチャウダーも好きでしたが、重度のアレルギーで、もう二度と食べることは出来ません。
a0208783_6344588.jpg
生憎この海は東側に面しているので、海への日没は見えませんが、やはり黄昏時の海は綺麗です。
a0208783_6571263.jpg
真ッ平だけど、最後にここを訪れる事が出来て、しんみりした景色を見られて良かったと思います。実際ポコちゃんの亡くなった翌日に連れ出して貰ったのは、気持ちの切り替えにかなり効果的でした。もし一人で家に残ったままだったら、ポコちゃんの幻影が見えて&聞こえて、悲しくて堪らなかったと思います。ポコちゃんが苦しんでいる時でさえP太がゲームに夢中になっていたのには、本当にゲーム機を破壊したい程怒り心頭でしたが、一応これで帳消しにしたいと思います。



[PR]
by piyoyonyon | 2018-02-01 15:25 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

巨人伝説の丘ザ・レキン

9月の初旬、夫婦でシュロプシャーに一泊旅行に行く際に、義母も一緒に行かないかと誘いました。5月に義父が亡くなり、その直後は実感が余り沸かなくとも、徐々に寂しさが増して来るものなので、気晴らしが必要なのではと思ったからです。元々旅行好きな義母は、喜んで同意し、その日を心待ちにしていました。それで州都Shrewsbury シュルーズブリに宿を予約し、当日は朝早くに出発しました。
a0208783_6144431.jpg
生憎その日の朝は雨で、途中昼食を取ったサービス・エリアでは雷が鳴ったりもしましたが、丁度シュロプシャーに入った頃、天気が回復し出しました。晴れて来たので、どうせなら高速道路ではなく、景色の良い田舎道を通ろうと言い出した時、印象的な小高い丘が見えました。まるで引き寄せられるように、高速を降りてその丘を目指しました。
a0208783_616678.jpg
まず丘の北側の坂道を登り、森の中に入ると、こんな凝灰岩(?)が剥き出しの絶壁が在り、思わず全員目を奪われました。全体的に標高が低く、崖と言えば「セブン・シスターズ」のような白いチョークばかりの南イングランドに住んでいると、こんなに切り立った岩崖は非常に珍しく見えます。
a0208783_6164579.jpg
丁度駐車場も完備されているので、しばし車を止めて崖を眺めることにしました。元は、採石場だったのではと思います。みうらじゅん的に言えば、正に「いい崖出してる」。
a0208783_6171535.jpg
この駐車場は、丘の登山道入り口となっており、周辺地図兼説明板も設置されていました。丘の名前は「The Wrekin ザ・レキン」で、地元ではどちらかと言うと「ザ・リーキン」と呼ばれるそうです。海抜は407mで、約680万年前に火山活動に寄って、大地から染み出した溶岩が重なって出来たと言われています。
a0208783_6174232.jpg
駐車場の脇には移動カフェもあり、こんな山の中なのに結構人気の様子。
a0208783_6203381.jpg
生憎丘の頂上までは車では登れませんが、丘の東側の道路を通ったら、こんな展望スポットがありました。丁度峠道と言った道路の最高地点で、南、東、そして北側の平野部が見渡せます。
a0208783_6185713.jpg
南側の麓には、世界遺産の「アイアンブリッジ」を通り、最後はイングランドとウェールズの国境に続くセヴァーン川が流れています。
a0208783_618288.jpg
東の麓は、工業都市Telford テルフォード方面。
a0208783_619245.jpg
崖のあった北には、もう一つの丘「The Ercall ジ・エアコール(または Ercall Hill)」が見えます。
a0208783_6334618.jpg
このザ・レキン、印象的な丘なのも道理で、頂上には、鉄器時代にケルト系民族に寄って築かれた要塞遺跡があります。丘自体が天然の要塞の役目を果たしており、頂上からの眺めが抜群なのは疑いようもなく、防衛機能を持つ環状集落としては最適な立地だったと思われます。比較的なだらかなのは、崖の麓から登山道が伸びている北側だけで、東・南・西側は、かなり急な斜面になっています。どちらにせよ頂上に向かうのには、本格的なトレッキング装備が必要だそうです。
a0208783_6201016.jpg
ザ・レキンの丘には、巨人に寄って築かれたと言う伝承があります。そう聞くと、まるで北欧神話のような雄大な物語を思い浮かべるかも知れませんが、この場合はちょっと違います。昔々、何故かシュルーズブリに恨みを持っている巨人が居ました。それで巨人は、壁を壊しに…ではなく、セヴァーン川を堰き止めて、シュルーズブリに洪水を起こし、住民を皆殺しにしてやろうと考え、土を一抱えしました。シュルーズブリに向かう途中、Wellington ウェリントンと言う町で、一人の靴職人に出会いました。職人は、客の壊れて修理依頼された靴を、大量に運んでいるところでした。巨人は、洪水を起こすつもりなので、シュルーズブリは何処かと靴職人に聞きます。実はこの靴職人、かなり頭の回転が速い男で、洪水を起こされては一大事と、咄嗟に嘘を思い付きました。「シュルーズブリ? 今帰って来たところだけど、とんでもなく遠いよ。何せ、この靴を全て履き潰して来たからなあ」と、壊れた靴を全部巨人に見せました。ナヌッ?そんなに遠いのか?と、巨人はすっかり鵜呑みにしてすぐに計画を諦め、その場にドカッと投げ捨てた土の山が、ザ・レキンとなりましたとさ。…山になる程の大量の土を抱えられる大きさの巨人なら、ウェリントンからシュルーズブリがもう見えるはずじゃん、とか突っ込み所は満載ですが、どうもイギリスの伝説の巨人や悪魔はマヌケなようです。そして、巨人が川を堰き止めなくとも、皮肉な事にシュルーズブリは、今までも何度も洪水に見舞われました。因みに、北側のエアコールの丘は、巨人の踵で跳ねた泥で出来た丘だと言われています。
a0208783_6212399.jpg
その後、丘の南側をしばらく西に向けて運転していたら、あちこちからレキンが良く見渡せました。南側から眺めると、綺麗な円錐形で、本当に成層火山のように見えます。しかし実際には、火山活動で出来ただけで、丘そのものが火山と言う訳ではないようです。
a0208783_622111.jpg
更にシュルーズブリを目指して西へ進むと、何やら遺跡らしき物が見えて来ました。「Wroxeter ロクセター」と言う村に在る、「Viroconium Cornoviorum」と呼ばれるローマ時代の都市の跡です。
a0208783_6222452.jpg
アーチが残っている建物は、「The Old Work」と呼ばれる公衆浴場跡だそうです。ローマ遺跡に風呂は付き物…。ドーヴァーからロンドンに続く現在のA2号線道路、ロンドンからはA5号線と呼ばれる道路は、実は「Watling Street ワットリング道」と言う、古代ローマ時代の重要路だったのです。ロクセターは今は小さな村ですが、この遺跡の都市は、そのワットリング道の終着点として栄えました。
a0208783_623536.jpg
こちらは、当時の一般住居(町屋)を再現したもののようです。その手前の一段低い場所に、当時の石柱の土台が発掘されて残っています。
a0208783_6233369.jpg
こんな在り来たりな、只長閑に見える田園風景にも、先史時代から人が住んでいたり、昔は都市だったりと、太古の人々の様々な痕跡があちこちに残されていて、色々興味深いと思いました。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-06 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

サウス・ダウンズの眺望道路

a0208783_0113559.jpg
イングランドの南部に在る、東端はイースト・ボーン、西端はウィンチェスターと、東西約140kmに連なる美しい丘陵地帯South Downs サウス・ダウンズ。イギリスで、最も新しく指定された国立公園です。この丘陵地帯を東西に横断するのは、「サウス・ダウンズ・ウェイ」と呼ばれる国立遊歩道、及び自転車道しかありません。しかし、南北に貫通する眺めの良い自動車道なら幾つかあります。チチェスターミッドハースト間のA286号線、途中で展望場所の高台も通過するチチェスター~ペットワース間のA285号線、プルボローに通じるA29号線、ブライトンディッチリング間の通称ディッチリング・ビーコン道などです。それらとは別に、要塞遺跡シスベリー・リングから、かなり高地を通る自動車道が見えました。地図には記されていないけれど、絶対眺めが良いのに違いなく、未だ一度も通ったことがないので、帰りはその道を通ることにしました。その為には、わざわざソンプティングの教会脇の道路まで戻りました。行き止まりに見える細い道でしたが、実はサウス・ダウンズを南北に横断していたのです。
a0208783_0104940.jpg
期待通り眺めは良く、所々に駐車場が設けられていました。この右手の少しだけ樹木の茂っている丘の頂上が、先程訪れたシスベリー・リング。
a0208783_0121146.jpg
ここからは海も見えます。写真では見えにくいのですが、実は海上には夥しい数の風力発電が立っています。手前に見える白い道は、実は道ではなく、その風車から電力を運ぶ高圧電線を地中に埋めた場所だそうです。この辺りの地質はチョークなので、少し掘ればもれなく白く見える訳です。
a0208783_0151244.jpg
更に進むと、もう一箇所見晴らしポイントがありました。定員三台程度の駐車場には、冷蔵庫が不法投棄され、何やら荒れた雰囲気でしたが…。右手の丘の影には、実はLancing ランシングの寄宿学校があります。中央奥に白く見える崖は、チョークの採掘場です。
a0208783_0123774.jpg
更に、羊の放牧地脇の一応遊歩道らしき道を通り、高台に登ります。
a0208783_0131139.jpg
文字通り、ちょっと変わった毛色の羊です。
a0208783_0142420.jpg
Steyning ステイニングの町が見下ろせます。サウス・ダウンズの北側は、大抵丘が突然盛り上がったように始まり、急な斜面になっているようです。
a0208783_0135076.jpg
こちらは、ブライトン北部のデヴィルズ・ダイク方面。
a0208783_0153717.jpg
夕暮れに通ると、特に雄大で心寂しい雰囲気が味わえます。こんななだらかな緑の丘ばかりのイングランドなので、山育ちの私は、もっと標高の高い場所が恋しくなります。しかし、日本では北海道位でしか出会えない丘陵地帯も、やはり何度見ても美しいのでした。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-07 15:33 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

英国で二番目に大きい要塞遺跡シスベリー・リング

a0208783_22145760.jpg
Sompting ソンプティングのサセックスで二番目に古い教会を訪れた後は、近くの要塞遺跡「Sissbury Ringシスベリー・リング」で、ハイキングすることにしました。
a0208783_22152863.jpg
前回は、遺跡側の狭い駐車場に幸運にも空きを見付けることが出来ましたが、今回はFindon フィンドンの村の外にある、もっと大きな駐車場に車を止めました。こちらは遺跡まで2km程緩い斜面を登ることになりますが、トレッキングが目的の一つなので問題無し。
a0208783_22162328.jpg
森の入り口の手前までで、既に結構高度が上がるので、海とワージングの町が見えました。
a0208783_221774.jpg
イギリスの広葉樹林は、下草がほとんどなく、歩き易いことが多いと思います。
a0208783_22173329.jpg
森を抜けると、また海が見えます。
a0208783_22183285.jpg
更に、牧場や林を通ります。
a0208783_22185998.jpg
やっと遺跡の西側が見えて来ました。
a0208783_2220413.jpg
土塁と空堀に囲まれているのがそれです。土塁の上は遊歩道になっており、草が削られて、地表が白いチョーク質なのが分かります。
a0208783_22521426.jpg
この遺跡はナショナルトラストの管理下で、急な斜面には簡素な階段が設置されています。国立サウス・ダウンズ遊歩道の通過地点でもあり、サイクリング・コースにもなっています。階段が傷む為、自転車は階段禁止との標識があります。
a0208783_22204049.jpg
この要塞跡の西側には、青銅器時代のフリント石採掘場の遺跡もあります。かなり深い穴がボコボコ開いていて、落ちる人が多くて危険だからか、新たに鉄柵で囲まれていました。
a0208783_22213339.jpg
土塁に囲まれた、かつての居住区だった遺跡内部は、牧草地に覆われたイギリスの他の多くの要塞遺跡と異なり、結構樹木が生い茂り、見晴らしは良くありません。その為、イギリスで二番目に大きな要塞遺跡のはずなのに(因みに一番はドーセット州の「メイドン・キャッスル」)、余り規模の実感が沸きません。
a0208783_2222615.jpg
樫の木が生えていましたが、常に海風が直撃する為か、樫としてはかなり低い樹高です。
a0208783_22264536.jpg
ここで、P太としばらく逸れてしまい、一人で勝手に散歩しました。イギリスでは、ちょっと田舎に行くと、今でも携帯の電波が通じないのです。
a0208783_22225070.jpg
遺跡の南側には美しい谷…と思いきや、正体はゴルフ場で毎回ガッカリします。ゴルフ発祥の国だからか、イギリスはゴルフ場が多過ぎる気がします。この場所は、古代ローマ時代にはブドウ畑だったそうです。
a0208783_2223156.jpg
東側の入り口に到着。鉄器時代の要塞は、原始宗教的な意味があったのか、必ず真東と真西に主門を設けていたようです。
a0208783_22233965.jpg
この日の視界はまず良好で、東側にはブライトンの町やセブン・シスターズの白い崖まで見えます。実はこの一週間前、セヴン・シスターズの沖で突然謎の毒ガスが発生し、浜辺に居た多数が目の痛みや嘔吐を訴えて病院に運ばれました。原因は、第二次世界大戦中の撃沈した戦艦から発生したとか、対岸のフランスの工場からの汚染だとか、今だはっきりしません。
a0208783_22244170.jpg
向こうから歩いて来た中年男性、遠方から何かアニメのTシャツ着ているように見えましたが、すれ違い様に確認したら、「デスノート」の月(ライト)柄でした。
a0208783_222585.jpg
北には、もう一つの要塞遺跡、「Chanctonbury Ring チャンクトンベリー・リング」の森が見えます。
a0208783_22261028.jpg
ここでやっとP太を見付けました。野生の馬を撮影するのに、すっかり夢中になっていたようです。
a0208783_22382725.jpg
イギリスの他の要塞遺跡に比べると、スピリチュアル感は今一つかも知れませんが、海を臨む小高い丘の頂上に立地し、土塁の上からの眺めはさすがにバッチリで、自然が豊かで、犬の散歩やハイキングには持って来いの場所だと思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-05 15:29 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

眺望抜群!ウォルベリー・ヒルとクーム・ジベット

a0208783_1765294.jpg
ある日地図を眺めていて、バークシャーのHungerford ハンガーフォードから遠からぬ場所に、観光的に興味を引く場所を示す☆星マークで、「Combe Gibbet クーム・ジベット」と呼ばれる場所があることに気付きました。Combe クームとは、その近くの村の名前のようですが、「gibbet ジベットって単語、何~?」とP太に尋ねると、絞首刑場(台)だそうです。・・・・・・それが観光地なのか・・・・・・。やっぱイギリスって、日本人の常識を色々飛び超えていてスゲエ。小高い丘の上に位置し、眺めが抜群な場所らしいので、日の長い季節にハンガーフォードを訪れる機会があったら、ついでに行ってみたいと思っていました。
a0208783_16452399.jpg
場所は、ハンガーフォードの南東7km程度の、Inkpen インクペンとCombe クームと言う村の間にあります。しかし、AやBクラスの主要道路が全くなく、細い折れ曲がった農道しか通じていない為、7kmよりもずっと長く感じました。途中ゲートの付いたコモン(共有地)も通過する為、もしナビがなかったら、この道本当に進めるのぉ?と思いっきり迷うところでした。インクペンを過ぎると、進行方向に小高い丘が聳え、ジベットはその頂上に立っていました。最初P太は、携帯電話の電波塔だと勘違いしていましたが。
a0208783_16351690.jpg
峠には、無料駐車場が完備されています。この丘自体はWalbury Hill ウォルベリー・ヒルと呼ばれ、イングランド南東部の最高峰です。今までサリー州のリース・ヒルが南東部で一番高いと思っていましたが、実はこちらのほうが3mだけ高いそうです。
a0208783_1762386.jpg
何はともあれ、確かにここからの眺めは絶景。丘は東西に連なっている為、360度とまでは行きませんが、北側と南側は広く開け、特に北側はかなり遠くまで見渡せます。私が今までイギリス南東部で体験した中でも、最高級に眺望の良い丘だと感じました。
a0208783_179576.jpg
海抜300m程度でも眺望が抜群なのは、周りが更に低いことと、イギリスが牧草地だらけで、視界を遮る樹木が少ないからです。地表がチョーク質の為、大きな木が育たないようです。
a0208783_16375353.jpg
北側は、ケネット川流域のKennet Valley ケネット谷から、丘が急に隆起したような地形です。
a0208783_163774.jpg
谷と呼べど、周囲も高低差が大して無い為、日本人が想像するような谷間には全く見えません。ハンガーフォードの町は、丁度コモンの森の影になって見えないようです。
a0208783_16384653.jpg
この日は天候が非常に変わり易く、途中で土砂降りに見舞われたりもしました。しかしその為に、返って雲が複雑で興味深い模様を空に描いています。この西側には、どう見ても豪雨を降らせているドス黒い雨雲が見えましたが、幸運もこちらへは来ませんでした。
a0208783_16392450.jpg
南側は、なだらかな丘陵地帯で、徐々に下っています。この辺りは、バークシャーとハンプシャー、ウィルトシャーの州境で、主要道路も通じず、本当に住むには辺鄙な場所だと感じました。インクペンの村にはパブが一軒ありましたが、丘の反対側のクームには、ヨロズ屋の一軒もなさそうでした。
a0208783_16443739.jpg
とは言え、絞首刑台は確かに観光に人気らしく、結構多くの人が次々に訪れていました。大きな水溜りは、先程まで大雨が降っていたのを物語っています。
a0208783_16403083.jpg
絞首刑台さえなければ、、まるで「風立ちぬ」のタイトルが入りそうな風景(笑)。丘の頂上が不自然に盛り上がっていますが、実はこれは「Inkpen Long Barrow インクペン・ロング・バロウ」と言う、青銅器時代の古墳(長墳)なのです。やっぱりこの時代の埋葬地って、見晴らし抜群の場所が選ばれたようです。古代のお墓の上を処刑場にしちゃったとは驚きですが、当時それが判明されていたかは謎です。
a0208783_16361163.jpg
絞首刑場と言えど、常に刑場として長年使用されていた訳ではなく、17世紀末、浮気をしていた男が、浮気相手の女と共謀し、妻とその間の自らの息子を殺した罪で処刑される際、この場所が特別に選ばれたようです。デヴィルズ・パンチボウル近くの丘もそうですが、イギリスの絞首刑場は、寄り遠くまで、寄り多くの人が眺められるよう、度々出来るだけ高い場所に設けられたようです。そして恐らく、公衆に見せしめの為に、死体はしばらくその場に晒し者にされたと思われます…。
a0208783_16455841.jpg
念の為、この木製の絞首刑台はオリジナルではありません。何度も朽ちて、その都度わざわざレプリカを建て直したそうです。因みに、「gibbet ジベット」と言う単語は、絞首刑場だけでなく、囚人を籠に入れて吊るして放置し餓死させる刑台(「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出て来るやつ)をも指すようです。
a0208783_17221183.jpg
更に、駐車場の東側は、実は私の大好きな鉄器時代の要塞遺跡(hill fort )になっています。
a0208783_16465583.jpg
遺跡の中央を遊歩道が貫通していますが、生憎この時期は牧草地で草が深く、土塁程度は確認出来たものの、遺跡の概要を実感出来なかった為、途中で引き返しました。
a0208783_1795497.jpg
とは言え、やはり見晴らし抜群の立地は、防衛機能を伴う集落を建設するには、理想的だったであろうと納得出来ます。
a0208783_17482980.jpg
更に更に、ここには第二次世界大戦中の砲台も設置されていたそうです。イギリスで軍事的に重要な土地は、千年経っても重要なのです。
a0208783_17103592.jpg
埋葬地や要塞を建設するのなら理解出来るものの、こんな眺めの良い清々しい立地を、処刑場に選んだ昔の英国人の感覚には、やはり驚かされますが(…イエス様の磔台も丘の上だったがな)、非常に興味深い、訪れる価値のある場所でした。ハンガーフォードを車で訪れる際は、是非ここにも立ち寄ってみて下さい。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-07 15:25 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ウィルトシャーの夕陽

a0208783_18512032.jpg
欧州最大のストーン・サークル、エイヴベリーを去る際、丁度日没時近くで夕焼けが綺麗だったので、ちょっと横道に反れて、展望スポット「Hackpen Hill」に立ち寄って貰うことにしました。イギリスの道路地図の多くには、見晴らしの良い場所が記されており、そこには大抵無料駐車場が設けられています。
a0208783_1852728.jpg
狙った通り、ここからの眺めは抜群。タイミングもばっちりでした。ソールズベリー平原に連なる雄大な丘陵地帯を一望出来、更に美しい夕陽が、寂しげで幻想的な雰囲気を醸し出しています。
a0208783_18523497.jpg
ここは、エイヴベリーとバーベリー・キャッスルの中間辺りの、急な坂道を登り切った丘の上です。丘の斜面には、白馬のヒルフィギュアが描かれています。と言っても、アフィントンの白馬のように太古の物ではなく、19世紀にヴィクトリア女王の戴冠を記念して制作されたと言われています。
a0208783_1853251.jpg
青空に夕陽のピンク色が加わり、不思議な色彩を見せています。ウィルトシャーでの遺跡巡りの締め括りに相応しい、印象的な眺めでした。その後、ここから北へ向かって、スウィンドンの高速道路4号線に出て帰途に着くつもりでしたが、多分4号線で事故渋滞でも起きていたのか、車のナビゲーターが南へ向かって高速3号線を通ることを示したので、それまでしばらく、ウィルトシャーの半端なく暗い田舎道を通って帰りました。それはそれで、結構スリリングで面白い体験でした。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-25 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

遠き山に日は落ちて

a0208783_18322328.jpg
ある日、夫婦で車での外出から戻って来ると、丁度日没時で、抜群に美しい夕焼けが目に入って来ました。急いで車庫に車を入れて、ただちに近所の広場へカメラを持って走りました。
a0208783_18324872.jpg
夕陽は刻々と変化し、空の色もその時折の表情を見せます。この日は快晴で、青空が夕陽の赤い色と混じり、部分的には紫色に見えました。
a0208783_18331526.jpg
一方、こちらは東の空の月。以前の私のカメラなら無理でしたが、現在のカメラは結構暗くても撮影出来て便利です。
a0208783_18333566.jpg
実際には歌の内容と違い、この辺に山は全くないのだけど、見慣れたはずの在り来たりな近所の風景も、気象条件に寄って、こんなに美しく見える時があるんだなあとしみじみ思いました。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-12 15:26 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

パラグライダーの聖地デヴィルズ・ダイク

愛猫トラちゃんを亡くして以来、おまけにこの暗い憂鬱な季節なこともあり、まるで春がもう二度と来ないように気分が沈没しています。精神の健康を保つ為には、この冬はいつもより数倍積極的に、日光を浴びなきゃ駄目だ~(おたけび)と実感しました。どうせ出掛けるのなら、日光浴も出来て、更に眺望の良い場所が、一層気分が晴れそうに思いました。それで快晴の週末、ブライトン近くの小高い丘、「Devil’s Dyke デヴィルズ・ダイク」を訪れることにしました。
a0208783_044152.jpg
ここへは、いつもなら手っ取り早く、国道クラスのA23号線を経て東側から行きますが、今回は西側の田舎道から、のんびり向かうことにしました。
a0208783_0443662.jpg
中央の丘は、鉄器時代の要塞跡で、ブライトンからも近く、見晴らし抜群の為、地元民、観光客、サイクリスト、モーター・サイクリスト、またバラグライダー愛好者に人気です。この丘と左の丘にある谷間が、イギリス最大の乾いた谷(川が流れていない)と言われる「デヴィルズ・ダイク」。「ダイク」は「ditch」の古風な言葉で、主に土木工事に寄る「溝」を意味します。でも今は、この丘一帯をデヴィルズ・ダイクと呼ぶようです。
a0208783_045957.jpg
今日も頂上には、パラグライダーがいっぱい。
a0208783_0452822.jpg
と思ったら、パラグライダーの幾つかが、目の前の牧草地に着地しました。その中の一人の青年が、これから歩いて再び頂上に向かうと、仲間と話しているのを聞き付け、P太が「丁度車で頂上に向かうところだから、良かったら乗って行くかい?」と、いきなり声を掛けて誘いました。青年は大喜び。パラグライダーを担いで歩い丘を登ったら、50分は掛かるらしいのに、たった5分で行けるのですから。
a0208783_0483450.jpg
P太が何故こんな親切心を出したかと言うと、パラグライダーに付いて生で色々聞きたいと言う、好奇心に他なりません。青年は今ロンドンに住んでいるけど、元々サセックスの出身で、ここへは毎週末のようにパラグライダーを楽しみに来るそうです。こんなイギリスの田園風景が大好きだから、と言っていました。
a0208783_049513.jpg
頂上に到着。麓はまるで風のない日だったから、こんな日にパラを楽しめるのかと疑問に思っていましたが、南から海風が直撃する頂上は、常に物凄い風の強さ。青年は何度もお礼を言って、再び空に舞って行きました。一方私達は、日光摂取の為にも、しばし頂上を散策することにしました。
a0208783_0503248.jpg
実家近くの「仙台平」という山(あぶくま鍾乳洞の頂上)も、パラグライダーに人気なのですが、私が子供の頃は、ハンググライダーのほうが多かったように記憶しています。聞くところに寄ると、パラのほうが機材が手軽で初心者でも楽しめるからだとか。
a0208783_1135052.jpg
サウスダウンズの丘を、東から西に向かって眺めたところ。この日の視界はイマイチですが、一番奥の中央の丘の頂上に、もう一つの鉄器時代の要塞遺跡チャンクトン・ベリーの森も見えます。
a0208783_0522232.jpg
北側には、weald ウィールドと呼ばれる、なだらかな森林丘陵地帯が広がります。こんな快晴なのに、北の空の下方だけ暗く霞んで見えるのは…、マジでロンドンの大気汚染かも。
a0208783_052564.jpg
東側の尾根上には、これまたDitchiling Beacon、Hollingbury、Wolstonbury等の要塞遺跡があります。イギリスの見晴らしの良い丘の上には、大抵古代の集落or要塞跡があったと思って良い感じですね…。
a0208783_0532667.jpg
頂上は草原になっていますが、ゴース(エニシダの一種)が所々に茂り、更に夏にはブラック・ベリーが大繁殖するようで、トゲトゲで歩きにくそう。この一帯はナショナルトラストで管理され、植物や昆虫の宝庫で自然豊かな場所として知られています。
a0208783_054467.jpg
これは、北側の村フルキングから、かつて通じていた登山列車の跡のようです。一方南側には、昔は頂上近くまで鉄道が通じていましたが、どちらも自家用車が一般化する時代になると消えて行きました。
a0208783_0553773.jpg
要塞跡から、デヴィルズ・ダイクを見下ろします。確かに、長さ&深さ共にイギリス一の乾谷と言われている通り、中々迫力の大きさです。長さは約1マイル(1.6km)、深さは100mと言われています。
a0208783_0312032.jpg
その昔悪魔が、北側のウィールドに多い憎き教会を、南側の海の水を引いて水没させようと掘ったと言う伝説から、この名前が付きましたが、実際には1万4千年程前に、氷期末の川となった大量の雪解け水の浸食と、土壌流に寄って形成されたと言われています。しかし長い間、氷期の氷河谷と考えられていました。
a0208783_051420.jpg
因みに、ケンブリッジシャーにも、同じ「デヴィルズ・ダイク」と言う名前の場所がありますが、そちらはアングロ・サクソン時代に建設された、本当に土木工事の溝だそうです。
a0208783_0544783.jpg
鉄器時代の要塞遺跡の近くだけあって、この谷の周辺にも、青銅器時代の古墳等、先史時代の遺跡が点在しています。いつかじっくり散策したいと思っていますが、太陽の位置の低い冬の間は、北向きの谷の為、常に日陰で底冷えしそうです。
a0208783_111464.jpg
谷の端に見えるのは、「Sadlescombe サドルスコム」と呼ばれる中世から続く歴史的な集落。村全体が、ナショナルトラストで管理されています。
a0208783_0582137.jpg
谷底には、黒牛が何頭か放牧されていました。ハイカーの安全は大丈夫なのか??と心配しましたが(牛は気が立つと怖い)、ビビッて引き返す人も居れば、平気で真横を通過する人もいます。
a0208783_0591679.jpg
ヴィクトリア時代のデヴィルズ・ダイクには、英国初のケーブル・カーが掛かって谷を横断していました。右はその残骸を、後にコンクリートで固めたもののようです(当時はコンクリートが存在しなかったので)。昔の写真で見ると、単なるを空中に吊るしてあるような、極めて原始的なゴンドラで、かなり恐ろしそうでした。
a0208783_0594637.jpg
日照時間の極端に短いイギリスの冬で、あっと言う間に日は翳ってしまいましたが、日光浴は十分出来たことを祈ります。少なくとも、眺めの良い場所に行くのは、精神衛生上効果的なように感じました。「馬鹿と煙は高い所」を逆手に取って、気が滅入っている時には、高所で頭をカラッポにするのが一番かも知れません。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-09 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

クマのプーさんの故郷、アッシュダウンの森

毎年クリスマスは、イヴの日から義両親の家に泊まり込むのですが、今年はクリスマスを楽しむ雰囲気にはとても耐えられそうもなく、25日には訪れるからと約束し、24日は夫婦だけで過ごしました。天気はまあまあ良かったので、少しでも日光を浴びる為に、午後から近辺へ出掛けることにしました。イギリスの冬は、日照時間が短い&天気が良くない為に半端なく暗く、日光が不足すると、本当に体調にも精神にも響くので、晴れの日には積極的に外出しなくてはならないのです。
a0208783_653416.jpg
選んだ行き先は、A.A.ミルンの児童文学「クマのプーさん」の舞台で有名な「Ashdown Forest アッシュダウンの森」。ケント州や東西サセックス州に広がる「weald ウィールド」と呼ばれる丘陵森林地帯の中では、サウスダウンズノースダウンズを除けば、恐らく標高的には最も高い地域と思われます。大体、East Grinstead、Tunbridge Wells、Crowborough、Uckfiled、 Haywards Heathの五つの町に囲まれた部分を指すかな。ただし森と言っても、主に自動車道が通る尾根部分は、実際にはゴース(エニシダの一種)やヘザー(エリカ、またはヒース)の低い藪が生い茂る、高原荒野地帯になっています。
a0208783_65415100.jpg
自動車道脇には、あちこちに無料駐車場が設けられ、ピクニック用のテーブルや遊歩道が完備されています。クリスマス・イヴだと言うのに、訪れている人が結構沢山居ました。主に犬連れの近隣住民で、犬の散歩にはクリスマス休暇なんてありませんからね(…なので犬フン多し。要注意!)。
a0208783_6544870.jpg
今回まず最初に車を止めたのは、Coleman's Hatch村近くの「Broadstone」と言う場所でした。何でもこの麓に、ダーウィンが発見した、珍しい生態系を持つ酸性の湿地があるそうです。
a0208783_651546.jpg
この日は霞んでいて、これらの写真からはお伝え出来ませんが、本当は眺望抜群です。
a0208783_6513078.jpg
次に訪れたのは、「King’s Standing」。アッシュダウンの森は、元々中世からチューダー時代に掛けては王家の狩猟場だったので、それに因む名前のようです。それ以前の青銅器時代、鉄器時代、古代ローマ時代にも、この森は活用されたとか。特に豊富な木材を生かし、製鉄業が盛んだったようです。
a0208783_6515863.jpg
これがゴースの花。この一帯には、野生の鹿もいっぱい生息しているらしく、「鹿飛び出し注意」の道路標識を沢山見掛けます。鹿が車にぶつかると、体が大きいだけに相当大ゴトですよ…。
a0208783_6524574.jpg
日光を浴びると言っても、日差しは薄く、おまけに日はすぐ翳り、更に風が強くて寒かった為、歩くのはちょっとだけで、ほとんど車の移動で過ごしました。クマのプーさん目的の海外からの観光だと、大抵Hartfield村を拠点に、徒歩で森の中の棒投げ橋を目指すだけになりますが、出来ればレンタカー等で、この森全体を見て回って欲しいと思います。イギリス南東部にも、こんな風景があるのだと結構意外に思える、ちょっと独特な景観です。お勧めは、A22号線~Wych Cross~Coleman's Hatch~B2026号~再びA22号線のコース。もし家族や友達がイギリスに来たら(ここ数年誰も来ませんが…)、連れて行きたいと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-12-29 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

秋のノールで鹿見散歩

a0208783_003348.jpg
快晴の週末、体を動かさねば!と思い(ほぼ脅迫観念)、ケント州のNT(ナショナルトラスト)のお屋敷&公園「Knole ノール」へ、夫婦で散歩に出掛けました。丁度「ウィンクワース森林公園」に行った次の週で、きっと紅葉が更に進んで美しいだろうね~と言う期待もありました。
a0208783_23481835.jpg
ここは貴族のお屋敷と言うか、ほぼ城規模です。「シシングハースト城庭園」の元所有者&制作者ヴィタ・サックヴィル・ウェストの実家であり、ヴァージニア・ウルフ(一時ヴィタと同性愛関係にあったらしい)の小説「オーランド」の舞台であり、「ブーリン家の姉妹」等歴史映画&ドラマの撮影も度々行われています。城内は何度か見学しているので、今回は見送り。公園へ直行です。
a0208783_23554074.jpg
城の周囲には、広大な森林&草原になっており、大量の鹿が生息しています。
a0208783_23561397.jpg
元々は中世から続く狩猟場で、ケント州の唯一の生き残りだとか。
a0208783_23565426.jpg
しかし、合間の所々にゴルフ・コースのあるのが、本当に目障り。
a0208783_23485085.jpg
公園内に、幾つか民家があることにも、今回初めて気付きました。
a0208783_23493944.jpg
上の写真の造りが独特で可愛いコテージは、遺跡(廃墟)の中に立てられているようです。元は、公園管理人の住居だったのかも。
a0208783_23501198.jpg
今回は、今まで歩いたことのない、西側の谷に沿って歩きます。
a0208783_23504294.jpg
最寄の町Seven Oaks セヴン・オークスの教会の尖塔が見えます。
a0208783_2355287.jpg
歩き始めてすぐに気付きましたが、ここは原生林に近い森で、生育しているのはイギリス古来の樹木、特に樫の木中心です。そのせいか、一週間前のウィンクワースと比べても、どうも紅葉が美しくない…。樫の紅葉って、何だか葉が焦げているみたいなのですよ。返って庭園や一般家庭の庭木や街路樹のほうが、今や外来の樹木が多く、紅葉のバラエティには富んでいるように感じました。
a0208783_23542917.jpg
1987年の記録的なハリケーンで、根こそぎ倒されたままの木も沢山残っています。この木は、S字状に折れ曲がって、未だ生きています。
a0208783_23513097.jpg
ここの鹿は、奈良公園の鹿程は人馴れしていませんが、若い好奇心の強い鹿のみは、時折人間のすぐ近くまで姿を現します。
a0208783_23515988.jpg
この若い雄鹿は、通行人の目の前を、全く気にも止めず堂々と横切って行きました。何故かと言えば、谷の反対側に、ギャル鹿達数匹が居た為です。鹿も女にゃメチャメチャ弱い!
a0208783_23584071.jpg
こんな緩やかな登りになった谷を、歩いて来ました。
a0208783_23523325.jpg
この道は、南端の出入り口に続きます。ノールの館内は高い入場料が掛かりますが、この公園だけなら入場無料です。しかし専用駐車場も、NT会員じゃない限り結構高い料金が掛かるので、非会員はこの南門付近の道路に車を止めています。
a0208783_23594255.jpg
帰りは、森の中の尾根道を通って屋敷に向かいます。所々に、見晴らしの開けた場所があります。
a0208783_23531788.jpg
とにかく、すっごくたっぷり歩くことは出来ました。紅葉は期待外れでしたが、鹿が見られたからまあいいや。
a0208783_23534230.jpg
歩いた後は、毎度の如くアイスクリーム・モード。こんなんだから、たっぷり歩いても余り意味がありません(笑)。久々に、NTオリジナルのアイスに出会いました(SOLLEY’Sのよりちょっと安い)。私は相変わらずイチゴ味、P太はキャラメル&ヘーゼルナッツ味です。イチゴは勿論美味しかったのですが、P太のも、キャラメルとナッツのつぶつぶが入っていて美味しい~。ただし屋外で食べるのには少し肌寒く、カフェの室内で食べました。多分これが今年最後の、散歩の後のアイスクリームになると思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-11-22 15:26 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(179)
(154)
(132)
(125)
(119)
(116)
(107)
(78)
(78)
(71)
(70)
(63)
(63)
(62)
(60)
(59)
(58)
(52)
(47)
(46)

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

雨の城下町ロチェスター
at 2018-02-21 15:29
フリンジ付き紫系ラインストー..
at 2018-02-20 15:27
黄緑ギンガムとオレンジの花柄..
at 2018-02-19 15:33
ホーンジーのバンビの花器
at 2018-02-18 15:31
イギリスの学校女児制服
at 2018-02-17 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、私もこういう..
by piyoyonyon at 17:49
ほんと、かわいい制服です..
by にいく at 12:43
mintmint36さ..
by piyoyonyon at 19:34
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 19:25
Tallulahさん、こ..
by piyoyonyon at 19:21
職場でアメリカ製のチョコ..
by mintmint36 at 05:34
ぴよよんさん こんにちは..
by mintmint36 at 05:21
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 16:49
aquaさん、こんにちは..
by piyoyonyon at 18:50
ぴよよんさん、こんばんは..
by aqua at 18:22

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。